【育毛剤のミカタ】ハゲリーマン
AGAの原因と治療

発毛成長因子であるFGF-7の役割と育毛効果をご紹介

no image
  • いいね!
  • リツイート
  • はてなブックマーク
    はてブ

髪に良い成分、髪の成長を促す成分というのは、薄毛に悩む人なら是非とも押さえておきたいものですよね。

FGF-7という成分を聞いたことはありますか?実はこのFGF-7、発毛成長因子と呼ばれていて発毛・育毛に効果がある成分なのです!

FGF-7とはどのような成分なのか、そしてどのように発毛に繋がるのか、詳しくご紹介していきましょう。

成長因子って何?基本的な情報をチェック

成長因子とは、特定の細胞を活性化させる物質です。

作用する細胞ごとに、多くの種類があります。

どのような成長因子があるのか、いくつかピックアップしてご紹介していきましょう。

成長因子の種類 作用する細胞
働き
HGF
肝細胞増殖因子
幹細胞や様々な細胞を増殖し
組織と臓器の再生と修復を促す
NGF
神経細胞増殖因子
神経細胞(交感神経・副交感神経等)の
増殖と再生を促す
EGF
上皮細胞増殖因子
皮膚・肺・角膜・気管上皮細胞の
増殖と再生を促す
IGF
インスリン様成長因子
軟骨細胞・平滑筋細胞の
増殖と再生を促す
FGF
線維芽細胞増殖因子
ヒト線維芽・血管内皮・グリア細胞の
増殖と再生を促す

成長因子は、健康な身体を維持するために必要不可欠なものであるということを押さえておきたいですね。

成長因子は作用する細胞によって多くの種類があるのか。

その細胞の増殖や再生を促すということは、細胞の働きを促すことにもなると言える。成長因子とは重要なものなのだな。

成長因子と育毛・発毛の関係とは

成長因子には、いくつもの種類があることを紹介しました。その中で、薄毛に悩んでいる人、薄毛を心配している人にぜひチェックしてもらいたいのが、FGF-7です。

FGF-7は、発毛・育毛を促す【発毛成長因子】や、【ケラチン細胞増殖因子(KGF)】とも呼ばれています。

ケラチン細胞増殖因子には、ケラチンの生成を助ける役割、毛母細胞の増殖・分裂を促す働きがあるので、それが発毛・育毛に繋がります。

髪はタンパク質で構成されており、その99%がケラチンです。ケラチンが不足すれば髪を作る材料が不足して髪が弱くなってしまうため、ケラチンを増殖させることは重要なのです。

育毛たんぱく質「FGF-7」が毛母細胞を増殖させるから髪が育つ!

タカラバイオ株式会社によると、髪の毛の構造は下記のようになっています。

髪の毛の構造

[FGF-7]が毛母細胞(もうぼさいぼう)を増やす

毛母細胞が増えるので髪の毛が伸びる

育毛たんぱく質[FGF-7]の分泌を増やし、髪の毛を伸ばすのに役立つことが明らかになり、研究結果は学会でも発表されています。

髪に作用する成長因子を増やすことは、発毛や育毛を促すことにも繋がるではないか!

髪に必要なケラチンの増殖、そして毛母細胞の増殖、FGF-7はしっかりチェックしておかなければ。

FGF-7を増やすためにはどうする?

FGF-7を増やす働きがあると言われているのが、発毛治療で有名なミノキシジルです。

ミノキシジルは、毛乳頭細胞に働きかけ、KGFの産生を促しています。

また、カゴメ昆布フコイダンエキスも、毛乳頭細胞に作用してFGF-7の産生を促すとタカラバイオ株式会社の研究で明らかになっていますね。

もちろん、FGF-7そのものを頭皮に塗布するのも高い効果が得られます。しかし、FGF-7凍結乾燥品は実験用試薬が2μg(200IU)で24,000円と非常に高額で、1日400IUを使用すれば、相当な費用がかかってしまうという難点があります。

FGF-7を増やす働きのある成分については、現在も様々なところで研究が行われています。新しい情報をチェックするようにしたいですね。

成長因子を安定化させる成分配合の育毛剤がある!?

発毛・育毛に大きな影響を与える成長因子。その成長因子を安定させる働きを持つバイオポリリン酸を配合した育毛剤があります。それが、薬用ポリピュアEXです。

FGF-7を安定させることで成長因子をしっかり作用させ、髪の成長促進、成長期の維持に繋げるのです。

薬用ポリピュアEXについて興味がある方は、こちらの記事で詳しくご紹介していますので是非読んでみてくださいね。

  • 薬用ポリピュアEXの詳細へ
  • 薬用ポリピュアEXの公式を見る

また、FGF-7そのものを配合したヘアケア商品も発売されています。

FGF-7を直接頭皮に塗布することは、高い発毛効果・育毛かが期待できることは、様々な研究によって明らかになっていますからね。

FGF-7が高濃度で配合されている商品は、育毛剤のパッケージに日本EGF協会認定のシールがついています。

ちなみに、日本EGF協会とは成長因子を配合した化粧品等の正しい知識の普及、有益な情報の提供を行う組織です。

独自の認定ガイドラインをもとに、安全基準や商品1㎎あたりの配合量など、厳しくチェックしていきます。FGF-7配合のヘアケア商品を探す際には、認定シールを参考にしてください。

HARG療法は成長因子を頭皮に直接注入!

HARG療法の特徴は、頭皮に直接HARGカクテルを注入することです。HARGカクテルには、主に3つの成分が含まれています。

  • 幹細胞から精製した成長因子
  • ビタミン
  • アミノ酸

幹細胞から抽出・精製するのは、150種類以上の成長因子です。これが、毛包に働きかけてヘアサイクルを正常化・発毛を促し、毛髪再生へと導きます。

ハーグ治療の解説イラスト

HARG療法は、今ある髪を活性化させる、成長期の毛髪が抜けるのを予防してきちんと成長させる、そして休止期に入っている髪を成長期へと導く、この3つの働きを持つのです。

但し、AGAクリニックに行く必要があるため、値段は高くになります。詳しくは特集記事をご覧ください。

髪の成長に大きく関わるFGF-7は、ミノキシジルによって産生が促されているのか。だからミノキシジルに発毛効果があると言われているのだな。

FGF-7そのものを配合しているヘアケア商品もあるようだ。こちらの方が安そうだし、チェックしてみるとしよう。

FGF-7は毛母細胞に作用して育毛を促す成長因子!

発毛成長因子と呼ばれるFGF-7は、毛母細胞の増殖を促して発毛・育毛を促す作用があります。

また、FGF-7はケラチン細胞増殖因子(KGF)とも呼ばれています。髪はタンパク質で構成されており、その99%がケラチンです。

ケラチンが不足すれば髪が弱くなるため、ケラチンを増殖させることは育毛・発毛にとって大きな意味があり、FGF-7が髪にとって重要な物質なのです。

成長因子が発毛・育毛に与える影響について、しっかりチェックしておきたいですね。

FGF-7は毛母細胞を増殖させる、ケラチンを増殖させることで発毛や育毛を促す働きがあるのだな!

髪について悩みを抱えている人には、ぜひチェックしてもらいたい。

この記事をシェア!!

  • いいね!
  • リツイート
  • はてなブックマーク
    はてブ
PAGETOP
育毛の道は1日してならずじゃ!
閉じる
閉じる
閉じる