【育毛剤のミカタ】ハゲリーマン
本当に効果がある育毛剤

プロペシア(フィナステリド)の効果や副作用など大解説!

プロペシア(フィナステリド)の効果や副作用など大解説!
  • いいね!
  • リツイート
  • はてなブックマーク
    はてブ

AGAの治療薬として、広くその名を知られているプロペシア。薄毛が気になる方の中には、「そろそろプロペシアを使ってみようかな…」とお考えの方や、実際に服用し始めたという方もいらっしゃることと思います。

でも本当にプロペシアでAGAが治るのでしょうか?そもそもプロペシアとは、どんな薬なのでしょうか?身体への影響や副作用も気になるところです。また、他にもプロペシアと同じような効果のある薬はあるのでしょうか。

ここでは、そんなプロペシアにまつわる様々な疑問に、できるだけたくさんお答えしていきたいと思います。

そもそもプロペシアって何?歴史、効果・副作用など基本を解説!

プロペシアという薬の商品名は、このサイトをご覧の皆さんならば、きっと耳にしたことがあると思います。AGAの治療薬だということも、ご存知のはず。でも、プロペシアがいったいどんな薬なのか、掘り下げて探究したことがある方は少ないかもしれません。

まずは、プロペシアというものがどんな歴史を経て誕生し、どんな効果や副作用があるのか、その基本情報を知っておきましょう。

プロペシアがAGA治療薬として認可されるまで

プロペシアの歴史をひもといてみると、面白いことに、薄毛を改善する効果が、元々は副作用だったことが分かります。

プロペシアの主成分であり、AGAへの効果を持つフィナステリドという成分は、もともとアメリカの「Merck(メルク)」という製薬会社で1991年に開発が始まり、翌年に前立腺肥大症治療薬として「プロスカー」という商品名で認可されました。

そう、元々は前立腺肥大や前立腺がんの治療薬だったのです。その後の研究や臨床データによって、前立腺疾患のためにプロスカー(フィナステリド)を服用している人に「脱毛が減った」「毛髪が増えた」という副作用が見られることが分かりました。

そのため、フィナステリドはAGA治療薬としても、1997年にアメリカで認可されたのです。日本では、2005年にAGA治療薬として認可され、メルクの日本法人である万有製薬(現MSD)によって「プロペシア」という商品名で発売されました。

これが、プロペシアの歴史です。まだ開発から20年ほどしか経っていない、新しい薬なわけです。

プロペシアの成分と効果

プロペシアの主成分は、フィナステリドです。このフィナステリドは、先にも書いたようにAGAだけではなく前立腺疾患にも効果があります。頭髪と前立腺。何となく共通点が思い浮かびませんか?このふたつに共通して影響を及ぼすものと言えば、男性ホルモンです。
フィナステリド

AGAの原因として悪名高い、男性ホルモンの一種であるジヒドロテストステロンですが、フィナステリドは、このジヒドロテストステロンの生成を阻害することによって脱毛を抑え、ヘアサイクルを元通りにし、毛髪の再生につなげます。

プロペシアの適用となる人って?

プロペシアはAGAに対する効果が確認されている薬です。したがって、プロペシアの適用となるのは、当たり前ですがAGAの人ということになります。つまり、円形脱毛症やAGA以外の薄毛や抜け毛には効果が薄いということです。

自己判断をしないで専門家に診てもらい、AGAと診断されたうえでプロペシアを飲むようにしましょう。

また、AGAであってもかなり進行してしまっているケースでは、プロペシアの効果が見られないこともあります。逆にいえば、初期段階であればあるほど効果も高いということです。抜け毛や薄毛が気になったらできるだけ早く診断を受けることをオススメします。

とはいえ、あまりに早すぎて未成年となると、プロペシアを飲むことはできません。

プロペシアは成人男性に限って飲むことができる薬です。

また、服用中は献血ができないので、献血が趣味という方はご注意ください。そして女性は何があっても絶対に服用NGです。(女性が素肌で触れることも肌から成分を吸収してしまうため、NGとなります)

プロペシアの副作用

薬にはどんなものでも主作用と副作用があります。プロペシアも例外ではありません。臨床試験では胃の不快感や性欲減退などが報告されていますが、プロペシアによるものかどうかは証明されていません。

発売元であるMSDが発表している副作用としては、発症の確率はかなり低いですが、肝機能障害、食欲不振などが起きるおそれがあるとされています。副作用は重要な問題なので、後の章でくわしくお伝えします。

プロペシアの入手方法

プロペシアを手に入れるには、以下のふたつの方法があります。

  • 病院で医師に処方してもらう
  • 個人輸入する

価格としては、個人輸入の方が安いことがほとんどです。ネットで購入できるのでお手軽ですが、本当にAGAなのかどうかという問題をクリアするためにも、最初は病院で診断を受けたうえで処方してもらうのが、最適な入手方法と言えます。

そして何より、個人輸入ですとそれが本物かどうか、不純物が実は入っているという場合も否めませんし、まったくの偽物という場合もありますのでとても危険です。

プロペシアは唯一のAGA治療薬?

AGAに対して効果が確認されている成分はフィナステリド以外にも存在しますし、それらを主成分とした育毛剤もあります。なので、プロペシアだけがAGAの治療薬というわけではありません。

AGAの原因であるジヒドロテストステロンの生成を阻害してくれる効果を持つのはフィナステリドの他に2015年9月に厚生労働省より承認されたザガーロという薬剤に含有しているデュタステリドという成分があります。プロペシア同様、もともとは前立腺肥大症のために開発された薬でしたが、このデュタステリドがAGAに効果があることが分かりました。

日本で認可されているフィナステリド含有薬は、現在のところプロペシアとプロペシアジェネリックだけであり、デュタステリド含有薬はザーガーロのみとなります。

その中で日本人の服用の臨床数も多く、日本人男性にとってプロペシアは、安心して使用することができ高い効果への期待を一身に背負ったAGA治療薬と言えます。

■デュタステリド含有薬の「ザーガーロ」の解説記事も、是非ご覧ください。

ほほう、プロペシアとザガーロは元々前立腺肥大症の薬だったのか。男性ホルモンに働きかけるから、未成年の男子は飲んではいけないぞ!

AGAじゃないと飲んでも意味がないから、まずは医師の診断を受けるべし!

プロペシアの効果には医学的根拠が!効くメカニズムもご紹介!

先にもお話しましたが、プロペシアはAGAに対して高い効果を持つ治療薬です。その効果のほどや、発毛に至るメカニズムについて、もう少し詳しくご説明します。

プロペシアの効果はどれくらい?

プロペシアの効果に関する研究は、国内外でいくつも行われています。

日本皮膚科学会が国内外のAGA治療に対する研究をまとめたうえで作成したAGA診断におけるガイドラインというものがあります。

これによると、フィナステリドを服用した人の半数以上に改善が見られ、現状維持も含めれば98%もの人に効果が認められています。AGAは進行性なので、現状維持というだけでも十分にフィナステリドの効果と考えることができます。

MSD株式会社による、改善した患者の割合は下記のようになっています。
改善した患者の割合

このように、フィナステリドすなわちプロペシアは高い効果が証明されており、上記のガイドラインによれば、AGAの治療薬として第一に選択されるべき薬と結論づけられています。

プロペシアは、なぜ、どのように効くの?

そんな優れた効果を発揮してくれるプロペシアですが、いったい何がどうなって薄毛に効くのでしょうか。すでに少し出てきましたが、その理由はジヒドロテストステロンにあります。

男性ホルモンのテストステロンは、基本的には、性毛を生やしたり筋肉を作ったりと、心身を男性らしく保つ役割を果たします。テストステロンには、薄毛を進行させるような性質はありません。

しかし、Ⅱ型5αリダクターゼという酵素が、より強力な男性ホルモンを作ろうとしてテストステロンと結びつくと、ジヒドロテストステロンに変身します。このジヒドロテストステロンは、ヘアサイクルの成長期を短くしてしまい、それがAGA発症につながるのです。
AGAの原因物質を抑制

プロペシアに含まれるフィナステリドは、ジヒドロテストステロンを作るⅡ型5αリダクターゼを抑制する作用があります。AGAの原因であるジヒドロテストステロンが作られないように、その大元であるⅡ型5αリダクターゼを抑制するというメカニズムなのです。

フィナステリドの薄毛原因物質を抑えてくれるメカニズムが、はっきり分かったぜ!

プロペシアがハゲに効くのは間違いないみたいだな!

しかも、98%もの人に効果があるとは!もっと早く売り出してほしかったぜ!

服用するからには知っておくべき!プロペシアの副作用とは

さて、効果の面では疑いようのないプロペシアですから、ぜひ使ってみたいとお考えの方も多いはず。

でも、プロペシアにもやはり副作用は存在します。より安心して服用するためにも、ぜひ副作用について詳しく知っておきましょう。

よくある副作用とは?

先にも少し触れましたが、臨床試験において報告された副作用としては、5%以下の割合で性欲減退、1%以下の割合で勃起機能不全などがありました。かつては、これらの副作用は検証実験においても同程度出現しているので、必ずしもプロペシアのせいではないと考えられていました。

ところが、2012年にアメリカFDAが、プロペシアを含むフィナステリド含有薬に対し、ED症状、勃起不全、射精不全を副作用として注意書きに追加するよう要請しました。

これらは、はっきりと実証されたわけではありませんが、知っておいて損はありません。とはいえ、勃起や射精はメンタルの影響を非常に受けやすいものなので、気にしすぎてこんな症状が起こることもあり得ますので、ご心配は程々にしておくのが良いでしょう。

その他の副作用は、

  • 精子数の減少
  • 蕁麻疹
  • 食欲不振
  • 全身倦怠感
  • 肝機能障害
  • 抑うつ症状

などが挙げられます。中には、服用を中止しても症状が続いたとされる副作用もあります。とはいえ、これらの発症率はごくまれなので、それほど心配しなくて大丈夫です。ただし、不安に思うことがあればすぐに医師に相談するようにしましょう。

臓器への負担

プロペシアは肝臓で代謝される薬です。そのため、肝臓への負担が多少なりともあることはやむを得ません。上記の肝機能障害や全身倦怠感という副作用も、その影響と考えられています。元々、肝臓に異常がある方は、プロペシアを飲む前に医師にご相談ください。

元々肝臓に問題ない方も、油断は禁物です。肝臓は「沈黙の臓器」と呼ばれており、自覚症状が出にくく、気づいた時には手遅れになりやすいのです。プロペシアを長期服用する場合は、定期的に血液検査で肝機能をチェックすることをオススメします。

うつ病が悪化するってホント?

プロペシアに興味がある方の中には、うつ病が悪化するという噂を耳にしたことがある方もいらっしゃるかもしれません。確かに、2014年の改訂版から、発売元の注意書きに、副作用として「抑うつ症状」が加えられたので、ますます不安にもなりがちですよね。

薬の中には併用してはいけない飲み合わせもありますが、抑うつの薬とプロペシアは、一緒に飲んでも大丈夫なことになっています。したがって、うつ病の治療とAGAの治療の両立は可能なわけですね。

また、副作用に抑うつが加わりましたが、飲んだ方の中に抑うつ症状を訴えたケースがあったというだけであって、元々のうつ病が悪化するということが明確になった研究結果はまだありません。

なので、うつ病が悪化するというのは、現状ではあくまでも噂の域となります。

とはいえ、抑うつ症状は辛いものですし、気になる方はうつ病の主治医とAGAの主治医それぞれによく相談されることがベストです。

ほう。プロペシアにもやっぱり副作用はあるんだな。特に肝臓への影響は、悪化すると深刻なものになってしまう。

ハゲにばかり気を取られて、身体を悪くしたら意味がない!十分気を付けて健康診断の数値もしっかりみてくれ!

プロペシアを服用し続けるとどうなる!?効果に変化はあるのか

プロペシアは、最低でも半年は服用し続けることが推奨されています。なぜなら、ヘアサイクルが回復するにはそれなりの時間がかかるため、効果を実感するにはそれくらいの時間は必要になるからです。

でも中には、同じ薬を長期間飲み続けることに不安を覚えるという方もいらっしゃると思います。プロペシアを長期間飲み続けると、どういうことが起きるのでしょうか。効果に変化はあるのでしょうか?

効果は変化するのか?

繰り返しになりますが、プロペシアは最低半年以上続けることが推奨されている薬です。実際、口コミなどを見てみても、飲み始めて半年後~1年後くらいから何らかの効果を実感し始める人が多いようです。

では、1年以上飲み続けた場合は、どうでしょうか。イタリアにおいて、フィナステリドを10年間飲み続けた場合の追跡研究があります。それによると、

【翻訳】
21%のケースで、5年以上に渡る治療継続がより良い結果をもたらした。副作用は6%の患者であったが、それでも数名は、素晴らしい結果のため治療を継続した。

治療の効果は時間の経過とともに減少することはなかった。事実、被験者の多くが1年後も変化なく、その後も改善し、良い傾向を維持した。

このような報告がされています。これを。もう少し詳しく、分かりやすくまとめると、以下のようになります。

  • かなり進行してから飲み始めたケースでは、半数近くが1年後に初めて改善が見られた
  • 21%の症例で、5年以上服用し続けることでより良い効果が見られた
  • 飲み続けて効果がなくなるということはない
  • 10年後も個人差はあるものの効果は維持された

この研究では、効果に大きな変化はないと結論づけられていますが、もちろん個人差がありますし、飲み続けている間に毛母細胞の寿命が来てしまえば、効果はなくなります。やはり、進行しないうちに治療を始めるのがより高い効果を維持する秘訣と言えるでしょう。

長年飲み続けるとどうなるか

上記の研究では、効果という点では10年飲み続けてもそれなりに維持されることが分かっています。ただし、10年も飲み続けることができるという人は、ある意味ラッキーかもしれません。

副作用の章でもお話したように、肝機能障害などが問題となり、服用を中止せざるを得ないケースもあるからです。

蕁麻疹などの急性の副作用ならば、飲み始めてすぐ気づくものなので、長年飲み続けるということはそもそも難しいです。

でも特に重大な副作用である肝機能障害は、長年に渡って少しずつ蓄積されて起こることもよくあるため、長期服用をする場合は注意が必要です。

プロペシアは、ある程度飲み続けないと効果が出ないものなんだな。焦らないことがポイントだ!

しかも、長い年数飲み続けても、効果はなくならないというわけか!

副作用に注意しながら根気強く飲めばハゲも治せる時代だぜ!

プロペシアみたいな薬は他にもあるの?海外の認可薬まとめ

プロペシアのことがだいぶ分かってきたところで、プロペシアと同じような薬は他にもあるのか、気になってきた方もいるかもしれません。先に、プロペシアは日本で唯一認可されたフィナステリド含有薬とお伝えしましたが、海外ではどうなのでしょうか。

フィナステリド含有薬の種類と特徴

フィナステリドが主成分の薬は、海外では多くの種類が認可されています。現在、インターネットで手軽に入手できる薬を表にしました。

名前 発売元(国) 価格
フィンペシア Cipla
(インド)
3000円程度(100錠)
フィナロ Intas Pharmaceuticals
(インド)
2500円程度(100錠)
フィナバルド East West Pharma
(リトアニア)
3000円程度(100錠)
プロスカー Merck
(米)
5000円程度(28錠)
フィンカー Cipla
(インド)
4500円程度(100錠)

プロペシアとプロスカーが新薬で、それ以外の薬はすべてジェネリック(後発医薬品)です。プロペシアとプロスカーの違いはフィナステリドの含有量で、プロペシアは1㎎、プロスカーは5㎎です。ジェネリックもフィナステリド含有量は、新薬と同じです。

どう入手すればよい?

これらの薬は日本では未認可なので、医師が処方することはできません。したがって入手するには、個人輸入しかありません。海外の業者から直接買えばその分価格はお安くできますが、これはあまりおすすめできません。薬の質に差が出てきかねないからです。

たとえば、フィンペシアなどでは、「キノリンイエローフリー」という種類が最近注目されていますが、これは従来使われていたキノリンイエローという発がん性が指摘されている着色料が使われていないフィンペシアということです。

インドから直接輸入すると、このキノリンイエローが使われたものが多いので注意が必要ですが、輸入代行業者を通して買えば、成分鑑定をしてくれるところもあるうえに、日本語だけで購入できるので、安心する人もいますが、その数値が嘘という場合も多々あります。体に入れるものなのでやはり正規品を医者から購入するのが最善です。

海外にはいろんなフィナステリド含有薬があるんだな!世界は広いぜ!

選択肢が増えるのは有り難いが、安全安心に服用するためにも、入手方法は慎重に考えた方がいいぜ!

体に入れるものだからこそ、一番気をつけたほうがいいんだぜ。

やっぱりプロペシアは効く!用法用量を守ってAGAを治そう!

AGA治療の期待の星プロペシアは、実に高い効果があるということがお分かりいただけたかと思います。その効果を100%発揮してもらうためには、毛母細胞の寿命が長く残っている間、つまり進行があまり進んでいない間に服薬を始めることが重要です。

また、効果が高いからといって、副作用に留意せず飲み始めるのも危険です。どんな副作用があるのかよく理解したうえで開始し、服用中も特に肝臓の状態には気を配って治療を続けましょう。

安定した効果を維持するためにも、過度の副作用から身を守るためにも、用法用量を守ることは絶対条件です。くれぐれも、焦って飲みすぎることのないようお気を付けくださいね。

なるほど。プロペシアのメカニズムと副作用が理解できたぜ。

医者に診断してもらって、上手に服用した方がいいみだいだな。

AGAの進行が、まだ進んでいないヤツは効果が見込める内に服用したほうがいいぞ。

・・オレくらい進行すると、もう手遅れだからな!(涙)

この記事の監修医師

脇坂長興 院長
脇坂クリニック大阪
脇坂 長興 院長
1989年 聖マリアンナ医科大学医学部卒、1989年 聖マリアンナ医科大学形成外科入局、1990年 聖マリアンナ医科大学麻酔科入局、1995年 聖マリアンナ医科大学形成外科助手、1996年 聖隷浜松病院形成外科、1998年 聖マリアンナ医科大学形成外科学講師、2000年 脇坂ナカツクリニック開院、2011年 梅田に移転、病院名を脇坂クリニック大阪に変更

この記事をシェア!!

  • いいね!
  • リツイート
  • はてなブックマーク
    はてブ
PAGETOP
育毛の道は1日してならずじゃ!
閉じる
閉じる
閉じる