【育毛剤のミカタ】ハゲリーマン
CATEGORY 薄毛を改善する生活習慣

薄毛を改善する生活習慣まとめ!日々の生活の中でできる簡単対策

薄毛が遺伝するのは事実です。なぜなら、AGAの原因としてよく知られている、ジヒドロテストステロンという名前の抜け毛の原因となる悪玉の男性ホルモンがあるのですが、その生成に関わる酵素の量が遺伝的に多い人がいるからです。

ですが、身内に薄毛の人がいないのになぜか自分は薄毛になっている…。そんなこともありますよね。そういう場合の薄毛には、生活習慣が大きく関わっていると考えられます。

では、どのような生活習慣が薄毛に関わっているのでしょうか?タバコのようによく知られたものから、意外なものまで、薄毛の原因となる生活習慣は様々です。

そこで、日々の生活の中でできる、薄毛を改善する生活習慣をまとめてご紹介します!

毛母細胞の活性化に血流改善!薄毛改善に役立つツボ刺激の効果

薄毛の改善にツボ刺激、と言われるとなんだか不思議な気がするかもしれませんが、これが大きな関係があるんです。

では、なぜそう言えるのか確認しましょう。

ツボって何?

ツボは東洋医学の考え方を元にしたもので、正式名称は経穴と言い、体の異常が現れやすい場所とされています。長年積み重ねられた経験を元に、体には気や血が巡る道があると考えられ、その気や血の流れが滞りやすい場所を経穴と呼ぶようになりました。

ツボは気や血が滞る場所なので、そこに刺激を与えることで気や血が流れやすくなる、それがツボ刺激で体の異常が改善されると考える根拠です。

実際のところ、ツボを刺激すると中枢神経にその刺激が届き、さらに指先部分にある末梢神経へと刺激が伝わって行きます。それによって指先が動かされ、血流が改善されるそうです。

世界保健機構にもツボ刺激の効果が認められていて、さらにその世界保健機構がツボの位置を特定したり名称を統一したりしたと言いますから、効果があるのも納得できますね。

ツボ刺激が薄毛改善に役立つ理由

ツボ刺激で髪の毛が生える直接の理由は、血流が良くなることで髪の毛を作る細胞である毛母細胞と呼ばれる細胞の働きが活性化されるからです。

毛母細胞は、毛細血管で運ばれる酸素や栄養を取り込む働きをする毛乳頭から、酸素や栄養を受け取ります。それによって細胞分裂をし、髪の毛を作りだします。つまり、毛細血管によってしっかり酸素や栄養が運ばれることで髪の毛が作られるんですね。

だから、ツボ刺激によって血流が改善することで毛母細胞の働きが活性化され、その結果髪の毛が作られる量が増えるということです。

そう言われると、どのツボが薄毛に効果があるの?どうやって押せばいいの?と気になりますよね。そこで、以下の記事で詳細を解説しています!

具体的なツボの位置や押し方、ツボ刺激をする際の注意点などは、こちらの記事を参考にしてみてください。時間を見つけてツボ刺激をすることで、薄毛を改善したいものですね!

頭皮マッサージやリンパマッサージも効果アリ!

頭皮の血行を良くするという意味では、ツボ刺激以外に頭皮マッサージをするという方法もあります。美容皮膚科シロノクリニックによると、頭皮にもコリが発生するそうです。コリがあると、血行が悪くなります。そこで、頭皮マッサージによって血流を改善する方法が紹介されています。

頭皮マッサージをする時には、以下の点に注意するといいそうです。

  • 4本の指(親指以外)を使って両手の指の腹でマッサージする
  • 頭皮を擦らないように、指を地肌に密着させ動かす感じでマッサージする
  • 力を入れず、ゆっくり呼吸に合わせてマッサージする

自宅でできる方法なので、ぜひ試してみてください!

頭皮マッサージと合わせて、リンパマッサージにも薄毛改善の効果があります。リンパとは、血管から排出された老廃物・細菌・ウイルスなど、体にとって不要物を取り除き、免疫力を保つ働きをする体のシステムのことを言います。

リンパの流れが良くなると、頭皮に溜まった毒素が排出され、血流が改善されます。それによって、髪の毛が育ちやすくなるんですね。

血流を改善することは効果的な薄毛治療法として認められている!

薄毛治療に関心をお持ちの方でしたら、『ミノキジシル』という成分の名前を聞かれたことがあるかもしれません。この成分は、実際に薄毛治療を行うクリニックでも利用されていて、先ほどご紹介した美容皮膚科【シロノクリニック】でも治療に取り入れられている薄毛治療薬です。

シロノクリニックの説明によると、ミノキシジルに頭皮の血流を良くする作用があることによって、多くの栄養が毛根に届けられるため、髪の成長が促進されるということです。だから薄毛が改善されるんですね。

ミノキジシルによる治療は、以下の点で信頼性があります。

  • 日本皮膚科学会『男性型脱毛症診療ガイドライン』で効果があると認められている
  • 厚生労働省から認可されているミノキジシル配合の育毛剤もある

血流改善によって効果が得られるミノキジシルに治療効果が期待できるのですから、血流を改善するツボ刺激や頭皮マッサージなどで薄毛対策ができると言われても納得できますね。

なるほど!要は、薄毛を改善したいなら血流を良くすればいいってことか!それによって毛母細胞が活性化されるんだな。

フムフム、そのための方法はツボ刺激に頭皮マッサージ、リンパマッサージか。お手軽に試せていいじゃないか。

肥満も過激なダイエットもダメ!体型と薄毛の関係を検証!

ご自分の体型に関して、全く気にならない、どうしてもダイエットしたいなど、皆さん様々な気持ちをお持ちかと思います。実は、体型と薄毛には関係があると言われたらどうでしょうか?もしかしたら、その気持ちが少し変わるかもしれませんね。

実は、肥満も、過激なダイエットも、髪の毛には良くないのです。

では、なぜそう言えるのか、確認しましょう。

肥満が薄毛につながる理由

大学病院の研究によると、肥満が薄毛に関係しているという結果が出ていると言います。それなのに、実は皮下脂肪が発毛のスイッチになるという逆の研究結果もあります。

どういうことかというと、皮下脂肪が多いこと自体が薄毛の原因なのではなく、肥満になることによって汗の質が悪くなり、そのせいで頭皮環境が乱れることが薄毛に関わっているということです。

そこで頭皮環境を整えるのにシャンプーが効果的なのですが、皮脂を取り過ぎると逆効果になるので注意しましょう。

また、肥満になると血液がドロドロになりますが、それも血流の悪さを招き、薄毛につながっているという側面もあります。実は、ここでもマッサージなどによる血流改善が効果を発揮する可能性があるのですが、血管が硬化していてはそれも難しくなりますので、薄毛治療と共に血管の改善を行わなければいけないこともあります。

過激なダイエットが薄毛につながる理由

最近ではメタボなどがよく話題になるように、健康的な生活を送るという観点からもダイエットをすることが意識されています。ですが、過激なダイエットは体自体にも負担を掛けてしまいますし、以下の理由で薄毛を招いてしまいます。

  • 栄養が不足する
  • ホルモンバランスが乱れる
  • 代謝が低下する

先ほども触れたように、髪の毛が成長するには酸素と栄養が欠かせませんが、過激なダイエットをすると栄養が不足してしまいます。その結果髪に栄養が行かなくなり、毛母細胞の働きが上手くいきません。また、髪の毛はタンパク質でできていますので、タンパク質が足りないことも薄毛の原因となります。

ホルモンバランスが乱れることによって、薄毛の原因となる男性ホルモンが多く分泌されてしまう可能性も考えられますし、代謝が低下すると血流が悪くなるのでやはり薄毛を招きます。

過激なダイエットをすると、成長期にある髪の毛の成長が止まってしまうという、休止期脱毛症と呼ばれる症状を引き起こし、多量の抜け毛が起こる可能性もあるそうですので、注意が必要です。

過激なダイエットによって大量の抜け毛を経験したというかなり気になる研究結果も紹介されていますので、ぜひこちらの記事をご覧ください。

実は筋トレやプロテインも薄毛に関係する!?

みなさんは「筋トレをしたりプロテインを摂ったりしたらハゲる」という噂を聞かれたことがありますか?これは筋力をつけたい男性にはかなり気になる説ですが、本当とも嘘とも言えるというのが結論です。それでは困るという声が聞こえそうですが、実はこれには遺伝が関わっているため、本当とも嘘とも言えてしまうんです。

『AGAリスク』という言葉を聞いたことがある人もいらっしゃるかもしれませんが、AGAリスクが高い人は遺伝的に薄毛になりやすく、筋トレによって薄毛になる可能性も否定できません。なぜかというと、筋トレをすると男性ホルモンであるテストステロンの血液中の量が増えるからです。

このテストステロンは、以下のようにAGAに関わっています。

1、テストステロンが酵素(5αリダクターゼ)の働きによってジヒドロテストステロン(DHT)に変化する
2、ジヒドロテストステロンがアンドロゲンレセプターと呼ばれるレセプターと結合し、毛根を収縮させる
3、毛根が縮むことによって脱毛が起こる

アンドロゲンレセプターは毛乳頭細胞などに存在するのですが、遺伝的にこのレセプターの感度が高い人は、そうでない人よりもジヒドロテストステロンが結合しやすく、抜け毛が増えやすいのです。だから、筋トレによってテストステロンが増えることが抜け毛に繋がる可能性も否定できないというわけです。

ですが、逆に血行を良くする、成長ホルモンの分泌を促進するなどの理由で有酸素運動は育毛に効果的ですので、結論としては遺伝的にAGAリスクが高い人は注意が必要ということになるわけです。筋トレと薄毛の繋がりについては、こちらの記事でさらに詳しく説明されていますので見てみてくださいね!

髪の毛に悪影響を出さないように体型を整える生活習慣まとめ

では、髪の毛に悪影響を出さないように体型を整える生活習慣について考えてみましょう。肥満の人の場合、運動不足解消のために適度な運動を取り入れたり、暴飲暴食を避けたりといったことが大切なのですが、それと合わせて頭皮環境を整えることも大切です。

そのためには、シャンプーが役に立ちます。ただし、皮脂を落としすぎないように、優しくシャンプーすることが必要です。

ダイエットをするのなら、過激な方法で一気に体重を落とすのではなく、少しずつ体重が減らせるように運動の習慣などを取り入れましょう。その際、体に必要な栄養素は食事できちんと取り入れるようにしましょう。

筋トレに関しては、AGAリスクが高い人の場合薄毛の理由になると言えないことも無いのですが、有酸素運動などの運動やプロテインには薄毛を改善する効果もあります。そこで、身内が薄毛だから…などの理由で心配な場合は、医療機関を受診するなどして薄毛対策を考えた上で運動を行うことをお勧めします。

なんだって!?肥満も過激なダイエットもハゲの原因になるのか…。筋トレに関しては育毛にいい可能性もあるが、遺伝子的に薄毛になりやすい人は要注意なんだな。

ちょうどいいのが一番なんだろうけど、その見極めが難しいってもんだぜ。

全身に害を与えるタバコ、薄毛にもかなりの悪影響!

タバコが体に悪いということは、誰もが知っていることですよね。タバコの箱にまで注意書きがあるほどですから、その影響は大きいと言えます。

そのタバコは、薄毛にもかなり悪影響です。では、その理由をまとめて確認しましょう。

タバコがAGAの原因物質を増やす!

タバコを吸うと、薄毛の原因物質であるDHTが増えることが、大学の研究によって明らかにされています。なんと13%も増えてしまうと言いますから、これは問題ですよね。先ほども少しお話しましたが、AGAには以下の図のようにジヒドロテストステロン(DHT)が大きく関わっています。

毛包の拡大図イラスト

DHTがレセプターと結合してできたTFG-β1は、発毛抑制作用成分です。そのため、効果が出ている薄毛の治療では、このDHTを抑制することに重点が置かれています。そのことからもわかるように、DHTが増えるとAGAが進行してしまいます。

タバコは血流を悪くする!

タバコに入っている物質のうち、髪の生育を阻害する物質には、以下のようなものがあります。

物質名 害の内容
ニコチン 血管の収縮による血流悪化
一酸化炭素 体内を酸欠の状態にする

この場合もやはり、酸素と栄養が髪に届かなくなることが薄毛の原因と言えますね。

肝機能が低下することで代謝が上手くいかなくなる!

肝臓には、栄養素を体が使いやすい状態に合成・変換する機能や、有害物質を体に害が無い状態にする解毒作用があります。

タバコを吸うと、肝臓は解毒に追われ、代謝機能が低下します。そうなると、栄養が体が使いやすい形にならず、全身に上手くいきとどかなくなった結果、栄養不足で髪が育ちにくくなるというわけです。

髪の生育に必要なビタミンが奪われる!

髪の毛が健康に育つためには、ビタミンが欠かせません。特にタバコが悪影響を与えるのは、ビタミンCとビタミンB12です。ビタミンCはニコチンによって壊れやすく、ビタミンB12はタバコに含まれるシアン化水素という物質と結び付きやすいため、体内に不足します。

ビタミンCは血管を拡げる作用をするビタミンEの吸収率を上げる作用があるのですが、これがタバコによって壊されることでビタミンEの吸収率が悪くなり、その結果血管が収縮してしまいます。

また、ビタミンB12には、毛母細胞において細胞分裂を促進させる作用があるのです。それができなくなると言いますから、髪の毛が生えにくくなる理由がよくわかりますね。

できるなら禁煙、難しければ減煙にチャレンジ!

これに関しては、禁煙が一番としか言いようがありませんが、どうしても難しければ、せめて減煙にチャレンジしましょう。

タバコは、吸う人だけの問題ではありません。本人が吸い込む主流煙に対して、周りにいる人が吸う煙のことを副流煙と呼ぶことは皆さんご存知の通りですが、副流煙の方が有害物質が多く含まれているため、周りの人にも悪影響なのです。

タバコが体に悪いことはわかっちゃいるが、やっぱり仕事の合間の一服は止められないんだよな…。

とはいえ、こんなに薄毛にも悪影響だとわかると、ちょっと考えちまうぜ。

髪を構成する栄養が不足する!?意外な原因、眼精疲労と薄毛の関係

これはかなり意外な感じがするかもしれませんが、実は眼精疲労と薄毛には関係があります。

では、そう言える理由を確認しましょう。

目の疲労を回復するために髪の生成に必要な物質が使われる!

髪の毛は、主にケラチンと呼ばれる物質で構成されています。ということは、ケラチンが不足することによって、髪の毛が育ちにくくなるということですね。

さらに、このケラチンはシステインという物質から合成されます。実は、このシステインは、眼精疲労が起こった時に目の疲労を回復させるために使われる物質なのです。

つまり、眼精疲労が起これば、それを回復するためにシステインが大量に使われ、それによって髪の毛の生成に回される分が減ってしまうわけですね。

眼精疲労と共に体にコリが起こることが多い!

眼精疲労が起こると、肩コリなどが同時に起こることがあります。体が凝ると、血流が悪くなります。先ほど確認したように、血流が悪化することも、髪の毛の生育に悪影響を与えます。

眼精疲労を起こしにくくなる生活習慣

眼精疲労を起こしにくくする生活習慣としては、目が疲れにくいように適度に休憩をしながら作業をする、目の周りをマッサージするなどの方法があります。

それから、いわしやまぐろなど、システイン不足を防ぐのに役立つ食べ物もありますので、それらを食事に取り入れることも有効です。

眼精疲労を起こしにくくするためのポイントや、眼精疲労と薄毛の関係については、こちらの記事で詳しくご紹介しています。

まさか、眼精疲労が薄毛に関係しているとは。これは驚きだな。

目の疲労回復に使われる物質が髪の毛の材料なのか、そりゃ薄毛になるのも頷けるな。とはいえ、パソコンを使わないと仕事にはならないしな。

適度なら育毛に役立ち浴び過ぎると薄毛の原因に?日光と薄毛の関係

日光と薄毛の関係もよく取り上げられることですが、実は日光は薄毛に悪いのではなく、適度に浴びれば育毛に役立ち、浴び過ぎると薄毛の原因となるという、相反した性質を持っています。

日光を浴び過ぎると頭皮がやけどした状態に!

日光を浴び過ぎるのがよくない理由は、多すぎる紫外線のせいで頭皮がやけどしたのと同じ状態になるからです。そうなると、皮膚が炎症を起こしたり、バリア機能が破壊されたりしてしまいます。それが脱毛につながるんですね。

実は、日光の浴び過ぎで円形性脱毛症が起こったという例も報告されていますから、侮れません。

日光に当たるとビタミンDが活性化される!

紫外線には、ビタミンDを活性化させる働きがあります。ビタミンDは、毛母細胞の成長に関係する成分なので、ビタミンDが活性化することで髪の毛が育ちやすくなるんですね。

実は、日光を浴びるのは頭でなくてもいいんです。手などでも構いませんから、頭は帽子で保護しつつ日光を浴びると良さそうですね!

日光を浴び過ぎないようにするための対策とは?

やはり効果的なのは帽子を着用することです。できれば通気性のいいものをお勧めします。他にも日傘の利用など、簡単にできる対策がありますね!

日光と頭皮の関係について詳細に紹介している記事がございますので、是非ご覧ください。

なるほど!日光は、浴び過ぎなければ髪の毛の強い味方なんだな!

日光を浴びる量が肝心ってことか。明るい中に外に出ると、リフレッシュできる気がするのは確かだからなあ。いつもオフィスに閉じこもっている俺としては、これは試してみる価値がありそうだぜ。

ストレスは髪の毛の大敵!改善する効果的な方法とは

髪の毛の生育とストレスにも、密接な関係があります。誰もが抱えるストレスですが、それも酷くなると悪影響なんですね。

では、どう影響を与えるのか、確認しましょう。

ストレスは血流悪化以外にも髪に悪影響を与える!

ストレスを感じると、自律神経が乱れて血管が収縮し、血流が悪化しやすくなります。

また、ストレスを感じると体内に活性酸素が発生します。それを分解するために栄養素の一つ亜鉛が使われるのですが、亜鉛には以下のような働きがあるため、亜鉛が無いと髪の毛の材料となるケラチンは合成されませんし、DHTの産生を抑制することもできません。

  • タンパク質の合成に関わる
  • テストステロンをDHTに変換させる酵素(5αリダクターゼ)を阻害する

さらに、ストレスは睡眠にも関係しています。ストレスがたまると、アドレナリンという物質が多く分泌されるのですが、そうなると脳が興奮状態になります。それで眠れなくなるというわけですね。

睡眠中に成長ホルモンが多く分泌される時間があることは、ご存知の方がいらっしゃるかもしれません。それが22時~2時くらいまでだと言われています。この時間に眠っていないと、成長ホルモンの分泌量が減り、毛母細胞の働きが悪くなってしまいます。

また、成長ホルモンは髪や頭皮の傷みを修復し、健康な髪の毛を作ってくれるものでもあります。頭皮が傷んでいると抜け毛に繋がるため、成長ホルモンがしっかり分泌されることが抜け毛予防には大切なのです。

ストレスを解消する方法を見つけよう!

ストレスの解消法は、人それぞれです。好きなことをするのが一番ですので、自分にとってこれがいいと思える方法を探せるといいですね。

一例として、温泉を活用する方法もあります。温泉に入るだけでリラックスでき、ストレス解消に役立ちますが、炭酸泉の温泉の場合、皮膚を健康にする働きもありますので、血流が改善されて、髪の生育に役立つという嬉しい効果もあります。

温泉と薄毛の関係について検証した興味深い記事もありますので、ぜひご覧になってください。

それから、亜鉛不足を補うために、牡蠣やレバーなど、亜鉛を多く含む食材を取り入れることもお勧めです。

ストレスが体に悪いことはよくわかっているが、働いている以上ストレスは避けられないんだよなあ…。

でも、それを解消する手段を持って、亜鉛をしっかり摂っていればストレスに対する対策は十分可能だということだな!そうだなあ、次の休みにはなにか運動でもしてみるか!

薄毛の原因は抜け毛だけではない!?ハリやコシも関係大です

薄毛の原因と言えば抜け毛を思い浮かべますが、髪にハリやコシが無くなることで、髪の本数は変わっていないのに見た目が薄く見えることも薄毛の原因と言えます。

髪のハリとは髪の強さ、髪のコシとは髪の弾力性とも言いかえることができますが、それらを取り戻すには、髪にしっかり栄養が送れる状態にすることが大切なんです。

この記事を参考に、睡眠をしっかり取る、朝食をきちんと食べるなど、できる対策をしてみてください。

言われてみれば、確かにな。髪の本数が減るだけじゃなくて、ハリやコシが無くなって薄く見えるのも、やっぱり薄毛には変わりないよなあ。

よし、ハリやコシを取り戻す方法をしっかり確認するぞ!

ワックスやパーマも薄毛の元!?正しいヘアケアでダメージを減らそう

髪の毛を整えたりパーマをかけることでおしゃれに見せたりすることもありますが、実はそれが薄毛の原因になる可能性もあります。そこで、ヘアワックスやパーマが髪の毛に与える影響についてご紹介します。

ヘアワックスの界面活性剤や油分が悪影響!

ヘアワックスには、髪がセットしやすいようにと界面活性剤が配合されています。実はこの界面活性剤は、髪の毛の主成分であるタンパク質を壊すと言われています。さらに、ワックスに含まれる油分が毛穴に詰まり、それが抜け毛を招く原因にもなります。

それから、ヘアワックスをつけていると、どうしてもしっかり落とさなければという意識が働いてシャンプーをし過ぎてしまうことがあります。そうなると、必要な皮脂まで落とされることによって、頭皮が乾燥したり逆に過剰に皮脂が分泌されたりします。そのせいで薄毛を招くという側面もあります。

そこで、ヘアワックスの使い方や選び方に気をつけたり、正しいシャンプーの仕方を知ったりすることによってヘアワックスによる悪影響を受けないようにすることが大切です。そのための方法がこちらに詳しくまとめられていますので、ぜひ参考にしてみてください。

【ヘアワックスと薄毛に関する記事です】
ヘアワックスが薄毛の原因に!?ハゲないワックスの落とし方

パーマ液の成分が頭皮にダメージを与える!

パーマは、下記のような仕組みでかけられます。

パーマのメカニズムについて

このように、1剤で髪の毛の主成分であるケラチンの中にあるシスチンという成分を分解し、2剤で再結合させる方法でパーマをかけるわけですね。髪の成分を分解したり再結合したりするわけですから、どうしても髪がダメージを受けてしまい、繰り返しパーマをかけることで細く弱い髪になってしまいます。

さらに、パーマの1剤は強いアルカリ性なので、髪の毛だけではなく頭皮にも悪影響を与えます。薬剤が頭皮に触れることで起こる炎症を接触性皮膚炎と言いますが、炎症が酷くなると炎症性脱毛症と呼ばれる状態が引き起こされます。

そこで、パーマの前後に適切なヘアケアをすることによって、パーマによる髪へのダメージを防ぐことが大切になります。

例として頭皮への刺激が少ないアミノ酸系のシャンプーを選ぶ、ブラッシングの際に頭皮を傷つけないように気をつけるなどの方法があります。詳しくは、以下の記事でご紹介していますので、ぜひご確認ください。

なんと!ヘアワックスやパーマは薄毛の原因になるんだな。日頃はあまり意識していないが、それなら気をつけるに越してのことはなさそうだ。

シャンプーに気をつけるだけでも違うんなら、今日からシャンプーを変えてみるかな?

時期的な薄毛の予防や対策はできる?産後の薄毛について考える

薄毛に悩むのは男性だけではなく、女性も薄毛に悩むことがあります。中でも、産後に抜け毛が増えるのは多くの女性が体験することでもあり、これに悩む人もいるのが現状です。ちなみに、これを産後脱毛症または分娩後脱毛症と言います。それを表す用語があるくらいですから、多くの人が経験することがわかりますね。

この抜け毛は、産後多くの人が経験する可能性はありますが、抜け毛を減らす方法もあります。赤ちゃんとの新しい生活が始まった時期ですから、できる範囲でケアすることで、抜け毛によるストレスを感じないようにしたいものです。

抜け毛対策

ホルモンバランスによる抜け毛の場合、正直なところ対策というよりは新しく髪の毛が生えてくるのを待つしかありません。ただ、ホルモンバランスによる抜け毛が起こるのは自然なことだと知っていると、抜け毛がストレスになりにくいですよね。

ストレスはあらたな抜け毛を招いてしまいますので、これは自然なことなんだと受け止め、いずれ髪の毛の量は元に戻ると考えることでストレスをためないことが髪の量を落ち着かせるための近道です。

ただし、ストレスや睡眠不足が原因の抜け毛だとそうもいきませんので、昼寝をする、食事の際には髪の毛の元になるタンパク質をしっかり摂るなど、自分の体をいたわることも大切です。赤ちゃんとの生活の中でもできる範囲での対策を取り入れることで、改善が期待できます。

女性には女性ならではの理由での薄毛があるんだな。ホルモンバランスによる薄毛なら仕方が無い面もあるが、子育て中となるとストレスや睡眠不足が避けられないのも確かだから、それが原因となってしまうこともあるのか…。

子育て中でもできる対策だけでも、したいものだな。

以上のように、少し意識するだけで薄毛が改善される生活習慣がありますね。このカテゴリーには、そのような生活習慣に関する詳しい記事が集められていますので、薄毛に悩むアナタの生活習慣を見直すきっかけにしてみてはいかがでしょうか?

ただし、これらを全部しなければいけないというわけでもありません。そう思うことが返ってストレスになっては意味が無いですからね。

そこで、できる部分から、生活習慣をよりよいものに変えようという気持ちで、無理のない範囲で取り組んでみてください!

この記事をシェア!!

  • いいね!
  • リツイート
  • はてなブックマーク
    はてブ

❝薄毛を改善する生活習慣❝に関する記事

NEW ENTRY

AGAプロテインとは?その種類と効果を解説

AGAプロテインとは?その種類と効果を解説

筋トレには欠かせないと言っても過言ではないのが「プロテイン」。 筋肉を作るために必要なタンパク質が豊富に含まれているものですが、最近で...

このエントリーを読む!

ヘアワックスが薄毛の原因に!?ハゲないワックスの落とし方

ヘアワックスが薄毛の原因に!?ハゲないワックスの落とし方

毎朝、髪をセットするときにワックスを使っているという男性は、きっととても多いですよね。きちんと髪を整えていることは、社会人の身だしなみのひと...

このエントリーを読む!

パーマが薄毛に繋がる!?その理由と対策は?

パーマが薄毛に繋がる!?その理由と対策は?

パーマは、オシャレな男性の間でも当たり前になってきており、女性だけのものではなくなっています。しかし、一方でパーマをすることで薄毛になってし...

このエントリーを読む!
PAGETOP
育毛の道は1日してならずじゃ!
閉じる
閉じる
閉じる