【育毛剤のミカタ】ハゲリーマン

【女性専用】薄毛に悩むアナタに役立つ情報をご紹介

薄毛といえば男性の悩み…と思いがちですが、最近は薄毛に悩む女性が増えているってご存知ですか?

しかも、男性の薄毛と違い、女性の薄毛は種類も多く原因も複雑…。

髪は女の命ともいいますから、知らない間に薄毛になっていた!なんて悲しいことにはならないようにケアをしておきたいところですよね。

そこで今回は、女性に起こり得る薄毛のタイプや、その原因についてしっかりと解説していきたいと思います。

女性の薄毛・脱毛の種類って何があるの?

女性の薄毛には様々な種類・違いがあります。

  • びまん性脱毛症
  • 脂漏性脱毛症
  • 粃糠性脱毛症
  • 牽引性脱毛症
  • その他の原因の薄毛

などなど、かなり種類が豊富!

もちろん上記の薄毛・脱毛は男性でも発症するものもありますが、女性の薄毛は原因も男性ほどはっきりしたものではなく、さらに種類も多い…となかなか難しいんです。

次のトピックからは、女性の薄毛・脱毛についてそれぞれどのような症状なのか、そして何が原因なのかを突き詰めていきます!

しかし女性は一概に薄毛といってもこれだけ種類があるのか…原因がはっきりしないぶん、対処も大変そうだな。

女性に一番多いと言われる「びまん性脱毛症」とは?

さて、それでは女性の薄毛・そして原因の説明に入りましょう。

まずは女性の薄毛と切っても切れないもの「びまん性脱毛症」です。難しい漢字で書くと「瀰漫性脱毛症」となります。

びまん性脱毛症は女性の薄毛の種類としては一番多いと言われており、かつ一番悩みが多い薄毛・脱毛の症状とも言えるでしょう。

びまん性脱毛症は大きくわけて3つのタイプに分かれる

びまん性脱毛症は3つのタイプにわかれます。

まずはルードウィッグ型。びまん性脱毛症として一番多い症状がこちらのタイプで、生え際部分の後退はないものの、頭頂部付近から後頭部にかけて薄くなっていくタイプです。進行度によってクラス1~3に分類されます。

次はクリスマスツリー型です。このタイプは生え際から頭頂部の真ん中にかけて薄毛になるタイプで、薄毛部分がクリスマスツリーの形に似ていることからそう言われています。オルセン型ともいいます。

最後はハミルトン型です。こちらは男性のAGAで言う「M字ハゲ」と同様、生え際に剃り込みが入るように薄毛になってしまうタイプです。

男性のAGAに対してFAGAと呼ばれることもある症状

男性の、男性ホルモンが原因で発症する薄毛・脱毛は「AGA」と言われますが、女性の場合は性別であるF(Female)を頭にプラスして、「FAGA」と言われます。

とはいえAGAとFAGAは原因が同じというわけではないのがちょっとしたポイントです。

原因については後述しますが、女性の薄毛の原因として男性ホルモンがAGAほど深く関わっているわけではありません。

男性の薄毛とびまん性脱毛症の違いは、薄毛の範囲や薄毛になるプロセスでしょうか。

男性の薄毛と女性の薄毛の違い

こちらの画像を見ていただければわかります通り、男性は毛が「抜けてしまう」のですが、女性は抜け毛が増えるというよりも、毛の本数は変わっていなくとも1本1本が細くなりボリュームダウンしてしまうことがわかります。

もちろんこれはびまん性脱毛症においての違いであり、別の症状であれば女性であってもAGAのように毛根から毛が抜け落ちてしまうケースもあります。

男性の薄毛、つまりAGAは原因が血中のジヒドロテストステロンの値が高いため発毛を阻害するとわかっていますので「ミノキシジル」や「プロペシア」といった薬で治療することが可能です。

しかしFAGAは血中のジヒドロテストステロンの値が特別高くなるわけではないので、プロペシアを使っても薄毛の解消にはならないことがほとんどです。

原因は様々。主に加齢やホルモンバランスなど

それでは、びまん性脱毛症の原因となるのは一体なんなのでしょうか。

実ははっきりと「これだ!」と明確な原因はわかっていないのですが、

  • 加齢
  • ホルモンバランスの変化など
  • ストレス
  • 食生活
  • 遺伝

が複合的に関わっているのではないかと言われています。

その中でも「加齢」は可能性として高いといいますか、複合的な原因のひとつとしては明確にされている数少ないものでしょう。

こちらの画像をご覧ください。

加齢による毛髪の自然現象

20代の時は代謝もよく、女性ホルモンもしっかりと分泌されています。

しかしだんだんと年齢を経るごとに代謝も落ちてきますし、閉経にともなって分泌する女性ホルモンの量も減少していきます。

そうなると毛髪自体にハリやコシがなくなり、1本1本が細いものになってしまう=本数は同じでもボリュームダウンしたように見える、というわけです。

女性ホルモンは薄毛と深く関わっている可能性アリ!

ホルモンバランスやホルモン量もびまん性脱毛症に深い関わりがあると言われています。

なぜなら、女性ホルモンのひとつである「エストロゲン」には髪の毛のツヤやコシを作る力があるからなんです。

また、女性であっても少量ではありますが男性ホルモンも分泌されているのはご存知のことと思いますが、年齢を経ることで体内の女性ホルモン量が減ってしまうと、男性ホルモン濃度が相対的に高くなってしまい、何かしらの影響を及ぼすのでは?とも考えられています。

その他食事やストレスなどはホルモンバランスの乱れにつながりますので、直接的な原因ではなくとも要因となる可能性は十分に考えられます。

薬でホルモンを調整している「低用量ピル」を飲んでいる方もびまん性脱毛症になりやすいと言われていますね。

遺伝によってびまん性脱毛症になりやすい方がいる可能性も

最後の遺伝ですが、ヨコ美クリニックによりますとアメリカではFAGAになっている方の20%に家族歴があると言われています。つまり、自分より前の世代もびまん性脱毛症で悩んでいた人がいるということです。

母方からのみ、父方からのみということはなく、両方からの遺伝が複雑に関係していると言われています。

急激なダイエットなどの栄養不足も薄毛の原因

食事をほとんど取らないなどのムリなダイエットをした場合も、薄毛になる可能性大!です。

当たり前ですが、食事から取る栄養によってわたしたちは動き、肌や髪の毛を作っています。しかし栄養が少ないと生命を維持することに少ないエネルギーを注ぎ込みますので、肌がボロボロになったり、髪の毛が太く成長しないまま伸びてしまいます。

髪の毛は優先順位で言えばかなり下なので、場合によっては毛が細くなるどころか生えてこなくなる可能性も…。

育毛剤などでケアをしてもそもそもの栄養がなければ意味がありませんのでご注意ください。

女性の育毛剤を特集した記事はコチラ
女性の育毛剤ならコレがおすすめ!

男性だけじゃなくて、女性にもAGAがあるんだな!…とはいってもその中身はだいぶ違いそうだ。

AGAのほうがはっきりと男性ホルモンという治療する対象がわかっている分良さそうに感じるな。

皮脂の分泌が多いと抜け毛も増える「脂漏性脱毛症」

続いては「脂漏性脱毛症」です。特別この部分がなりやすい…ということはありませんが、頭皮全体的に影響を及ぼしますので、びまん性脱毛症のように全体的に薄くなってきたな…と感じる方もいるかもしれません。

なんだかんだでわかりやすいのは分け目などの頭頂部でしょうか。

びまん性脱毛症と違い、脂漏性脱毛症は原因がはっきりとわかっているので対策が取りやすい脱毛症と言えるでしょう。

皮脂の分泌量が増えることで毛穴に悪影響を及ぼす

「脂漏性脱毛症」は、頭皮の皮脂が過剰に分泌されることにより、皮脂が毛根を塞いでしまうことによって起こる脱毛症です。

毛根を塞いでしまうことでうまく髪の毛が成長できず、本来もっと伸びるはずなのに途中で切れてしまったり、該当部位の髪の毛が抜けてしまい、「脂漏性脱毛症」となるわけです。

皮脂の分泌量が多くなる中年男性に見られやすい症状ですが、皮脂分泌の多い女性も十分に可能性がある脱毛症です。

症状が悪化することで「脂漏性皮膚炎」になってしまうことも

さらに、脂漏性脱毛症が進行すると炎症を起こすことがあります。

わたしたちの頭皮には、「常在菌」として住み着いている「マラセチア菌」がいます。

このマラセチア菌、実は皮脂が大好物で、皮脂分泌が多い場合は異常に繁殖してしまうんです。

マラセチア菌が繁殖する際にエサとして皮脂を分解するのですが、その際に「遊離脂肪酸」という頭皮にとって強い刺激を与える物質を出します。

それが頭皮に刺激を与え、炎症につながってしまうんですね。

軽い炎症ですと「ちょっと頭が痒いなあ」と思うくらいなのですが、だんだんと悪化するとかゆみだけでなく頭皮が赤くなったり、発疹(できもの)が出来たりします。

この状態を「脂漏性皮膚炎」といい、自宅でのケアでも改善することが可能ですが、症状が重い場合は病院での治療が必要になるケースもあるんです。

シャンプーしたりない、逆にシャンプーしすぎが原因に

脂漏性脱毛症の原因はとてもシンプルで、「頭皮の皮脂が多すぎる」ことです。

とはいえ、何かしらの理由がないと頭皮の皮脂が多い状態のまま…ということはそうそうありません。

考えられるケースとしては

  • 皮脂を十分に取り切れていない
  • 皮脂を取りすぎている

のどちらかかと思われます。

まずは皮脂を十分に取り切れていないケースです。

これは単純に洗浄力が弱すぎるシャンプーを使っている、あるいは肌に合っていないシャンプーを使っている(例えば脂性肌なのに乾燥肌タイプのしっとりシャンプーを使っている、など)可能性がまずひとつ。

もうひとつは、単純にシャンプーする回数が少ないため頭皮に皮脂が残っているパターンですね。

シャンプーを3日、4日に1回しかしないのが日常という方は皮脂の分泌量は多くなくとも脂っぽいまま放置していることになるので、菌の温床と言っても過言ではありません。

そして、逆に洗浄力が強すぎるシャンプーを使っていたり、ドライヤーを強く当てているなど、乾燥を防ぐために脳が指示を出して本来必要な分よりも皮脂を出しすぎて結果的に皮脂が出てしまっているケースです。

こちらは脂性肌の方でも乾燥肌の方でも陥りやすい原因なので注意が必要です。

フムフム…頭皮が脂っぽいと抜け毛の原因になってしまうんだな。

しかも菌が沢山繁殖なんて、常在菌とは言えちょっと想像したくないぞ…。

頭皮の皮脂のバランスが悪いとなりやすい脱毛症と言えそうだ。

フケが多く出ている人は要注意!「粃糠性脱毛症」

続いての脱毛症は「粃糠性脱毛症」、ひこうせい…と読みます。

今しがた解説しました「脂漏性脱毛症」と近いところに原因がある脱毛症です。とはいえ、その症状は全く違います。

こちらの場合も症状自体は頭皮全体に及ぶのですが、脱毛の症状は円形脱毛症のように、一部だけ症状が出ることが多いです。

頭皮が乾燥していて、かつフケが大量に出ていて悩まされている、という方はこちらを疑ってみてもいいかもしれません。

脱毛と共に「大量のフケ」が出るのが特徴

「粃糠性脱毛症」の大きな特徴は、脱毛もそうですが「大量のフケが発生する」ことでしょう。

「ちょっとフケが多いかな?」程度ではなく「ヤバい!フケ多すぎる!」というレベルで発生するようです。

同じようにフケが症状のひとつとして挙げられる「脂漏性脱毛症」よりも量が多く、フケの質も違います。

脂漏性脱毛症は脂っこいフケなのに対し、粃糠性脱毛症は乾燥したパラパラとしたものになります。

かさぶたのようなフケが毛穴を塞ぐことで脱毛する

粃糠性脱毛症は異様にフケが出てしまうのですが、そのフケがかさぶた状になり、毛穴を塞いでしまいます。

そこに脂漏性脱毛症でも出てきました常在菌の「マラセチア菌」をはじめ、その他のばい菌などが繁殖することで毛根が炎症を起こし、最終的に脱毛してしまう…というプロセスとなっています。

頭皮の炎症から脱毛…というプロセスが脂漏性脱毛症と同様なため勘違いしてしまうケースや、両方合わせて発症してしまうケースもあるようですね(ただしフケの量は粃糠性脱毛症のほうが圧倒的に多いようです)。

毛根が炎症を起こし髪の毛に栄養が行かないため髪の毛が成長することが出来ず、切れ毛のような形で脱毛が発生します。そのため、脱毛部分を見ると頭皮に黒いポツポツとしたものが見えるのが特徴です。

また、脱毛の症状が出ていなくとも毛根に栄養が行きづらくなるのは事実ですので、生えてくる髪の毛も細くなり、全体的に薄毛の印象になってしまうこともあるようです。

原因は実は未解明。複数の可能性がある

粃糠性脱毛症の明確な原因は実はわかっていません。

というのも、脂漏性脱毛症の場合は「皮脂がマラセチア菌のエサとなるため繁殖する」と明確にわかっているのですが、粃糠性脱毛症は頭皮は脂っぽいどころか乾燥している傾向にあるため、なぜマラセチア菌が異常繁殖するのかがわからないからなんです。

  • ホルモンバランスの乱れ
  • 自律神経系の乱れ
  • 運動不足
  • 栄養の偏り
  • ストレス

…などなどの要素が複合的に組み合わさることで角質異常を起こし、フケが大量発生してしまうのでは?と言われています。

また、アレルギー体質の方がなりやすい傾向にあるため、何らかの免疫が関わっているのでは?という話もあるようですが推測の域を出ていません。

フケでお困りの方はこちらの特集記事をご覧ください。

フケが出る原因とは?知っておきたいその種類

何が原因で発症するのかわからないというのはなかなか難儀だな。

しかし健康的な生活を送っていれば対策を取ることはできそうでもある。

とりあえずフケが大量に出ていて切れ毛や抜け毛が増えてきたら要注意、と言えそうだな。

髪の長い女性に多い「牽引性脱毛症」

続いては「牽引性脱毛症」です。牽引性…という部分からなんとなく想像できる方もいると思いますが、「引っ張る」ことによって薄毛になってしまうものです。

引っ張っている部分によって薄くなる部分は違いますが、基本的には「生え際」が基本で、頭頂部が薄くなる可能性は低いと言えるでしょう。

ポニーテールやお団子など強くひっぱる髪型の女性に多い

ポニーテルやお団子といった、髪の毛をひっつめるようなヘアスタイルを多くしていると牽引性脱毛症になりやすいです。

なぜひっつめる髪型だと髪の毛が薄くなってしまうのかといいますと、引っ張ることによって毛根に負担がかかるからです。

そのため毛根をケアするような育毛剤などをつけたとしても、ヘアスタイルを変えない限り薄毛が改善される可能性はかなり低いと言われています。

薄くなってきてもそのままひっつめるヘアスタイルを常時しているとそのうちそこから髪の毛が生えてこなくなり、完全に「脱毛」の状態になってしまいます。

ひっつめるヘアスタイルの回数を少なくすることで改善可能

牽引性脱毛症の改善方法は非常に簡単で、ひっつめるヘアスタイルの回数を少なくすることです。

毛根に負担をかける時間を少なくすれば、単純に毛根の働きが弱まることが少なくなるのできちんと髪の毛も生えてくると言うわけですね。

バレエなどの習い事で必ずひっつめなければならない、など制限がある方もいると思いますが、それ以外の時間はできるだけひっつめないようにするなどの工夫をすることが大切です。

最悪、脱毛した部分は植毛手術でないとカバーできないこともあります。植毛手術についてはこちらの記事を参考になさってください。

女性植毛の基礎知識

引っ張るだけで薄毛になるなんて…なんて思ってしまうが、ありえることなんだな。

ヘアスタイルをそれに固定しないだけで改善できるなら、薄毛・脱毛の中でも症状としては軽いと言えそうだ。

他にもこんな薄毛・脱毛の原因がある

これまでいくつかの薄毛・脱毛の原因をご紹介してきましたが、他にも薄毛・脱毛の原因となるもの(名称がついているもの)はあります。

ここまで紹介してきましたものは、どちらかと言えば症状が「慢性的」なのに対し、今からご紹介するものはどちらかと言えば症状が「一時的」なものです。

こんな薄毛・脱毛もあるんだな~と思っていただければいいかな、と思います。

ストレスなどが原因で起こる「円形脱毛症」

いわゆる「ハゲ」とはまた違うベクトルの脱毛として一番有名なものはやはり「円形脱毛症」ではないでしょうか。

実は、円形脱毛症には種類があるんです、ご存知でしたか?

名称 具体的な症状
単発型 一番多く見られるタイプ。
突然頭髪に円形、あるいは楕円形の脱毛斑(脱毛部分)ができる。

約8割は1年以内に治癒するが、多発型に移行することもある。

多発型 円形の脱毛斑が2つ以上発生する。

複数の脱毛斑が結合して大きい1つになったりすることも。
完治までに半年~数年かかるケースが多い。

蛇行型 脱毛斑が結合して細長く、後頭部から側頭部への
生え際にかけて蛇のような形になる。

完治までに数年必要とされることが多い。

全頭型 脱毛斑が頭部全体に広がることで、全ての頭髪が抜け落ちてしまう。

完治までの期間が長いため、ウィッグなどを使用することが多い。

汎発型 全頭型の症状が進行し、頭髪だけでなく体毛まで抜け落ちてしまう。

全頭型と同様、治療には長い期間がかかる。

可能性は少ないとはいえ、体毛まで抜け落ちてしまうほどの重い症状があるなど、なかなか大変な病気ですよね。

円形脱毛症も明確な原因というのは解明されていませんが、近頃は毛根組織に対して免疫機能の異常が出てしまう「自己免疫疾患」が原因なのでは、と言われているようです。

しかし確実にそれが原因と言えるわけではありませんし、これまでに言われていた「ストレス」や「遺伝」という説もまだまだ有力と言えるでしょう。

特にストレスは脱毛だけでなく身体にとって悪い影響しか与えませんので気をつけたいところです。

円形脱毛症の特集記事はこちらです。

円形脱毛症の原因や治療を徹底解説!

出産後の女性に多い「分娩後脱毛症」

出産後の女性が「急に抜け毛が増える」「びっくりするくらい髪の毛が抜けた」という経験をすることはよくあります。

これは「分娩後脱毛症(産後脱毛症)」と言われるもので、特別髪の毛が抜けることがおかしいわけではありません。

こちらも明確な原因はわかっていないのですが、出産前に比べて出産後は体内で分泌される女性ホルモン(エストロゲンなど)の分泌量が低下し、休止期に入っていたもののホルモンバランスの影響で抜けていなかった髪の毛が一気に抜けてしまうためと言われています。

もうちょっと分娩後脱毛症について詳しく知りたい、という方はこちらの記事にもっと詳しく原因から対策までご紹介していますので、目を通してみてくださいね。

慢性的なものだけじゃなくて一時的な脱毛もあるんだな。

円形脱毛症はよく知ってるぞ!私も昔できたことがあるんだ。

確かにすぐ治ったな。他の部分の薄毛も治ってくれないものか…え、ムリだって?

症状によって原因も違う!自分の症状を見極めて

今回の記事で紹介しました薄毛・脱毛症はその症状や原因にもちろんストレスやホルモンバランスといった共通する部分もあるものの、違いがあることはおわかりいただけたかと思います。

原因が違うということは、対処方法もそれぞれ違うということ。あるクリニックの話によると、間違ったケアをしてしまうことで、さらに状況を悪化させてしまう人もいるそうです。

こちらの記事を読んでいただき、しっかりと対策方法もチェックしてみてください。

女性の薄毛対策!この方法で治療しよう

自分頭皮の状態などを知ることが、改善への近道です。

この記事をシェア!!

  • いいね!
  • リツイート
  • はてなブックマーク
    はてブ

❝女性の薄毛❝に関する記事

NEW ENTRY

女性の薄毛専門クリニックってなに?気になる疑問を徹底解説

no image

女性でも、自身の薄毛について悩んでいる人は少なくありません。まずは育毛剤等、自分で出来る対策を試してみるかもしれませんが、それでも十分な効果...

このエントリーを読む!

女性の薄毛治療は皮膚科とは限らない!何科に行くべき?

no image

女性が薄毛に悩み、治療を考えたとき、どの病院を選ぶべきなのでしょうか。まずは皮膚科をイメージするかもしれませんが、実は「薄毛治療は必ずしも皮...

このエントリーを読む!

女性の薄毛治療薬!種類と価格を徹底解説

no image

女性の薄毛は、誰にも相談できずに1人で悩んでしまう場合も多いものです。しかし、今は効果のある女性の薄毛治療薬が色々と登場しており、薄毛は治療...

このエントリーを読む!
PAGETOP
育毛の道は1日してならずじゃ!
閉じる
閉じる
閉じる