【育毛剤のミカタ】ハゲリーマン
植毛について学ぶ

女性も植毛手術が出来る!女性の薄毛治療の基礎知識

no image
  • いいね!
  • リツイート
  • はてなブックマーク
    はてブ

植毛手術などの薄毛の治療は男性がするもの、そんなイメージを持っている方は多いと思いますが、今は男性だけでなく女性でも身近なものになりつつあります。

とはいえ、女性の薄毛治療はまだまだ情報が少ないのも確かです。「一体どんな治療を行うの?」「男性と同じように植毛手術を受けることは出来るの?」「治療にはどれくらいの費用がかかるの?」…など、知りたいことが沢山ですよね。

そこで、この記事では今ちょっと薄毛が気になる女性、薄毛治療や植毛手術を真剣に考えている女性に送る「女性のための薄毛治療」を徹底解説!男性とはまた違うポイントや方法を是非ご覧ください。

女性の薄毛の原因は、男性と違って複雑!その理由とは?

男性の薄毛の原因のほとんどが「AGA」といって男性ホルモンが関係するのですが(もちろんストレスなどでの一時的な脱毛症などもあります)、女性の薄毛の場合、原因は男性と違い複雑なんです。

どうして女性の薄毛の原因は複雑なのか、そしてどういったものが原因とされているのか?まずは「どうして女性が薄毛になってしまうのか」という点から探っていきましょう。

女性の薄毛の原因はストレス・生活習慣などさまざま!

男性の薄毛の原因の多くは、男性ホルモンに含まれる「テストステロン」が「DHT(ジヒドロテストステロン)」に変わることで毛根細胞の働きを弱くさせ、髪の毛が抜け落ちてしまうことにあります。

男性の薄毛の原因は、遺伝によるところが多く含まれていますが、女性の薄毛の原因は様々なことが考えられます。
一般的には加齢が原因となることが多いですが、悪い生活習慣によるホルモンバランスの乱れや、過度なパーマやヘアカラーなどによる頭皮へのダメージの蓄積などにより、若い女性も薄毛になってしまうこともあります。
引用元:女性のための自毛植毛|自毛植毛・薄毛治療なら親和クリニック大阪梅田

一方女性の薄毛の原因はこの引用のように、男性の薄毛のように明確な原因があるわけではなく、ストレスや加齢、または更年期などによるホルモンバランスの乱れ…といった様々な要因が重なっていることが多く、男性の薄毛に比べて明確な原因を見つけにくい傾向にあります。

加齢と女性の薄毛の関係

加齢で髪の毛は画像のようにだんだんと細くなっていくものではあるのですが、やっぱり気になりますよね。

女性は「毛がぬける」わけでなく「毛が細くなる」ケースが多い

また、男性の薄毛と女性の薄毛は「薄くなったな」という感じ方が違います。

また女性の薄毛の特徴としては、男性の脱毛症とは違い「毛髪が抜ける」というよりも「毛髪が細くなる」という事がほとんどです。
このような状態を「びまん性脱毛症」といい、髪の毛が細くなることで長く伸びることができなくなり、それにより髪の毛全体のボリュームが減ってきて、薄毛に見えてしまうという症状が主だったものになります。
引用元:女性のための自毛植毛|自毛植毛・薄毛治療なら親和クリニック大阪梅田

こちらの引用のように、女性の薄毛の場合「抜け毛が増えた」というよりも「全体のボリュームが減少」することによって髪の毛が薄くなったと自覚する方が多いようです。

以下の画像を見れば一目瞭然。男性はそもそも「毛根が抜けている」形ですが、女性は「毛根は抜けていないものの生えてくる毛が細い」ことがわかります。

■男性の薄毛
男性の薄毛

■女性の薄毛
女性の薄毛

逆に考えれば、髪の毛が太くなれば薄毛が解消される女性が多いともいえるでしょう。(→髪型で薄毛を隠したい女性に向けた記事もございます。是非ご覧ください)

ムムム…男の薄毛は原因がはっきりしていることが多いが、女性は原因がわかりづらいんだな。

加齢で髪の毛が細くなってくるのは当たり前だが、全体的に薄くなるびまん性脱毛症が多いんだな。

男はわかりやすいハゲだが…女性は髪の毛も複雑だな!

女性の薄毛治療の基本は「内服薬」や「メソセラピー」が多い

女性の薄毛治療の基本は、男性のAGA治療と近いものではあるものの、やはりちょっと違います。主に利用されるのは

  • ミノキシジルなどの外用薬
  • パントガールなど発毛のための内服薬
  • 育毛メソセラピー

の3種類です。それぞれ、どのような方法なのか順番に見ていきましょう!

ミノキシジルなどの外用薬(育毛剤)を利用する

薄毛治療にてよく見る名前「ミノキシジル」。もともとは高血圧の薬(血圧を下げるための薬)だったのですが、発毛効果が見られるため発毛・育毛の用途として利用されるようになったものです。

女性の場合はミノキシジルの配合が1%の「リアップレディ」、あるいは2%の「女性用ロゲイン」を使用します。ちなみに男性の場合は5%配合のものを使用します。

男性用ではミノキシジル5%配合のものが主流なのに、女性用は%が低い理由は、5%ミノキシジルを使うとムダ毛が濃くなるためです。

当然のことですが、効果は5%よりさがってしまうのですが、濃度以外、女性用と男性用は内容的に差がありません。つい最近になってアメリカのFDAは女性に対しても5%ミノキシジル外用を認可しています。
引用元:女性の薄毛の治療について|女性植毛のヨコ美クリニック

効果が高くても、全身のムダ毛が増えてしまうのはちょっとイヤですよね…。

「パントガール」など、女性の発毛・育毛のための内服薬

内服薬による治療が行われることも多いです。

男性の薄毛治療に利用される内服薬というと「ミノキシジルタブレット」や「プロペシア」といったおなじみの名前…という感じですが、女性の場合は主に「パントガール」という内服薬を処方されます。(→女性の育毛剤の解説記事はコチラ。是非、ご覧ください。)

Pantgar(パントガール)は細胞代謝を通して、女性の薄毛や抜け毛(びまん性脱毛症)を改善し、新しい髪を育て発毛を促す内服薬としてドイツで有効性が検証され、世界で初めて「薄毛・抜け毛の効果と安全性」が認められた、女性用 の育毛剤です。
パントガール は女性の薄毛治療に対する臨床試験で、3ヵ月間の使用で70%の方の抜け毛が減少、そして20%の方は抜け毛がほとんど無い状態にまで改善する結果が確認されています。
引用元:頭髪外来 パントガール|薄毛でお悩みの方は東京ビューティークリニックへ

また、プロペシアやミノキシジルはもともとは高血圧用の薬であるため、長期の服用はよしとされていません。ですがパントガールは現在まで副作用の報告もなく安全に使用できるため、長期間の服用も可能です。

ケラチンやアミノ酸が豊富に含まれていますので、髪自体が美しくなる効果も期待できます。サプリメントのような感覚で飲むことが出来る薬と言えそうですね。

パントガールの他にもクリニック独自の内服薬を提供しているところもあります。

頭皮に直接薬剤を注入する「育毛メソセラピー」

男性にも利用される方法ですが、どちらかと言えば女性にオススメされている印象がある「育毛メソセラピー」です。

この方法は頭皮に直接以下タンパク質や発毛因子などを含んだ薬剤を注射することによって、以下の画像のように毛根や毛包を活性化させ、発毛や育毛(強い毛)を促す治療です。

■育毛メソセラピー
育毛メソセラピー

■細胞の劣化による薄毛
正常に機能している細胞と劣化している細胞

このように劣化している細胞に栄養を与えることによって、頭皮や毛根組織を正常な状態に戻す、という方法ですね。

女性の薄毛の原因には加齢や頭皮へのダメージも含まれていますので、頭皮だけではなく真皮まで栄養を与える育毛メソセラピーは女性に合っている方法と言えるでしょう。

大抵は注射針を用いて行われるため、生え際部分に麻酔をかけて行うことが多いのですが、親和クリニックの「ノーニードル発毛メソセラピー」のように針を使わないメソセラピーもあります。

育毛メソセラピーと合わせて内服薬の「パントガール」を一緒に摂取することでより高い発毛・育毛効果を期待することが出来ます。

おお、いろいろな方法があるんだな!

特に「パントガール」はミノキシジルなどと違って副作用の報告がなく長期間の服用がOKなんて、うらやましいぞ!

メソセラピーが代表的な治療法になるのは女性ならではといった感じだな。

女性も植毛手術は可能!その方法は?男性との違いは?

女性の主な薄毛治療は先程のトピックでご紹介したとおりですが、男性の薄毛治療として有効な手段のひとつである「植毛手術」も、もちろん女性も受けることが可能です。

しかしここでも女性と男性の違いで少々扱いが違うのも事実。このトピックでは、女性の植毛手術について説明していきたいと思います。

実は「植毛手術が有効な女性」は少ない!?

早速ですが、こちらの画像を見ていただきたいと思います。

■女性の薄毛の治療方法
女性の薄毛の治療方法

まず「休止期脱毛症などその他の脱毛症」と「FAGA」の2択となっています。

AGAのヘアサイクル

こちらの画像はヘアサイクルを表したものですが、休止期脱毛症とは髪の毛が休んでいる(休止期)に起こる脱毛症のことで、女性に多い「びまん性脱毛症」の一種が休止期脱毛症に当たります。

対してAGAは髪の毛の成長期が短く細い毛になってしまったり、毛が休止期に入って抜けてしまう状態のことをいいます。成長期でいきなり毛が抜けてしまうのは円形脱毛症に多いです。

びまん性脱毛症は髪の毛が全体的に薄くなる傾向にあるため、仮に植毛手術を行っても頭部全体に植毛しなければならず、かつ休止期に入っている髪の毛は植毛を行っても抜けてしまう可能性が高くなるため手術に向いていないと言われています。

逆に「FAGA」という、女性のAGAの症状…つまり生え際から後退して髪の毛がなくなっていくような症状の場合は植毛手術に向いている、と言えます。

女性の薄毛にはいくつかのパターンがあります。その中でも「ハミルトン型」が植毛手術に向いている形と言われています。

女性の薄毛タイプ

女性薄毛のタイプ 症状
ルードウィッグ型 頭頂部から後頭部へと薄くなっていくタイプ
クリスマスツリー型 生え際から頭頂部の真ん中がクリスマスツリー上に左右を広げたように薄くなっていくタイプ
ハミルトン型 男性AGAと同じで、生え際に剃り込みが入るタイプ

女性の植毛手術は基本的に男性と同じ!

次に、具体的な植毛手術の方法をご紹介していきたいと思います。植毛手術の方法に関しては男性の植毛手術と同じで

  • ニードル法(Choi式)
  • FUT法
  • FUE法

の3種類が多く、その中でもFUT法とFUE法が最近よく利用される方法です。

ニードル法は「単一植毛法」とも言われ、他2つの方法が毛穴の周囲の組織も含めてドナーとして利用するのと違い、毛髪を1本ずつ使用します。専用のニードル(針)を用いて頭皮への穴あけと同時に植毛を行います。

ただし1本ずつ移植するため時間がかかり、最近ではあまり使われません。

FUT法は「ストリップ法」とも呼ばれます。

後頭部や側頭部から帯のように頭皮を採取し、ドナーを採取します。それを毛根(株)ごとにわけ、移植部にメスで切り込み(スリット)を入れて移植する方法です。以下の手術動画のような感じですね。

最後のFUE法は、FUE法と違いメスを使用しません。小さいパンチで穴を開けるように採取し、移植部分にも小さなパンチ穴をあけてそこにグラフトを移植します。

現在の流行とも言える方法であり、親和クリニックの「MIRAI法」やタワーアイランドクリニックの「i-direct」のように独自の器具を使ってより負担なく植毛手術を行えるような特別な方法を取っているクリニックが多いのも特徴です。

男性に比べてショックロスが起きやすいことには注意

植毛手術の後、植毛部分の毛が抜け落ちてしまう「ショックロス」という現象があります。これは髪の毛の生え変わりによって起こるものなので、誰にでもおこりうる症状です。

しかし女性の場合は男性に比べてショックロスを起こす確率が高いようです。

ショックロスは休止期脱毛、つまり休止期に入った髪の毛が抜けるという自然の流れですので、あくまで一時的なもの。成長期に入る3ヶ月~6ヶ月後には回復します。

とはいえ髪の毛が抜けてしまうと「やっぱり薄毛のままなのでは!?」と思ってしまうのもまた事実ですよね…。

必ずそこからまた毛は生えてきますので、心配しすぎない・ショックを受けすぎないようにしたいですね。

植毛手術をすればOK、というわけではないんだな。

しかもショックロスが男性より多いなんて…なかなか厳しいじゃないか!

でもハミルトン型の人なら高い効果を得られるらしいから、一考の価値アリだぞ!

気になる費用!植毛など女性の薄毛治療はどれくらいかかる?

最後に、薄毛治療や植毛手術にかかる費用についてご紹介したいと思います。

治療したい!という強い思いがあっても気になるのはやっぱり「費用面」ですよね。治療方法によってかかる費用が違いますので、それぞれの料金をご紹介します。

最初のカウンセリングは基本的に無料のところが多い

治療をする前に、自分がどのような症状なのか…そこをまず知りたい!という方が多いですよね。

発毛サロンや発毛クリニックなどではまず最初に「カウンセリング」を受けることになります。そこで自分の頭皮や毛髪の状態を知り、どのような治療をするか医師と相談することになります。

多くのクリニックではカウンセリングは無料で行っていますので、気が合うクリニックをまず探してみましょう。

内服薬は1万円、外用薬は5000円くらいから

女性の発毛のための内服薬「パントガール」は1ヶ月で1万円くらいです。クリニック独自の内服薬であればもう少し高く、2万円前後で考えておけばいいでしょう。

さらに医療用の育毛シャンプーなどを提供しているクリニックも多く、それらは1本3000円くらいとなります。内服薬+シャンプーで15000円くらいが目安ですね。

ミノキシジルなどが入った外用薬は1ヶ月分5000円~6000円程度で購入出来ます。外用薬もクリニックオリジナルのものを提供しているところがあり、それは割高で1万円を超えることも珍しくありません。

使用するものをどれにするかはカウンセリングなり相談しながら決めていくことになりますが、あれもこれも…としていると、月3万円くらいになってしまうかもしれません。

育毛メソセラピーは1回で数万円かかる

発毛・育毛効果のある薬剤を注入する「育毛メソセラピー」の価格はクリニックによって違いますが、いくつかピックアップすると以下のようになります。

クリニック名 価格
親和クリニック 3万円
東京ビューティークリニック 2cc5万円、4cc7万円
ルネッサンスクリニック 6万9800円(3回で19万8000円、6回で38万8000円)

1回で数万円かかるのでお手軽…とはいえませんが、効果は高いので悩みどころでしょうか。

植毛手術は50万円以上かかることを覚悟して!

植毛手術ですが、基本は

施術基本料金+植毛本数(またはグラフト数)

が植毛手術の費用の計算式となります。植毛する本数が少なければ比較的安価に、多ければ高価になっていきます。

施術基本料金は20万円~25万円程度で、グラフト単価はクリニックや施術法にもよりますが、1株2000円~5000円くらいが相場です。

女性の場合は男性のAGAと違い広い面積の植毛はあまり行われることがありません。生え際に植毛する程度ですとだいたい1000株くらいとなりますので、50万円程度でしょうか。

もちろん面積や密度によっては100万円くらいかかることもありますので注意してください。

内服薬は一番安く感じるが、半年くらい服用しなければならないのがデメリットだ。

メソセラピーも複数回行う必要があるし、植毛手術は1回でいいが一度の費用が高い。

このあたりは医師と話し合ってベストな治療法を選ぶべきだろうな。

正しい治療で薄毛は解消!気になるなら植毛手術も視野に

女性の薄毛は年齢とともにどうしても出てきてしまうものです。しかし髪の毛にいい生活を行ったり、悩むのであればクリニックに相談して適切な治療を受けることで十分に解消することが出来まs。

それでもダメであれば植毛手術を行えばボリュームを取り戻すことも可能です。

最近は女性の相談もかなり増えているそうで、より身近な問題になっていると言ってもいいのかもしれません。

最近髪の毛が気になっている…という方は一人で悩まずに、まずは無料カウンセリングを受けてみてはいかがでしょうか?

男性の薄毛に比べて女性の薄毛は繊細だ。

しかしきちんと治療を受ければAGAと違って髪のボリュームを取り戻すのはまだ簡単…と言えそうだな。

私の髪の毛も簡単に戻ればいいのだが…難しそうだな(涙)

この記事をシェア!!

  • いいね!
  • リツイート
  • はてなブックマーク
    はてブ
PAGETOP
育毛の道は1日してならずじゃ!
閉じる
閉じる