【育毛剤のミカタ】ハゲリーマン
頭皮のトラブル

頭皮ニキビの方はこのシャンプーがおすすめ

no image
  • いいね!
  • リツイート
  • はてなブックマーク
    はてブ

ここをお読みの人たちの中には、抜け毛や薄毛が気になっているという方も多いですよね。そんな方々にとって、シャンプー選びが髪に大切なのは常識といっても過言ではないのではないでしょうか。

でも、シャンプーは頭皮ニキビの原因にもなるって、ご存知でしたか?さらに言えば、頭皮ニキビが抜け毛のきっかけになることもあるため、シャンプー剤のせいでハゲとニキビの二重苦に陥ることもないとは言い切れないのです。

つまりは、シャンプー剤をしっかり選ぶことが、ニキビや抜け毛のない健やかな頭皮環境を作るのです。頭皮ニキビの予防や改善のためにオススメのシャンプーをご紹介しますので、ぜひチェックしてみてくださいね!

シャンプー選びが頭皮ニキビ予防に大切な理由

頭皮の健康やニキビ予防に、シャンプーが大きく関係していることは何となく分かっていても、その理由を詳しく知っている人は意外と少ないかもしれません。そこで、シャンプー選びがなぜニキビの予防や改善に重要なのか、まずはそこからお話を始めます。

ニキビの原因

ニキビのそもそもの原因は、お肌の代謝機能であるターンオーバーの乱れです。

ターンオーバーが乱れるのには加齢や乾燥が影響しており、齢を取ればとるほどニキビのリスクが上がるとも言えるのです。

そんなターンオーバーの乱れに、アクネ菌、生活習慣やホルモンバランスの乱れなどが重なってニキビができます。さらに頭皮ニキビの場合、枕カバーの汚れや紫外線、刺激の強いシャンプー剤が影響して発生するのです。

■頭皮ニキビの原因について知りたい方はこちらの記事へ
こちらの記事には、頭皮ニキビの原因など基本的な部分がまとめてあますので、ぜひ併せてお読みください。
(※触ると痛い!頭皮ニキビの原因は?

シャンプーがなぜニキビの原因になるのか

では、なぜシャンプーがニキビを作ってしまうことに繋がるのでしょうか?

シャンプー剤といってもいろいろですが、洗浄成分が強すぎるシャンプーだと頭皮に必要な皮脂まで洗い流してしまうことがあります。そうなると頭皮が乾燥し、それがターンオーバーを乱す要因になるため、にきびができやすい状態になってしまうというわけです。

また、頭皮が乾燥しすぎると、それを補うために皮脂分泌が盛んになります。すると、毛穴もつまりやすくなり、原因菌も繁殖しやすくなります。乾燥が原因のベタつきなのに、しっかり皮脂を落とそうとして洗髪しすぎてしまう人もいて、ますます乾燥するという悪循環にも陥りがちです。

このように、洗浄力の高いシャンプーだと乾燥しやすいために、頭皮環境の悪化からニキビになる可能性が出てきてしまうのです。

頭皮に悪い成分が含まれているシャンプーも!

さらに、市販の多くのシャンプー剤には、「旧表示指定成分」と呼ばれる成分が含まれています。

「表示指定成分」とは、使う人の体質によってごくまれにアレルギー等の肌トラブルを起こす恐れのある成分として、薬事法によって商品への表示を義務づけられた成分です。表示の目的は、使用者が事前に肌トラブルを避けることができるようにするためで、現在は以下の102種類に、香料を加えた103種類が指定されています。
引用元:POLA

表示指定成分は1980年に決められたもので、その後2001年からは化粧品に対して全成分表示が義務付けられたため、元々の表示指定成分のことを「旧表示指定成分」と呼ぶようになったのです。

これらの刺激の強い成分が含まれていると、アトピー性皮膚炎などのアレルギーや湿疹、頭皮ニキビなどを引き起こす恐れが高まります。

もしも深刻な皮膚トラブルや酷いニキビができてしまったら、シャンプーを替えるだけでは対応しきれないこともあります。その場合は、病院での専門的な治療法をおすすめします。(※頭皮ニキビは皮膚科で治療!

ターンオーバー機能の衰えに、生活習慣とか原因菌が加わってニキビができるんだな。

それにしても、髪や頭皮をきれいにするはずのシャンプー剤が、逆に頭皮ニキビの原因になることもあるってのはショックだな!知っておきたい情報だぜ!

シャンプーの種類を知ろう!アミノ酸系がオススメ!

シャンプーと一口に言っても、お店に行ってシャンプーの棚を見るだけでも実に様々なものがありますよね。さらに、量販店では取り扱われていないようなシャンプーもたくさんありますから、その種類は膨大なものと言えます。

その中から適切なものを選ぶには、シャンプーの種類について知っておく必要があります。

シャンプーの種類

シャンプーには洗浄成分(界面活性剤)ごとに大きく分けて、以下のような種類があります。

種類 特徴
高級アルコール系 ・石油系界面活性剤が含まれている
・価格が安い
・洗浄力が強い
・刺激が強い成分が入っていることが多い
石鹸系 ・界面活性剤は石けん成分
・価格はやや高め
・洗浄力は強め
・環境にやさしい
アミノ酸系 ・天然成分からできた界面活性剤が含まれている
・価格が高いものが多い
・洗浄力がマイルド
・頭皮にやさしい

市販の多くのシャンプーは高級アルコール系で、これは刺激や洗浄力が強く乾燥しやすいのでオススメできません。

また、石鹸系もお肌に優しそうな気がしますが、洗浄力は弱くないため、安易に使わない方がよいでしょう。しかし、石鹸シャンプーは低刺激の成分だけでできているものも多いので、お好みで使ってみるのも悪くありません。

一方、アミノ酸系は頭皮にやさしい洗浄成分でできているので、頭皮ニキビの予防や改善に効果的です。アミノ酸系シャンプーについては、こちらもご参考に!→(※市販アミノ酸系シャンプーの成分は?頭皮に優しいおすすめ商品も紹介

市販のシャンプーには洗浄力が強いうえに、刺激の強い成分が入ってるものも多いんだな!高級アルコール系や石油系の界面活性剤には要注意だな。

アミノ酸系シャンプーとやらが髪や頭皮には良いのか!覚えておくぜ!

頭皮ニキビの人におすすめのシャンプーはコレ!

ここからは、より具体的なお話です。アミノ酸系シャンプーや無添加シャンプーと銘打ったものでも、成分をよく見てみると頭皮に悪影響が出るおそれのあるものが含まれていることがよくあります。

なので、ここでは頭皮環境に悪いものが含まれていない、頭皮ニキビの人でも安心して使えるシャンプーをご紹介します。ぜひシャンプー選びの参考にしてくださいね!

カウブランド無添加シャンプー

牛乳石鹸でおなじみのカウブランドから発売されている、無添加のシャンプーです。

項目 内容
メーカー 牛乳石鹸
洗浄成分 ヤシ油を原料とする植物性アミノ酸系
容量と価格 550ml/1,000円(税抜き)
特徴 ・旧表示指定成分無添加
・リンスなしでもサラサラの髪になる

入手しやすいアミノ酸系シャンプーの代表格とも言える商品です。

お値段もアミノ酸系の中ではお手頃なので、初めてアミノ酸系シャンプーを試してみたい方には大変おすすめです。

植物性コンディショニング成分が含まれているので、洗い上がりに髪がきしむ感じがすることもなく、従来のシャンプーと同じ感覚で使用できます。もちろん、髪や地肌に刺激の強い成分は含まれていないので、頭皮の状態を改善させることが可能です。

サイトから無料サンプルセットを取り寄せることもできるので、頭皮ニキビが気になっているかたは試してみてはいかがでしょうか。

haru黒髪スカルプ・プロ

次にご紹介するのが、「haru」というブランドから出ているスカルプ系シャンプーです。haru自体は女性向けのブランドなのですが、シャンプーは男性も使えます。大手メーカーほどの知名度はありませんが品質は確かで、ネット通販を中心に入手できます。

項目 内容
メーカー 株式会社nijito
洗浄成分 ヤシ油を原料とする植物性アミノ酸系
容量と価格 400ml/3,600円(税抜き)
※定期コース割引や返金保証制度あり
特徴 ・旧表示指定成分無添加
・100%天然由来成分
・キャピキシル配合

頭皮への刺激となる成分が含まれていないのはもちろん、頭頂部から地肌を健康にしていくことで顔のたるみも改善し、白髪や抜け毛を防ぐためのケアができるシャンプーです。

haru黒髪スカルプ・プロには発毛育毛成分も含まれているため、必要な皮脂は残しながらも頭皮の汚れをきちんと落とし、そこに育毛成分を浸透させるため、ニキビ予防のみならず薄毛対策も同時にできてしまうのです。

ソンバーユ馬油シャンプー

こちらは、口に入れても大丈夫なほど安全な馬油を主原料とするシャンプーです。

項目 内容
メーカー 薬師堂
洗浄成分 馬油を主原料とする石けん
容量と価格 400ml/1,400円(割引価格・税抜き)
特徴 ・旧表示指定成分無添加
・髪がきしむので弱酸性リンスを一緒に使うとよい
・他のトリートメント等との併用はNG

馬油は赤ちゃんにも使えるほど安心安全な成分で、その他の全成分も髪や頭皮におだやかなものばかりです。

うまく使えば、地肌も髪も健やかに整えていくことができます。

ただし、界面活性剤で言えば石けんシャンプーの分類なので、洗浄力は強めです。また、洗髪前はブラシで梳かしたり、弱酸性のリンスをしたりと、使い方にもコツが必要なので、自分に合うかどうか様子を見ながらお使いください。

シャボン玉せっけん無添加せっけんシャンプー泡タイプ

石鹸系シャンプーから、もうひとつご紹介します。

項目 内容
メーカー シャボン玉本舗
洗浄成分 天然油脂を主原料とする石けん
容量と価格 520ml/1,026円(税込)
特徴 ・旧表示指定成分無添加
・髪がきしむので弱酸性リンスを一緒に使うとよい
・全成分は「水」と「カリ石ケン素地」の2つのみ

従来の液体タイプに加えて、こちらの泡タイプが新しく発売されたので、泡立てる手間もなく使い勝手が良くなりました。

合成着色料や合成香料、シリコンなどが無添加なのは、ここまでご紹介してきたシャンプーも同様ですが、このシャボン玉せっけんの「無添加せっけんシャンプー」は、なんと全成分が2つのみというシンプルさです。成分の穏やかさという意味では、これ以上のものはないですね。

しはし、やはり頭皮がひどく乾燥しているタイプの方には、石鹸の洗浄力が強すぎることもありますのでご注意ください。

頭皮ニキビはもちろん、赤みやかゆみなどの症状がある人や、薄毛や抜け毛に悩む人にとっても、シャンプーをアミノ酸系やせっけん系に替えるのは良い方法だな!

アミノ酸系シャンプーにも、刺激の強い成分が部分的に入ってるものもあるから気を付けてくれ!

正しいシャンプー選びで頭皮ニキビの予防と改善を!

さかんに広告を打っていてドラッグストアなどで手軽に購入できるシャンプーの多くは、石油系界面活性剤や化学成分を含んでおり、頭皮にとって刺激の強いものです。また、洗浄成分が強いので、頭皮が乾燥してしまいがちです。

これらは頭皮ニキビの原因となるものであり、そのようなシャンプーを漫然と使い続けるのはニキビや薄毛を気にする方にはおすすめできません。

ここでご紹介したような頭皮に優しいシャンプーを使うことで、ニキビの予防や改善が期待できます。もしも改善しない場合は、市販薬などさらなる対処法が必要ですが(→頭皮ニキビの治し方!薬の一覧)まずはシャンプーを替えることから試してみてくださいね!

頭皮ニキビ改善のために、食事や睡眠など生活習慣に気をつけるのも大切だが、高級アルコール系シャンプーを使ってる人はアミノ酸系に替えてみるのも簡単かつ重要な対策だぜ!

継続的に使うことで、髪や頭皮が若返ってニキビも改善しそうだな!俺も今日からアミノ酸系にするぜ!

この記事をシェア!!

  • いいね!
  • リツイート
  • はてなブックマーク
    はてブ
PAGETOP
育毛の道は1日してならずじゃ!
閉じる
閉じる