【育毛剤のミカタ】ハゲリーマン
薄毛を改善する生活習慣

ダイエットが薄毛や抜け毛の原因に!?その理由と対策法

ダイエットが薄毛や抜け毛の原因に!?その理由と対策法
  • いいね!
  • リツイート
  • はてなブックマーク
    はてブ

ある程度年齢を重ねてくると、頭皮も気になりますがお腹まわりなどの体型も気になってきますよね。今は昔に比べて健康に対しての意識が高く、周りからの目も厳しいものになってきています。

さらに肥満は薄毛の原因のひとつ。髪の毛のためにも、と一念発起してダイエットにチャレンジした経験をお持ちの方もいるのではないでしょうか。もしくは、ここまで目を通して「痩せなきゃ!」と思った方もいるかもしれませんね。

しかし!ダイエット法によっては薄毛を進行させてしまう可能性があるんです。一体、どのようなダイエットが薄毛の進行を早めてしまうのでしょうか?

急激な体重の減少は「休止期脱毛症」を引き起こす!

どうせ痩せるなら手っ取り早くストンと体重を落としたい…これは、ダイエットを考えている方であれば誰しも辿り着くところだと思います。

しかし、急激な体重の減少を伴うダイエットは、急激な薄毛の進行の引き金にもなってしまうってご存知でしたか?

恐怖!アメリカの研究結果でわかる薄毛との関連性

急激なダイエットが薄毛を招くということは、米国の国立衛生研究所などの研究でも明らかになっています。ここで、Goette DKとOdom RBの示された文件を引用したいと思います。

Nine patients experienced profuse hair loss two of five months after starting a vigourous weight reduction program resulting in weight loss of 11.7 to 24.75 kg. Telogen counts of 25% to 50% were observed. Regrowth of hair occurred within several months.

Three patients had experienced hair loss closely following a successful weight reduction program on several occasions. Rigorous caloric restriction with subsequent inadequate energy supply of the hair matrix is thought to be the cause for the precipitation of the telogen effluvium of the crash dieter.

【翻訳】
9人の患者が11.7kgから24.75kgの過激な減量プログラムを開始して2ヶ月から5ヵ月後に大量脱毛を経験した。25%から50%のテロゲンカウントが観察された。髪の再生は数か月以内に発生した。

3人の患者が、何度かの減量プログラムの成功に続いて脱毛を経験した。厳しいカロリー制限と、それに続く毛母基の不十分なエネルギー補給が、過激な減量者の休止期脱毛の沈澱の原因であると考えられる。

引用元:Alopecia in crash dieters.【訳】クラッシュダイエットで脱毛症。

いかがでしょうか。

急激に短期間で体重を落とすようなダイエットをした場合、多量の脱毛を経験したという結果が出ているんです。

多量…髪の毛が気になるなら絶対に見たくない単語ですよね(笑)。

急激なダイエットは「休止期脱毛症」になる可能性が高い!

この実験結果では、急激なダイエットは「休止期脱毛症」になる可能性が高いことを示しています。

「休止期脱毛症(きゅうしき だつもうしょう)」とは、頭髪の約9割と言われている成長期毛が、急激に休止期に移行することで生じる「びまん性脱毛症」の一種です。

引用元:休止期脱毛症 | 住吉皮膚科ブログ

びまん性脱毛症はどちらかと言えば女性に多く、更年期によるホルモンバランスの崩れにともなって起きるのですが、もちろん男性にも起こる可能性があります。

休止期とは「ヘアサイクル」という、髪の毛が成長して抜けるまでの一連の流れの中で、髪の毛が成長しない時期のこと。タカラバイオ株式会社によると、下記のように髪の毛は通常4~6年のサイクルで生えかわります。
ヘアサイクル

本来であれば成長するはずの髪の毛の成長が止まり、抜けてしまうということなんですね。

数ヶ月経過すればまた生えてくると言われてはいますが、何回も休止期脱毛を繰り返していると慢性的な症状となってしまい、最終的に髪の毛が生えなくなってしまう可能性も十分にあります。

「糖質制限ダイエット」で抜け毛は増える!?減る!?

最近人気のダイエット方法して紹介されることも多い「糖質制限ダイエット」。

これは食事からなるべく糖質や炭水化物を除外し、それ以外の食材は食べてもOK!という数々の食事制限ダイエットの中でも食べられるものの幅が広く、実践している人も多い方法です。

具体的に食べてはいけないのは

  • お米・パスタなどの炭水化物
  • ケーキなどの甘いもの(砂糖などの糖質が入っているため)
  • 日本酒やビール(素材が炭水化物)

で、逆にお肉やお魚、チーズなどのタンパク質や野菜類、海藻類などはどれだけ食べてもOKです。

さて、本題は「糖質制限ダイエットが抜け毛の原因となるか否か」です。

実際ネット上などでも「糖質制限をしたら髪の毛が抜ける・抜け毛が増える」という内容をちらほら見かけますが、糖質制限ダイエットが特別なわけではなく、先程説明しましたとおり「急激なダイエットによる体重減少による抜け毛(休止期脱毛)」と考えられます。

中にはむしろ糖質制限ダイエットをしたことで髪の毛が生えてきた、という体験談もあり、必ずしも糖質制限が原因で抜け毛になってしまうことはないと言えそうです。

ただ、炭水化物は糖質だけではなくミネラルや食物繊維など、わたしたちの体にいい要素も沢山含まれていますし、ハードな運動をしている方やよく動く仕事をしている人からすれば栄養不足になりやすいのもまた事実。

栄養不足になるともちろん髪の毛にも栄養が行きづらくなってしまうので、髪の毛が抜けやすくなってもおかしくはないと言えるでしょう。

あまり自分は動かない、代謝がよくないと感じているならある程度しっかりと制限してもいいと思いますが、よく体を動かす方は制限を控えめにするなり、がっつり制限をする期間を短めにするなどの工夫をするのがいいかもしれませんね。

ちょっとちょっと、コワすぎるだろ!?

実験結果をみたら「多量に」抜けてるとか…私なら卒倒してしまいそうだ。

急激なダイエットは身体に悪いという知識はあったが、髪の毛にとってもこんなに悪いとは知らなかったぞ。

ムリな食事制限のダイエットは悪影響がたくさん!その理由とは

恐ろしい研究結果を見ていただいたので、急激な体重減少を引き起こすようなムリなダイエットは薄毛に効果アリ(なんとも嫌な効果ですが…)ということはおわかりいただけたと思います。

しかし、どうして極端な食事制限によるダイエットは薄毛の原因となりえるのでしょうか?

その理由は

  • 栄養不足
  • ホルモンバランスの乱れ
  • 代謝の低下

この3つにあると考えられます。

栄養が不足すると頭皮へ栄養が行きにくくなる!

手軽に体重を落とすのに一番適している方法は「食事制限」です。毎日2000キロカロリーとっていたのを1800カロリーにする、というゆるやかな制限であれば健康を維持しながら痩せることが可能でしょう。

しかし極端な食事制限をして、1日500キロカロリーしか取らない極端にカロリー制限をした生活を続ける…なんてことをしたら痩せる前に栄養不足になってしまいます。

「髪の毛の製造工場~毛母細胞」に栄養分を与える役割を果たしているのが「毛乳頭」です。この毛乳頭は、「毛細血管」から必要な栄養分を吸収し、さらにこれを加工して毛母細胞に補給しています。

引用元:発毛専門リーブ21:発毛大辞典 役立つ髪の知識VOL.16

体の中の栄養が少ないと、当然ですが毛細血管に流れる栄養も少なくなります。少ない栄養は何に使うかというと、まずは生命の維持でしょう。そして骨や筋肉など体をつくるために使われます。

髪の毛は…生命維持などに比べると当然ですが優先度は低くなります。そのため届く栄養が少なくなり、髪の毛を作るにしても細い髪しか作ることが出来なかったり、生え続けることが出来ず抜けてしまう可能性が高いと考えられますよね。

つまり、髪の毛を作るためのエネルギーが少なくなってしまうということ!これでは薄毛の解消なんて望めないことがよくわかります。

ホルモンバランスの乱れは男性ホルモンの分泌に関わる

栄養不足になるとホルモンバランスも乱れてしまいます。

どのように乱れるのかは個人差がありますが、仮に男性ホルモンが多く分泌されるようになった場合、さらにAGAが進行する可能性が高いですよね。

そもそもAGA(Androgenetic Alopecia)とは、男性ホルモンの一種、DHT(ジヒドロテストステロン)が原因です。

DHTは毛母細胞の働きを抑制する力が強いため、髪の毛が生えてこなかったり、生えてきても細く産毛のようなものしか生えてこなかったりするわけです。

女性も男性ホルモンを持っていますが、更年期となり女性ホルモンの分泌量が減少すると男性ホルモンの働きが強くなり、男性と同じようなAGAの症状が出て来るケースもあります。

女性でも女性ホルモンの分泌量が少なくなるとAGAの症状が出てくることもあるのですから、そもそも女性ホルモンの含有量が少ない男性はさもありなん。ホルモンバランスとは男性ホルモンの分泌量が多くなることだけでなく、女性ホルモンが少なくなってしまうことでも崩れてしまうんです。

代謝の低下で血流が悪くなると薄毛が進行するかも?

そして、代謝の低下も薄毛の進行に関わってきます。薄毛の原因のひとつとして挙げられるのは、血流の悪さ。育毛剤に使用されている「ミノキシジル」は血行を良くする効果があり、頭皮の血流を良くして育毛・発毛を促す効果があります。

栄養不足、かつ運動をあまりしない状態が続くと、身体がその状態にあわせて機能を低下させるため、基礎代謝が落ちてしまいます。

そうなると頭皮の血流はどうなるのか…?わかりますよね。

栄養不足で代謝が悪くなる、これは頭皮環境の面から見ると「最悪」の一言!このような状態ですと、ダイエットが薄毛を進行させているといっても過言ではないくらいです。

痩せることも健康を維持する上で大切なこともありますが、間違ったダイエットをすると体だけでなく髪の毛にも悪影響が出てしまうことをしっかりと肝に銘じておきたいですね。

どれも納得出来る理由ばかりだ。

特に栄養不足や代謝の低下には気をつけないとな。

とはいえ、なかなか解消出来るか?って言われるとそれも難しいんだよな。

焼き肉にビール、帰ったらすぐ寝る!…だからダメなんだろうな。

極端な食事制限以外にもある!髪の毛に悪影響なダイエット

急激な体重減少を伴うような、極端な食事制限によるダイエットは健康を損なうだけでなく、髪の毛まで損なってしまいます。とはいえ、今の時代そのような極端なダイエットに走る方はそう多くはないでしょう。

ただ、極端なダイエット以外であればどのような方法でも髪の毛に影響がない…というわけでもないんです。一見普通のダイエット法でも、髪の毛に悪影響を与える可能性があるんです!

タンパク質を控える食事制限は薄毛の原因に!

栄養素が不足することで、薄毛を招くということは先ほど説明させていただきました。では逆に髪の毛が育つのに一番必要な栄養素はご存知でしょうか。

それは、タンパク質です。

タンパク質や脂質などは太る原因ともなるので、ダイエット中には避ける人も多いかと思います。

しかし、毛髪はなんと99%がケラチンというタンパク質でできているんです!

タンパク質が不足してしまうことで、健康的な髪の毛を維持できなくなってしまうだけではありません。タンパク質が不足することで、ヘアサイクルも乱れてしまう可能性があります。

そうなると、休止期毛が多くなったり、成長期が短く(1年ほど)になるなど、薄毛に近づいてしまいます。

ローカロリーな海藻類やきのこ類を多く食べるダイエットも悪くはないのですが、大豆や鶏肉などから、良質なタンパク質もあわせて摂りたいですね。

特に大豆製品は女性ホルモンに近い働きを持つ「イソフラボン」がとても豊富で、ホルモンバランスの改善にもピッタリな食材です。糖質制限ダイエットをしている方でも安心して食べられますね。

ジョギングなどで紫外線を直接浴びるのはNG!

ダイエットは食事制限だけではありません。運動をして代謝を上げるダイエットは健康にもオススメです。その中でもダイエットに効果がある有酸素運動の代表である、ジョギングやウォーキングをしている方が多いのではないでしょうか?

運動で痩せるのは非常に素晴らしいことなのですが、ポイントとなるのは時間帯です。夕方の西日が差す時や、涼しい午前中に行っていないでしょうか。

実は、日光に含まれる「紫外線」は頭皮や毛髪に悪影響を与えるんです。

長時間日光の下でウォーキングやジョギングを行っていると、キューティクルに傷が付き抜け毛が多くなってしまったり、毛根がヘアサイクルを乱すほどのダメージを受ける可能性があります。

髪の毛が頭皮を守っているので大丈夫、と思うかもしれませんが、髪の毛だけでは頭皮を守りきれることはありません。必ず頭皮にもダメージが行ってしまっています。

しかも、紫外線が一番多く照射されるのはなんと午前中!涼しいからといって午前中に外出していると、思わぬ紫外線ダメージを受けている可能性もあるんです。

もちろん頭皮だけでなく、髪の毛自体もダメージを受けてしまいます。メラニン色素が破壊されることによって切れ毛、抜け毛が増える原因になるんですよ。

すべての不調の元といってもいい「ストレス」にも気をつける

現代人のすべての不調の元!と言ってもいい…かは言い過ぎかもしれませんが、多くの不調の原因となるのが「ストレス」です。

仕事であったり人間関係であったり、ストレスと私たちは残念ながら切り離すことが出来ないもの。少しでもストレスを少なくするためにゆっくり出来る時間を取ったり、趣味など好きなことに没頭する時間を作りたいものですよね。

しかし!ダイエットをしているとどうしてもストレスがたまりがち。「運動しなきゃいけないけどしたくない…でもしなきゃ…」だったり、「本当はラーメンが食べたいけど糖質制限しているから食べられない…」なんて気持ちもストレスになってしまいます。

ストレスは血流を悪くさせる効果がありますので、頭皮環境が悪くなってしまう恐れがあります。さらに人によってはストレスが原因で過食してしまうこともありますから、出来ればストレスが爆発するような状況は控えたいもの。

厳しすぎるダイエットをしていると感じているなら少し制限をゆるめてみたり(糖質制限ダイエットならお昼は炭水化物OKにするなど)、少しダイエットを休んで心にゆとりを持たせるなどの工夫をしてみましょう。

休日の爽やかな日差しの下のジョギング…とかカッコよくてやりたくなっちゃうが、髪の毛に悪影響があったんだな…。

これからはひっそりと日陰を通るようにするぜ…

別に何か犯罪を犯したってわけじゃないけどな!

これで薄毛回避!髪の毛に悪影響がないダイエット方法

せっかく痩せても薄毛になってしまったら意味がない!でも、どんなダイエットをすればいいの?と迷っている方のために、髪の毛や頭皮に悪影響がないダイエットのポイントをお伝えします。

もちろんどれも簡単なポイントなので、すぐに実践することが出来ますよ!

外で行う運動は日が落ちてからか帽子を着用

先ほど触れました、ウォーキングやジョギングなどの外で行う運動。これらを行うときは、必ず日が落ちてから(夜)か、帽子を着用した状態で行いましょう。

帽子は通気性がよく、つばがあるものがおすすめです。

通気性が悪いと蒸れやすく、頭皮環境が悪くなりやすいですし、つばがないと後頭部の頭皮が守れません。

スポーツショップで売っているつばつきのメッシュ素材のキャップなどがいいでしょう。つばを後ろにすることで後頭部もしっかりカバーしてくれます。UVカット素材やUVカット加工がしてあるものであればなおGoodです。

また、サイズ感も重要です。頭を締め付けるようなキツいサイズは頭皮の血流を悪くしてしまうので、ジャストサイズか少しゆとりがあるものを選びましょう。

帽子をかぶるのがイヤ…という方もいるかもしれませんが、汗をかいたらこまめにタオルで拭き、運動後はきちんとシャンプーをしてしっかりと汚れを洗い流しましょう。

疲れたから…と、頭を洗わないと帽子をかぶって蒸れることで悪化している頭皮環境を放置することになるので、薄毛への道を歩んでしまうことになりますから、「帽子をかぶったら洗う」、これは絶対に守りましょう!

また、たまには帽子を洗って清潔にしておくことも大切です。そう考えると、洗いやすい素材であることも帽子を選ぶポイントのひとつといえますね。

■帽子について詳しく知りたい!そんな方におすすめの記事です
「はげるから帽子NG」は勿体無い!毛髪に優しい帽子の選び方

帽子が面倒という方は、UVカットスプレーを髪の毛や頭皮にシュッシュとスプレーして外に出るのもいいでしょう。

ただしこちらのケースでも、しっかりとシャンプーやクレンジングで日焼け止め成分を洗い流すことがマストです。

髪の毛にもダイエットにも効果的な食材を食べる

運動は面倒だから食事で痩せたいという方は、育毛にもダイエットにも効果的な食材をセレクトするのがおすすめです。

まずは「根菜類」ですね。育毛に効果的な栄養素である「ビタミン」が多く含まれている上に食物繊維が豊富。おまけに脂質や糖質なども吸収しにくいという効果もあるので、ダイエットにも最適です。

続いてしっかり摂るべきなのは「海藻類」でしょう。マグネシウムをはじめ普段なかなか摂ることが出来ないミネラルを多く含んでいますので、基礎代謝が上がるだけではなくリバウンドも防いでくれます。

育毛に大事な栄養素のひとつが「亜鉛」です。

亜鉛は多くの食材に入っているわけではないので、普段の食事でもなかなか摂取しづらく、意識して摂るようにする必要があります。

亜鉛はカキや煮干し、ナッツ類や小麦の胚芽に多く含まれています。白米を胚芽ご飯にしてみてはいかがでしょうか。

最後に絶対摂りたいのは、先ほども出ました「タンパク質」です。大豆をはじめ良質なタンパク質を摂ることが出来る食材が豊富なので、積極的に食生活に取り入れていきましょう。筋肉をつくる大事な要素のひとつなので、締まったカラダになれるかも!?

タンパク質と亜鉛を含んでいる「青魚」は、必須の要素を兼ね備えているのでとてもオススメな食材です。食欲も抑えてくれるので良いですね。

もちろん、きちんとカロリーを計算して食べることも重要なことです。食材なども見直してダイエットと育毛を両立させちゃいましょう。

育毛サプリを摂取しながらダイエットしてみる!

ちょっと横道に逸れた方法かもしれませんが、カロリー制限など、なんらかの食事制限をダイエットに取り入れている場合、やはり気になるのが栄養バランスだと思います。

自分ではきちんとしているつもりでも実は間違っていることもあるかもしれませんし、外食が多い人であればなかなかバランスが取りづらい…ということもあるでしょう。

そんな方は普段のダイエットに「育毛サプリメント」をプラスしてみてはいかがでしょうか。

育毛と銘打っているだけあって、育毛効果、つまり頭皮や髪の毛にいい成分が沢山詰め込まれているサプリメントは髪の毛が気になる人にはピッタリ。

特になかなか食事で摂取しにくい亜鉛が含まれていることが多いので、健康維持にも一役買ってくれます。

サプリメントでしたら日常生活に取り入れやすいですし、普段の生活でついつい偏りがちな栄養バランスを補うことも可能です。もちろん育毛サプリメントではなく、一般的なビタミン剤などのサプリメントでもいいと思います。

栄養バランスが取れていると体調もよくなりますし、それに伴って頭皮環境が改善される可能性も十分にありますよ。

どの方法も自分の好みで取り入れられるから、手軽に出来そうだな!

私もさっそく帽子を購入してこないとな。

とりあえず今日はサバとカキとワカメを食べまくるぜ!え…極端だって?

髪の毛にも身体にも優しいダイエットを心がけよう

痩せよう!と思ったらついつい気合が入ってちょっとムリをしてしまいがち。でもそれで髪の毛が薄くなってしまったら元も子もないですよね。

短期間で痩せようと焦らずに、徐々に体重を減らしていくという方法で行えば、時間はかかりますが髪の毛に悪影響を与えることなく痩せることが出来ます。

バランスがいい食事を取るようにし、可能であれば運動もプラスしましょう。筋トレなど室内で出来る運動でもOK!

頭皮にも身体にも優しいダイエットで、髪の毛を維持しながら締まった身体を手に入れましょう!

ダイエットをすると薄毛になるという噂は、半分正解だったようだな。

痩せてお腹をスッキリさせるまえに、頭をスッキリさせないように注意しないとな!

私は日頃鍛えているから関係のない話だがな。HAHAHA。

・・・ブラック企業で働いたら、体重なんてすぐに落ちるぞ!(涙)

この記事をシェア!!

  • いいね!
  • リツイート
  • はてなブックマーク
    はてブ
PAGETOP
育毛の道は1日してならずじゃ!
閉じる
閉じる