【育毛剤のミカタ】ハゲリーマン
AGAの原因と治療

AGAの治療方法とその費用を解説!

AGAの治療方法とその費用を解説!
  • いいね!
  • リツイート
  • はてなブックマーク
    はてブ

薄毛や抜け毛が気になってきた男性の皆さんは、何か対策を取っていますか?何とかしなきゃと思いながらも、治療を始めるってことは薄毛を認めることにもなるわけで、なかなか重い腰を上げられないという方も多いのではないでしょうか。

しかし、毛母細胞が死んでしまってはどんな治療をしようとも手遅れですから、AGAならば早期診断・早期治療が大切なのは、もはや常識といっても過言ではありません。

ここでは、AGAには早期治療が大切なワケや、どんな治療法があるのかについて、また、それぞれの治療法の費用や特徴など、気になるところを解説していきます。

手遅れにならないためにも、ぜひご一読いただいてAGA治療に関する知識を深めてくださいね!

AGA治療は進行を食い止めることが重要!

具体的な治療法などの情報をお伝えする前に、AGAは早期治療が肝心であることと、その理由をお話しておきたいと思います。

早期治療が必要なワケ

AGAには早めの対策が必要な理由は、AGAは進行するものであり、自然治癒はあり得ないものだからです。

AGAの5年間の毛髪本数の変化は下記のグラフのようになっています。

AGAの5年間の毛髪本数の変化

このように、ひとたびAGAを発症してしまったら、抜け毛や薄毛は確実に進行していきます。進行のスピードは人それぞれですが、何もしなくても脱毛が止まったり、髪の毛がまた生えてきたりするということはないのです。

さらに、AGAは手を打つのが早ければ早いほど、毛髪を豊かに保つことができるというのも、早期治療が大切な理由のひとつです。失った毛を再生することよりは、今ある毛を保つ治療の方が安価で簡単なうえに、治療期間も短く済みます。

毛母細胞とは

頭皮断面図

健康な髪の毛を抜いてみると、頭皮側の先端がぷっくりしていますよね。このぷっくりした部分を「毛球」と言います。毛球のもっとも奥深い部分には、「毛乳頭」と呼ばれるものがあり、その毛乳頭を包むように存在するのが「毛母細胞」です。

この毛母細胞が細胞分裂を繰り返し、以下のようなヘアサイクルを保つことによって、髪が太く長く成長していくというメカニズムになっています。

ヘアサイクル

このヘアサイクルは、休止期→成長期→退行期という順で繰り返されますが、健康なときの成長期が2~6年であるのに対し、AGAだと数か月~1年に短縮してしまいます。

毛母細胞が死んだら手遅れ!

ヘアサイクルの成長期が短いということは、髪がじゅうぶんに成長できないまま退行期に入ってしまうということですから、短く細い毛しか生えてこないことになります。そして、その短く細い毛も通常より早く抜けてしまうことになります。これがAGAのメカニズムです。

AGAの治療とは、このヘアサイクルを元に戻すことなのです。しかし、毛母細胞が死んでしまったら、ヘアサイクルを戻すどころか毛の元となる細胞分裂もできないわけですから、もう治療のしようがないのです。

そのため、毛母細胞が死ぬ手前で、進行を食い止めるための治療をすることが重要であり、それこそが早期のAGA治療を勧める最大の理由なのです。

毛母細胞の寿命

では、毛母細胞はいつ死んでしまうのでしょうか?すでに髪が抜けているところでも、毛母細胞が死んでいるとは限らないので、ハゲているかどうかで毛母細胞が生きているかどうかを判定することはできません。

毛母細胞の寿命

人間の細胞の再生回数は40~50回と言われており、毛母細胞も例外ではありません。健康な髪のヘアサイクルの成長期が2~6年であるため、短くても40回×2年=80年が、毛母細胞の寿命であるという計算になります。

つまり、ヘアサイクルが順調であれば、少なくとも80歳までは髪は生え続けるということになります。

ところが、AGAでヘアサイクルが短くなっているケースでは、成長期を半年とすると40回×1/2年=20年という計算になってしまいます。

この計算でいうならば、恐ろしいことに20歳で毛母細胞が死んでしまい、そこからはもう二度と髪の毛が生えてこないということですね。こうなってしまっては、もう手遅れです。

ここまでお話してきた諸々の事情を合わせて考えてみても、放置しておいた方が良い理由は見つかりません。AGAならば、今日からでも対策や治療を講じることをおすすめいたします。

なんだって!毛母細胞が死んだら治療をしても意味がないなんて、ショックすぎるぜ!

AGAの治療には期限があるってわけだな。このことをよく胸に刻んで、できるだけ早く薄毛対策を始めるべきだな!

自宅でできる頭皮マッサージや育毛剤は、AGA治療の第一歩!

AGAは、できるだけ早く治療を開始する必要があることは、お分かりいただけたでしょうか。ここからはいろいろなAGA治療を、それぞれの内容とおおよその費用を中心にご紹介していきます。

まずは、自宅でできる対策から見ていきましょう。

発毛効果のある育毛剤を使おう

巷には様々な育毛剤や発毛剤がありますが、それらの中には、医学的に効果が証明された成分を含んでいないものもあります。

効果が実証されている発毛育毛剤で有名なのは、大正製薬のリアップシリーズで、その中でも「リアップX5プラスローション」は、ミノキシジルを5%配合した第1類医薬品です。ドラッグストアにも置いてあるので、もっとも手軽に入手できるミノキシジル発毛剤と言えますね。

■育毛剤の成分について詳しく知りたい方はコチラ
【ミノキシジル系の育毛剤】効果や副作用は?生え際への影響は?

M-034は厚生労働省認可の成分!育毛効果の秘密とは

頭皮マッサージもオススメ!

また、男性型脱毛症の予防や改善のためには、頭皮のマッサージはとても有効なセルフケアです。

インスリン様成長因子-1(IGF-1)は、育毛効果や美肌作用、生活習慣病予防作用、抗うつ作用、および認知機能改善作用などの重要なアンチエイジング作用を持っています。しかし、安全にIGF-1を増やす方法は、これまでに、見つかっていませんでした。これまでの血液学の研究成果から、頭皮や胃腸の知覚神経を刺激すると、それぞれ、頭皮の毛根、および頭皮を含んだ全身のIGF-1が増加することがわかりました。
引用元:名古屋Kクリニック

このように、頭皮を刺激することで血行がよくなるだけでなく、育毛効果のあるIGF-1を増加させることができるので、頭皮マッサージが効果的というわけなんです。

シャンプーや育毛剤を使用するときに、ついでに頭皮を両手でマッサージするとよいでしょう。

■頭皮マッサージの方法を詳しくご紹介しております
頭皮マッサージの効果や方法をご紹介!~育毛や薄毛予防できます~

育毛剤やマッサージの費用と適用

マッサージは無料でできますし、発毛剤も市販のものを使うのであれば、皮膚科の病院やAGA専門クリニックで治療するよりも安価で済みます。

マッサージや育毛剤は予防としても効果的なので、まだ抜け毛がそれほどない人にも有効です。しかし、進行してきた人には、このような自宅治療だけでは対処できないケースも多いので、そのような方はAGA専門医を受診して、次章以降の治療法を検討してみると良いでしょう。

うむ。リアップはいつでも気軽に買えて、効果も実証されている頼もしい発毛剤だよな。

頭皮マッサージは、抜け毛が気になる人はもちろん、まだフサフサで将来的にも不安がない人や女性にもオススメなんだぜ。

オレも若いうちからマッサージしたりして、育毛対策をしておけばよかったぜ。

内服薬の服用も有効なAGA治療!気になる治療費はいくら?

セルフケアだけでは不安という方が次に考えるのは、やはりAGA専門の治療薬ではないでしょうか。最近では、高い効果が期待できる内服薬も一般的になっています。

AGA治療薬の種類

AGA治療は外用薬を想像する方も多いかもしれませんが、今は内服薬も非常によく使われています。AGAに効果のある内服薬には、以下のような種類があります。

薬剤名 特徴
プロペシア ・有効成分フィナステリド1㎎含有
・2型の5α還元酵素を阻害する
・国内初の認可薬
プロスカー ・有効成分フィナステリド5g含有
・日本では未認可
フィンカー ・プロスカーのジェネリック
・有効成分フィナステリド5g含有
・日本では未認可
ザガーロ ・有効成分デュタステリド0.1㎎または0.5㎎含有
・1型および2型の5α還元酵素を阻害するのでプロペシアよりも効果が高い
・2016年に日本でも認可された

ご覧のように、わが国で認可されているAGA治療薬は「プロペシア」と「ザガーロ」のみです。これらの治療薬はどれも男性ホルモンに作用する有効成分が含まれており、AGAであればどんな状態の男性にも向く治療法です。

ただし、未成年の人や女性は使用できません。特に妊娠中の女性は有効成分に触れるだけでも、胎児に奇形をもたらす危険性があるので絶対に服用してはいけません。

内服薬治療の費用

これらの内服薬は、病院で医師に処方してもらう方法と個人輸入とがあり、入手法によって、かかる金額にも差があります。クリニックでの処方の場合、保険適用外で価格は自由に決められるため、同じ薬でもクリニックによって値段は違います。

プロペシアなら、おおむね28日分で7000~8000円くらいが相場です。診察料やカウンセリング料を含めて、月1万円弱と考えておけば間違いないでしょう。ジェネリックなら、もう少しお安くなっています。

ザガーロは効果が高い分、お値段も少々お高めです。薬剤だけで1か月分1万円程度かかり、それに診察料などが上乗せされます。

それ以外の未認可薬は、主に個人輸入で入手することになります。また、認可薬も個人輸入が可能で、処方してもらうよりもお安くなります。プロペシアなら28日分で5000~6000円くらいが相場です。

ただ、これらの内服薬はすべて、AGAではない脱毛症には効果が見られませんので、念のため最初は医師の診察をうけたうえで処方してもらうことをおすすめします。

今は、ハゲも飲み薬で治療できる時代なんだな!長生きはするもんだぜ!

個人輸入でも手に入るが、ザガーロは肝機能障害がある人は副作用に気を付けなきゃならんし、やっぱり医者に診断や処方をしてもらった方が安心だよな。

光を当てて薄毛を治す!?低出力レーザー治療って、どんなもの?

「低出力レーザー治療」という言葉は、あまり一般的に馴染みのないものかもしれませんね。でも、れっきとした治療法のひとつです。

レーザー治療の概要

レーザーとは簡単にいうと強い光のこと。レーザーメスというものがあるくらい、強いレーザーは物を切断することができるほど強力な光です。

このレーザーの力を極限まで弱めると、お肌にはダメージを与えず、ポジティブな効果だけを発揮することができます。これを育毛にも活用したのが、低出力レーザーによる薄毛治療です。

レーザーによって頭皮の血行を改善したり、頭皮や毛根の細胞を活性化したりすることで、育毛効果を生み出すという仕組みです。

AGAのレーザー治療

低出力レーザーには、機器を購入して自宅で行うものと、クリニックなどで施術してもらうものとがあります。いずれにしてもレーザー光線を当てるだけなので痛みはなく、恐れる必要のない治療法です。

治療費が高額になることも

自宅で行うレーザー機器には、ブラシ型やヘルメット型などいくつかの種類がありますが、どれも5万円前後と決して気軽に買える金額ではありません。

クリニックでの施術も1回5,000円程度からですが、薄毛の範囲や照射する範囲によって変わってきます。薄毛の範囲が広かったり、何度もレーザー照射を繰り返したりすれば、数十万円になってしまうこともあります。

ただ、クリニックでのAGA治療は他の方法が主流となっており、低出力レーザーはあまり行われなくなっています。せっかく通院してまで治療するのならば、もっと魅力的な治療法があるので、低出力レーザーは行うとしても補助的な扱いとなるでしょう。

レーザーはホクロ除去やしわ、たるみなど、様々な美容系皮膚科治療に使われているから、薄毛にも効果があるのは納得だぜ。

今は他にも良いAGA治療法があるから、低出力レーザーは薬とかと組み合わせて使っていく感じなんだな!

治療の中身を知れば不安も解消!知りたかったメソセラピー

メソセラピーは比較的新しい治療法なので、耳にしたことはあってもどんなものか分からず不安感を覚える方も多いかもしれませんね。情報を得れば不安もなくなるはずですので、以下に詳しくご紹介します。

メソセラピーってどんな方法?

メソセラピーとは、簡単にいうと、頭皮や毛根に直接有効成分を注入する治療法です。「直接」注入するという方法ゆえに、従来は注射器を使って頭に注射をする方法を採るところが多く、当然ながら痛みが伴いました。

しかし近年では、各クリニックが工夫を施し、より痛みが少ない方法が開発されています。たとえば、成分の注入前に、麻酔をする、レーザーや電気で極小の穴を頭皮に開ける、冷却して痛みを感じさせなくする等、苦痛を覚えずに効果的な治療ができるようになっています。

メソセラピーで使われる薬剤

メソセラピーで使われる有効成分は、一般的に「カクテル」と呼ばれ、その内容物は各クリニックによって異なります。よく使われる成分としては、

  • フィナステリド
  • ミノキシジル
  • IGF-1などの成長因子複合体
  • ヒアルロン酸
  • 銅ペプチド
  • ビタミン類

などがあり、どれも薄毛や抜け毛に効果があるものや、それを補助する役割を持つ成分です。これらが男性ホルモンに働きかけたり、毛根や細胞を活性化させたりしながら、育毛に一役かってくれるというものです。

メソセラピーが向くのはどんな人?

AGAの治療としては、近年プロペシアやザガーロなどの内服が中心となっています。これらは医学的に有効であることが分かってはいるものの、内服薬であるため有効成分は血液によって運ばれ、頭皮や毛根に達するまでには、時間がかかってしまいます。

メソセラピー治療の解説イラスト

しかし、メソセラピーなら頭皮や毛根に直接成分を注入するため、内服薬よりも短期的に、成分が濃いまま、有効な物質を届けることができます。なので、図のように、最初の3か月はメソセラピーの方が高い効果が期待できるのです。

短期的に効果をあげたい人には、メソセラピーがおすすめというわけですね。

メソセラピーにかかる費用

メソセラピーにかかる費用は、やはりクリニックによって大きな差があります。1回1万円程度のところから、10万円ほどもするところもあります。また、薄毛の範囲、つまり薬剤を注入する範囲が広ければ、その分料金も高くなります。

1回の施術でもよいのですが、やはり継続的に薬剤を注入していくことを推奨するクリニックが多いです。3週間~4週間に1度のペースで行い、発毛が見られたら2か月に1回程度にするのが目安です。

最低でも3か月は続けた方がよいので、1回ごとに支払うと料金もかさんでしまいますが、複数回のパック料金を設定しているAGAクリニックもありますので、より確実な効果を得たいという方はそのようなところを選ぶのも良い手段ですね。
頭皮に薬液を注入するなんてビビッてしまうが、痛くない施術もできるみたいだな。ちょっと安心したぜ!

しかも、薬よりも早く効果があらわれやすいなんて、うれしいぜ!料金が高めなのがネックだが、背に腹は代えられない人にはオススメだ!

効果は断トツ!?話題のハーグ治療のすべてをご紹介!

ハーグ治療という言葉は、薄毛に真剣にお悩みの方ならば、きっと耳にしたことがあると思います。その高い治療効果から、近年、大きな注目を集めている治療法です。

ハーグ治療とは?

ハーグ治療とは「HARG療法」とも書き、HAir(毛髪)Re-Generative(再生) therapy(治療)の略称です。治療の流れとしては、頭皮に直接有効成分を注入するという、メソセラピーとほとんど同様のものです。

では、メソセラピーとの違いはどこにあるのでしょうか?

ハーグ治療の解説イラスト

メソセラピーは今ある髪を強く太くして、これ以上抜けないようにするのに対し、ハーグ治療は、メソセラピーの効果に加え、すでに失われた髪を再生して元通りにするというイメージです。

髪の再生を可能にするため、使われるカクテルの内容も異なり、メソセラピーのところでご紹介したものに加えて、ヒト幹細胞から抽出された脂肪幹細胞由来たんぱくが用いられることが特長です。

ただし、クリニックによっては実質的なハーグ治療をメソセラピーと呼んでいるところもありますので、詳しい内容は受診先の医師にご確認ください。

ハーグ治療のメリットと適用

基本的に、ハーグ治療は1年程度で終えることができると言われています。いつ終わるか分からない治療はツライものですから、これはとても大きなメリットですよね。

また、再生医療を取り入れているため、すでに薄毛が進行してハゲてしまった人にもオススメの治療法です。さらに、AGA男性だけでなく、女性や円形脱毛症などでお困りの方にも施術可能です。

ハーグ療法にかかる費用

このように高度なハーグ治療は、やはり料金も高額です。1回の施術で8万円前後~20万円前後、6回コースでおよそ50万円~100万円前後といったところです。

「そんなにかかるの…!」と衝撃を受けても無理はないような金額ですよね。

でも、育毛剤を何年にも渡って使い続けて大した効果がないよりは、ハーグ治療を半年続けて効果バッチリの方が「早い・安い」という考え方もあります。要は価値観とお財布次第ですね。

ハーグ治療は、最近よく聞く治療法だな。でも、再生医療の技術を取り入れた方法だとは、知らなかったぜ。

治療費の負担は大きいが、その分効果は高いみたいだし、う~ん、迷うところだぜ!

最終手段!?植毛という方法にはどんなメリットや危険性があるの?

最後に、これまでご紹介してきたものとは、ちょっと毛色の違う治療法をご紹介します。それは「植毛」という方法です。

植毛には人工毛と自毛植毛がある

かつての植毛は、人工毛や自分の毛(自毛)を頭皮に植え付けるものでしたが、一時しのぎにしかなりませんでした。また、人工毛植毛は事故も多く、アメリカでは事実上禁止されています。

日本では人工毛植毛を行っているところもありますが、安全性や効果を考えるとあまりおすすめできません。

このような流れを踏まえ、現在では、自分の髪の毛を毛根ごと移植する方法が主流となってきています。移植した毛根が定着すれば、普通の頭皮と同じように髪が抜けてもまた生えてくるため、半永久的な治療効果が期待できるのです。

自毛植毛はどんな人に向いているのか

自毛植毛が成功すれば、かつてのように、髪が自然に抜けてまた生えてくるという日々を取り戻せるわけですから、飛びつきたくなる人もいるかもしれません。でも、誰にでもオススメできる方法というわけではないんです。

日本皮膚科学会が出している、薄毛治療に関するガイドラインを確認してみましょう。

自毛植毛術のエビデンス・レベルは必ずしも高いとは言えないが,フィナステリド内服やミノキシジル外用による効果が十分でない症例に対して,他に手段がない状況,国内外における膨大な診療実績,また患者の病悩を考慮し,委員会としては十分な経験と技術を有する医師が行う場合に限り,推奨度B として推奨する
引用元:日本皮膚科学会ガイドライン

文中の「推奨度B」というのは、「行うように勧められる」という意味で、最高ランクのAに次ぐ推奨度の高さです。

したがって植毛は、薬などの治療を試しても効果が見られなかった人のみが行うべき方法であり、それに該当する人には悪くない治療法というわけです。

自毛植毛の費用は?

さて、半永久的な効果が期待できる自毛植毛ですが、お値段はどれくらいかかるのでしょうか?

植毛を行う範囲や毛根の数によって大きく異なりますが、少なくとも50万円ほど、多ければ150万円を超えることもあります。

かなり高額ですし移植は麻酔を使用する手術ですから、医療トラブルを避けるためにも、無料カウンセリングを実施しているクリニックを選び医師によく相談して、しっかりと情報収集してから契約をするようにしましょう。

■植毛について詳しく知りたい方はコチラへ
薄毛対策の植毛とは?基礎知識から知りたいギモンまで徹底網羅!

どんな治療を試しても思うような効果が出なかった人が、最終手段として選ぶのが植毛ってわけだな。

人工毛はリスクが高いから、やるなら自毛植毛がおすすめだ!うまく定着すれば、ずっと生え続けるんだぜ!夢みたいだな!

AGA治療は原則として保険適用外!でも例外もあるってホント?

発毛治療は効果も重要ですが、お金のことも考えなければなりませんよね。ここまでも費用についてお伝えしてきましたが、あらためてAGA治療費についてお話します。

AGA治療に保険はきくのか

AGAの治療を行っているところには、皮膚科や美容外科などの一般病院、発毛専門クリニック、発毛サロンや育毛サロンなど様々な形態がありますが、原則としてどこも健康保険はききません。つまり、全額自己負担となります。

しかし、基礎疾患があってその影響で薄毛になっていると判断された場合は、保険が利くケースもあります。

ただし、その場合でも、医師がいないサロンでは保険がききませんので、保険適用の可能性がある方は、美容皮膚科などの病院へ行くことをおすすめします。

医療費控除の対象になることも!

また、AGAの治療費が、医療費控除の対象になることもあります。基本的には、美容目的とみなされるので控除されないAGA治療費ですが、例外もあるんです。

それは、病気の治療の一部としてAGA治療を行った場合です。つまり、他の病気が元となってAGAを発症した方は、医療費控除が受けられるケースもあるのです。

控除が受けられれば税金の節約になりますので、気になる方は、税理士さんなどに相談してみてもよさそうですね。ただし、領収書や医師の診断書などが必要となります。

確かにハゲでも死ぬわけじゃないし、保険適用外というのは仕方ないかもしれないな…。でも深刻な問題なのは間違いないから、はやくAGA治療にも保険がきくようになってほしいぜ。

一部で保険がきいたり、医療費控除の対象になったりするケースがあるのは知っておきたい情報だな!

AGAは早期治療が必須!進行度と費用に応じて治療法を決めよう

AGAの治療について、総合的な情報をお伝えしてきましたが、いかがでしたか?

AGA治療には様々な方法があり、その中から、頭髪の状態や予算などに応じてお好きな方法を選ぶことができます。しかし、毛母細胞が死んでしまったらどんな治療をしても意味がなくなってしまいます。

抜け毛が気になるようになってきたら、一刻も早く治療を始めた方が良いのは、どんな治療法を選ぶにしても共通するポイントです。ぜひ、早期治療で豊かな髪をキープしてくださいね!

AGA治療にはいろんな方法があるから、抜け毛が増えても絶望しなくていいんだぜ!

だが、早く治療を始めないと手遅れになることもあるから、のんびりしてられないぜ!自分の頭髪とお財布事情を考えて、最適な対策を見つけてくれ!

この記事をシェア!!

  • いいね!
  • リツイート
  • はてなブックマーク
    はてブ
PAGETOP
育毛の道は1日してならずじゃ!
閉じる
閉じる