【育毛剤のミカタ】ハゲリーマン
本当に効く育毛剤

噂のミノキシジルタブレット、通称ミノタブを使う際の注意点!

噂のミノキシジルタブレット、通称ミノタブを使う際の注意点!
  • いいね!
  • リツイート
  • はてなブックマーク
    はてブ

抜け毛や薄毛にお悩みの男性の中には、きっといろんな情報を集め、様々な対策を講じている方々も多いことでしょう。いろいろ試したけど、思うような効果が出ないことでさらにお悩みが深くなるということもあるかもしれませんね。

そんな状況の男性なら、発毛効果が大きな薬として「ミノキシジル」という成分名を耳にしたことがある方も多いと思います。今回は、このミノキシジル、特に内服薬であるミノキシジルタブレットについて、詳しくお話していきます。

気軽に飲めるようなお薬とはちょっと違うので、試してみたいとお考えの方にとっては特に、危険性や副作用など事前に知っておくべき情報満載となっています。ぜひ、ご一読ください!

そもそもミノキシジルとはどんなもの?まずは基本から知っておこう!

ミノキシジルタブレットについて詳しく見ていく前に、まずはミノキシジルがどのような薬剤なのかをお話したいと思います。ミノキシジルタブレットを安全に使うためには知っておいた方がよいことですので、ぜひ目を通してくださいね。

出発点は高血圧の治療薬だった!

ミノキシジルは、元々高血圧の治療薬でした。高血圧の治療のためにミノキシジルを服用した人々に副作用として発毛が認められたため、現在では発毛剤としても用いられるようになった歴史があるのです。

発毛剤として開発された薬ではなかったとはいえ、ミノキシジルにはAGA治療に関してちゃんとした発毛効果があることが医学的にも証明されています。

そんなミノキシジルには外用薬と内用薬があります。

用法の種類 商品名
外用薬 ・ロゲイン、カークランド、ポラリスなど(日本では未認可)
・リアップシリーズ
内服薬 ミノキシジルタブレット

このように、海外ではいろんな外用薬が販売されていますが、日本で認可されているミノキシジル配合の外用薬は大正製薬の「リアップ」シリーズのみとなっています。

そして、ミノキシジルの内服薬こそが「ミノキシジルタブレット」という錠剤、すなわち通称「ミノタブ」と呼ばれているものというわけです。

ここまでご紹介してきたミノキシジルの基本情報に加え、さらに詳しいお話は【ミノキシジル系の育毛剤】効果や副作用は?生え際への影響は? ←こちらの記事にてお読みいただけます。ぜひ、こちらもご覧ください!

プロペシアとの違い

ミノキシジルがなぜ薄毛に効くかというと、元々降圧剤だったことからも想像がつくように、その血管拡張作用による効果なのです。それによって頭皮の血流がよくなり、毛母細胞や毛乳頭が活性化されるため、健康な髪が生えやすくなると考えられています。

同じくAGA治療薬として有名なフィナステリド(商品名:プロペシア)は男性ホルモンに働きかけて脱毛を防ぐため、ミノキシジルとは別の効き方をします。そのため、ミノキシジルとフィナステリドを併用することで、より効果が上げられると言われています。

なるほど!ミノキシジルは元々降圧剤で、血行を良くする作用によって健康な髪の毛が作られやすくなるタイプの育毛薬なのか。つまり、プロペシアとは効き方が違うわけだな。

そんなミノキシジルの錠剤がミノキシジルタブレット、いわゆるミノタブってやつだな。よく分かったぜ!

「ミノタブ」は本当に安全なの?知っておくべき外用薬との違いは!?

ミノキシジルというお薬について簡単にお話しましたが、成分としては同じミノキシジルでも外用薬と口から服用する内服薬とでは、決して小さくない違いがあります。ここからは、内服薬のミノキシジルタブレットについて詳しく見ていきましょう。

ミノタブは副作用も強い傾向が!

ミノキシジルタブレット(ミノタブ)は、口から服用する内服薬です。したがって、皮膚から吸収されるだけの外用薬と違って、血流に乗って成分が全身に回ります。つまり、その分高い効果が期待できる反面、副作用も強く出るのです。

ミノタブの主な副作用には、以下のようなものがあります。

  • 血圧低下
  • 肝臓機能低下
  • 動悸・息切れ
  • 体毛が濃くなる(多毛症)
  • 頭痛
  • 顔面や皮膚の紅潮
  • ムクミ
  • 性欲減退
  • 初期脱毛

副作用の内容としては外用薬のミノキシジルと同じなのですが、程度が強くなってしまいがちなため、より細心の注意を払う必要があるのです。

また、ミノキシジルを使い始めて最初の2~3週間は、かえって抜け毛が増えてハゲが進んだように感じる人もいますが、これは初期脱毛と呼ばれるもので、新しい毛が生えるために古い毛が押し出されて抜けるために起こる現象です。

つまり、育毛効果が表れ始めているということなので、薄毛治療を成功させるためには、ここで使用を中止せず最低でも6か月は続けることが大切です。

リアップは医薬品!

ミノキシジル配合の外用薬である大正製薬のリアップシリーズは、国内唯一の認可薬であり、医薬品です。その中でも「リアップX5プラス」は、ミノキシジル5%配合のもっとも濃厚な発毛育毛剤です。

大正製薬のリアップの育毛効果実験

こちらは「リアップX5プラス」を52週間使用し続けた実験の効果を、医師が判断したものです。長く使い続ければ、9割以上の人に何らかの改善が見られています。

これだけ高い効果があるわけですから、その分副作用もあるということで、以下のように使用にあたって気を付けなければならない点がいろいろあります。

  • 女性は使えない
  • 男性でも未成年は使えない
  • 円形脱毛症など、男性型脱毛症以外が原因の脱毛には使えない
  • 高血圧・心臓疾患・ムクミ等のある人は医師や薬剤師に相談する
  • 年齢が高い人(65歳以上)は副作用が出やすいので注意する

すでにお伝えしたように、ミノキシジルには血管拡張作用があり、循環器系に関する何らかの症状がある人には身体に害を及ぼしてしまう可能性もあります。該当する方は、必ず医師や薬剤師に相談のうえ、使用してください。

ミノタブの危険性

リアップのような作用の比較的弱い外用薬でも、このような制限があるくらいなのです。

このような背景もあって、じゅうぶんな安全性が確認されていないため、日本ではミノキシジルの内服薬は認可されていないのです。

したがって、ミノタブは安易に服用してよいものではありません。特に高血圧や心疾患のある人は自分だけの判断で服用しないようにしてください。

AGA治療を長年行っている「スキン・ソリューション・クリニック」から、ミノタブの危険性について引用させていただきます。

ミノキシジルタブレット(内服薬)は処方いたしません。

もともと高血圧のお薬であるこのミノキシジルタブレットを長期間服用し続けることは、さまざまな見えないデメリットを引き起こす可能性があります。したがって私の大切な家族や友人には服用させていません。

そして私の周りの医師も、患者様には処方するけれど先生ご自身は服用していないという方ばかりです。
引用元:スキン・ソリューション・クリニック

このように、実際にAGA治療を行っている皮膚科専門医の中にも、危険だから処方しないと表明している医師もいることはぜひ知っておいていただきたい情報です。

■ミノキシジルのような副作用がない育毛剤はこちら
チャップアップは副作用のない育毛剤!その効果や口コミは?

同じミノキシジルでも、液体の外用薬と口から飲む錠剤とでは、効果や副作用の出方が違うってことか。

ミノタブの場合は、本当に副作用に気をつけた方が良さそうだな。高血圧や心臓疾患、むくみなんかがある人は、独断で飲んじゃダメだぜ!まずは病院に相談してくれ!

それでもミノタブを試してみたい!そんな人は医院か個人輸入で入手!

お話してきたように、ミノタブは安易に服用してよいものではないのは確かなのですが、最後の手段として使ってみたいという方もいらっしゃると思います。そんなときは、どうすれば手に入るのでしょうか?

クリニックで処方してもらう

ミノキシジルタブレットを服用するためのもっともスタンダードな方法は、AGA治療薬の処方も行っている皮膚科や、育毛クリニックなどといった病院で処方してもらうことです。

ミノキシジルは、AGA以外の脱毛症にも効くとも言われていますが、やはりまずはAGAであるという診断をしてもらった方が安心です。そういう意味でも、最初は病院で処方してもらう方法をおすすめします。

病院やクリニックでの処方は、医師の診断や診察を受けたうえで育毛内服薬を試せるので安心です。ただ、以下にご紹介する個人輸入に比べると、価格的には高くなってしまうというデメリットはあります。

2.5㎎の錠剤100錠で、15,000円程度が相場のようです。これは、生え際や頭頂部の状態によっても異なりますが、およそ1.5~3か月分の値段です。

個人輸入で手に入れる

もうひとつの入手法は、個人輸入です。インターネットで個人輸入代行サイトを通して購入すれば、簡単にミノタブを入手することができます。

ただし、医師の診断や診察を受けずに服用するわけですから、結果や副作用に関しては自己責任となります。

簡単かつ気軽に買える以外の個人輸入のメリットとしては、お値段が安いことです。商品にもよりますが、例えば個人輸入代行業者として有名な「オオサカ堂」では、ミノキシジルタブレット2.5㎎100錠入りが4,000円程度で購入できます。

ミノキシジルタブレットには、シートタイプとボトル入りとがあり、中身はもちろん同じですが、ボトルタイプの方がじゃっかんお安く入手できます。

安いので人によっては飛びつきたくなることもあるでしょうが、くれぐれも危険な副作用も起こり得る薬剤だということをお忘れなく!

プロペシアとの併用もおすすめ!

「ミノキシジルは使ってみたいけど、ミノタブはちょっと不安…」という人は、やはりリアップなどのミノキシジルの外用薬がよいでしょう。でもリアップ単独では効果が心許ないという場合は、フィナステリドとの併用がおすすめです。

フィナステリドを主成分とするプロペシアなら日本でも認可済みの薬ですし、先述の通りミノキシジルとは作用機序が異なるため、それぞれ別の角度からダブルの発毛力が期待できるんです。

併用するにはお財布事情がちょっと厳しいという場合には、以下のようなフィナステリドのジェネリックもあります。

ジェネリックの商品名 先発医薬品名 価格
フィンペシア プロペシア 2,000~3,000円程度(1㎎100錠)
エフペシア プロペシア 3,000円程度(1㎎100錠)
ハリフィン プロペシア 3,000円程度(1㎎30錠)
フィナロ プロペシア 2,500円程度(1㎎100錠)
フィンカー プロスカー 4,000円程度(5㎎100錠)

プロペシアを個人輸入で購入すると1㎎28錠で5,000円程度ですから、これらのジェネリック医薬品ならずっとお安く手に入ります。リアップと併用してもお釣りが来るくらいです。ミノタブが不安な方は、ぜひ併用薬としてプロペシアのジェネリックも検討してみてください。

ミノタブ開始時は、やっぱり専門医に処方してもらうのが安心だな!安全な服用方法も指示してもらえるから最初は病院で、慣れたら個人輸入に替えるのも良さそうだぜ!

効果の出方には個人差もあるから、あまり焦らず相談しながら試すべきだぜ!

服用するなら危険性も知ってから!ミノタブは効果も副作用も大きめ!

ミノキシジルは血行を良くする効果が認められており、毛根の血流を改善し、抜け毛を防いで健康な髪の毛を生やすという側面から薄毛治療に使われているお薬です。お話してきた通り、重大な副作用が出るおそれがあるため、日本では外用薬しか認可されていません。

しかし、口コミ評価などを見てみても、ミノキシジルの内服薬であるミノキシジルタブレットの育毛効果は、非常に高いものとなっています。その効果を期待して、海外から個人輸入してでも使ってみたい人も多いですよね。

未認可薬ですから当然、自己責任になってしまいますが、飲んでみるならば医師や薬剤師に相談しながら、少なめの服用量から様子を見ながら試してみましょう。少しでも変わったことがあったら、すぐに皮膚科やかかりつけ医にところへ行ってくださいね!

ミノキシジルタブレットは効果が強い反面、副作用のおそれも重大だ!安易に飲むのはオススメしないぜ!

でも、恐れてばかりじゃフサフサは手に入らないぜ!ミノタブに高い効果があるのは間違いなさそうだから、医師に相談しながら慎重に服用していくなら試してみる価値はあるぜ!

この記事をシェア!!

  • いいね!
  • リツイート
  • はてなブックマーク
    はてブ
PAGETOP
育毛の道は1日してならずじゃ!
閉じる
閉じる