【育毛剤のミカタ】ハゲリーマン
薄毛予防のシャンプー選び

石鹼シャンプーは髪や頭皮に優しい?実は抜け毛の原因に!?

石鹼シャンプーは髪や頭皮に優しい?実は抜け毛の原因に!?
  • いいね!
  • リツイート
  • はてなブックマーク
    はてブ

毎日のシャンプーは何を使うかによって先々に大きな違いが出てきますから、抜け毛が気になり始めた人やすでに薄毛になっている人はもちろん、今のところ大丈夫だけど将来的には心配という男性にとっても、シャンプー選びは重要な課題ですよね。

とても多くの種類のシャンプーがありますから、迷ってしまう男性もいるはずですが、石鹸シャンプーというのも何だか自然な感じがして良さそうですよね。

でも、石鹸シャンプーってどんなものなのでしょうか?本当に薄毛男性に良いものなのでしょうか?

そこで今回は、数あるシャンプーの中から石けんシャンプーにスポットを当てて、効果からお勧め商品までをご紹介します!

石鹸シャンプーとは?他のシャンプーとの違いは?

石鹸シャンプーの良し悪しや、薄毛との関連について見ていく前に、まずは石鹸シャンプーとは何かというところをお話します。他のシャンプーとの違いは、どんなところにあるのでしょうか?

界面活性剤成分で汚れを落とす

世間に流通しているすべてのシャンプー類には、界面活性剤が入っています。界面活性剤とは、本来は混じりにくい水と油を混ぜる働きをします。

界面活性剤の解説イラスト

このように、界面活性剤があるからこそ、皮脂汚れなどの油分を包み込み、浮かして落とすことができるのであり、つまりシャンプーの界面活性剤は主に洗浄成分として使われているのです。

シャンプーは3種類に大別される

そして、どんな界面活性剤が使われているかによって、シャンプーの種類は以下のように分けられています。

種類 界面活性剤 成分表示の例
石油系
(高級アルコール系)
石油系合成界面活性剤 ・ラウリル硫酸Na
・ラウレス硫酸Na
・ラウリルスルホン酸Na 等
アミノ酸系 天然由来の合成界面活性剤 ・ラウロイルメチルアラニンNa
・アシルグルタミン酸 等
石鹸系 天然由来の合成界面活性剤 ・石けん
・ラウリン酸Na
・脂肪酸Na 等

市販のシャンプーはこのように分けられており、ドラッグストアなどにて1,000円未満で売られている、CMでもよく見るシャンプーの多くは石油系です。

そして、当然ながら、石鹸シャンプーは石鹸系に含まれ、石けん成分で髪の毛や頭皮を洗浄するものです。

■こちらも注目!
シャンプーの成分について分かりやすく解説した記事も是非ご覧ください。

石鹸シャンプーは何でできている?

このように、石鹸シャンプーとは、洗浄成分がせっけんからできているもののことです。石鹸シャンプーの成分表示を見てみると、以下のような成分が含まれているものがほとんどです。

  • カリ石けん素地
  • グリセリン

グリセリンは動物や植物を原料とする保湿成分で、無害です。

したがって、石鹸シャンプーは自然物を原料とする成分からできており、分解性が高いために流しても川や海を汚さない、自然派で環境にやさしいシャンプーなのです。

上記のように、必要最低限の成分しか含まない石鹸シャンプーであれば、石油系シャンプーに含まれる添加物も入っておらず、つまりアレルギーなどを起こすリスクがとても低いのです。つまり石鹸シャンプーは、環境にも人体にも優しいと言えますね。

しかし中には、石鹸シャンプーと銘打っていても、刺激の強い成分を含むものがあるので注意が必要です。

石鹸シャンプーの洗浄力は意外と強い!

環境にはとても優しく、人間の身体やお肌にも基本的にはマイルドなのが特長の石鹸シャンプー。しかし、誰もが安心して使用できるかというと、そうでもありません。

石鹸シャンプーは高い洗浄力で、頭皮の毛穴の皮脂を除去してしまいます。

毛穴のつまりを除去してくれるのは、頭皮にとってよいことですが、石鹸シャンプーは、頭を洗うと考えると、やや洗浄力が高すぎて、必要な皮脂まで根こそぎ除去してしまう傾向があります。
引用元:アスパイラル

このように、石けんの洗浄力は比較的強く、頭皮の乾燥につながる可能性もあります。また、次章で詳しくお話するように、石けんはアルカリ性なので髪を傷めてしまうおそれもあるのです。

とてもお肌に優しいイメージのある石鹸ですが、頭皮が乾燥気味の人は特に、その洗浄力の強さを知っておいた方がよいでしょう。

石鹸って界面活性剤でもあるんだな!そして、石けんを洗浄成分とするシャンプーを、石けんシャンプーと呼ぶわけか。名前通りだな!

マイルドなイメージがあるが、石けんシャンプーの洗浄力は意外と強いなんて驚きだぜ!

使いごこちはイマイチ!?石鹸シャンプーのメリットとデメリット

洗浄成分が石鹸からできており、身体や環境にやさしい石鹸シャンプーですが、ここからはさらに具体的な部分を見ていきましょう。石|档Vャンプーを使うことのメリットとはどんなものでしょうか?逆に、デメリットはあるのでしょうか?

石けんシャンプーのメリット

まずは、石けんシャンプーのメリットからチェックしてみましょう。

  • 高級アルコール系に比べれば洗浄力はおだやか
  • 髪質に合えばきれいで健康な髪になれる
  • 毒性の強い成分が入っていないものが多い
  • 環境にやさしい
  • 比較的安価なものが多い

このようなメリットが考えられます。

先ほど、石鹸シャンプーは洗浄力が強いとお伝えしましたが、高級アルコール系と比べると洗浄力が弱い傾向があるので、これまで長く高級アルコール系を使ってきた人の中には、必要な皮脂を残すことができるようになり、頭皮の乾燥が防げる人もいます。

また、石けんシャンプーには低刺激の成分を使っているものが多いので、そういった意味でもアレルギー体質や敏感肌の人にとっては効果的だと言えます。

石けんシャンプーのデメリット

次に、石けんシャンプーのデメリットを見てみましょう。

  • 髪を傷めるおそれがある
  • 髪がキシキシするのですすぎが大変
  • しっかりすすがないと石鹸カスがフケのように残ってしまう
  • 石鹸カスが残ったままリンスをするとべたついてしまう
  • 洗い上がりがごわごわする
  • 慣れるまでに早くても3か月ほどかかる

意外と多くのデメリットがありますね。頭皮がかなり乾燥している人には、やはり石鹸シャンプーの洗浄力は強すぎると言えます。

石けんはアルカリ性のため、キューティクルが少し開きますのでキシキシ感じる時がありますが、酸性リンスですすぐとサラサラになります。 シャンプーの量が少ないと(泡が消えてしまうぐらい)汚れがよく落ちずベタベタになったり、シャンプーをよくすすがないでリンスをすると石けん分が脂肪酸になってベタベタすることがあります。
引用元:太陽油脂株式会社

このように、洗い上がりのキシキシ感やベタベタ感も、石鹸シャンプー独特のものです。シャンプー法に気を付けながら使い続ければ解決するのですが、これが嫌で石鹸シャンプーを試したけど続けられなかったという人も多いようです。

なんと!石けんシャンプーは、メリットよりもデメリットの方が多いくらいなんだな!使用感の悪さも特徴のひとつだ。

といっても、使い方を工夫すれば解決できるデメリットも多いんだぜ。洗い方のコツをあらかじめ知っておいた方がいいな!

石けんシャンプーで抜け毛がひどくなることも!乾燥気味の人は要注意

石鹸シャンプーは、乾燥肌の人にとっては洗浄力が強すぎることをお伝えしました。頭皮の乾燥は抜け毛につながってしまうこともあるため、ここをお読みの方にとってはますます油断はできませんよね。

しかし一方、石鹸シャンプーに替えて抜け毛が減ったという声もあります。ここでは、そんな石鹸シャンプーと抜け毛の関係についてお話します。

なぜ抜け毛が増える人と減る人がいるのか

石けんシャンプーによって、抜け毛が増える人と減る人がいるのはなぜでしょうか?それは、どちらも同じ原理によって起こる現象です。

元々皮脂が多く、毛穴にも皮脂汚れがたまっている人にとっては、石鹸シャンプーの洗浄力で汚れをスッキリ落とすことができ、頭皮環境の改善につながります。頭皮環境が良くなれば、毛根に栄養がしっかりと行き届き、抜け毛が減るというわけです。

逆に、抜け毛が増えるケースについても、洗浄力が原因になります。

石鹸シャンプーの高い洗浄力で、必要な皮脂も取ってしまい頭皮が乾燥しすぎたり、逆に皮脂を過剰分泌させてしまうことが考えられます。

人間は、皮脂をとられると、それを補おうとして、皮脂を分泌させます。洗浄力の高いシャンプーを使えば、その時は皮脂が取れてキレイになりますが、頭皮が乾燥しすぎて荒れてしまったり、逆に皮脂を分泌させて、頭は皮脂でギトギトになります。
引用元:アスパイラル

このように、頭皮の皮脂の状態によって、抜け毛が増えるのか減るのかという違いが出てくるというわけなのです。

乾燥肌の人には石鹸シャンプーはNG

お話してきたように、皮脂が多めの人や環境に配慮したい人には石鹸シャンプーをお勧めできるのですが、元々頭皮が乾燥している人は合わない可能性があります。先述の通り、抜け毛が増えるおそれがあるのに加えて、フケやかゆみなどにつながることもあります。(→フケの原因と対策方法を紹介した記事も是非ご覧ください。)

乾性フケの解説イラスト

このように頭皮が乾燥するとフケが出やすくなります。石鹸シャンプーは、洗い流せなかった石鹸カスがフケのように見えることもあるので、乾性のフケかどうかを見極める必要がありますが、乾燥している人は石鹸シャンプーの使用を避けた方が良いでしょう。

ふけ以外にも、石鹸シャンプーを使ってみてかゆみが出たり、しばらくしても慣れなかったりしたら使用を中止したほうが良いですね。

頭皮が乾燥してる人が石鹸シャンプーを使うと、ますます乾燥がひどくなって、抜け毛が増えることもあるのか!

石けんシャンプーを使いたいなら、自分の頭皮の乾燥ぶりをチェックしてからにした方がいいぜ!

リンスがポイント!石けんシャンプーの上手で快適な使い方を紹介!

もしも髪質や頭皮の状態に合うのであれば、石けんシャンプーを使ってみたいという方もいらっしゃるのではないでしょうか。でも、石鹸シャンプーを快適に使うには、洗い方にちょっとしたコツが必要です。

そこで、石鹸シャンプーを使った正しい洗髪法をご紹介します。

石鹸シャンプーの使い方

石けんシャンプーでの洗髪の手順は、以下の通りです。

石鹸シャンプーの使い方

①髪をブラシでよく梳かす

②お湯で髪を洗い流して大まかな汚れを落とす

③石鹸シャンプーを手に取り泡立ててから、指の腹でマッサージしながら手早く洗う

④石鹸カスが残らないように、しっかりとすすぐ

⑤酢リンスをする

⑥すすぐ

⑦タオルドライ後ドライヤーでしっかり乾かす

基本的には普通のシャンプーの手順と同じですが、しっかりとすすぎをしなければならない点がコツのひとつです。

酸性のリンスで中和を!

すでにお伝えしたように、石けんはアルカリ性なので、髪のキューティクルを開いてしまいます。そのため、酢リンスやクエン酸リンスなどの酸性か弱酸性のもので中和することで、開いたキューティクルを閉じることができます。

キューティクルの解説イラスト

キューティクルが開いたままだと髪が傷んでしまうので、弱酸性リンスをすることで髪への負担を減らすことができます。

リンスは、お湯を入れた洗面器に、大さじ1杯のお酢やクエン酸、レモン汁などを入れてかきまぜるだけで完成です。そこに髪を浸し、1~2分経ったらお湯でよく洗い流しましょう。

酢は食用のお酢で構いません。洗っている間はお酢の匂いがしますが、乾かしてしまえば無臭になります。香りが欲しければ、洗面器にお酢と一緒に好きな精油を入れても良いですね。

また、石けんシャンプーとセットでリンス商品も売られていますので、それを利用してももちろんOKです。

最初は使い心地が悪いことも

以上が石鹸シャンプーの洗い方です。

ポイントは、頭皮の乾燥や軋みを防ぐために手早く洗うことと、よくすすぎをすること、そして髪を傷めないためにリンスをすることです。

短髪の人や、洗い上がりのごわごわな触り心地が気にならない人は、リンスを省略してもよいでしょう。しかし、アルカリで開いたキューティクルを閉じるためにも、やはりリンスをした方が髪には良いのは確かですので、様子を見ながら進めてください。

また、石油系から石けんシャンプーに替えたばかりの頃は、髪や地肌に残った石油系成分のために多くの石鹸を要します。そのため、泡立ちがとても悪いことがありますが、徐々に落ち着いていくので気長に続けてみると良いでしょう。
石けんシャンプーの場合は、洗い始めから時間が経ちすぎたり、洗い流しが足りなかったりすると、ごわごわベタベタになってしまうこともあるんだぜ。

でも、手早く洗って弱酸性リンスをすれば、使い心地の悪さも解消できるぜ!

頭皮に優しい成分でできている、おすすめの石鹸シャンプー5選

環境を意識して暮らす人が増えているせいか、最近はいろんな会社から多くの石鹸シャンプーが出ています。しかし、石鹸シャンプーと銘打っているものの中にも、フェノキシエタノールなど肌への刺激が強い成分が含まれているものもあるので、注意が必要です。

どれが良い石けんシャンプーなのかよく分からないという人のために、安心できる成分だけでできている石鹸シャンプーを5つご紹介します。

エスケー石鹸株式会社せっけんシャンプー

エスケー石鹸株式会社せっけんシャンプー

全成分は、「水、カリ石ケン素地、グリセリン、クエン酸K」の4つだけという、とっても身体や環境にやさしい無添加石けんシャンプーです。余分なものが一切入っていないシャンプーを使いたいという方には、大変おすすめです。

泡で出てくるポンプ式なので、泡立ちが悪いという石けんシャンプーの問題点をクリアーできます。

内容量は500mlで、価格は1,000円(税抜)となっており、公式オンラインショップから簡単に購入できます。

ミヨシ石鹸 頭皮を洗うせっけんシャンプー

ミヨシ石鹸 頭皮を洗うせっけんシャンプー

参照元:ミヨシ石鹸

こちらも天然成分だけでできた、頭皮の汚れをしっかり落とせるシャンプーです。ノンシリコンなので、髪の広がりを抑えつけることなく、ふんわりとボリュームやハリのある髪に仕上がります。

天然の保湿成分が入っているので、乾燥が気になる人にも良いですね。

350mlで648円(税込み)で、こちらも公式通販サイトで入手できます。

パックスナチュロン 泡状ポンプ式ナチュロンシャンプー

パックスナチュロン 泡状ポンプ式ナチュロンシャンプー

500mlで1,188円(税込み)と、これまでご紹介したものの中では割高な感じがしますが、ヘアケア商品や顔用の美容液にも使われているヒマワリ油が配合されており、保湿力は抜群と言えるでしょう。

さらに、ローズマリーやラベンダーなど植物性の精油も入っていて、爽やかな良い香りがするのも、石けんシャンプーとしてはちょっと珍しいですね。クリーミーな泡で出てくるので、使用量の節約もできます。

公式通販サイトから購入でき、まとめ買いすると送料無料になります。気に入った方は、まとめ買いがお得ですね。

アレッポの石鹸

アレッポの石鹸

参照元:Amazon

シリアのアレッポという都市で作られている石鹸です。アレッポは石鹸発祥の地とも言われており、石けんづくりに関しては数千年の歴史を持っているにもかかわらず、今も昔ながらの釜炊き製法で作られています。

オリーブオイルの産地としても知られているアレッポらしく、この石鹸もオリーブとローレルを原料とした完全無添加の石鹸で、保湿力もあるのが特長です。これひとつで髪や顔を含めて全身洗えます。

アレッポの石鹸を作っている会社はいろいろありますが、アデルファンサ社のものが高品質でおすすめです。大手通販サイトで購入することができ、一個950円ですがまとめ売りだと少しお得になります。

ネオナチュラル 石けんシャンプー(グリーンエッセンシャルソープ)

ネオナチュラル 石けんシャンプー(グリーンエッセンシャルソープ)

こちらのシャンプーは、石鹸の元になる油脂が、人間の皮脂に近い馬油からできています。馬油は赤ちゃんの口に入っても大丈夫なほど無害な成分であり、他にも殺菌作用のある無農薬緑茶も配合されていて、公式サイトにも「食べられる程やさしい石けん」とあるくらいナチュラルな石鹸です。

もちろん全身洗えますし、赤ちゃんからお年寄りまで家族みんなで使えます。

610mlの大容量ポンプタイプで2,750円と、石けんシャンプーにしては少々値が張りますが、原材料の安心感を思えば適正価格とも言えますね。

石けんシャンプーの中にも、化学成分が入っているものがあるから要注意だ!でも、ここに紹介したシャンプーは、やさしい成分だけでできているから安心だぜ!

固形、泡、液体など形状もいろいろ、価格もいろいろだから、お好みのものを選んでくれ!

慣れれば快適!でも石鹸シャンプーが合うかどうかは個人差大!

天然の原料でできていて、人体と環境にやさしい石鹸シャンプーの魅力についてお話してきました。皮脂が多い人にとっては、さっぱりとした洗い上がりが気持ちよく、抜け毛が減る効果も期待できます。

しかし、頭皮が乾燥気味の人には、そのしっかりとした洗浄力が合わないこともあります。抜け毛が増えてしまっては元も子もありませんから、元々乾燥が気になっている人は、石けんシャンプーの使用を避けた方がよいでしょう。

石けんシャンプーが合うかどうかは個人差が大きいのが残念な点ですが、洗い方に気をつければ、育毛に役立てることができる人も多いはずです。興味のある方は、保湿成分が入っているものから試してみてはいかがでしょうか?

石けんシャンプーが合うかどうかは実際使ってみないと分からないが、頭皮が乾燥しているかどうかである程度判断できそうだな。

頭皮の皮脂が多い人なら、石けんシャンプーを試してみても良さそうだ。使い始めは使用感が悪いものだが、めげずに3か月くらい続けてみるといいぜ!

この記事をシェア!!

  • いいね!
  • リツイート
  • はてなブックマーク
    はてブ
PAGETOP
育毛の道は1日してならずじゃ!
閉じる
閉じる