【育毛剤のミカタ】ハゲリーマン
髪に関するコラム記事

髪が細い!柔らかい!猫っ毛だと「ハゲ」やすい?改善方法を紹介

髪が細い!柔らかい!猫っ毛だと「ハゲ」やすい?改善方法を紹介
  • いいね!
  • リツイート
  • はてなブックマーク
    はてブ

「地肌が透けて見える…」「最近、髪が細くなった?」なんて心当たりはありませんか?こういった症状があらわれると、「もしかしてこの先どんどん髪が薄くなっていって、ハゲてしまうのではないか?」なんて考えてしまいますよね。

また、もともと髪が細い人もいますよね。俗にいう「猫っ毛」です。では、髪がもともと細い「猫っ毛」の人は薄毛になりやすいのでしょうか?

ここでは、「最近、髪の毛が細くなったけど薄毛になってしまう?」「もともと“猫っ毛”だけど薄毛になってしまう?」といった疑問をもとに“猫っ毛”の特徴と、髪が細いと薄毛になってしまうのかを紹介していきますよ。

髪の毛の細さは遺伝!薄毛とは関係なし

細くてコシやハリが無く、柔らかい髪質だと見た感じ薄毛になりやすいと思いますよね。世間では「“猫っ毛”はハゲる」とも言われていますので、“猫っ毛”の人は、ますます気になりますよね。

そこで“猫っ毛”とは、どんな髪の毛を言うのでしょうか。

髪の毛の太さは抜け毛とは関係ない!

それでは髪の毛が細い、太いといったことは抜け毛と関係があるのか、見ていきましょう。

髪の毛の太さ 太さの基準
太い髪 0.12mm~0.25mm
普通の髪 0.08mm~0.10mm
細い髪 0.05mm~0.09mm
髪の毛は太い人と細い人がいます。そして、0.06mm以下の細い髪であれば、“猫っ毛”と言われるのです。髪の毛の細さには遺伝が関係しているため、「“猫っ毛”だから髪の毛が抜けやすい」ということはありませんよ。

髪の毛の太さを決めるのはコルテックス!

それでは、髪の毛の太さはどうやって決まるのか見ていきます。髪の毛は3層構造になっていますね。

名称 成分 影響
キューティクル 硬いたんぱく質 髪のツヤや触った時の感触
コルテックス 線維状のたんぱく質 髪の柔軟性や太さ
メデュラ 柔らかいたんぱく質 毛髪の中心

髪の毛の断面図イラスト

この中で、髪の毛の太さを決めるのはコルテックスとなっています。コルテックスが多いと髪の毛は太くなり、少ないと細くなります。“猫っ毛”の人はコルテックスの量が少ない髪質なのです。

“猫っ毛”と薄毛は関係ないのか!髪の毛の太さはコルテックスの量で決まっているんだな。“猫っ毛”はコルテックスの量が少ない。が、これは遺伝だから“猫っ毛”が原因でハゲるわけではないのだ!

もしかしてあなたも?みんなが気にする「猫っ毛」の悩み

それでは“猫っ毛”だと、どんな悩みがあるのか見ていきましょう。

  • 髪が少ないわけではないのに、細いため薄毛に見える
  • パーマがかかりにくく、取れやすい
  • 帽子を脱ぐと、髪がぺちゃんこ
  • 髪の毛が絡まりやすく、摩擦で痛みやすい

“猫っ毛”は髪が少ないわけではない!

“猫っ毛”は髪が少ないわけではないのに、細いため薄毛に見えてしまいます。髪の毛が同じ本数あっても、太い髪ならたくさんあるように見えるけど、細い髪だと少なく見えるというコトですね。

パーマがかかりにくく、取れやすい

ボリュームを増やすために、フワっとパーマをかけると髪の毛の量が多く見えますよね。おしゃれに決めることもできるので気になります。



ツイストパートは指に巻ける長さ(5cm~)があれば、短めの髪、ショートヘア、くせ毛や天然パーマでもかけることができます。けれど、細い髪にはキツくパーマをあてる必要があるため、髪が傷む原因にもなります。

また“猫っ毛”のクセが強いと、パーマが一か月も持たない可能性もあります。そのため、パーマがかかりにくく、取れやすいと感じてしまいますね。

■パーマと薄毛の関係を知りたい方はコチラ
パーマが薄毛に繋がる!?その理由と対策は?

帽子を脱ぐと、髪がぺちゃんこで格好悪い

また、おしゃれアイテムとして取り入れたい帽子ですが、これも“猫っ毛”だと悩みの原因となってしまいますね。髪の毛が細いと、帽子を脱いだ時に、髪が頭に張り付いてぺちゃんこになってしまうのです。

そのため帽子をかぶって出かけたら、その日は帰宅まで帽子を脱げなくなってしまいます。

“猫っ毛”は髪の毛が絡まりやすいので、摩擦で傷みやすい

髪の毛が、知らない間に絡まっていることはありませんか?特に、“猫っ毛”の人は、強風で髪の毛が舞い上がったときに絡まることがあります。

髪が絡まるのは傷んでいる証拠だと聞いたことはありませんか?絡まると、摩擦によって髪の毛が傷む原因ともなってしまい悪循環ですね。

“猫っ毛”の悩み…髪が細いから薄毛に見えたり、ボリュームアップにパーマをかけたくても、かかりにくかったり、帽子は髪の毛がぺちゃんこになってしまうし…“猫っ毛”の悩みは尽きないではないか!

「最近、細くなった」は要注意!薄毛の原因になる可能性あり

髪質は年齢によって変わってくることは知っていますか?生まれた時が一番柔らかく、14~24歳までどんどん太くなり、男性では20歳をピークとして、その後は細くなっていきます。

生まれた時:一番柔らかい

14~24歳:太くなる

それ以降:細くなる

この原因の一つに加齢があげられます。頭皮の新陳代謝や血行が悪くなり、頭皮の皮脂の量が減り、乾燥すると、髪が傷んだり、細くなったりします。

地肌の仕組み解説イラスト

その結果、髪質が細く柔らかな“猫っ毛”に変化してしまうのです。加齢による“猫っ毛”は、頭皮の血行が悪くなることが原因なので、ヘアケアとともに頭皮ケアを行う必要がありますよ。
なんと!“猫っ毛”の原因は遺伝だけではないのか!

加齢で“猫っ毛”になった時には、ヘアケアや頭皮ケアが肝心なんだな!これらのケアをしなければ…薄毛の原因となる可能性もある!「最近髪が細くなった」は要注意だな。

もともと「猫っ毛」は問題なし!「最近細くなった」は要注意!

ここまで読んで、小さい時から“猫っ毛”という人は遺伝による“猫っ毛”だから、薄毛になる心配はありませんね。けれど、最近“猫っ毛”になってきた場合は、加齢によって頭皮の血行が悪くなっている可能性があるため、ヘアケアや頭皮ケアが必要となります。

時期 薄毛の心配
幼少期から なし
20歳を過ぎてから あり

そして、“猫っ毛”の人は、悩みが絶えません。

例1:髪が細く薄毛に見えるため、ボリュームアップのためパーマに挑戦

パーマがかかりにくく、すぐにとれる
例2:おしゃれアイテムの帽子をかぶってみる

髪がぺちゃんこになるため、一度かぶったら一日中かぶっておく必要がある

髪の毛が細くて薄毛に見えてしまう“猫っ毛”ですが、本数は人並みにありますので「“猫っ毛”が原因でハゲるかもしれない」ということはありません。

けれど、絡まりやすく、傷つきやすい髪質なので、“猫っ毛”の髪質にあったシャンプーを選んだり、生活習慣を整えて髪の毛に負担の少ない生活を送ってダメージから毛髪を守りましょう。

なるほど!生まれつきの猫っ毛と薄毛には因果関係がないようだな!

ただ、最近猫っ毛になってきたなぁーっと感じている諸君は要注意だニャン。

・・ニャンは聞かなかったことにしてくれ(照)

この記事をシェア!!

  • いいね!
  • リツイート
  • はてなブックマーク
    はてブ
PAGETOP
育毛の道は1日してならずじゃ!
閉じる
閉じる
閉じる