【育毛剤のミカタ】ハゲリーマン
髪に関するコラム記事

白髪だと「はげ」ないなんて嘘だった!?4つのハゲの迷信を暴く!

白髪だと「はげ」ないなんて嘘だった!?4つのハゲの迷信を暴く!
  • いいね!
  • リツイート
  • はてなブックマーク
    はてブ

あなたは「自分は白髪だからハゲない」と安心していませんか?確かにロマンスグレーの男性は、白くはなっているものの髪の量は意外と豊かです。

でもこの「白髪はハゲない説」、実は迷信だということが分かっているんです。これまで自分は大丈夫と思っていた方も、考えを改めた方がいいかもしれませんよ。

そこでそんなあなたに、薄毛への配慮も加えた白髪対策をご紹介しましょう。これを読んで、あなたもフサフサのロマンスグレーを目指してください!

ロマンスグレーもハゲる!?薄毛とは違う白髪のメカニズム

そもそもどうして白髪になるのでしょう?AGAのことにはやたら詳しいのに、白髪のメカニズムについて無関心な方が多過ぎます。先ずは白髪発生のメカニズムを知るところから始めましょう。

白髪は毛髪のメラニン色素のトラブルだった

髪の毛を黒くしているのはメラニン色素です。髪の毛は表層から順番に、キューティクル、コルテックス、メデュラと3層に分かれています。ちょうどメデュラを芯にした巻き寿司のように見えますね。
髪の毛は表層

この中のコルテックスの中にメラニン色素が含まれていて、その量が多ければ多いほど髪の毛は黒く見えるのです。

メラニン色素は、毛根にあるメラノサイトで生成されています。ここでチロシンという物質が酸化してメラニン色素になるのですが、この変化がうまくいかなかったり、出来上がったメラニンが髪に行き渡らなかったりすると白髪になってしまいます。
黒髪と白髪

白髪の要因としては様々なものが考えられますが、ひとつだけでなく複数が関係していることが普通です。遺伝や加齢など避けられないものも多く、その予防は簡単ではありません。

  • 遺伝
  • 加齢
  • 栄養不足
  • 睡眠不足
  • ストレス
  • 病気

白髪の人も要注意!白髪とハゲは両立する!

一方、AGAのメカニズムについては皆さんよくご存知でしょう。成人男性が薄毛になる仕組みは、ご説明したようなメラニン色素の問題とは全く別の話ですよね。つまり白髪と薄毛の間には関連性が無いのです。

ということは、白髪の男性も薄毛になる危険性は他の人と全く同じ。白髪と薄毛は両立します。自分が白髪のタイプだからといって、将来ハゲないとは言い切れません。

ならばどうして「白髪は禿げない説」が広まったのでしょうか?これは、白髪が薄くなっても人目を引かないことも一因かもしれません。黒髪に比べると、白髪は地肌がより目立たないからです。

そして完全にハゲてしまえば、元が白髪だったのか黒髪だったのかは区別がつかなくなります。最終的に残るのは「薄毛の人」か「白髪の人」ですから、その結果「白髪は禿げない」ということになるのでしょう。

白髪はハゲないと思ってたら違うのか!こりゃ大変だ!

若白髪だからといって安心してたらまさかの大どんでん返し!

白髪隠しはハゲのもと!?抜いたり染めたりは要注意!

白髪は禿げないと信じ込んでいると、自分で薄毛を加速させてしまう恐れがあるので気をつけなくてはなりません。あなたは白髪を抜きまくったりヘアカラーを次々試したりしていませんか?油断していると、大切な毛髪を守り切ることができませんよ。

白髪を抜くと白髪が増える?それともハゲる?

白髪を初めて発見した頃によくやるのが「白髪抜き」です。でも白髪は抜くと増えると言われていますよね。またそんなことしてるとハゲちゃうよとも言われますが、一体どっちが本当なのでしょうか?

髪はひとつの毛穴から白髪と黒髪が同時に生えている場合があります。

この白髪を抜くと、一緒に生えていた黒髪の毛根まで傷めてしまい、これも白くなってしまうことがあります。「白髪は抜くと増える」というのは、実はこういうことだったんですね。

それでも生えかわってくれる間はいいのですが、何度も繰り返し抜けば毛乳頭まで傷つけてしまい、最終的には毛が再生できなくなってしまいます。やはり白髪抜きには、薄毛に直接繋がるリスクもあるんですね。

  • 白髪以外の毛まで傷める(抜け毛、白髪になる)
  • 毛乳頭が傷ついて2度と毛が生えなくなる
  • 毛穴に雑菌が入り炎症を起こすこともある

このように、白髪を抜くことのメリットは実はひとつもありません。つい抜きたくなってしまいますが、薄毛になるのが嫌なら、白髪抜きは絶対にしない方がいいですね。

ヘアカラーは髪と地肌を傷めている!

白髪が目立ち出すと、白髪染めを考える方も増えてきます。薬剤はどこでも買えて自宅でも簡単にできますが、一口に白髪染めといっても、肝心の染料成分によって染まり方や体への負担は様々です。大きく分けて、化学成分と天然成分でこのような差があります。

染料成分 髪や地肌への負担 染まり方
化学成分 負担は大きい よく染まる
天然成分 負担は少ない 染まりにくい

一般によく出回っているのは、化学成分の白髪染めです。安価で様々な商品があり、選びやすく手に入れやすいのも特徴です。化学成分はこのように毛髪の中にまで染料が浸透するため、しっかり染まってシャンプーしても色落ちしませんし、初めての方でも失敗無く染まります。

ただそれだけに心配なのは、髪と地肌への負担です。手軽だからといってヘアカラーにばかり頼ってケアを怠ると、大切な毛髪が弱ったり、地肌が傷んで抜け毛に繋がる可能性もあるのです。

天然成分ではヘナのものが人気ですが、これだけでは染まりにくいので、中には天然成分と化学染料を組み合わせたものもあります。お店の棚を見ると化学成分のものが中心にズラリと並んでいますが、白髪染めの成分は決してそれだけではないということも覚えておいてください。

白髪は見つけ次第抜いてたが、これもハゲに繋がるとは知らなかったぞ。

抜けば増えるって聞いてたから、密かに期待してたんだが・・・

・・・ガッカリ

若白髪でも油断は禁物!薄毛に配慮した白髪対策とは?

気になる白髪ですが、将来のことを考えれば無頓着ではいられません。これまでやっていた白髪対策も、今後は少しだけ薄毛への配慮も取り入れてみてはいかがでしょう。そうすることで、大切な髪を長持ちさせることができますよ。

白髪は抜かずに切るのがおススメ!

これまで目立った白髪をドンドン抜いていた方も、これからは抜かずに「切る」に切り替えてください。「切る」のは毛根を傷めない安全な方法です。白髪が気になったら、根元近くからカットしてしまいましょう。

この方法のデメリットは、本数が多くなってくると手間がかかるということと、伸びてくると目立つということです。でもこれは「抜く」場合でも同じこと。抜くくらいなら切る方が絶対に安全です。

大きなハサミでチョキンとやると周辺の毛まで切れてしまいますので、目標の毛を引っ張っておき、ハサミの刃に当ててこするようにすると、1本だけ上手にカットできます。

白髪染めは吸着タイプと天然染料で髪を大切に

髪と地肌に良くないとわかっていても、一度染め始めると急には止められないのが白髪染め。白髪が根元から伸びてくると目立つので、どうしても放置できなくなるからです。

そこでお薦めなのが、髪に負担をかけずに色をつける方法です。最初からこのようなものを選んだ方が髪のためには良いのですが、手軽に染まるヘアカラーはやはり魅力ですよね。でもヘアカラーを止めたいとなったときに、そのツナギとしてもおススメです。

髪に負担のかからない染料は天然素材ですが、化学染料でも負担のかからない商品があります。ヘアマニキュアやカラーリンスは、このように表面に染料を吸着させるので髪への負担が少なくなくて済みます。なお天然素材は、全てこの吸着タイプです。

負担のかからない白髪染めは、以下の2点をポイントに選びましょう。染まり具合には個人差もあるのですが、吸着タイプや天然染料は、染まりにくかったり時間がかかるといった傾向があります。

  • 染めるタイプか吸着タイプか
  • 化学染料か天然染料か、あるいは混合タイプか

食べて育毛!白髪と薄毛に効く大豆製品

食事の改善はどんなことにも有効ですよね。そこで白髪にも効くと言われている食品をご紹介しましょう。

  • ワカメ、ひじき、コンブなど海藻類
  • 黒ごま、ココア
  • チーズ、納豆、豆腐
特にチーズや納豆、豆腐はメラニン色素の元になるチロシンを多く含んでいます。大豆に含まれるイソフラボンは薄毛にも効果的
ですから、納豆や豆腐はおススメですよ。

これからは白髪だけでなく育毛対策も忘れずに!

白髪の方も薄毛のリスクが同じなのですから、これからは積極的に育毛にも取り組みましょう。もしもこれまで無頓着だったとしたら、これからはもう少し薄毛予防の観点も取り入れてみてください。

まだ髪の薄さが気にならない方なら、育毛剤よりも手軽な育毛シャンプーや育毛トニックなどがお薦めですよ。

後は白髪対策としても有効な帽子の着用も考えてみてください。夏場は厳しい紫外線をシャットアウトし、冬場は乾燥や寒さを防いで、一年中あなたの大切な髪を守ってくれます。

■帽子の選び方はこちら
「はげ」を隠すためだけじゃない!?毛髪に優しい帽子の選び方

ヘアカラーは一度やってみたかったんだが、薄毛になる危険性があるならやっぱり止めといた方がいいな。

さて、じゃ今晩はチロシンとイソフラボンたっぷりの豆腐でも食べるか。

白髪の方もハゲます!油断せず薄毛対策は万全に!

つい信じたくなってしまう「白髪は禿げない」説ですが、白髪と薄毛のメカニズムを知っていれば、全く根拠がないということは明らかです。

それなのに白髪はハゲにならないと安心し切っていて、大事な育毛のチャンスを失っている方は意外と多いのではないでしょうか?

あなたもその1人だったとしたら、考え方をほんのちょっと変えるだけで、将来的な薄毛のリスクはかなり軽減するはずです。白髪が気になるあなたも、そろそろ薄毛対策も取り入れてくださいね!

オイオイ。白髪だとハゲないなんて迷信流したヤツ誰だよ。。

まぁ私は白髪がないから全く関係ないけどな!

・・・なんていいながらも実は最近、頭以外の箇所で白髪が生えてきたのはここだけの話だぞ。(小声)

この記事をシェア!!

  • いいね!
  • リツイート
  • はてなブックマーク
    はてブ
PAGETOP
育毛の道は1日してならずじゃ!
閉じる
閉じる