【育毛剤のミカタ】ハゲリーマン
頭皮のトラブル

フケの原因と頭皮対策を徹底解明!放置は抜け毛に繋がる危険性も!?

フケの原因と頭皮対策を徹底解明!放置は抜け毛に繋がる危険性も!?
  • いいね!
  • リツイート
  • はてなブックマーク
    はてブ

あなたはフケでお困りではありませんか?

毎日キチンとシャンプーしているのに、気がつけば肩に白いものがパラパラ・・・これでは情けなくなってしまいますよね。

フケは頭皮トラブルの中では取るに足らないものと考えられがちですが、実はちゃんと原因があり治療法もあります。しかも放っておくと抜け毛につながるという、聞き捨てならない重大なリスクも。

先ずはあなたの「フケの種類」を調べる必要があります。あなたのそのフケ、果たして心配ないものなのでしょうか?それとも脱毛の危険性あり?当記事で徹底的に解明します!

フケって何なの!?誰にでもある頭皮トラブルの原因を徹底解明!

黒っぽい服を着た時に目立つ肩のフケ。そもそもこのフケの正体って一体なんなのでしょう。ホコリや垢ならシャンプーすれば落ちるはずなのに、清潔にしていても何故か出てしまうのが悩みのタネですよね。

先ずはしつこいフケの実態とその原因に迫ります!

フケの正体は頭皮の角質細胞が剥がれたもの

フケの正体は、頭皮の角質細胞が新陳代謝で剥がれ落ちたものです。つまりフケは健康な頭皮にはつきもので、実はどなたにも発生しています。

以下の図をご覧ください。これは頭皮からフケが出るときのイメージで、左側がターンオーバーが正常な地肌です。

ターンオーバーのリズムと地肌の状態

「ターンオーバー」とは新陳代謝のこと。頭皮の角質は28日間のサイクルで古いものが剥がれおちるため、このように常にフケが出ています。

通常のフケはシャンプーで取り除かれ、日中剥がれ落ちても非常に小さく目につきません。正常な地肌からのフケは、目立たないので気にならないのです。

ターンオーバーが乱れると大きなフケになって目立つ

次に図の右側をご覧ください。こちらがターンオーバーが乱れた頭皮です。未熟な頭皮の角質細胞が、まとめてごっそり剥がれています。

ターンオーバーが乱れた時のフケはこのようにサイズが大きく、剥がれおちた時に目立つんですね。これがフケ発生のメカニズムです。

見えるフケがあるいうことは頭皮のターンオーバーが乱れている証拠。そこには必ず何らかの頭皮トラブルが起きています。次はその原因を見ていくことにしましょう。

【フケの原因】紫外線による乾燥や生活の乱れ

フケの原因はターンオーバーの乱れですが、それは頭皮の皮脂バランスが崩れることで引き起こされます。

皮脂が少なければ乾燥し、多すぎると脂っぽくなりますが、どちらもバランスの悪い状態です。

体質のほか紫外線や気温差でも頭皮の皮脂バランスは崩れますし、精神的なストレスも頭皮のターンオーバーを乱す一因です。

このように、私たちの生活は頭皮によくないことばかり。頭皮の健康を保つことは意外と難しいんですね。

  • 体質的なもの
  • ホルモンバランスの乱れ
  • シャンプー不足もしくは過剰
  • パーマやヘアカラーによるダメージ
  • 紫外線によるダメージ
  • 精神的ストレス
  • 過労や生活の乱れ
  • 食生活のバランスが悪い
  • 気温の変化

■正しいシャンプーの仕方を知りたい方はコチラ
ハゲない髪の毛の洗い方!?知らなきゃ損する正しいシャンプーの仕方

【フケの原因】頭皮の皮脂バランスの乱れはカビが原因?

頭皮の皮脂バランスには皮膚常在菌であるカビの一種も関係しています。以下の図をご覧ください。

フケを引き起こす3つの要因

このように頭皮の皮脂によって常在菌のマラセチア菌が増え、排出された脂肪酸が頭皮トラブルを引き起こすのです。

「マラセチア菌」は肌に常在する真菌でカビの一種。皮脂を栄養にして繁殖し、数が増えると炎症などトラブルを引き起こします。

以下コラージュフルフルシリーズのサイトからの引用をご覧ください。

私たちは市場調査からフケ・かゆみに悩む人が予想以上に多い事、また研究から、フケ・かゆみの原因菌が真菌(カビ)の一種であることを知りました。
開発への最大のきっかけになったのは、「ミコナゾール硝酸塩」という成分がカビの増殖を抑える働きがあるという研究結果でした。
引用元:コラージュフルフルシリーズ

フケを取ろうと強い洗浄力のシャンプーで毎日洗うだけでは、皮脂バランスが崩れて逆に悪化させる危険性も。フケ対策にシャンプー選びはとても重要です。

ちゃんと原因に合った適切な処置をしない限り、フケはなかなか治ってくれません。

【フケの原因】赤ちゃんのフケは乳児性湿疹の一種

ところで赤ちゃんにもフケが出るってご存知ですか?これは乳児性湿疹の一種です。

生理的なものなので治療は不要ですが、下表のように月齢によってフケの原因が異なるため、処置を間違わないことが大切です。

3ヶ月までの赤ちゃんのフケは皮脂過剰によるものなので、毎日きちんと洗ってあげましょう。生後4ヶ月以降のフケは皮脂が減って乾燥するせいですから、ベビーオイル等で保湿するようにします。

赤ちゃんの月齢 病名 原因
生後数週間〜3ヶ月 乳児脂漏性湿疹 母体の影響で皮脂分泌が過剰に
生後4ヶ月〜6ヶ月 乳児乾燥性湿疹 皮脂分泌が減り乾燥する
不潔が原因と思い込んでガシガシ頭を洗ってると、逆にフケが増やすことになるのか!マラセチア菌の異常繁殖は抜け毛に繋がるんだから、たかがフケと馬鹿にしないことだな。

それにしても赤ちゃんにもフケが出るとはな!

フケには乾性と脂性の2種類がある!タイプによって異なる原因と対策

フケ対策を立てるには、先ずは自分のフケのタイプを知ることです。

フケには2種類のタイプがあり、判断を間違うと逆に症状を悪化させることも。フケが酷くなると脱毛を引き起こすことがわかっているだけに、ここは気を抜けません。

あなたのフケはどちらのタイプなのか、しっかり確かめた上で対策を立てましょう!

フケにはサラサラタイプとベタベタタイプがある!

先ずはあなたのフケと地肌の状態を観察してみましょう。

フケにはサラサラタイプとベタベタタイプがあり、前者は乾性タイプのフケで、後者が脂性タイプのフケです。

あなたはどちらのタイプですか?下表で一度チェックしてみてください。

頭皮のタイプ フケのタイプ
乾燥している サラサラしている
細くて粉状
パラパラと落ちる
脂っぽい ベタベタしている
大きさは様々で大型もある
髪にまとわりつく

一般に乾性タイプのフケが出る人は全身も乾燥肌で、脂性タイプの人は脂症肌と言われますが、フケと肌タイプは必ずしも一致しません。思い込みは一旦捨てて、自分のフケと頭皮をよく観察してみてくださいね。

乾性タイプのフケが毛穴を塞ぎ脱毛を引き起こす

サラサラのフケは毛穴の周囲を埋め、そこにマラセチア菌が繁殖することで炎症や痒みを引き起こします。

常に痒いので頭皮に傷ができやすく、菌が増えて炎症を起こし最終的には脱毛を引き起こします。

痒みで掻くと頭皮に傷ができる
  ↓
マラセチア菌が繁殖
  ↓
毛乳頭が炎症を起こし栄養がストップ
  ↓
毛が抜ける!

乾性タイプのフケ対策の基本は地肌の保湿ですが、フケがカサブタ状になるほど酷く抜け毛も多ければ、粃糠性脱毛(ひこうせいだつもう)の疑いもあります。

「粃糠性脱毛」は比較的珍しい脱毛症ですが、男性にも女性にも見られます。痒みや抜け毛が酷い場合は、皮膚科での治療が必要です。

脂性タイプのフケが常在菌の異常繁殖を引き起こす!

次はベタベタタイプのフケについてです。脂性のフケは特に男性に多く、皮脂腺を活発にする男性ホルモンの分泌が一因です。

不潔が脂性のフケの一因ですが、逆にシャンプーし過ぎも皮脂の過剰分泌を引き起こしフケ発生に繋がります。

脂性タイプのフケも髪や毛穴にまつわりつき、そこにマラセチア菌が異常繁殖して脱毛を引き起こすというメカニズムは全く同じです。

赤くなって痒みも強いと脂漏性皮膚炎かも

脂性タイプのフケが治らず、以下のような症状が出てくると脂漏性皮膚炎の疑いがあります。

  • かゆみが出る
  • 赤みが出る
  • 皮膚がめくれてくる
  • カサカサになる
  • ジクジクする
「脂漏性皮膚炎」は皮脂過剰から炎症を起こした状態です。さらに悪化すると脱毛に至り、これが脂漏性脱毛(しろうせいだつもう)です。

対策の基本は良質なシャンプーでしっかり皮脂を落とすことで、炎症や抜け毛が治らなければ早めに皮膚科を受診しましょう。

マラセチア菌も原因だから、洗って脂を取ればいいってもんじゃなかったんだな。痒みがひどく赤くなって抜け毛が酷ければ脂漏性脱毛だから、さっさと病院へ行かないと俺みたいになるぞ!

自宅でできるフケ対策!手軽な方法で薄毛のきっかけを予防しよう!

フケは軽く見られがちですが、放置せず適切な処置をすれば治りも早く、抜け毛を防ぐことができます。

どなたにでもできる日常的なフケ対策をタイプ別にご紹介しますので、是非お試しください。

頭皮の紫外線対策は真夏以外でも必要!

頭皮の紫外線予防は乾性タイプのフケ対策ですが、抜け毛予防にはどちらのタイプにも必要です。

紫外線は5月頃から強まって曇りでも晴天時の60%の紫外線が地上に届くので、そのままでは頭皮は確実にダメージを受けてしまいます。

頭皮用のUVケア商品もありますが、フケの出ている頭皮には薬剤を使うよりも、帽子や日傘など地肌に負担のかからない紫外線対策が無難です。

■紫外線が気になる方はコチラの記事も要チェック!
日焼けは頭皮に良くないの?日光と薄毛の関係!

乾性タイプのフケ改善には冷え予防とバランスの良い食事を

またフケは体質や生活習慣とも大いに関係があります。

乾性タイプのフケが出ている人は皮脂不足で、偏食をなおして体が冷えないよう心がけることが大切です。食べ物は人参など根菜類を多く摂り、就寝前はマッサージやストレッチで血行促進に努めてください。

  • 頭皮の紫外線を予防する
  • バランスのよい食事を心がける
  • 体の冷えに気をつける
  • 睡眠を十分に取る
  • シャンプーに気をつける

シャンプーは皮脂をとりすぎない穏やかなものが良いでしょう。フケを取り除こうとして洗いすぎるのは逆効果ですよ。

脂性タイプのフケ改善には脂肪分の多い食事を控える

一方脂性タイプのフケは、動物性脂肪の多い食事やストレスの多い生活も悪化の原因ですので、普段の生活を見直すことが大切です。

  • 脂っこい食事を控える
  • 野菜をたくさん摂る
  • 睡眠を十分に取る
  • シャンプーに気をつける

これはそう簡単なことではありませんが、きちんとシャンプーをするだけでも随分違ってきますよ。

脂性タイプのフケは皮脂過剰が原因ですが、刺激の強いシャンプーでゴシゴシ洗うのは逆効果。マイルドなシャンプーで適度に皮脂を落としてください。

良質なシャンプーを使った適度な洗髪は、どちらのタイプのフケにも共通する何より効果的な対策です。

フケの原因菌に効く薬用シャンプーがあった!

そこでどちらのタイプのフケにも効くシャンプーをご紹介しましょう。それが持田ヘルスケアのコラージュフルフルネクストです。

冒頭でもご紹介しましたが、持田ヘルスケアはフケとマラセチア菌との関連に着目し、この菌の増殖を抑える「ミコナゾール硝酸塩」配合の薬用シャンプーと薬用リンスを開発しました。

コラージュフルフルネクストはフケの原因菌であるマラセチア菌を抑制し、乾性タイプのフケにも脂性タイプのフケにも有効です。

フケ対策には、体調管理も必要とは忙しいヒーローにとっては難しい課題だな。フケって意外と根が深い問題だからお前らも気をつけろよ!

でも良い薬用シャンプーが出てるから、これでフケの原因菌をバッチリ抑えようぜ!

頑固なフケは皮膚科へ!脱毛に繋がるフケもタイプ別に治療が可能!

でもいろんな方法を試してもよくならなかったら、迷わず皮膚科へ行くべきです。「フケ程度で病院?」と思う方もいるかもしれませんが、フケも立派な病気なんですよ。

皮膚科では、あなたのフケのタイプを正確に判断して適切な治療が行われます。

乾性タイプのフケには保湿剤や痒み止めが処方される

ただし「フケを一発で止める特効薬」は残念ながら存在しませんので、治療効果が出るまでにはある程度時間が必要です。

乾性タイプのフケには、状態を見ながら保湿剤や痒み止めが処方されます。薬の種類は色々あるので、合わない場合は処方を変えてもらうと良いでしょう。

  • 保湿剤
  • 痒み止め

粃糠性脱毛の治療にはステロイドの使用も

乾いたフケが大量に出て抜け毛も酷くなれば、粃糠性脱毛が疑われます。原因がはっきりしないため、痒み止めやステロイドで症状の改善を試みますが、やはり治療には時間がかかるようです。

  • 痒み止め
  • ステロイド

フケや脱毛は再発することも多いので、治療後も食事や体調管理に気を配ることが重要です。

脂性タイプのフケの治療には抗菌薬やステロイドを処方

脂性タイプのフケを放置して悪化させてしまうと、頭皮の炎症を伴う脂漏性皮膚炎になることがあります。

痒みを伴うので頭皮を掻くと細かい傷がつき、炎症を起こして最終的には脱毛につながります。そこで脂性タイプのフケの治療では、炎症を抑える薬剤が処方されます。

  • 抗菌薬
  • 痒み止め
  • ステロイド

脂漏性皮膚炎がさらに酷くなると、脱毛が止まらない脂漏性脱毛に。ベタベタフケの人は、こうなる前に治療を開始するべきです。

なお脂漏性脱毛は男性型脱毛症AGAと似ていますが、治療法は全く異なります。炎症や痒みが治ればAGAの治療も可能ですが、とりあえずは頭皮の状態を正常に戻すことが先決です。

フケが原因の抜け毛にAGA向けの育毛剤を使っても、逆に症状が悪化する可能性もあるので気をつけてくださいね。

ところでフケが原因の脱毛と男性型脱毛症AGAの脱毛はまた別なんだってな。治療法が違うから、脂漏性皮膚炎に育毛剤をぶっかけても効かないどころか、症状が悪化するかもしれないから気をつけろよ!

フケは薬用シャンプーなどの対策で抜け毛への悪化を予防できます!

フケが目立てば、何らかの頭皮トラブルの証拠です。放ったらかしにしていると、痒みや炎症を伴うようになり、最終的には脱毛に至ることも。単なるフケと軽視せず対策を立てましょう。

フケには乾いたタイプと脂っぽいタイプの2種類あって、それぞれ治療法が異なることにも注意してください。

どちらのタイプにも効くフケ原因菌を抑えてくれる薬用シャンプーのほか、紫外線対策や生活習慣の見直しで早めにフケを治しましょう。それでもなかなか快方に向かわないときは、皮膚科で治療を受けることも考えてくださいね。

たかがフケと馬鹿にしてると、最終的には毛が抜けるぞ!フケのタイプは2種類で、どっちにもフケ原因菌が関わっているというのは勉強になったな。その菌を抑える薬用シャンプーは、フケで悩む諸君には一押しだ。

紫外線やストレスなど、俺たちの生活は頭皮によくないことが一杯あるから、お互い頭皮の健康には注意しようぜ!

この記事をシェア!!

  • いいね!
  • リツイート
  • はてなブックマーク
    はてブ
PAGETOP
育毛の道は1日してならずじゃ!
閉じる
閉じる