【育毛剤のミカタ】ハゲリーマン
女性の薄毛

女性の増毛の種類とその特徴を徹底解説!

no image
  • いいね!
  • リツイート
  • はてなブックマーク
    はてブ

女性の薄毛を隠すのであれば、自分の髪を増やせば良いですよね。自分の髪は簡単に増やしたり成長させたりすることは出来ませんが、【増毛】という方法を使えばすぐに髪を増やすことができます。

増毛にはどのような種類があるのか、そしてどのような違いがあり、どのような人に適しているのか、薄毛に悩む女性ならぜひチェックしてもらいたい増毛についての情報を詳しく解説していきましょう。

増毛とは?育毛と植毛との違いをチェック

増毛と聞いて、どのようなイメージを持ちますか?髪を増やす方法として、増毛、育毛、植毛、いろいろな言葉があるのですが、その違いをきちんと理解できている人は少ないかもしれません。

女性の増毛法について紹介する前に、まずは増毛と育毛、植毛の違いをチェックしておきましょう。

増毛 育毛 植毛
自分の髪の代わりになるものを使用して
薄毛部分をカバーする、ボリュームアップする方法
今ある髪を育てる
または、抜け毛を防ぐ方法
育毛効果・発毛効果がある治療を行う
自毛や人口毛を薄毛部分に植える方法
自毛の場合は定着すれば自分の髪として成長

植毛は、自身の髪を増やすといった意味では増毛の一種とも言えますが、ここでは分けておきます。

基本的には、今ある髪をケアしていくというのが育毛、そして薄毛の部分に自毛や人工毛を移植するのが植毛、それ以外の方法で見た目の髪の量増やすのが増毛だと考えておきましょう。

増毛と育毛、植毛は違うものなのだな。増毛は、見た目の育毛や植毛以外の方法で薄毛を隠す方法だ。

どのような種類があるのか、しっかりとチェックしていこうではないか。

女性の増毛には4つの方法がある!?

ただ単に増毛と言っても、その方法は1つだけではありません。増毛には、主に次の4つの方法があります。

  • ウィッグ
  • エクステ
  • スプレー
  • 増毛サロン

それぞれの増毛法にメリット・デメリットがありますし、当然コストも異なります。

次の項目から、各増毛法についての特徴を詳しくご紹介していきます。

各増毛法の特徴をしっかりとチェックして、自分に合った増毛法を選ぶようにしましょう。

増毛したいと思っても、その方法は1つではないのだな…。何も知らなければ、増毛法を選択するのも出来ないだろう。

どの方法を選択するのか、どの方法が自分に合っているのか、しっかりと情報を集めたいものだ。

増毛法①ウィッグ

まずは、ウィッグを使った増毛法についてご紹介していきましょう。

オススメする人とは

ウィッグによる増毛は、次のチェックポイントに当てはまる人におすすめです。

  • 外に出るときだけ薄毛を隠したい。
  • 薄毛が回復するまでの一時的なカバー
  • 色々な髪型や髪色を試したい

これらに該当する人は、ウィッグの使用を検討してみましょう。

メリット・デメリット

ウィッグを使用するメリット・デメリットを紹介していきましょう。

メリット デメリット
装着するだけで薄毛がカバーできる
自由に髪型を変えることができる
人毛のウィッグは比較的高額
丁寧にケアしないとすぐダメになる
定期的なメンテナンスが必要
ウィッグは、ただ薄毛を隠すだけではなく、好きな髪型、髪色でスタイルを楽しむことができるということが魅力です。ただ、人毛ウィッグは高額なものも少なくありませんし、定期的なメンテナンスやケアが必要になってくる手間もあります。

費用はいくらかかる?

ウィッグの費用は、ウィッグの素材や種類によって大きく異なります。

1つ数千円のものから、30万円を超えるものまでありますので、自分の希望に応じたウィッグがいくらで購入できるのか、いろいろとチェックしておきたいですね。

ウィッグによる増毛に興味がある方には、こちらの記事もおすすめです。

ウィッグは着用するだけで薄毛がカバーできる便利なものなのだが、メンテナンスが大変そうだな…。

高価なものもあるようだから、しっかりとケアして長持ちさせたいものだ。

増毛法②エクステ

エクステを用いた増毛法の特徴をご紹介していきます。

オススメする人とは

  • 自毛を生かしたい
  • 自然な仕上がりにしたい
  • 比較的手ごろな値段で薄毛をカバーしたい

増毛エクステは、自毛に人工毛を結びつけるという増毛法です。自分の髪の毛を生かしつつ、しっかりと増毛することができるわけですね。

自然な仕上がりを希望する方に、増毛エクステはおすすめです。

メリット・デメリット

メリット デメリット
施術後にすぐに増毛効果が得られる
自毛を生かした自然な仕上がりになる
比較的お得な費用で施術できる
着脱の手間がない
自毛に負担がかかる恐れがある
定期的なメンテナンスが必要

増毛エクステは、お得に自然な増毛が可能な方法です。

しかし、自毛に結び付けるために自毛へ負担がかかってしまう可能性があるということ、そして2・3か月おきのメンテナンスが必要になることは覚えておきましょう。

費用はいくらかかる?

値段は、施術する本数によって異なります。頭頂部の薄毛をカバーするだけであれば、400本程度のエクステで対応可能です。

この場合、20,000円前後で施術を行うことができます。

増毛エクステについては、こちらの記事で更に詳しくご紹介しています。ぜひチェックしてみてください。

増毛エクステは自毛を生かした増毛法なのか!定期的なメンテナンスが必要とは言え、着脱の手間もなく増毛できるのは嬉しいことだな。

増毛法③スプレー

スプレーによる増毛法についてご紹介していきましょう。

オススメする人とは

増毛スプレーは、次のような人におすすめです。

  • ちょっとしたときに薄毛を隠したい
  • 出来るだけお金をかけたくない

増毛スプレーは、ただ吹き掛けるだけの最も手軽な増毛です。だからこそ、手軽に増毛したい人におすすめなのです。

メリット・デメリット

メリット デメリット
隠したいときにさっとスプレーするだけの手軽さ
比較的割安で増毛効果が得られる
使用されている成分で地肌にダメージを与える恐れがある
服などに付着する可能性がある
スプレーは、気になる時にいつでもシュッと簡単に薄毛を隠すことができる方法です。ただ、服を汚してしまう、成分で頭皮にダメージを与えてしまうといったリスクがあるということはしっかり押さえておきましょう。

費用はいくらかかる?

増毛スプレーは、安いもので1本1,000円前後、高くても3,000円前後と価格も手ごろです。

ただし、毎日使用する、高い頻度で使用する場合は、それだけ消費量も多くなりますから、結果的に費用総額が膨らむ可能性もあります。

自分がどのくらいの頻度で、どのくらいの量を使用するのか、それでコストが変わってくるのです。

増毛スプレーについては、こちらの記事でおすすめ商品の紹介も行っています。気になる方は一度読んでみてくださいね。

増毛スプレーは最も簡単な増毛法のようだが、水や汗に強いとは言っても落ちてしまう可能性はゼロではなく、服が汚れてしまう危険性もある。

使用されている成分、そして商品の特徴自体についてしっかりとチェックしておく必要があるだろう。

増毛法④増毛サロン

増毛サロンでは、カウンセリング等を行ってウィッグ、エクステなど、相談者1人1人にとってベストな増毛法を提案してくれます。

全国展開している増毛サロンは、豊富な経験、実績があります。多くの人が利用しているというのは、安心感にも繋がります。

費用はサロンや施術によって異なります。増毛サロンとして有名なプロペアレディース、レディスアデランスその人に応じたベストな本数、種類を選択するため一律での料金設定・公表はしていません。

増毛サロンが気になる方は、お試し体験を利用してみる、来店して相談・質問してみることをおすすめします。

増毛サロンに行けば、ベストな増毛方法の提案をしてくれるのだな。相談にも乗ってもらえるとは有り難い。

増毛について考えるなら、サロンに行って相談してみるというのもアリだろう。

ウィッグ・増毛エクステ・スプレー・植毛の違いを総まとめ

女性の増毛法について、植毛も含めた各方法の違いを一覧表でまとめてみました。

次の3つの観点別に、違いをご紹介しています。

  • 増毛効果
  • パーマやカラーリング
  • メンテナンス

増毛法を検討する際の参考にしてみてくださいね。

増毛効果

増毛法 増毛効果
ウィッグ 装着すれば増毛効果が得られるが
外している間は当然増毛効果は得られない
増毛エクステ 施術が終わればエクステが取れる、髪が抜けるまで
増毛効果が続く
スプレー スプレーした瞬間から増毛効果が得られる
スプレーが落ちれば効果は失われる
植毛 植毛した株が定着し成長してくれば増毛効果が得られるが
髪の成長を待つ時間(3~4か月程度)が必要

最も確実な増毛効果があるのは、やはり自身の頭皮に自毛や人工毛を植え込む植毛です。しかし、施術後に植毛した髪が成長するまで時間がかかるため、すぐに増毛効果は得られません。

もっとも簡単に増毛できるのはスプレーですが、落ちないように注意する必要があります。

パーマやカラーリング

増毛法 パーマ
カラーリング
ウィッグ 可能なものもある
美容師に相談して施術する必要あり
人工毛の場合はあまり効果は得られないが
カラーリングやパーマ済みのウィッグを購入することは可能
増毛エクステ 可能
ただしあまり効果は得られない
スプレー スプレー後にカラーや
パーマすることは不可
植毛 可能
自毛を植毛して定着すれば
自分の髪になっているのでOK
人工毛は染まらない・パーマもかかりづらい

パーマやカラーリングが可能なのは、ウィッグ、エクステ、そして植毛です。

ただし、ウィッグやエクステは人工毛の場合ほとんど効果は得られませんし、美容室によっては対応してくれない可能性もあります。

ウィッグの場合は、もとからカラーやパーマ済みのものを購入すれば自由に髪型を楽しむことが可能です。

メンテナンス

増毛法 メンテナンス
ウィッグ 1週間に1度のシャンプーに加え
形が崩れてきた、髪の量が減ってきた場合は
別途購入先等でのメンテナンスが必要
増毛エクステ 1~2か月に1度必要
上に上がってきた結び目を元の位置に戻す
スプレー 特に不要
毎日しっかり洗い落とすようにする
植毛 術後の経過観察が必要
自毛植毛は、定着すればその後は不要
人工毛の場合は数年で抜け落ちるため
再び植毛が必要となる

メンテナンスが最も大変なのは、ウィッグです。ウィッグ用のシャンプーを使用する、形を整えて陰干しする、形が崩れる・髪量が減るといった場合は業者へメンテナンスに出す、といった手順がかかってしまいます。

一度施術をすればメンテナンス不要でずっと増毛効果が継続する方法は、自毛植毛です。ただし、人工毛植毛は定期的な植毛が必要となりますので注意しておきましょう。

比較してみると、それぞれの増毛法の特徴がよく分かるな。どの植毛法にもメリット・デメリットがある。

だからこそ、自分がどの方法を選ぶのかしっかりと比較した上で見極めたいのだ。

女性の増毛は4種類!特徴をチェックしてベストな方法を選ぼう

女性の増毛方法としては、主に4種類あります。ウィッグ、エクステ、スプレー、増毛サロン、これらの増毛法を調べる際には、メリットだけでなくデメリットを知ることも重要です。

増毛効果はどのくらい続くのか、メンテナンスは必要なのか、希望する髪型・髪色が可能なのか、しっかりとチェックしておきましょう。

自分に合った増毛法を見つけたいですね。

4つの増毛法はそれぞれメリット・デメリットがある。だからこそ、1つ1つの増毛法について詳しく知り、比較することが重要なのだ!

自分にあった増毛法を見つけるために、情報収集は怠ってはならないぞ。

この記事をシェア!!

  • いいね!
  • リツイート
  • はてなブックマーク
    はてブ
PAGETOP
育毛の道は1日してならずじゃ!
閉じる
閉じる
閉じる