【育毛剤のミカタ】ハゲリーマン
AGAの原因と治療

薄毛・ハゲは遺伝する?AGA遺伝子検査をおすすめするワケ

no image
  • いいね!
  • リツイート
  • はてなブックマーク
    はてブ

AGAを心配する男性にとって、気がかりなのが「遺伝」のこと。実は男性型脱毛症AGAは、高い割合で遺伝することが分かっています。

そこであなたも実際に遺伝子検査を受けて、自分が薄毛になる可能性を調べてみませんか?

結果がガッカリでも諦める必要はありませんよ。それによって早期に的確なAGA治療をスタートすることができるからです。

そこで今回はAGAの遺伝に関する最新情報と、検査キットなど遺伝子検査方法について詳しくご紹介しましょう。

はげは本当に遺伝するの?AGA遺伝子検査を受ける意味とは何なのか

「自分も父親みたいにはげるのではないか」と心配する方は多いようです。しかしAGAの遺伝の仕組みは、実はそんなに単純ではありません。

先ず最初に、AGAがどのように遺伝するのかを簡単にご説明しましょう。

AGAは男性ホルモンが原因の進行性脱毛症

男性型脱毛症AGAは男性ホルモンが原因となる脱毛症で、思春期以降に発症し、その後も徐々に進行します。

髪が抜ける直接の原因は、ジヒドロテストステロン(DHT)が毛母細胞の働きを阻害するからです。

ジヒドロテストステロンとは男性ホルモンのテストステロンが変化したもので、これこそが男性型脱毛を引き起こす張本人。薄毛を進行させないためには、このDHTを阻止するような対策が必要です。

このAGAのメカニズムについてもっと詳しく知りたい方は、是非当サイト内の詳細な記事をご参照ください。

アンドロゲン受容体の数は遺伝によって決まる!

しかし遺伝と関係があるのは、実はこのジヒドロテストステロン(DHT)ではなく、アンドロゲン受容体(アンドロゲンレセプター、AR)と呼ばれる物質です。

これは毛乳頭細胞に存在する物質で、ジヒドロテストステロンと結合して脱毛因子を作ります。

ジヒドロテストステロンが多くあっても、アンドロゲンレセプターと結合しなければ薄毛にはなりません。つまり「アンドロゲン受容体の感受性が高い=薄毛になりやすい」と言えるのです。

そしてこの脱毛の直接の原因となるアンドロゲン受容体の感受性の程度が、遺伝によって決まると考えられているのです。

アンドロゲンレセプター遺伝子は母親由来だった!

このアンドロゲン受容体の感受性を決める遺伝子は、実はX染色体上にあります。

男性のX染色体は母親から受け継いだものですから、アンドロゲン受容体の感受性は、母方からの遺伝です。

アンドロゲンレセプターの感受性に関して言えば、母方の祖父のAGAがあなたに遺伝する確率はとても高いと言えます。

今回ご紹介するAGA遺伝子検査とは、このX染色体上のアンドロゲン受容体の感受性を調べる検査に他なりません。

アンドロゲンレセプターと遺伝子配列との関係

では具体的にどのようなことを調べるのかをご説明しましょう。AGA遺伝子検査では、遺伝子配列のリピート数を数えるのです。

DNAの配列はアデニン (A)、グアニン(G)、チミン(T)、シトシン(C)という4種類の塩基の組み合わせから成りますが、「CAG」「GGC」の繰り返しの多い少ないが、アンドロゲン受容体の感受性を決めると言われています。

アンドロゲンレセプター(AR)の遺伝子配列と感受性との間には、以下のような因果関係があるのです。

  • CAGとGGCの繰り返しが多い(長い) → ARの感受性が低い
  • CAGとGGCの繰り返しが少ない(短い)→ ARの感受性が高い

以下さかえクリニックのサイトの画像をご覧ください。これが塩基がリピートしているイメージです。

塩基がリピートしているイメージ

CAG、GGCのリピート部分が短かければアンドロゲンレセプターの感受性は高く、従ってAGAになる確率も高いと判定されます。

遺伝子検査結果によってAGAの治療方針が決まる

しかしAGA遺伝子検査を受ける目的は、単に自分が将来薄毛になりやすいかどうかを知ることだけではありません。検査結果によって、あなたに合った薄毛の治療方針を立てることができるのです。

以下、メンズヘルスクリニック東京のサイトから引用したAGA遺伝子検査の目的についての一文をお読みください。

まず、薄毛の原因がAGAなのか否かを確定診断することができます。自分は親もハゲているし、AGAだ…と思い込んでいる人もいるかと思いますが、必ずしもAGAだけが薄毛の原因ではありません。また、AGA治療で処方されるフィナステリドに対する作用があるかないかも遺伝子検査で判断できます。
引用元:メンズヘルスクリニック東京

薄毛には以下のようにAGA以外の脱毛症も考えられるので、AGA治療薬でどの薄毛も改善するとは限りません。

  • びまん性脱毛症
  • 円形脱毛症
  • 抜毛症
  • 粃糠性脱毛症
  • 脂漏性脱毛症
  • 感染症
  • 栄養障害など

しかし遺伝子検査を受けることで、このようにAGA治療薬フィナステリドが効くということが明らかになります。

  • CAG+GGCのリピート数が低い →  AGA発症リスクが高い
  • CAGのリピート数が低い → フィナステリドの治療効果が高い

AGAは早期治療が肝心です。時間や治療費を無駄にしないためにも、原因特定には大きな意味があると言えます。

たとえ近親者にAGAの人が多くても、実際にAGA遺伝子を受け継いでいるかどうかは遺伝子検査をしない限りわからないのです。

AGAの原因は遺伝だけではない!?

しかしここで気をつけていただきたいのは、AGAを進行させる原因は遺伝だけではないということです。

以下近畿大学薬学部と毛髪クリニックリーブ21との共同研究のアンケート調査結果の引用からも分かるように、AGAの進行には様々な要因が関わっています。

20~40代の各年代において[軽症群][重症群]とアンケート項目との間に関連性が認められました。生活習慣やストレスなどの環境的要因が、AGAの進行に関与している可能性が示唆されました。
引用元:「やはり遺伝だけではない!!」

遺伝子検査の結果でAGAリスクが低くても、他の要因で薄毛が進行する可能性はありますし、その反対にAGAリスクが高くても、早期治療で進行を食い止めることは可能です。

薄毛の原因には以下の要素が複雑に絡み合っており、遺伝はそのうちのひとつに過ぎません。

  • 遺伝
  • ストレス
  • 生活習慣
  • 頭皮の血行不良
  • 頭皮の皮脂バランスの崩れ
やっぱりAGAは遺伝するのか!しかしそれが母親からの遺伝子だとは驚いたぜ。母方の祖父が薄毛の奴は要注意だな!

AGA遺伝子検査では薄毛のリスクと同時にAGA治療薬の効き目も分かるらしいから、薄毛が気になるなら早めに検査を受ける方がいいみたいだぞ。でも薄毛の原因はAGAだけじゃないし、AGAの進行には他の要因も関わっていることも忘れないようにしろよ!

AGA遺伝子検査ってどうやるの?病院で受ける場合の詳細と注意点

次に「AGA遺伝子検査を受けてみたい」と思った方に、具体的な方法をご紹介したいと思います。まずは病院で検査受ける場合について、その流れを詳しくご説明しましょう。

AGA遺伝子検査は生涯に一度受ければOK

その前に、AGA遺伝子検査の2つの性質についてご説明しておきます。

  • AGA遺伝子検査は生涯に一度受ければいい
  • AGA治療に絶対必要なものではない
  • 保険診療適用外

遺伝子配列は生まれてから死ぬまで変わりませんから、何度受けても結果は同じです。

例えば病院を変えた場合も、繰り返し検査を受ける必要はありません。

またAGA治療を受ける際に、遺伝子検査は必須ではないということも憶えておいてください。この検査はあくまでもオプションですので、受ける受けないはあなたの自由です。

AGA治療においては血中のホルモン濃度などを測る血液検査が行われることもありますが、これは遺伝子検査とは別物です。

遺伝子検査はAGA治療を行う医療機関で受けることができる

AGA遺伝子検査は、以下のようなAGA治療を行う医療機関で対応しています。

  • AGA専門クリニック
  • 皮膚科

なお検査は外部機関に委託しますから、検査実施の有無や検査精度は、その病院の規模や設備とは無関係です。

AGA遺伝子検査方法は病院によっても違う

次に具体的な検査方法をご紹介しましょう。まずはDNAサンプルの採取です。これは必ず来院の上、病院にて行われます。

AGA遺伝子検査においては口腔内粘膜、毛髪、血液からと3通りの方法があります。

  • 口腔内粘膜
  • 毛根
  • 血液

最も負担の少ないのは口腔内粘膜からの採取方法で、綿棒でほおの内側を擦り取るだけです。血液は静脈から注射器でわずかな量の血液を採取します。

毛髪を採取するには10本程度が必要で、しかも毛根から抜き取るので、検査の為とはいえちょっと勿体ない気がしますね。

病院によってもサンプルの取り方は異なりますので、事前に調べておくようにしましょう。

病院でのAGA遺伝子検査の費用は20,000円以上

検査そのものはわずかな時間で済みますが、結果が出るまでには約1ヶ月かかります。

病院で検査を受けたら、1ヶ月後には必ず来院し、主治医から検査結果を説明してもらうというのがAGA遺伝子検査の流れです。

病院での検査は現段階で薄毛の症状が気になっている方に向く方法です。検査オンリーでも構いませんが、その場合初診料も加算されることにご注意ください。
■病院におけるAGA遺伝子検査料金は?
およそ20,000円+診察料

病院でAGA遺伝子検査を受ける場合は基本治療が前提ですから、検査だけでなく治療方針や料金についてもよく検討した上で病院を決めるようにしましょう。

病院でAGA遺伝子検査を受けると、医者から直接アドバイスを受けることができるし、そのままスムーズに治療へ移行できるんだな。少々値段は高いが、検査後のサポート体制はバッチリだ。

治療が前提だから、後で後悔しないよう病院選びには気をつけようぜ。

AGA遺伝子検査キットを使えばより手軽!検査結果が自宅で分かる!

治療までは考えていない方には、もっと手軽なAGA遺伝子検査キットを利用してはいかがでしょうか。検査方法は簡単で負担もかからないため、薄毛の症状のない若い方にもおすすめです。

次にこの市販のAGA遺伝子検査キットをご紹介しましょう。

AGA遺伝子検査キットはネットなどで手軽に入手できる

AGA遺伝子検査キットは市販されており、オンラインショップ「髪の健康グッズ EKショップ」で簡単に購入することができます。

ネットで注文するとパッケージに入った検査キットがメール便か宅急便で届きます。

プライバシーへの配慮は万全で、パッケージや差出人からAGA遺伝子検査が分かることは一切ありませんのでご安心ください。

以下は公式サイトに掲載されたAGA遺伝子検査キット「AGAドック」の中身です。

AGA(エージーエー)遺伝子検査 キット内容

以下がそのリストです。このように検体を返送するまでの全てがワンセットになっています。

  • 説明書
  • 検査申込書
  • 遺伝子検査同意書
  • ID番号シール
  • 綿棒
  • 返信用封筒

検査方法はほおの内側を綿棒で擦り取るだけ

検査は自分で行いますが、口腔内粘膜からの採取ですのでどなたでも簡単に間違いなくできます。

1.口をよくすすぐ
2.キットの綿棒をほおの内側に当て20回程度回転させる
3.反対側のほおも同様に
4.綿棒を乾かす
5.乾いた綿棒をケースに入れキャップをはめる

後は検体を入れたケースを返信用封筒に入れて返送すればいいだけ。全部で20分もあれば完了します。

検査キットの費用は病院のおよそ半額程度

AGA遺伝子検査キットは手軽なだけでなく、費用がお安いのも魅力です。

■「AGAドック」の価格
・クレジットカード決済 12,960円
・銀行振込       12,960円
・代引き        13,992円※
(※送料600円と代引手数料432円込み)

このように、検査キットなら病院のおよそ半額の料金でAGA遺伝子検査を受けることができます。

ただし検査の有効期限は商品購入後6ヶ月間ですので、なるべく早く返送するようにしましょう。もしもそれまでに返送できなかった場合には、8,640円で新たな検査キットが届きます。

検査結果は2〜3週間後レターパックプラスで届く

結果が出るのも病院より早く、2〜3週間後には自宅にレターパックで報告書が届きます。

パッケージを外から見ても遺伝子検査結果と分かることは一切書かれておらず、家族に見られても中身がバレる心配はありません。

中身は以下の2点で、報告書には①AGA発症リスクと②フィナステリドの治療効果についての検査結果が記載されています。

  • 遺伝子結果結果報告書
  • AGAアドバイスブック

AGA遺伝子検査キットは1年間は相談サービスも実施

なお購入から1年間は、メールや電話での相談サービスも実施中。薄毛に関する不安や心配に答えてもらえるので、検査キットといっても検査しっぱなしという訳ではありません。

このように一定のサポートも期待できるので、とりあえずAGA発症リスクを知りたいという方にAGA遺伝子検査キットの利用はおすすめです。

でも続けて治療を受けるつもりがあるのなら、検査も病院で受けた方がスムーズです。AGA遺伝子検査をキットで済ませるかどうかは、育毛治療の必要性をよく検討してからにしましょう。

AGA遺伝子検査キットは随分安いんだな!病院へ行く必要もないし、こっそり結果だけ知りたいならこっちの方がよさそうだ。

ただ1年間は電話やメールの相談もできるが、その結果やっぱり治療を受けることになるんなら、最初から病院で検査した方がいいかもな。

AGA遺伝子検査を受けることで適切な早期治療が可能になります!

AGA遺伝子検査は、どんな方でも受けることができます。市販のAGA遺伝子検査キットは価格も低く手軽ですが、治療を前提とするなら病院での検査がおすすめです。

AGA遺伝子検査を受けると、アンドロゲンレセプターの感受性と同時に、AGA治療薬フィナステリドの感受性も明らかになります。

つまり薄毛の原因がはっきりするだけでなく、治療方針まで明確になるというメリットがあるのです。

しかし薄毛の原因は遺伝だけではありません。もしも遺伝上はAGAになる可能性が低いという結果が出たとしても、ぜひ育毛の努力は続けるようにしてください。

はげの遺伝子があるなんて驚きだが、このAGA遺伝子検査は誰にでもできるんだぞ。治療を前提とするなら病院でもいいし、薄毛リスクを知りたいだけなら市販の検査キットもおすすめだ。

AGA遺伝子検査を受ければ、薄毛の原因の早期発見だけでなく、適切な治療も可能だぞ。遺伝が原因のAGAも、育毛治療は有効だってことを忘れるなよ!

この記事をシェア!!

  • いいね!
  • リツイート
  • はてなブックマーク
    はてブ
PAGETOP
育毛の道は1日してならずじゃ!
閉じる
閉じる