【育毛剤のミカタ】ハゲリーマン
髪に関するコラム記事

スイカに含まれるシトルリンで育毛効果!?

no image
  • いいね!
  • リツイート
  • はてなブックマーク
    はてブ

薄毛が気になる人は、育毛シャンプーや育毛剤などで対策を行っているかもしれませんね。もちろん、それらにも効果があるのですが、それと合わせて行うとさらに効果的なのが、血流を改善することです。

頭皮の血流が悪いと、栄養分が毛根に届かず薄毛の原因になってしまいます。そのため、血流を改善することは、薄毛対策の基本とも言えるのです。

では具体的にどうすればいいのでしょうか?1つの方法として、スイカを食べるというものがあります。スイカには「シトルリン」という名前のアミノ酸が含まれているのですが、これが血流を改善してくれるのです。

では、なぜシトルリンが薄毛に効果があると言えるのか、具体的に確認していきましょう!

AGAクリニックでも指摘されている!血行不良は薄毛の原因

スイカが薄毛改善に効果を発揮するのは、スイカには「シトルリン」という名前のアミノ酸が含まれていて、この成分が血流を改善してくれるからです。

ということは、血行不良は薄毛の原因だということになりますよね。ここで、本当に血行不良だと薄毛になるの?と疑問を抱かれた方もいらっしゃることでしょう。ですが、血行不良が薄毛の原因になることは、AGAクリニックでも指摘されていることなのです。

では、スイカの効果を検証するためにも、なぜ血行不良が薄毛の原因になるのか、確認しておきましょう。

血行不良だと必要な栄養が頭皮に届かない!

AGA治療や発毛に関わる治療を行っているクリニックで、以下のように薄毛の原因の一つとして血行不良が挙げられています。

血行不良が薄毛になる原因

栄養は血液によって運ばれますが、血行不良になった場合は髪の毛を生産する毛母細胞に栄養が届かなくなります。

その結果、毛母細胞が細胞分裂できずに毛髪が成長できなくなってしまいます。

AGAクリニックでも、血行不良が薄毛の原因になることが指摘されているわけです。それはなぜかというと、血行不良だと、髪の毛を育てるのに必要な栄養が頭皮まで届かないからなんですね。

側頭部が薄毛になりにくい原因から知る、薄毛と血流の関係

では、もう少し詳しく見てみましょう。薄毛と言えば、生え際や頭頂部から始まることが多いですよね。AGAの進行度をはかる基準として、ハミルトン分類というものがあるのですが、それを見ても薄毛は生え際や頭頂部から進んでいることがわかります。

AGAの進行度の解説イラスト

ということは、逆を返せば側頭部はあまり薄毛にならないと言えるんですね。その違いは、血流量にあります。

毛髪に関係ある血管のイラスト

実は、側頭部に通っている血管は太いので、自然と血流量が多くなり栄養が届きやすいんです。それに対して、生え際や頭頂部に通っている血管は細いので、血流量が少なくなり栄養が届きにくいということですね。

血流が良いと、頭皮に毛細血管が透けて見えます。ですが、血流が悪いと毛細血管が見えません。

血流促進が薄毛対策の鍵!

ここまで確認してきたように、髪を育てるための栄養は血液で頭まで運ばれるので、血流を促進することが薄毛対策の鍵だと言うことができます。

そこで、血流を促進させたいと思った時、頭皮マッサージなどの方法もありますが、手軽に食べ物で血流を促進させる方法もあります。

そこで今回は、血流を促進することができる食べ物であるスイカにスポットを当てて、なぜ血流を促進することができるのか、理由を見ていきたいと思います。

血行不良だと薄毛になるんだって!?
そりゃ困ったな、オイ…。

でもまあ、栄養は血液で髪まで送られてるんだから、血流が悪いと髪が育たないってのは確かにそうだよなあ…。
オレの頭は大丈夫かって心配になっちまうじゃねーか。

シトルリンには血管を拡張する作用がある!だから薄毛に効果的!

スイカが血流を促進させるのは、スイカに含まれる「シトルリン」の効果です。なぜシトルリンが血行を促進させるのかと言うと、シトルリンには血管を拡張する作用があるからです。

では、シトルリンとはどのような成分なのか、詳しく見ていきましょう。

シトルリンはスイカから発見されたアミノ酸の一種!

シトルリンは、日本で1930年にスイカから発見された、アミノ酸の一種です。シトルリンという名前は、スイカの学名が由来となっています。

シトルリンに血流改善の効果があるのは一酸化窒素の働きによる!

シトルリンになぜ血流改善の効果があるのかと言うと、シトルリンには体内で一酸化窒素が生成されるのを助ける働きがあるからです。一酸化窒素は、血管を拡張する作用をします。

つまり、シトルリンを摂取することで一酸化窒素の生成が助けられ、そのおかげで血管が拡張されて血流量が増えるということですね。

シトルリンが血流を改善することで薄毛以外にも効果がある!

シトルリンが血流を改善することによって効果があるのは、薄毛に対してだけではありません。例えば、以下のような症状にも効果があります。

体内に分布しているシトルリンは、一酸化窒素の生成を促します。

一酸化窒素は血管を拡張する作業があるので、シトルリンが一酸化窒素の生成を促すことで血流がスムーズになります。

血流がスムーズになると

・動脈硬化
・冷え
・むくみ
・筋肉増強

などに対してプラスの効果が期待できます。また、集中力や記憶力に関してもサポートされます。

さらに、一酸化窒素の合成を助けることによって、ED の改善に役立つという報告もあります。

薄毛にも男性機能にも悩んでいる方には、まさにシトルリンは一石二鳥の成分なんですね。

ただし、体質によっては先天的に、もしくは後天的にシトルリンが体内で代謝できないシトルリン血症という病気になることもありますので、不安を感じた場合は医師に相談してみましょう。

シトルリンには副作用がなく安全だが即効性は期待できない!

シトルリンはスイカに含まれる天然の成分ですので、副作用などの危険性はありません。ですが、その分即効性が期待できるものでもありません。

そのため、シトルリンの効果で薄毛の改善などを狙うのであれば、即効性を期待するのではなく、長期に渡って摂取することが必要です。

フムフム、シトルリンには血管を拡げる作用があるのか。
だから、血流が良くなるんだな。

副作用が無いってのが嬉しいじゃねーか。
その分長期戦になるってことだな。
よし、スイカのシーズンには毎日スイカを食べてみるか!

どれくらい摂ればいい?シトルリンの摂取目安量や食べ方

それでは、シトルリンはどれくらい摂取するのがいいのでしょうか?摂取の目安量や、効果的な食べ方について見ていきたいと思います。

シトルリンの摂取目安量と多く含む食品の紹介

シトルリンの1日の摂取目安量は、800mgと言われています。ただし、この数字は厚生労働省によってはっきり認められているものではなく、シトルリンについて研究している機関から出されている数字となっています。

ですが、健康食品としてのシトルリンの使用は厚生労働省によって認められていますので、安全な成分だと言えます。

シトルリンは、スイカ以外にも以下のような食品に含まれています。

食品の種類 含有量(食品100g中)
スイカ 180 mg
メロン 50mg
クコの実 34mg
冬瓜 18mg
キュウリ 5.0~9.6mg
ニンニク 3.9,g

シトルリンの含有量は、スイカが群を抜いて多いですね。それが、シトルリンの摂取にスイカが勧められる理由です。

シトルリンの効果的な食べ方

スイカには、100g中180mgのシトルリンが含まれています。ということは、だいたい大玉のスイカの7分の1を食べれば、1日の摂取量は満たせます。

実は、スイカを食べる際に効果的な方法があります。それは、皮も食べることです。スイカの皮には、実の倍の量のシトルリンが含まれているんですよ!そう聞いたら、皮を捨てるのがもったいなくなりますよね。

そこで、スイカの皮を美味しく食べられる、スイカの皮を使ったレシピをご紹介したいと思います。

スイカの皮を使ったかき揚げ

1、スイカの皮(たまねぎ、人参、インゲンなどを一緒に使ってもよい)を細切りにする。
2、てんぷらの衣をつけて、180度の油で揚げる。
3、てんつゆなどにつけて食べる。大根おろしを添えてもよい。

スイカの皮だけではなく、他の食品と一緒に揚げるといろどりが綺麗です。

スイカの皮を使った塩漬け

1、スイカの緑色の皮の部分を3㎜程度剥く。
2、残った白い部分を一口大に切り、タッパーなどの入れて軽く塩をまぶす。
3、そのまま食べても、七味や大葉と一緒に食べても美味しい。

白い部分を切って塩をまぶすだけなので、とても簡単ですね!

スイカが無い季節でもシトルリンを摂るには?

スイカは季節限定の食品なので、季節外に食べるのはかなり難しいですよね。冬瓜なら冬近くまでは保存がききますが、それ以降は保存できません。

ですが、実はインターネット上などで探せば、季節外れでもスイカを手に入れることができます。

とはいえ、それは大変だと思わる方もいらっしゃることでしょう。そのような場合は、サプリを使用する方法もあります。

シトルリンはスイカ以外にメロンや冬瓜なんかにも含まれてるんだな。
季節外れでもネットだと手に入れられるのか、なるほどな!

それに、サプリも販売されてんのか。
だったら、手軽にシトルリンを摂ることもできるな!

シトルリンを含み薄毛改善に役立つスイカを積極的に食べよう!

以上の内容から、スイカに多く含まれるシトルリンが薄毛改善に役立つ理由をまとめます。

  • 血行不良だと頭皮まで栄養が届かないので薄毛になりやすい
  • シトルリンは一酸化窒素の生成を助けることで血管を拡張する
  • 血管が拡張されると血流が良くなるので頭皮まで栄養が届きやすくなる
  • 栄養が届きやすくなると髪が育つようになるので薄毛が改善される
このように、シトルリンには血流改善の効果があり、栄養を頭まで運びやすくする働きがありますが、当然のことながら栄養をきちんと摂取していなければ、せっかく血流が促進されてもそれが十分に活かされません。

シトルリンはあくまで血流を改善して頭皮に栄養が届きやすくするもので、その効果を十分発揮させるには、栄養をきちんと摂るなど、それ以外の対策も必要です。シトルリンの血流改善の効果を活かして、元気な頭皮を手に入れて薄毛を改善したいですね!

オイオイ!スイカを食べて薄毛対策ができるなんて初耳だぞ!

しかも皮を食べるなんて、カブトムシみたいだな(笑)

でもスイカを食べるだけで薄毛改善になるなら、夏は毎日スイカで決まりだな!

この記事をシェア!!

  • いいね!
  • リツイート
  • はてなブックマーク
    はてブ
PAGETOP
育毛の道は1日してならずじゃ!
閉じる
閉じる
閉じる