【育毛剤のミカタ】ハゲリーマン
植毛について学ぶ

自毛植毛とは?分かりやすく徹底解説!

自毛植毛とは?分かりやすく徹底解説!
  • いいね!
  • リツイート
  • はてなブックマーク
    はてブ

自毛植毛は薄毛が気になっている方や段々ハゲてきたなぁと実感している方にとって、気になる治療方法の1つですよね。

興味があって、植毛手術をしてみたい!と思っていても「手術ってどんなことをするの?」「費用はどれくらいかかるの?」「失敗してしまうなどのリスクはあるの?」と、なかなか踏み出せないハードルが多いのも事実ですよね。

そこで今回は「植毛手術とはなんぞや!」という方にもわかりやすく、植毛手術がなんたるかを解説。費用面やメリット・デメリットなんかも合わせてご紹介!興味があるけど詳しく知らなかったという方でもバッチリです!

自分の髪の毛を増やす「自毛植毛」とは?他の方法と比較

「自分の髪」を増やすことが出来る治療方法、それが「自毛植毛」です。しかし具体的にどのような方法で自分の髪の毛を増やすのかよくしらない、不安だから知りたいという方も多いと思います。

また、AGAの治療法は様々な種類があり、その中でも植毛手術はどんな位置づけなのだろう?という疑問もあるでしょう。

なのでまず最初は、植毛手術、特に自毛植毛とはどのようなものなのか、他の治療法とくらべてどうなのか…を説明していきたいと思います。

自分の毛を薄毛の部分に移植する手術、それが「自毛植毛」!

自毛植毛手術とは

自分の元気な髪の毛を薄毛の部分に移植する手術のことを言います。

AGAの影響を受けない側頭部や後頭部の髪の毛を薄くなった頭頂部や前頭部に移植するので、毛髪は定着し成長し続ける事ができます。

この手術は外科手術にあたりますので、クリニックでしか施術してもらうことは出来ません。

「自毛植毛」の具体的な手術方法

  • 後頭部や側頭部から移植するためのグラフト(毛包)をドナーとして採取する
  • 移植部分の頭皮にメスでスリット、あるいは小さな穴を開ける
  • そこにグラフトを移植する

という流れで行われます。

現在主流な手術方法は、メスを利用してドナー採取及び移植を行う「FUT法(ストリップ法)」と、小さなパンチで穴を開けて行うメスを使わない「FUE法」の2種類となっています。

こちらのアイランドタワークリニックの画像はFUE法に近い「i-direct法」のものですが、このような流れとなっています。

i-direct法

植毛手術には「自毛植毛」と「人工毛植毛」の2種類がある

実は植毛手術には先程ご紹介しました「自毛植毛」と、人工の毛を移植する「人工毛植毛」の2種類があります。現在は自毛植毛が主流ですので人工毛植毛なんて方法があることを知らない方もいるかと思います。

人工毛植毛は人工的に作られた毛髪を使用するため、ドナーの量にかかわらず好きなだけ移植が出来ることが出来ます。

また、生きている毛ではないので植毛した結果がすぐに現れること(自毛植毛はヘアサイクルにのっとって成長しますので、植毛してもすぐにその部分がフサフサになるわけではありません)もメリットと言えるでしょう。

しかし日本皮膚科学会が提唱しているAGA治療のガイドライン(2010年版)によると、人工毛植毛手術はA~Dまでの5段階(CにC1・C2があります)の中で最下位の「D」と、おすすめされていないAGA治療なんです。

頭皮に異物を入れることになるので感染症や拒否反応が出やすいこと、海外では化学繊維で作られた人工毛そのものを有害器具としているところもあるためです。

どうしても自毛植毛手術が出来ないため人工毛植毛を行うしか手段がない、というわけでもない限りは人工毛植毛は避けた方が無難でしょう。

■人工毛植毛について詳しく知りたい方はコチラ
人工毛植毛のメリット・デメリットは?受ける前に知るべきポイント

自分の髪の毛を移植することで髪の毛を増やす…それが自毛植毛なんだな!

育毛よりも効果が出るまでの時間早く、増毛よりもメンテナンスが必要ないなんてかなり有り難い方法じゃないか!

人工毛よりは自毛植毛の方が自然にできそうだから、こっちを利用してみたいものだな!

自毛植毛のメリットは?

前のトピックで、自毛植毛を簡単にですがご紹介しました。ですが自毛植毛にはどのようなメリットがあるのか気になりますよね!

やっぱりメリットがないと人はやりたくないもの。そこでこのトピックでは、他のAGA治療とくらべて自毛植毛にはどのようなメリットがあるのかを説明していきたいと思います。

自分の髪の毛を自然に生やし、増やすことが出来る

自毛植毛の一番のメリットと言えるのがこれでしょう。後頭部や側頭部からドナー採取したものを頭頂部などの薄毛部分に移植しますので、生えてくるのはもちろん自分の毛です。

人工毛植毛やかつら、増毛の方が即効性は高いものの、抜けてしまうと二度と生えてこない、定期的なメンテナンスが必要(かつらも痛みますし、増毛の場合は施術部分の毛が伸びることで増毛部分が浮いた感じになってしまいます)などのデメリットがあります。

自毛植毛は一度施術してしまえば基本的にメンテナンスの必要がないのでとってもラク、かつ一度毛が伸びてくればもともと生えていた部分の髪と同じように扱えるので抜け毛などを気にする必要がありません。

プロペシアなどの治療薬に比べると効果が目に見える

AGA治療の基本と言えば、プロペシアやミノキシジルといった育毛効果のある薬剤を使用したものになりますが、効果が出ないとは言わないものの、即効性があるわけではありません。

自毛植毛もヘアサイクルに準じた成長をするので術後すぐに毛が生えてきた!とはならないのですが、確実に髪の毛が生えてくることは実感出来ます。

確実に目に見える効果がほしい!と思っている方は自毛植毛なら満足出来るでしょう。

継続的な費用がかからないので薬物治療よりも安価になる可能性が

そして費用面でもメリットが考えられます。自毛植毛手術は費用がかかる、高価だというイメージを持つ人は強いでしょう。

なぜなら自毛植毛手術は保険治療の対象外で自由診療となるため、10割負担になってしまうからです。

また、自毛植毛手術は移植するグラフト(株。毛包2~3本で1グラフト)の量によって価格が変わってくることが多いです。

多くのクリニックでは

  • 手術法(FUE法またはFUT法)
  • 移植するグラフト数
  • 基本治療費

の合算額が自毛植毛手術の費用となります。

■植毛の費用について詳しく知りたい方はコチラ
植毛手術の値段は安い?高い?他の治療方法と費用を徹底比較!

自毛植毛手術は高い…そんなイメージがあったが、一度手術をすれば終わり、そう考えれば意外と安いと言えるのかもしれないな。

特にAGA治療は終わりがわからない分、どれだけの費用がかかるかわからない。明確にかかる費用がわかる点もメリットと言えるかもしれないな。

事前に知りたい!自毛植毛手術に失敗やデメリットはあるの?

髪の毛が自然になる、価格も他の治療方法とくらべて特別突出して高いわけではない、メンテナンスも基本的には不要…とメリットが多く感じられる自毛植毛手術ですが、デメリットと言える点ももちろんあります。

特に手術ですので心配なのは「失敗」でしょう。どのような失敗例やデメリットがあるのかも、きっちりとチェックしていきましょう!

AGAの根本的な治療ではなく、対処療法でしかない

自毛植毛はAGAの対策としては非常に有効ですが、自毛植毛を行ったからといってそれがAGAの治療になるわけではありません。

自毛植毛手術を行ったとしても、AGAが進行すれば薄毛になる部分が増える可能性は十分にあります。生え際に植毛しても、AGAの進行で生え際が下がってきた場合、植毛部分-薄毛部分-まだ大丈夫な部分…なんて状態になることも。

もちろん手術前にAGAの進行度などを検査しますので、それに合わせて植毛手術をやってくれるクリニックや医師は多いですが予想よりも早く進行するとケアが必要になるでしょう。

根本的にAGAの治療をしたいなら、ガイドラインでも一番効果があると設定されている「A」に位置する「ミノキシジル外用薬」などを使用するべきですね。

外科手術のため、頭皮が安定するまでに時間がかかる

現在は切らない自毛植毛手術が増えてきたとはいえ、それでも外科手術であることには変わりありません。

なので手術日前日からアルコールは禁止になりますし、手術日以降しばらくはお風呂に入れない(シャワーは大丈夫です)などの制限があります。術後麻酔が切れてからは痛みを感じる人もいます。

次の日に会社に行くことも可能ですが、傷跡が気になる…ということで連休を取ったり、休みの日に手術を受ける人も多いです。

特にメスを使う方法で植毛手術を行った場合は数日後からまぶたに腫れなどが出てくることがあり、日常生活に支障をきたすほどではありませんが快適に過ごせるというわけではないので困ったな、と考える人もいるかと思います。

髪の密度やデザインに不満が出る可能性もあり!

「植毛手術をしたのに、思ったよりも髪の毛に密度がない」と思う方もいます。

植毛手術では、頭皮の状態や植毛する面積、移植するグラフト数にもよりますがだいたい25%~40%程度の密度増がのぞめると言われています。

しかし一般的に「髪の毛がある」と認識出来るのは密度が50%以上の場合だそうで、つるつるの部分に植毛を行い35%密度がアップしたとしても、「なんとなくまだ薄くない?」と思ってしまうようです。

もちろん手術法によっては50%を達成出来るものもあるようですし、このあたりは医師との相談でカバー出来る部分でもあると思いますが、あまりにも密度が薄いと思った場合は2回目の手術を行うことになるでしょう。

植毛する範囲が広いなど、事前に複数回の植毛手術を行うケースもあります。

不摂生な生活をしていると「定着率」が低下する

植毛手術において必ず語られるのが「定着率」です。定着率とは、移植したグラフトがきちんと頭皮に定着してその場所で毛を生やす(伸びる)確率です。

現在の植毛手術では95%など高い定着率を誇っていますが、それでも100%ではありません。採取したドナーがすでに死んでいる(毛根に傷がついている場合などは移植しても定着せずに抜けてしまいます)、移植の仕方が悪く定着しなかった…などの原因が考えられます。

定着率はドナーの状態や施術する医師の腕にも大きく影響されるのは事実ですが、頭皮環境が悪いとせっかくのドナーも定着しません。

例えば頭皮に皮脂が出やすいのに脂っこいものばかり食べる、タバコを吸う…といった、頭皮にとって悪影響を与える行為を続けているといくら植毛手術をしても定着率が下がってしまい、思った結果を出せないこともあります。

これは植毛手術にかぎらず、AGA治療薬を使用していたり育毛剤を使っている人でも同様です。頭皮環境の悪さは直接的なハゲの原因となってしまいますので
AGA治療のためにも自分の生活の見直しは絶対に行いましょう。

■生活習慣が不安な方はこちらのカテゴリーをご覧ください。
薄毛を改善する生活習慣をご紹介しております。

将来決定的な治療法が見つかっても利用できない可能性がある?!

植毛手術を行って頭皮に傷などをつけている場合、新しい治療方法が出てもそれを試せない、対象外になるといった可能性もあります。

もちろん可能性の話ですので絶対にそうなるというわけではありませんが、新しい治療薬や治療方法を試す際に、植毛手術を行ったことがネックになってしまうこともないとは言えません。

ただこれについては出てからでも遅くないといいますか、いつ出てくるかわからないこそ今治療をしておきたい、という考えも出来ますので難しいところですね。

さらに詳しくデメリットを知りたい場合、こちらの記事を参考にしてみてくださいね。
植毛のデメリットや失敗例を紹介!

メリットも多かったが、なかなかデメリットも多いな…。

特に新治療法に適合できないかもしれない、というのはなかなか怖いものがあるぞ。

リスクを取って手術をするか、リスクを取らずにハゲのままか…悩ましいな!

一定の効果はあり。だけど負担もあるので慎重に!

植毛手術、とくに自毛植毛手術は自分の毛を移植することで人工毛植毛と違い拒絶反応が出ることもなく、仕上がりも自然になるため人気のAGA対策法のひとつになっています。

日本皮膚科学会のガイドラインでも「B(行うよう勧められる/5段階中2段階目)」なので専門家も一定の効果を認めている方法だと言えるでしょう。

とはいえ費用はやはり安価とは言えませんし、頭皮の環境や薄毛の進行度などの個人差も大きく、さらに自分に合ったクリニック・医師を選ぶ必要がある…と、なかなかにハードルが高い行為であることは間違いないでしょう。

ですがAGAの方が一番気にしているであろう薄毛の部分を手術によってカバーすることが出来、きちんと毛が生えてきたらそれが自信にもつながるでしょう。

一定の効果を確実に得ることが出来る分負担もそれなりにかかりますので、メリットとデメリットを把握した上で慎重に利用することをオススメします。

植毛手術は見た目を変えられる効果的な手段だが、それにはリスクも伴っているってことだな。

いい面も悪い面も理解した上で自分ならどうする?と決めた上で手術をするか決断するべきだぞ!

この記事をシェア!!

  • いいね!
  • リツイート
  • はてなブックマーク
    はてブ
PAGETOP
育毛の道は1日してならずじゃ!
閉じる
閉じる
閉じる