【育毛剤のミカタ】ハゲリーマン
本当に効果がある育毛剤

M-034は厚生労働省認可の成分!育毛効果の秘密とは

M-034は厚生労働省認可の成分!育毛効果の秘密とは
  • いいね!
  • リツイート
  • はてなブックマーク
    はてブ

男性にとって髪とは、非常に大きな役割を持ちます。見た目の印象を大きく左右し、貫禄・威厳を与えてくれるのも、髪型が大きな要素となっていることでしょう。

しかし、年齢や環境等が引き金となり薄毛になってしまう恐れがあるのも事実です。世の中には様々な育毛剤が登場していますが、中でも最近注目されているのがM-034という成分です。

このM-034、厚生労働省が認可した育毛成分なのです。そんなM-034はどのような成分なのか、どうして育毛効果が期待できるのか、その秘密を詳しくご紹介していきましょう。

M-034とは育毛効果が期待できる成分!その理由

まずは、M-034がどのような成分なのかについてご紹介していきましょう。M-034は、褐藻類から抽出された褐藻エキスです。褐藻には、以下のものが挙げられます。

  • コンブ
  • ワカメ
  • モズク

海藻が髪に良いとは昔から言われてはいましたが、なぜこのM-034が薄毛に効果があると言われているのでしょうか。その理由について日本臨床医学発毛協会会長の松山医師は次のように述べています。

脱毛は、毛包のミニチュア化→太く長い硬毛が細長い軟毛に変化→毛周期が繰り返されるたびに成長期が短縮という過程で起きるということが研究で明らかになっています。
そして薄毛の原因は毛髪の本数だけでなく、毛髪の太さも問題であることがわかってきています。M-034には、「毛髪の太さの増大」「成長期の延長」「退行期への移行を遅延」という効果を有するため、脱毛予防、毛髪の維持にも効果を発揮します。
引用元:CHAP UP 日本臨床医学発毛協会会長 松山淳医師のインタビュー

抜け毛が増えてしまうのは、脱毛促進因子であるFGF-5が過剰に分泌されてしまい、脱毛が促されてしまうことも要因として挙げられます。

しかし、M-034にはFGF-5Sという物質を生成する作用があり、このFGF-5Sは脱毛促進因子であるFGF-5を抑制する働きを持つのです。脱毛促進因子を抑えることで、成長期を延長し退行期へ移行することを遅らせ、それが抜け毛予防に繋がるわけですね。

M-034には、脱毛促進因子を抑える作用があると言えるのは、M-034がFGF-5Sを生成するためなのです。

正しいヘアサイクルを維持するために重要なのは毛母細胞!?

ヘアサイクルについて、花王のヘアケアサイトでは次のように紹介されています。

ヘアサイクルの解説イラスト

髪は毛母細胞によって作られます。毛母細胞が分裂することで、髪は成長していくのです。では、この毛母細胞が増えれば、結果的に髪が増える、髪が成長する、そう考えるのも当然ですよね。

スキンケアやヘアケア商品を手掛けているメナードでは、育毛についての研究も行っており、その結果として次のような事実が分かったと図と共に報告しています。

太い髪と細い髪について、外毛根鞘に存在するCD34 陽性細胞を免疫染色したところ、細い髪ではCD34 陽性細胞が少ないことが観察されました。さらに、CD34 タンパク質の発現量を解析することによって、外毛根鞘に存在するCD34 陽性細胞を定量化したところ、細い髪ほど外毛根鞘に存在するCD34 陽性細胞が少ないことが分かりました。このことから、髪が細くなる根本原因は毛母細胞のもととなる細胞が少なくなることにあると考えられました
引用元:MENARD 研究・商品開発 加齢により髪が細くなる原因を解明

細い髪は外毛根鞘に存在するCD34 陽性細胞

メナードの研究結果によって、毛母細胞の元となる細胞が少ないことが、髪が細くなることに繋がると分かったわけです。

毛母細胞は、毛包にある外毛根鞘細胞内に含まれる細胞(CD34)が変化するものです。ですから、外毛根鞘細胞を増やすことは育毛に効果があるのではと考えられたわけですね。

M-034は、この外毛根鞘細胞を増殖させる効果があるとされていますので、それも育毛効果に繋がる所以だと言えるでしょう。

ミノキシジルとどっちが凄い?気になるデータをチェック

M-034を配合している育毛剤として有名なBUBUKAでは、M-034の育毛効果について育毛成分の中でも有名なミノキシジルと比較したデータを掲載しています。

M-034とミノキシジルと比較したデータ

このように、ミノキシジルとほぼ変わらない育毛パワーがあるという結果が出ているのです。これは素晴らしいですよね。

そして、知っておきたいポイントとしては『育毛成分による副作用』が挙げられます。せっかく育毛効果があっても、副作用によって他のところに影響が出る、ダメージを受けてしまうということになれば残念ですよね。

元々、ミノキシジルは高血圧の治療を目的とした血管拡張剤として開発された成分です。ですから、ミノキシジルを使うことで以下のような副作用が起こる可能性があります。

  • 血圧低下
  • 心拍数の増加
  • 発疹・かゆみ・かぶれ
  • 頭痛・めまい
一方、M-034は天然由来の成分ですから副作用の心配がほとんどないというメリットがあるのです。副作用の心配をすることなく、ミノキシジルと同様の効果を期待できるM-034は、薄毛に悩む人の助けになる事でしょう。

育毛効果が認められている成分は限られている!?その成分とは

育毛効果が認められている成分は、実はとても限られています。主な成分は以下の通りです。

  • ミノキシジル
  • デュタステリド
  • ノコギリヤシ
  • M-034

意外と少ないですよね。育毛剤を選ぶときは、これらの成分が含まれているものを選ぶようにすると良いでしょう。

これら以外の成分を配合している育毛剤は何故育毛剤として販売されているの?そう疑問に思う方もいるかもしれません。

実は、これらの成分が配合されていない育毛剤は、育毛効果があるわけではなく、頭皮環境を整えることを目的としているものがほとんどなのです。

頭皮環境を整え、毛髪にとって良い環境を作るということが目的ですね。良い髪を作るために、土壌である頭皮をより良いものにしようとするものです。

  • 保湿
  • 清潔
  • 血行促進

このような働きがあるわけですね。育毛そのものに効果があるわけではありませんが、頭皮の環境を整えれば脱毛を防いだり、髪の成長を促したりことに繋がります。

育毛そのものに効果がある育毛剤、頭皮環境を整える育毛剤、この2つの違いはしっかりと認識しておきましょう。

おぉ!海藻が髪に良いとは聞いていたが、褐藻から育毛に効果的な成分が抽出されたとは驚きじゃないか。

天然由来成分なので副作用のリスクが低いという点も魅力的だ。いくら薄毛が解消しても身体に他の弊害が生じては残念だからな。

M-034配合の育毛剤には何がある?3つの商品をチェック

では、M-034が配合されている育毛剤にはどのような商品があるのでしょうか。ここでは、3つの商品を簡単にご紹介しましょう。

この3商品の成分、価格の違いを比較してみましょう。

商品名 単品価格
最安価格
返金保証 有効成分
BUBUKA 16,200円
11,664円
(⇒定期コース)
5,980円
(⇒定期初回のみ)
30日間 46種類
チャップアップ 14,800円
6,000円
(⇒定期2本セットの
1本単価)
30日間 44種類
イクオス 12,800円
8,980円
(⇒定期コース2回目以降)
4,980円
(⇒初回限定)
45日間 32種類
価格、有効成分が異なっていることが分かります。価格については定期コースで購入すると大きく得をすることが分かりますよね。また、いずれの商品も初回購入時に限り返品保証がありますから、気になる商品を試しに使ってみるというのも良いでしょう。

これら3つの商品については別の記事にて詳しく紹介しています。是非チェックしてみてくださいね。

M-034が配合されている育毛剤は色々あるのだな。正直、どれを選べばいいか分からない…。

しかし、返金保証制度がある育毛剤ならまずは試してみることも出来そうだ。自分に合った育毛剤が見つかれば良いのだが…。

薄毛の原因にコラーゲン不足!?コラーゲン配合の育毛剤とは

薄毛の原因として、様々な点が挙げられています。原因は、生活習慣、食生活、ストレス、男性ホルモン、加齢等多岐に渡るので、誰もが薄毛になってしまうリスクを持っていると言えるでしょう。

その中で、気になる研究成果が発表されました。

加齢による薄毛の原因として、コラーゲン不足が関係しているというものです。

コラーゲンと薄毛にどのような関係があるのか、その秘密について東京医科歯科大学の研究結果を引用してご紹介しましょう。

毛周期ごとに毛包幹細胞が分裂して自己複製すると同時に毛になる細胞を供給しますが、その際に生じたDNAの傷を修復するための反応が加齢に伴って遷延する細胞が現れます。このような毛包幹細胞においては、毛包幹細胞の維持において重要な分子であるXVII型コラーゲンが分解され、これによって毛包幹細胞が幹細胞性を失って表皮角化細胞へと分化するよう運命づけられることをマウスで見出し、ヒトの頭皮の毛包においても同様の現象を確認しました。
引用元:東京医科歯科大学 「年を取る解けが薄くなる仕組みを解明」

つまり、損傷したDNAを修復する力が加齢によって弱まると、毛包幹細胞内のコラーゲンを分解して脱毛を引き起こすわけです。東京医科歯科大学のウェブサイトでは、図で分かりやすく紹介しています。

歳をとると毛が薄くなる仕組み

コラーゲンが分解されることで結果的に脱毛が引き起こされるのであれば、コラーゲンが枯渇していくことを防ぐことが出来れば脱毛を防げるのでは?そう考えたわけですね。

実際、マウスで実験すると脱毛に効果があることが示されています。脱毛とコラーゲンの関係が明らかにされたのです。

ブブカはコラーゲン配合!育毛剤選びの時には配合成分も要チェック

コラーゲン不足と脱毛は関係がある、ということが医学的に分かったわけですが、ではどうやってコラーゲンを補えば良いのでしょうか。

もちろん、サプリや食事からコラーゲンを摂取するという方法もあります。しかし食事でいくらコラーゲンを摂取しても吸収率が高くないために、相当量を食べなければ意味がないのです。

サプリであれば、吸収率を上げるために分子を小さくしているものも多くありますので、効率よくコラーゲンを摂取することが出来るでしょう。

しかし、頭皮に必要なコラーゲンであれば直接頭皮から吸収すれば良いのでは?そう思うかもしれません。皮膚から吸収されやすいよう、育毛剤等にコラーゲンが配合されていれば是非チェックしておきたいですよね。

実は、育毛剤でコラーゲンを成分として配合している商品がBUBUKAなのです。

M-034を配合していることで知られている育毛剤BUBUKAは、実は、成分として加水分解コラーゲン末が配合されている数少ない育毛剤というわけです。

育毛剤を選ぶ際には、効果があるとされている成分が含まれていることをチェックすることも大切ですが、その他の成分にどのようなものが含まれているのかもチェックしてもらいたいですね。

薄毛に関する研究は、日々行われています。だからこそ、新しい情報を都度チェックして、より育毛に良い情報をしっかりと自分のものにしたいですね。
脱毛とコラーゲンに関係があるとは驚きだ。こうやって薄毛のメカニズムについて新しい研究結果が明らかになって行けば、更に育毛剤は進化してくれるだろう。

新しい情報は常にチェックして、より良い育毛剤を選ぶようにしたいものだな。

M-034は厚生労働省認可の育毛効果が期待できる嬉しい成分!

M-034は、厚生労働省が認可した育毛効果のある成分であることは確かです。毛包に作用して脱毛促進因子を抑制、また髪を作るために欠かせない毛母細胞に変化する外毛根鞘細胞を増やす役割を持つことで、育毛の効果が期待できるわけですね。

また、褐藻から抽出した自然由来の成分ですから、頭皮に優しく副作用の心配がないことも特徴的ですね。育毛成分として高い効果を持つミノキシジルと比較しても、遜色ない育毛効果があるというデータもあるのです。

育毛効果があると認められている成分は、限られています。だからこそ、育毛剤の成分をチェックすることが必要なのです。育毛効果がある成分が入っていないものは、頭皮環境を整えるものだということは覚えておきたいですね。

M-034が配合されている育毛剤はいくつも発売されています。それぞれの特徴をチェックし、自分がコレだと思う育毛剤を選びましょう。

M-034は、厚生労働省が認可した発毛に効果があるとされる成分なのだ!その成分が含まれた育毛剤を使うことで、薄毛の悩みが改善できる可能性が高まるわけか。

育毛剤を選ぶときは、育毛効果があると認められた成分を使ったものが含まれているどうかは、チェックを怠ってはいかんぞ!

この記事をシェア!!

  • いいね!
  • リツイート
  • はてなブックマーク
    はてブ
PAGETOP
育毛の道は1日してならずじゃ!
閉じる
閉じる