【育毛剤のミカタ】ハゲリーマン
頭皮のトラブル

頭皮ニキビが痛い!原因や薬などの治療方法を徹底解説!

頭皮ニキビが痛い!原因や薬などの治療方法を徹底解説!
  • いいね!
  • リツイート
  • はてなブックマーク
    はてブ

シャンプーをしている時、頭皮にニキビができていることに気づいた経験はありませんか?他にも、かゆみや痛みなどの症状が出たことで、頭皮ニキビに気づく人も多いかもしれませんね。

そんな頭皮のニキビは誰にでもできる可能性がありますが、その原因は様々です。しかし共通して言えるのは、放置してはならないことと、絶対につぶしてはいけないこと。適切な治療をしていくことが大切なんです。

今回は、そんな頭皮ニキビの原因や治療法、さらには、いったん治ったら再発しないようにするための生活習慣などをじっくりとご説明していきます。頭皮からニキビを撃退すれば、髪にも良い影響があります。ぜひ読んでみてくださいね!

他のニキビより痛い!頭皮ニキビの原因は生活習慣と細菌

顔にできるニキビも目立ってしまって嫌なものですが、頭皮のニキビも痛かったりして気になるし、とっても不快ですよね。そんな頭皮ニキビを攻略するために、まずはどんなメカニズムでできるのか、原因は何なのか等、基本的なところから知っておきましょう!

ニキビ発生のメカニズムとは

ニキビができる部位がどこであれ、その大元にはターンオーバーの乱れがあります。

角質層の代謝改善(ターンオーバー)の周期は約2週間

お肌の角質層は、2週間ほどで古い層が剥がれ落ち、新しい角質層に入れ替わっており、これをターンオーバー(肌代謝)と呼びます。ターンオーバーが乱れると、古い角質が毛穴にたまって膨らみができ、これが後にニキビにつながるものです。

健康なお肌なら多少の刺激は跳ね返せるのですが、ターンオーバーが乱れて弱っていたり、毛穴が詰まっていたりするお肌だと、ちょっとした刺激がニキビを作ってしまうのです。

毛穴のターンオーバーがうまくいかなくなる直接の原因としては、加齢や乾燥、ホルモン代謝などがあり、誰でもニキビができる可能性はあると言えます。

ニキビを作る要因

ターンオーバーの乱れに加えて、以下のような要因が重なるとニキビができてしまうリスクが高まります。

  • 毛穴の汚れ
  • 刺激の強いシャンプー剤
  • ストレス
  • 食事や睡眠などの生活習慣
  • アクネ菌

毛穴の汚れや刺激の強いシャンプー剤は、ターンオーバーが乱れて弱っているお肌にとっては容易に炎症を引き起こしてしまうものです。

また、思春期ニキビは皮脂の過剰分泌が大きな原因ですが、大人になってからできるニキビはストレスが大きく影響すると言われています。

ストレスを感じると、男性ホルモンやコルチゾールなどの分泌が促され、ストレスに対抗しようとします。しかし、これらの物質は皮脂分泌を増加させて角質を分厚くする働きもあり、ニキビの要因となってしまうのです。

さらに、食生活にビタミンやたんぱく質が不足すると、ターンオーバーの乱れを招きます。脂質が多い食事は皮脂の過剰分泌につながります。ですから、偏った食事もニキビの大きな要因となります。

睡眠不足もまた、ターンオーバーを乱す原因となります。自律神経の乱れや免疫低下を招き、そのことからもニキビができやすい状態となるのです。

このような生活習慣が、いつの間にかニキビの原因になっているというわけですね。

アクネ菌だけが原因ではない

アクネ菌は別名「ニキビ菌」とも呼ばれ、ニキビの原因の代名詞のようなイメージですよね。でも、このアクネ菌は悪さをするものではなく、私たちのお肌に普通にいる常在菌なのです。

ただ、酸素が少なく皮脂が多いところを好む特性があり、アクネ菌にとって理想的な環境である毛包内で繁殖しやすく、皮脂を分解して毒性のある過酸化脂質を生み出します。これが、アクネ菌がニキビの原因と言われている所以です。

ところが近年、アクネ菌だけがニキビの原因菌というわけではないことが分かってきました。

ニキビの発症には細菌であるアクネ菌(P.acnes)の増殖が関与していると思われていましたが、最近の研究により、毛穴の中には真菌(カビ)の一種であるマラセチア(Malassezia)が比較的高率に存在することがわかってきました。マラセチアは皮脂を好む皮膚の常在菌であり、脂漏性皮膚炎*、アトピー性皮膚炎の悪化に関与すると言われています。マラセチアは通常の抗生物質による治療では効果はなく、抗真菌剤を使用する必要があります。
引用元:東京医科大学 皮膚科学教室

つまり、アクネ菌の他にもマラセチア菌という常在菌もまた、ニキビや皮膚の炎症を引き起こすのです。有効なニキビ治療をするには、このような知識を持った専門家に診てもらうことが大切と言えますね。

ニキビの種類

ニキビの種類

ニキビというと、赤いブツブツを想像する方が多いかもしれませんが、実はいろんな種類があります。

種類 炎症の有無 特徴
白ニキビ なし ・もっとも初期段階のニキビ
・毛穴に皮脂が詰まって白っぽく見える
黒ニキビ なし 毛穴に詰まった皮脂が酸化して黒くなった状態
赤ニキビ あり ・炎症を起こして赤く腫れた状態
・アクネ菌が皮脂を栄養にして増殖している
黄ニキビ
(膿ニキビ)
あり 赤ニキビがさらに悪化して化膿してしまった状態

このように、白ニキビや黒ニキビを放置すると、次第に炎症を起こし、膿を持った黄ニキビにまで悪化してしまいます。炎症を起こしてしまうと治すのに時間がかかり、ニキビ跡になるリスクも高まりますので、初期段階のうちに治療やケアを行うことをオススメします。

頭皮ニキビが他のニキビより痛いのはなぜ?

ここまでお話してきたように、頭皮のニキビも他のニキビとメカニズムは同じです。でも、いくつかの違いもあります。
体の部位別皮脂腺数

参照元:頭皮のしくみ

まず、頭皮は皮脂腺が多く、ニキビが発生しやすい環境であるという違いがあります。頭皮には直接シャンプー剤が触れますから、その影響もあってますますニキビはできやすくなります。

それと、頭皮にできたニキビって、それ以外の部位のニキビよりも痛いですよね。これは、頭皮ニキビが悪化しやすいことや、頭皮には脂肪が少なくニキビと神経の距離が近いせいなんです。

でも痛いからといって、頭皮ニキビを触ったりつぶしたりするのはNGです!なぜなら、手や爪には雑菌がいっぱいなので、それによって炎症が起きたり化膿してしまったりと、よけい悪化させてしまうからです。

なんだって!頭皮ニキビはターンオーバーの乱れに加えて、細菌とかシャンプーとか実にたくさんの原因があってできるものなんだな!

しかも、悪化・再発しやすかったり、痛みが強かったりと、やっかいなものだよな。できてしまったら触らないようにしてすぐ治療を始めるのが鉄則だ!

頭皮のニキビは市販の薬でも治せる?お手頃な市販薬をご紹介!

顔や身体にできるニキビと比べると、頭皮ニキビにはなかなか気づきにくいものですよね。しかも、髪があるため高温多湿になりやすいこともあって、頭皮ニキビは悪化しがちという特徴があります。

炎症や薄毛を防ぐためにも、適切な治療をする必要があります。それほど酷くなければ、頭皮ニキビに市販のニキビ治療薬を試してみてもよいでしょう。ここでは、ドラッグストアなどで購入できる治療薬をご紹介します。

クレアラシル ニキビ治療薬クリーム

ニキビ治療薬クリーム - 肌色タイプ(28g)

参照元:クレアラシル

クレアラシルと言えば、昔からあるニキビ治療薬の定番です。思春期ニキビの薬というイメージが強いかもしれませんが、大人ニキビにも使えます。

殺菌・消炎・皮脂吸収という3つの効果がある成分のほか、イオウやトコフェロール酢酸エステル(ビタミンE)なども配合されており、効率的にニキビを治します。

白色だけでなく肌色のクリームタイプもあるので、塗っても目立ちません。28g入り1,500円程度で購入できます。

テラ・コートリル軟膏

テラ・コートリル®軟膏a

「ヒドロコルチゾン」というステロイドが配合されており、抗炎症作用が強いお薬です。その他にも、様々な種類の菌に対する抗菌成分も含まれていて、特に化膿してしまったニキビにはオススメです。

6gで1,000円程度となっており、クレアラシルに比べると割高ですが、その分高い効果が期待できそうです。

ただし、ステロイドなので、やはり独断での長期使用には慎重になった方がよいでしょう。しばらく使ってみて効果が出なければ、使用を中止して専門医にかかりましょう。

ペアアクネクリームW

ペアアクネクリームW

アクネ菌がニキビの元を作るのを抑える成分と、さらにアクネ菌など様々な菌を殺菌する成分が配合されていて、ダブルの効果が期待できます。つまり、初期のニキビにも、炎症を起こしてしまった赤ニキビにも効くのです。

クリーム自体は白色ですが、肌に塗ると透明になるので、目立ちにくいというメリットもあります。24g入りが1,450円と、求めやすいお値段です。

メディクイックHゴールド

メディクイックHゴールド

こちらは、今回ご紹介する市販薬の中で唯一、頭皮にできた皮膚炎専用のお薬です。

体内で分解されるタイプのステロイドと抗炎症成分が、それぞれ基準内最大量含まれているという頼もしい薬です。

患部に押し付けるだけで薬が出せるので、手を汚さずに塗布できます。画像はダイレクト容器ですが、スポンジヘッド容器もあり、これもヘッドから直接塗ることができます。

50ml入りで1,500円程度となっており、通販でも購入できます。

メンズアクネバリア薬用スポッツ

メディクイックHゴールド

ニキビの中でも、男性の場合は特に、男性ホルモンの影響で皮脂が多いことが原因であるケースが多いと言われています。そんな男性ニキビのために開発されたのが、このメンズアクネバリアシリーズで、洗顔料やローションもあります。

中でもこの薬用スポッツは、使いやすいスティック状のロールオンタイプで、殺菌成分と抗炎症成分が含まれています。スポッツなので、ニキビに集中的に使用できます。お値段は、9.7ml で1,620円です。

ここまでご紹介してきた市販薬が第2類医薬品であるのに対し、メンズアクネバリアシリーズは医薬部外品なので、厳密に言えばお薬ではありません。でも、予防的効果は期待できますので、薬用スポッツは携帯用にするなど、うまく使い分けるのも良いですね。
おお!懐かしのクレアラシルから、頭皮専用の薬や男性ニキビ専用の薬用スポッツまで、いろんな薬が簡単かつ安価で入手できるなんて、助かる人も多そうだぜ!

成分や効き目は様々だから、自分の症状やお好みの使い方に合わせて選ぶべきだな!

市販薬が効かない!合わない!そんなときは皮膚科で徹底的に治そう!

市販の薬を試しても改善しない場合や、すでに悪化してしまっている場合は、皮膚科で治療を受けるべきです。皮膚科なら、まずニキビかどうかという診断からきちんとしてもらえますので、より症状に合った治療が可能になります。

では、皮膚科でニキビと診断されたら、どんな治療法があるのでしょうか?

皮膚科ならではの外用治療

皮膚科においても、抗炎症剤や抗菌剤の外用薬が主な治療法です。また、病院にてイオウを直接塗布する外用治療もあります。

皮膚科であれば、市販薬にはない効果を持つ外用薬を処方してもらえることもあります。

たとえば、2008年に日本でも認可された外用レチノイドの一種である「ディフェリンゲル(アパダレン)」は、原則として皮膚科以外では入手できないことになっています。

ディフェリンゲル

そんなディフェリンゲルの効果について、引用させていただきます。

目に見えない極めて小さい毛穴のつまり(微小面ぽう(びしょうめんぽう))やはじめにできる白や黒のニキビ(面ぽう(めんぽう))に作用し,ニキビの進行を防ぎます。そのため,白色や黒色のニキビを中心に、さらに進行し炎症をおこした赤いニキビまで,ほとんど全てのニキビを減らすことができます。また,初期のうちに治療することで,炎症をおこした赤いニキビを減らし,炎症の強いニキビへの進行を防ぐことができます。
引用元:こころ皮ふ科クリニック

このようにディフェリンゲルは、従来のニキビ薬にはなかった作用機序を持つ、とても効果の高い薬なのですが、強い赤みが出るなどの副作用が出る可能性があります。必ず通院して医師に経過を診てもらいながら使用してください。

また、妊娠中や授乳中の女性は使用できないので、ご注意ください。

内服薬

皮膚科では、症状に応じて、外用薬だけではなく内服薬も合わせて処方されることがあります。皮膚科で出される内服薬には、以下のようなものがあります。

  • ミノマイシン錠、ルリッド錠などの抗生物質
  • 漢方

皮膚科でニキビに対して出される内服薬には抗生物質が多く、出された分は全部飲み切る必要があることがほとんどです。勝手に服用を中止したりせず、用法用量を守って服用しましょう。

ケミカルピーリング

皮膚科の中でも美容皮膚科であれば、保険適用外にはなるものの、より充実したニキビ治療ができます。たとえば、ケミカルピーリングもそんな治療法のひとつです。

ケミカルピーリング

ケミカルピーリングは、ピーリング剤と呼ばれる薬剤をお肌に塗って、古い皮膚や角質を溶かして取り除き、新しい皮膚の再生を促す施術です。

ピーリング剤には、グリコール酸(フルーツ酸)、サリチル酸マクロゴール、サリチル酸エタノールなど様々なものがあり、それぞれ強度が違います。ニキビの種類や程度によって、最適なピーリング剤を利用します。

ピーリング後は皮膚の表面が薄くなっていますので、薬が奥まで浸透しやすくなっています。なので、外用薬を組み合わせると、より効果的です。

ケミカルピーリングは保険適用外であり、自由に料金設定することができるので、1回5,000円~10,000円程度とクリニックによって幅があります。事前に料金についても、よく相談することをおすすめします。

イオン導入

イオン導入も、ニキビやシミに対して美容皮膚科でよく行われる施術です。

イオン導入

微弱な電流をお肌に流すことによってバリア機能を一時的に弱め、ビタミンCなどの薬剤を奥深くまで浸透させるというものです。

痛みもなく、長くても30分ほどで終わります。しかし、1回5,000円程度~10,000円を超えるところもあり、お気軽に受けられる施術ではないかもしれませんね。

また、電流を通すので、金属類が体内にある人や心臓に持病がある人、強い炎症やケロイドがある人は利用できません。

なるほど。皮膚科に行けば、市販薬では出せない効果がある薬も処方してもらえるってわけだな。酷くなってしまった頭皮ニキビには、やっぱり処方薬の出番だぜ。

美容皮膚科は恥ずかしく感じる男性もいるかもしれんが、薄毛治療もやってるところも多いから、いっそのことハゲもまとめて診てもらうってのも良い手だぜ!

生活習慣を改善して再発予防!気をつけるべきポイントはココ!

先述の通り、頭皮ニキビは再発しやすいものです。ですから、治療によって改善しても、生活習慣から変えていかないとすぐに再発する恐れがあります。

では、再発を防ぐための生活習慣とは、どんなものでしょうか?

皮脂汚れを落としてアクネ菌を増やさない!

毛穴の汚れの中身は、皮脂や、シャンプー剤・整髪剤などの洗い残しが中心です。これによって、毛穴がふさがったり、アクネ菌などの細菌が繁殖したりすることが、ニキビの始まりとなってしまいます。

ですから、毛穴汚れをしっかり落とすことが、頭皮ニキビを防ぐ第一歩です。

頭皮の毛穴汚れを落とすには、毎日のシャンプーに加えて、週に1回オイルクレンジング+頭皮マッサージをすることをオススメします。

オイルクレンジングのやり方は、とっても簡単!オイルを頭皮全体になじませて10分ほどおいたら、毛穴を開いて汚れを押し出すようなイメージでマッサージするだけです。その後、普通にシャンプーしてください。

ピュアオイル ホホバ

参照元:EraL(イーラル)

使用するオイルは、このような頭皮クレンジング専用の商品も出ていますし、市販のホホバオイルや椿オイルでもOKです。

また、枕カバーをこまめに交換して清潔を保つのも、アクネ菌の増殖を抑えるための有効手段です。

刺激の強いシャンプー剤はNG

薄毛を気にする男性は特に、皮脂や毛穴の汚れを落とすべく、洗浄力の強いシャンプーを選ぶ傾向があるかと思います。

上記の通り、毛穴の汚れを落とすことはとても重要なニキビ予防法なので、しっかりシャンプーすべきなのですが、刺激や洗浄力が強すぎると逆効果になってしまうので、注意が必要です。

皮脂が気になるからといって、1日2回もシャンプーするのは厳禁です。シャンプー剤で皮脂を洗い流しすぎると乾燥してしまいますから、それが余分な皮脂分泌を招き、かえってベタつきの原因になってしまうこともあるんです。

低刺激で洗浄力の強すぎないシャンプー剤を使って、ぬるま湯でしっかりと洗い流すことを意識しましょう。

よく眠ってストレス発散!

ストレスも大人ニキビの大きな原因になることは、すでにお伝えしたとおりです。趣味などでストレス解消するのも良いですが、もっとも身近で誰にでもできるストレス発散法として、しっかり眠ることをオススメしたいと思います。

睡眠中には心や身体の休養および再生に関係するホルモンが分泌され、疲労の回復や免疫力のアップ、成長、ストレス解消などに働きます。特に睡眠前半にはストレスホルモンの分泌が低下し、身体の成長と修復を促進する成長ホルモンが多く分泌されやすく、疲労回復やストレス解消の効果がみられます。
引用元:日本女子大学健康サポートグループ

ストレス解消ホルモンがきちんと分泌されるよう良質な睡眠をとるためには、夕飯を食べ過ぎないようにする、お風呂にゆっくり浸かって身体を温めるなど、ちょっとした生活の工夫が効果的です。

食生活からもニキビ予防!

食生活に気を配ることも、ニキビ予防には大変効果的です。飲酒喫煙や油っこい食事を控えめにすることはもちろん、以下のような食材を意識的に摂るようにしましょう。

食材と栄養素 効果
かぼちゃ・モロヘイヤ・ブロッコリーなど
βカロテンを含むもの
・抗酸化作用
・肌の再生を促す
オレンジ・キウイ・ピーマンなど
ビタミンCを含むもの
・抗酸化作用
・皮膚や血管を健康に保つ
豚肉・たらこ・うなぎ・納豆など
ビタミンB1やビタミンB2を含むもの
・皮脂分泌の調整
・角質の異常を防ぐ

炭水化物や高脂質の食べ物がお好きな男性も多いですが、お肉なら豚肉にする、朝ごはんに納豆やフルーツを足すなど、一人暮らしの男性でもすぐ取り入れられそうな食材もありますので、ぜひお試しください。

確かに、せっかく頭皮ニキビを治しても、またすぐに再発したんじゃ意味ないよな。

再発させないためにも薄毛予防という意味でも、生活習慣やシャンプーに気をつけるのは大事なことだな!

悪化しやすい頭皮ニキビはしっかり治療&生活習慣改善で再発予防!

痛くて気になる頭皮ニキビについて、原因から予防法までお話してきました。今まさに頭皮ニキビができて困っているという人も、今はないけどこれからも予防したいという人も、すぐに出来そうな対策が見つかったのではないでしょうか。

頭皮ニキビの原因は、生活習慣やアクネ菌、シャンプー剤など様々であり、市販薬や皮膚科などで治療しても、根本的な原因が取り除かれない限りは、何度でも再発してしまうおそれがあります。

徹底的に頭皮ニキビをやっつけるには、食事や睡眠などの生活習慣を整えることが大切です。生活を見直して、ニキビのないサッパリ爽やかな頭皮になりましょう!

髪が多い人は悪化しやすいし、薄毛だと目立ってしまうしで、頭皮ニキビってやつはなかなか厄介なもんだぜ。

でも原因や治療法、予防法まで分ったから、これからは頭皮ニキビができないように、よく寝てよく食べて、毎日枕カバーを交換するぜ!

この記事をシェア!!

  • いいね!
  • リツイート
  • はてなブックマーク
    はてブ
PAGETOP
育毛の道は1日してならずじゃ!
閉じる
閉じる