【育毛剤のミカタ】ハゲリーマン
薄毛の隠し方

女性の薄毛は髪型で隠せ!タイプ別のおすすめヘアスタイルを紹介

女性の薄毛は髪型で隠せ!タイプ別のおすすめヘアスタイルを紹介
  • いいね!
  • リツイート
  • はてなブックマーク
    はてブ

女性にとって髪というのは、“命”と評されるほど非常に重要なものです。だからこそ、ヘアケアは入念に行うようにしている、髪型に毎日拘っている、そういう人も多いわけですよね。

しかし、年齢や環境・体質等によって髪が薄くなってしまう、少なくなってしまうという悩みが生じることがあります。薄毛になってしまったら、オシャレを楽しむことが出来なくなるだけではありません。

見た目の印象が気になってしまう、自分に自信が持てなくなってしまう、そういう状況に陥ってしまう恐れがあるのです。しかし!薄毛は髪型によって上手に隠すことも可能なのです。薄毛のタイプ別に、おすすめの髪型、ヘアアレンジについてご紹介していきましょう。

女性の薄毛にはタイプがある?代表的な3つをご紹介

女性の薄毛は、いくつかのタイプに分けることが出来るようになっています。まずは、どのようなタイプがあるかについてチェックしていきましょう。

  • 部分脱毛
  • 分け目・生え際の薄毛
  • 全体的なボリュームダウン

これら3つの薄毛には、それぞれ異なる要因が考えられるのです。その要因を知ることは、薄毛の対策にもなりますよね。そこで、タイプ別の要因について簡単にご紹介していきます。

薄毛タイプ 主な要因
部分脱毛 ストレス・自己免疫疾患
分け目・生え際の薄毛 紫外線・摩擦
全体的なボリュームダウン 年齢・栄養不足・女性ホルモン不足

部分脱毛として有名なのは、円形脱毛症ですね。円形脱毛症は、ストレスが原因であると考えられることが多いのですが、現在は自己免疫疾患によるものという考えが一般的となっています。

自己免疫疾患は、免疫機能が正常に機能せずに正常なものを誤って攻撃してしまうというものです。髪を作る毛包が、成長期にリンパ球の攻撃を受けて破壊されてしまうため、脱毛してしまうのです。

本来ウイルスや細菌から身を守るはずの免疫機能であるリンパ球が、毛包を攻撃してしまうわけですね。この仕組みについて、日本皮膚科学会の公式サイトでは、次のように図解しています。

リンパ球が毛包を攻撃するメカニズム

自己免疫疾患になってしまう理由は、ストレスや栄養不足、疲れ等様々です。規則正しい生活をし、栄養バランスの良い食事を摂る事が予防に繋がるでしょう。

分け目や生え際の薄毛は、日々のダメージが蓄積することによって起こります。分け目や生え際は紫外線を浴びることも多く、髪が引っ張られることによるダメージも受けますよね。

頭皮に紫外線を浴びれば、頭皮のコラーゲンが破壊されてしまって髪の元となる幹細胞が消失してしまうことが分かったのです。頭皮へのダメージを避けるよう、帽子をかぶるなどして紫外線から頭皮を守るようにしておきたいですね。

また、髪の全体的なボリュームダウンは、加齢や栄養不足、女性ホルモンが不足する為だと考えられています。加齢によって新陳代謝が衰えると、髪1本1本が細くなってしまいます。あとは、女性の場合女性ホルモンが不足することで抜け毛が増えてしまうということもありますね。

女性ホルモンと薄毛の関係について、発毛治療のパイオニアであるAACクリニック銀座では次のように紹介しています。

女性の薄毛の主たる原因として加齢によるホルモンバランスの乱れと血流の低下が挙げられます。

ホルモンと言っても女性ホルモンや男性ホルモン、甲状腺ホルモン、ストレスホルモンなど数多くあり、どのホルモンも重要な役割を果たしているのですが、「女性の薄毛」の問題においては、特に「エストロゲン」と呼ばれる女性ホルモンが鍵となります。

このエストロゲンと呼ばれる女性ホルモンは髪の新陳代謝を促して、ハリ・ツヤを生み出し、髪を豊かに保つという役割を担っています。

女性ホルモンは20代後半をピークに徐々に減少し、理想的なバランスを保つ時期は30代前半まで続きますが、30代後半に入ると女性ホルモンの分泌量は急降下してしまいます。
引用元:HAIR MEDICAL

まずは髪に十分な栄養を届けるよう、規則正しい生活をし、頭皮マッサージをして血行をよくするなど意識してみるようにすると良いでしょう。

※生活習慣を見直したい方は「薄毛を改善する生活習慣」こちらの記事を参考になさってください。

薄毛には様々なタイプがあるのだな。それぞれのタイプは原因が違うようだから、まずは自分がどのタイプの薄毛なのかを把握することが大切なようだ。

紫外線や加齢、栄養不足など、薄毛になってしまうリスクは多く潜んでいるのだな…恐ろしいものだ。

薄毛は隠せる!?タイプ別おすすめの髪型をご紹介

薄毛のタイプ、そしてそれぞれの要因についてご紹介してきましたが、実際薄毛になってしまった場合どう隠せば良いのでしょうか。

薄毛のタイプ別に、上手に隠すことができる髪型は異なります。

それぞれ、実際のヘアスタイルの写真を例に挙げながらご紹介していきましょう。

部分脱毛ならミディアムヘアのパーマスタイル

部分脱毛は、脱毛部分を上手にカバーすることが重要となります。そこでおすすめなのが、ミディアムヘアのパーマスタイルです。ミディアムヘアは、いきなりショートヘアにしろと言われるよりも抵抗が少なく出来る長さではないでしょうか。

ミディアムヘアでパーマをかけることで、全体的にボリューム感を出すことが出来ます。

薄毛が気になる部分を、周囲の髪でカバーするように分け目を変えれば、上手に薄毛を隠すことが出来るでしょう。


#北海道札幌市中央区美容室#flava河崎さえこ#ミディアムパーマ

早依子 河崎さん(@saekokwsk)が投稿した写真 –


パーマは見た目のボリューム感を与えるだけでなく、女性らしい印象も与えてくれます。脱毛部分を上手く隠して、自信を取り戻したいですね。

つむじ・分け目・生え際の薄毛はショートボブがオススメ

つむじや分け目、生え際の薄毛を隠すにはショートボブがオススメです。分け目を自由に変えられるようにしておくと良いでしょう。分け目を変えることで、つむじや分け目付近の薄毛をカバーするのです。

ヘアスタイルの一例としては、このような感じですね。前髪を重くすることで、薄毛の印象を与えない髪型にすることが出来ます。


また、ヘアバンドスタイルで生え際や気になる部分の薄毛をカバーすることも出来ますよね。ヘアバンドという小物を上手に取り入れれば、オシャレにも幅が出ます。


幅広のヘアバンドは、身に付けるだけで印象がガラっと変わります。いきなり髪を切るのは少し抵抗があるという場合は、まずヘアバンドで上手に隠すヘアアレンジをしてみても良いかもしれませんね。

ちなみに、ドライヤーでヘアトップ部分にボリュームを持たせることも可能です。美容室DPクリエーションが動画で紹介していますので、是非参考にしてみてくださいね。

髪型だけでなく、ドライヤーでしっかりとボリュームを持たせれば薄毛を更に上手に隠すことが出来るでしょう。

髪全体のボリュームダウンにはショートヘアで対応を

ボリュームダウンした場合の髪型について、女性の薄毛治療を専門に行っている東京ビューティークリニックのウェブサイトでは、次のように紹介しています。

薄毛が目立ち始めると、つい伸ばしたくなってしまう髪の毛。しかし全体的に薄い髪をお持ちの方は、思い切ってショートヘアにする方が、上手に薄毛をカバーできます。

髪が長いと、自然と重みでボリューム感が出にくくなります。ところがショートカットなら髪がたちやすく、ボリュームを出しやすいのです。

髪型をセットする際は、分け目をはっきりと出すのではなく、少しルーズに流すことがポイントです。前髪にボリュームを持ってくるように意識すれば、生え際の薄毛も目立ちません。
引用元:東京ビューディークリニック 薄毛をカバーする髪型はコレ!

ショートカットで前髪にボリュームを持ってくる髪型が、ボリュームダウンした髪にピッタリということですね。参考として、ツイッターの画像をご紹介しておきます。



ショートカットは抵抗があるという人もいるかもしれませんが、ボリュームダウンした状態でロングのヘアスタイルを維持すると、かえって薄毛が目立ってしまうこともあるのです。

自分に似合うショートヘアを、美容院で相談すればアドバイスをもらうことも可能です。自分に似合うヘアスタイル、是非探してみて下さい。

おぉ!素晴らしい。薄毛のタイプ別にしっかりと隠すことが出来るおすすめの髪型があるのだな。

自分のタイプに合った髪型がどれなのかをチェックしておかなくては。その前に自分のタイプを把握せねばな。

毎日の髪型で薄毛に!?気を付けておきたい髪型とは

薄毛を上手にカバーできる、隠すことが出来るヘアスタイルを紹介していきましたが、逆に薄毛を促してしまう、薄毛の要因となってしまう髪型もあるということはご存知でしょうか。

ここでは、気を付けておきたいヘアスタイルについてご紹介していきます。まず、どうして髪型によって薄毛になってしまうリスクがあるのか、その要因を挙げてみましょう。

  • 分け目が固定されてしまうことで紫外線の影響を受けやすくなる
  • 髪が引っ張られることで負担がかかる
特に、髪が引っ張られることで起こる脱毛は、牽引性脱毛症という名前がついています。長時間、長期間髪を強く引っ張った状態を続けることで、髪と頭皮にダメージを与えて抜け毛や切れ毛を引き起こしやすくなってしまうのです。

分け目が一定になる事で、分け目への紫外線の影響が蓄積されやすくなるということも薄毛に繋がりますね。ですから、毎日同じ髪型にするのではなく、定期的に分け目を変える、髪型を変える、髪を引っ張り過ぎない等に注意しておくと良いでしょう。

また、ヘアカラーやパーマも髪や頭皮に負担をかけてしまう要因となり得ます。

毛髪のキューティクルが開き、髪の内部までダメージを受けてしまうのです。ですから、ヘアカラーやパーマを行う場合は出来るだけ感覚を開けるようにして髪のダメージを出来るだけ一気に与えないように気を付けるようにしたいですね。

※パーマがどれくらい毛髪に影響するのか気になる方はこちら
パーマが薄毛に繋がる!?その理由と対策は?

毎日の髪型が薄毛の原因になるとは…!そんな恐ろしいことがあるのか。同じ分け目、同じ髪型を続けると頭皮や髪に負担になるのだな…

頭皮や髪へのダメージを少しでも防ぐために、適度に髪型を変えるように気を付けておくとしよう…

女性の薄毛は髪型で上手く隠せる!自分に合った髪型をチェック

女性の薄毛は髪型を少し注意するだけで上手に隠すことが可能です。薄毛のタイプをしっかりと把握し、そのタイプに合った髪型、隠し方をするようにしたいですね。

セミロングやショートカットと言っても、自分にどのような髪型が似合うのか分からないこともあるかと思います。そんなときは、美容師に相談してみてください。悩みに応じた色々なヘアスタイルを提案してくれるはずです。

上手に薄毛を隠すことが出来れば、今よりももっと自分に自信が持てるようになる事でしょう。そうなれば、きっと今までとは違う日常を送ることが出来るはずです。

薄毛になる要因は様々です。しかし、基本的には規則正しい生活習慣、栄養バランスの良い食事をすることが、薄毛予防に繋がるケースも多くあります。基本的な生活習慣から見直していきたいですね。

女性の命である髪が薄くなってしまうのは重大な悩みとなるだろう。しかし!薄毛のタイプの合わせた髪型をすることで、薄毛を隠すことが出来るのだ。

まずは自分がどのタイプかを知り、似合う髪型を知ることだ!分からなくなったら美容師にアドバイスを求めるのも良いだろう。

この記事をシェア!!

  • いいね!
  • リツイート
  • はてなブックマーク
    はてブ
PAGETOP
育毛の道は1日してならずじゃ!
閉じる
閉じる