【育毛剤のミカタ】ハゲリーマン
頭皮のトラブル

男の頭皮は臭いモノ!?それは間違い!今日からできる対策とは

男の頭皮は臭いモノ!?それは間違い!今日からできる対策とは
  • いいね!
  • リツイート
  • はてなブックマーク
    はてブ

頭皮が臭いというのは、男性の身体の悩みの中でも多くの人が感じているものだと言えます。男だから仕方がない、そう諦めている人も多いのでは?

しかし、頭皮が臭いということは、人目が気になるということだけでは済みません。実は、薄毛に繋がってしまうリスクも秘めているのです。

頭皮が臭くなってしまうのは、頭皮の皮脂にその原因があります。皮脂量を適切に保つことが、頭皮の臭い対策になるのです。

そこで、今回は頭皮の匂いの原因とその対策について詳しくご紹介していきます。この情報を知れば、頭皮が臭いという悩みから解放されるかもしれませんよ。

臭いの原因は過剰な皮脂量!放置すると薄毛原因にもなる!?

まずは、頭皮の臭いの原因を知ることから始めましょう。原因を知ること、頭皮について正しい知識を持つことが、臭いの対策に繋がっていきます。

臭いを引き起こすのは皮脂の酸化が原因!

臭いの原因の1つとされるのが、頭皮の皮脂です。

頭皮の皮脂が酸化することによって、臭いが生じると言うのです。

頭皮の皮脂は、次のような役割を持っています。

  • 頭皮の保湿
  • 外部刺激からの保護
  • 髪のコーティング

しかし、必要以上に分泌された過剰な皮脂は、酸化して頭皮の臭いを引き起こす要因となってしまうのです。

皮脂が酸化するということは、それだけ多くの皮脂が分泌されている状況だということになりますから、当然頭皮にとって良い環境とは言えません。

過剰な皮脂が引き起こす悪影響とは

過剰な皮脂分泌は、臭い以外にも次のような悪影響を与えます。

  • フケ
  • かゆみ
  • 抜け毛

ここで注目したいのが、皮脂の過剰分泌が抜け毛の要因にもなってしまうという点です。皮脂が多く頭皮環境が悪くなってしまうと、作物を育てる土壌の環境が悪いのと同じ状態です。

頭皮環境が荒れていれば、当然そこに生える髪にも影響してしまうわけですね。

頭皮の臭いを放置するということは、悪化している頭皮環境を放置するのと同じことになります。

ですから、頭皮の臭いは薄毛につながると言われるわけですね。ちなみに、皮脂が

頭皮が臭うということは、頭皮に何らかの異常が生じている状態です。だからこそ、頭皮の状態をしっかりと把握し、改善していくことが臭いの解消にも、髪を守るためにも、大切となるのです。

自分の頭皮は大丈夫?すぐにできる簡単臭いチェック方法

頭皮の臭い等自分自身の臭いというのは、残念ながら自分で感じるのは簡単ではありません。しかし、人から指摘されるまで待つというのも嫌ですよね。

そこで、簡単にできる頭皮の臭いチェック方法をご紹介しておきましょう。

  • 指で頭皮を触り、その臭いをかぐ
  • 帽子や枕の臭いをかぐ
  • ドライヤーで後ろから風を当てて臭いをかぐ

この3つですね。誰でも簡単にチェックできる方法ですから、ぜひ今チェックしてみてください。そこで、少し臭いかもしれない、ちょっと気になるかもしれない、そう思ったのであれば、すぐに対策を始めていきましょう。

男性と女性で臭いが違う!?その原因は成分と皮脂の分泌量にアリ

男性と女性では、臭いが違うと思っていませんか?男性の方が臭う、刺激が強い、そういうイメージを持つ人が多いのではないでしょうか。確かに、臭いの強さは男女で異なると言われています。その理由として、次の2点が挙げられます。

  • 男性の方が皮脂量が多い
  • 女性ホルモンには抗酸化作用があり加齢臭の原因と言われるノネナールの生成を抑えてくれる

まず、前提として皮脂の分泌量は男性の方が多い、という点が挙げられます。

頭皮の臭いの原因である皮脂、それが女性よりも男性の方が多いということは、それだけ臭いリスクが高いと言えるわけです。

髪と頭皮のエイジングケアブランドであるEraLの公式ウェブサイトでは、皮脂量の男女差について次のように記載されています。

皮脂量は脂腺細胞の増殖や分化度合に左右されます。これをコントロールする役割を担うのが男性ホルモンです。男性ホルモンは脂腺細胞の増殖や分化を促進させます。女性に比べ、男子の方が皮脂分泌量が多いのはこのためです。
引用元:Eralの魅力 男性特有の悩みについて(細毛化・抜け毛・頭皮のニオイ)

 
また、女性ホルモンが持つ役割にも、男女での臭いの差が生じる理由があると考えられます。臭いの原因として、加齢臭も上げられるわけですが、この加齢臭の原因とされる物質がノネナールです。ノネナールは、年齢と共に増加することが分かっています。

ノネナールを世界で初めて解明した資生堂のウェブサイトでは、次のグラフによって加齢とノネナールの関係を紹介していますね。

加齢にともなう体臭中のノネナール量の増加

女性ホルモンに抗酸化作用があることで、男性よりも女性の方がこのノネナールの生成が抑えられると考えらえるのです。ノネナールについては、資生堂のウェブサイトにて次のように紹介しています。

皮脂の成分は加齢とともに変化し、40 歳を過ぎた頃から脂肪酸の一種である「9-ヘキサデセン酸」や、活性酸素によって酸化された脂質「過酸化脂質」などが増えてきます。
9-ヘキサデセン酸自体は無臭ですが、過酸化脂質によって酸化が促進されると、脂臭くて青臭い「ノネナール」がつくられます。ノネナールが多くなると、汗や皮脂のニオイと混ざって中高年特有の体臭と感じさせます。
引用元:SHISEIDO NEWS RELEASE あなたは大丈夫!?加齢臭対策

更に、女性は男性よりも身体や臭いのケアをしっかりと行う傾向にあります。ですから、男性の方が臭いが気になるケースが多いのです。

ただし、閉経して女性ホルモンが減少すれば、女性もノネナールの生成が行われることで加齢臭が生じてしまう可能性は十分にあります。女性ホルモンが減少すれば、皮脂の分泌量も増えてくるという面もあります。

男女の臭いの差は、皮脂量と生成される成分にあるわけですが、これはホルモン分泌量が変化することで女性でも強い臭いを生じる可能性があるということはチェックしておきましょう。

頭皮の臭いの原因は皮脂の酸化か。年々頭皮のベタつきが強くなってるのは確かだ…。これが臭いにつながるのだな。

臭いの原因には細菌の繁殖も!?その理由をご紹介

頭皮の臭いの原因としては、皮脂の酸化が挙げられることを紹介しました。しかし、他にも臭いの原因となることはあります。それが、細菌・雑菌の繁殖です。

頭皮は、湿度が比較的高い場所になっています。頭皮には頭皮常在菌という菌がいるわけですが、その菌が増殖することで臭いを生じさせてしまう要因となってしまうわけですね。

頭皮常在菌が繁殖すると皮脂を分解して過酸化脂質が生成されてしまうのですが、この過酸化脂質が臭いの原因となるわけです。

シャンプーの後、髪が生乾きの状態で過ごすことも、頭皮のムレ、そして菌の繁殖へと繋がりますので注意しておきましょう。あとは、長時間の帽子着用も常在菌の繁殖を促してしまいますね。

髪を濡れた状態で放置することには、雑菌の繁殖以外にもリスクがあります。それが、髪が傷んでしまうという点です。髪が濡れた状態は、キューティクルが開いた状態となります。キューティクルが開いている状態の髪は、次のような危険にさらされていることになります。

  • 髪の内側にある保湿成分やたんぱく質が流れ出てしまう
  • 枕やタオルでの摩擦・刺激によって髪が痛む

髪が濡れた状態について、ヘアサロンlanternaのウェブサイトでは、次のように図で紹介しています。

キューティクルの解説イラスト

キューティクルが開いているのが分かりますよね。

髪が傷んでしまえば、髪が弱くなることで抜け毛が生じてしまうという危険もありますが、実は傷んだ髪は臭いやすいという事実もあるのです。

更に、健康な髪はしっかりとキューティクルで保護されています。ですから、臭いも汚れも、簡単なブラッシングである程度落とすことが可能なのです。

しかし、濡れてなくとも傷んでキューティクルが剥がれてしまった状態の髪は、傷んだところから臭いが付きやすく、取れにくくなってしまう状態にあります。

髪が傷まないように注意することも、頭皮の臭い対策として必要不可欠だと言えますね。

頭皮の臭いの原因に雑菌の繁殖があるとは…。ムレた頭皮が雑菌の温床になってしまうというのは恐ろしいものだな。濡れた髪の放置もせず、しっかり乾かすようにしておかねば。

臭い対策に必要なのは清潔と適度な皮脂を残すこと

頭皮の臭い対策のためには、次の2点が重要となります。

  • 頭皮を清潔に保つ
  • 適度に皮脂を残す

この2点をしっかりと注意し、意識することが臭い対策に必要となるのです。

取りすぎると頭皮にダメージを与える!?知っておきたい皮脂の役割

頭皮の臭いの原因が皮脂だと聞けば、頭皮の皮脂を出来る限り取り除こうと考えるかもしれません。しかし、過剰に皮脂を取り除くことは、かえって頭皮にダメージを与え、皮脂の分泌を促してしまう恐れもあるのです。

皮脂が少ない頭皮には、次のようなリスクが生じることが考えられます。

  • 頭皮が乾燥する
  • 頭皮バリアが崩れて頭皮常在菌が繁殖

乾燥した頭皮は、フケやかゆみの原因になってしまいますし、乾燥を改善しようと皮脂の分泌が行われます。つまり、皮脂を取りすぎることで過剰な皮脂分泌を引き起こしてしまう可能性があるのです。

また、頭皮の皮脂は頭皮をバリアする役割も担っています。空気中の汚れ、紫外線等の刺激から頭皮を守ってくれているわけですから、皮脂をすべて取り除くことは頭皮のダメージへと繋がってしまうわけです。

皮脂を取りすぎてしまえば、皮脂を残そうと身体が過剰な皮脂分泌を起こしてしまい、それがまた臭いに繋がってしまうという悪循環も起こってしまいます。

ですから、頭皮は適度な皮脂を残しつつも清潔に保つということが求められるわけです。

正しいシャンプーで皮脂を残した理想的な頭皮をキープ!

では、どうすれば適度に皮脂を残しつつ清潔な頭皮にすることが出来るのでしょうか。その方法は、正しいシャンプーにあります。

ここで、正しいシャンプー法を簡単に紹介しましょう。

①ブラッシングする
②しっかりと頭皮から髪全体を濡らす
③シャンプーをしっかりと泡立てからつけるようにする
④頭皮を指の腹を使って優しく丁寧に洗う
⑤しっかりとすすぎをする
⑥ドライヤーできちんと乾かす

シャンプーは、ただ洗えば良いというわけではありません。しっかりと泡立てずに直接シャンプー液を頭皮や髪につけてしまえば、シャンプーを泡立てる際に髪を傷つけてしまう恐れがあります。

また、髪を洗うのではなく頭皮を洗うということを意識して、指の腹を使い傷つけないように洗っていきたいですね。

頭皮にシャンプーが残ってしまえば、頭皮が炎症を起こす要因にもなります。しっかりとすすぎをするようにしましょう。

また、意外と忘れがちなのがドライヤーです。頭皮の臭いは、雑菌の繁殖によっても引き起こされます。濡れて髪がムレた状態は、雑菌が繁殖しやすい状態であると言えます。だからこそ、しっかりとドライヤーで髪を乾かすことが必要なのです。

■正しいシャンプーの仕方を詳細に知りたい方はコチラ
ハゲない髪の毛の洗い方!?知らなきゃ損する正しいシャンプーの仕方

毛穴のつまりもスッキリ!定期的な頭皮のクレンジングでリフレッシュ

実は、頭皮をクレンジングすることで毛穴の汚れが取り除かれ、頭の臭い予防対策をすることが可能です。

頭皮のクレンジングは、頭皮専用のクレンジングが必要というわけではありません。メイク用のクレンジングオイルでもOKですし、椿オイル等のオイルでも大丈夫ですね。

頭皮のクレンジングを行う前後の様子を、次の写真で確認してみましょう。

クレンジング前の頭皮の様子
クレンジング後の頭皮の様子

かなりスッキリしている様子が分かりますよね。では、頭皮クレンジングの具体的な方法をご紹介してきましょう。

①頭皮全体にクレンジングオイルをつける(髪ではなく頭皮につけるのがポイント)
②オイルを頭皮全体になじませる
③ホットタオルで頭皮全体を包む(5分ほど)
④シャンプーを行う

あとは、さきほど紹介した正しいシャンプー法を行えばOKです。すすぎを十分に行い、手で泡立てたシャンプーで頭皮を優しく洗いましょう。

頭皮クレンジングの効果は、毛穴の汚れを落として臭いを予防するということだけではありません。頭皮のべたつきを取り除く、乾燥を防ぐといった他のメリットもあるのです。

毎日行っては、皮脂を取りすぎてしまうことになってしまいますので、週に1回ほど行うようにし、定期的に頭皮をリフレッシュさせてあげましょう。

ニオイを抑えるシャンプー!?LUCIDOを徹底解説

頭皮の臭いは、上手にシャンプーをすること、頭皮をクレンジングして適度に皮脂を取り除くことで予防することが出来ます。

しかし、いくら気を付けていても、頭皮は何度でも臭ってきてしまう可能性があるのです。そんなとき、頭皮の油を落として、さらに臭いも予防できるシャンプーがあると聞けば魅力的だと思いませんか?

頭皮の臭いの原因の1つとして加齢臭をご紹介しましたが、実は加齢臭以外にもミドル脂臭というものがあります。ミドル脂臭は、40歳になるとピークになる特有の臭いで、その原因物質はジアセチルと言うものです。

ミドル男性の体臭

ミドル脂臭について、男性の体臭を研究しているマンダムのウェブサイトでは、次のように紹介されています。

「ミドル脂臭」は、30代半ば~50代半ばで最も強くなります。「ミドル脂臭」の原因成分は「ジアセチル」で、これは汗の中の乳酸が、皮膚上の常在細菌(ブドウ球菌)に代謝・分解されることによって発生します。
「ジアセチル」と「皮脂臭(中鎖脂肪酸)」が混ざることで、不快な「ミドル脂臭」となります。後頭部・頭頂部・うなじを中心に発生し、使い古した油のようなニオイが特徴です。
引用元:男のにおい総研 においの基礎知識 男性体臭のメカニズムと対処方法 ミドル脂臭

LUCIDOは、このミドル脂臭をケアするために、3種類の分岐型ノニオン活性剤を配合したシャンプーなのです。これが、ただ皮脂を洗い流すだけではなく臭いのない清潔な状態を保つことにつながるわけですね。

薬用スカルプデオシャンプー

40代になってミドル脂臭が気になる時期になったら、一度LUCIDOを試してみるのも良いかもしれません。

■シャンプー選びに迷ったらコチラの記事へ
シャンプーがハゲを加速させるってホント!?この成分にはご注意

臭いの原因ともなる頭皮の皮脂は悪だ!そう思っていたが、すべて取り去ってしまうと逆に頭皮にダメージを与えることになるとは恐ろしいことだ…。

臭い対策になるシャンプーを使って、正しくシャンプーする。しっかりと押さえておきたい情報だな。

生活習慣の改善が頭皮の臭い対策に効果的!?その理由とは

頭皮の臭いは、実は生活習慣を改善することでも対策することが出来ます。生活習慣と頭皮の臭いがなぜ繋がるかと言うと、それはやはり皮脂に関係しているのです。

脂っこい食事が頭皮の皮脂の分泌を促す

頭皮の皮脂は、食事によっても分泌が促されてしまいます。ですから、普段の食事から次の食品をとり過ぎないよう注意してもらいたいのです。

  • 揚げ物
  • スナック菓子

脂質の多い、脂っぽい食品ですね。これらの食品を多く摂っているようであれば、少し控えるようにしてみてください。

ただ、これを摂取しなければ髪にとって良い環境になるというわけでもありません。頭皮や髪の環境を整えるためには、さまざまな栄養素が必要です。

栄養素 役割
ビタミンB2、B6,C 皮脂の過剰分泌を抑える
亜鉛 抜け毛の原因である5αリダクターゼを抑制する
鉄分 血行改善
タンパク質 髪を構成する
オメガ3脂肪酸 頭皮の乾燥を防ぐ

頭皮や髪には、多くの栄養素が必要です。だからこそ、バランスの良い食事で多くの栄養素を摂取することが大切だということを認識しておきましょう。

皮脂の酸化を抑制させるために心がけたい生活習慣とは

皮脂の酸化は、活性酸素が引き起こします。ですから、この活性酸素を発生させないようにすることが、皮脂の酸化を抑え、頭皮の臭い対策にもなるわけです。

活性酸素が発生する要因として、次の要素が挙げられてます。

  • ストレス
  • 睡眠不足
  • 喫煙
  • 過剰な飲酒

ストレスを受けると、そのストレスを和らげようとする中で活性酸素が作られてしまいます。また、抗酸化作用のあるビタミンCの消費が高まり、体内の抗酸化作用が弱まってしまうのです。

睡眠中は活性酸素の発生が少ないのですが、睡眠不足になるということは起きている時間が長く、か亜聖酸素が発生する時間も長くなってしまうわけです。

喫煙は、体内に入ってしまう有害物質から細胞を守るために活性酸素が増え、アルコールを分解する際にも活性酸素が発生してしまうので、それが皮脂の酸化につながると考えられます。

頭皮の臭い対策として、しっかりと睡眠をとり、ストレスを発散させる、喫煙や飲酒を控えるようにしていきたいですね。

■薄毛と生活習慣の関係が気になる方はコチラへ
薄毛を改善する生活習慣まとめ!日々の生活の中でできる簡単対策

生活習慣を改善することで臭い対策が出来るとは良いことを聞いたな。バランスの良い食事、睡眠時間の確保、健康にも良いことではないか。すぐ実行することにしよう。

頭皮の臭いの原因は皮脂!?上手なシャンプーで臭い予防を

頭皮の臭いの原因は、頭皮の皮脂にあります。過剰な皮脂分泌や加齢によって皮脂が酸化することで、臭いが生じてしまうのです。

皮脂を適度に残しつつも頭皮を清潔に保つ、これが臭い対策になるのです。正しいシャンプー法でシャンプーをする、頭皮のクレンジングを行うということを心がけましょう。

また、食生活等の生活習慣の改善でも皮脂の過剰分泌は抑えられます。頭皮の臭いに対する知識をしっかりと持ち、自分が出来る対策を行ってもらいたいですね。

頭皮の臭いの原因が皮脂だということが分かれば、それに対する対応が出来るわけだな。まずは毎日のシャンプーを注意することにしよう。

頭皮の臭いは仕方ないと諦めてはいけない!ちょっと気を付ければ臭いのない魅力的な男になることが出来ると信じようではないか。

この記事をシェア!!

  • いいね!
  • リツイート
  • はてなブックマーク
    はてブ
PAGETOP
育毛の道は1日してならずじゃ!
閉じる
閉じる