【育毛剤のミカタ】ハゲリーマン
本当に効果がある育毛剤

ミノキシジルタブレットの正しい飲み方をご紹介

no image
  • いいね!
  • リツイート
  • はてなブックマーク
    はてブ

薄毛を気にする男性の中には、「いろんな方法を試したけれど、思うような効果が出ない…」とお悩みの方も少なくないかも知れません。

たとえば、頭皮に塗るタイプの外用薬や、すでに育毛剤として定番になっているプロペシアなどに物足りなさを感じている人には、ミノキシジルタブレットなら効果が現れる可能性も大いにあります。

でも、ミノキシジルタブレットを試すならば、正しい飲み方を知っておかねばなりません。そこで、この記事ではミノタブの適切な飲み方をご紹介します。健康にもしっかりと配慮しつつ、フサフサな頭髪を目指しましょう!

ミノキシジルタブレットを飲んではいけない人とは?

発毛効果がかなり高いと評判のミノキシジルタブレットですが、誰でも気軽に使用できるものではありません。まずは、ミノキシジルタブレットの服用は避けるべき人についてお話します。ご自分が当てはまっていないか、ぜひ事前にご確認ください。

こんな人にはミノタブはNG!

ミノタブは元々、高血圧治療薬として開発されました。ですから、血管を拡張して血流を良くする効果があり、その影響によって健康を害してしまう恐れのある人は、服用すべきではありません。

具体的には、以下のような人にはミノキシジルタブレットは不向きです。

  • 低血圧の人
  • 循環器系に持病がある人
  • 人工透析を受けている人
  • 今まで他の育毛剤を使ったことがない人
  • 未成年の人
  • 女性

つまり、ミノタブを試しても良いと思われるのは、心疾患などがない健康な成人男性で、中でも他の育毛剤で効果が認められなかった人が最終手段として使うのが、ミノタブの適切な使い方なのです。

さらに、その場合も、医師や薬剤師に相談してからの方が良いでしょう。より詳しいことは、ぜひこちらの記事にてご確認ください!→ミノキシジルタブレットとは?効果と副作用を紹介

ううむ、血圧や心臓に持病がある人や、人工透析をしている人、それに未成年や女性も飲まない方がいいとは、ミノキシジルタブレットってのは、かなりハードルの高い薬なんだな。

健康な人でも、独断で飲むのはやめていたほうがいいぜ!

ミノタブは実際どう飲むべき?正しい服用方法はコレ!

ミノキシジルタブレットを飲むことを避けた方がよい人についてお話しましたが、それには当てはまらない方々にとっても、服用は慎重にすべきです。副作用で困らないためにも、ミノタブの適切な飲み方を知っておきましょう。

発毛薬としては未認可!

先にも触れたように、ミノキシジルタブレットは基本的に降圧剤として製造販売されているものです。つまり、AGA治療薬としての認可はされていなという状況です。

したがって、ミノキシジルタブレットを作っている製薬会社の説明書を見てみても、高血圧の治療に関する用法用量については当然記載されていますが、薄毛治療に使うときの服用方法や用法用量については何の記載もありません。

つまり、育毛効果を期待してミノキシジルタブレットを飲む場合、完全に自己責任となること理解しておきましょう。

目安量はどれくらい?

それでは、本来の使い方ではないことを分かったうえで、それでも育毛剤としてミノタブを服用してみたいという場合、どれくらいの摂取量が最適なのでしょうか?

ミノキシジルタブレットの錠剤には、以下の3種類があります。

  • 2.5mg
  • 5mg
  • 10mg

育毛薬として服用する場合は、1日2.5~10mg程度が目安です。といっても、いきなり10mgから始めるのは危険性が高すぎます。最初は2.5mgから始めて、様子を見ることをおすすめします。

ミノタブ服用のタイミングは?

より高い効果を実感するためには、できるだけ長く体内に有効成分をとどめておく必要があります。ですから、成分の血中濃度を維持するために、1日2回朝と夜に服用すると効果的です。

しかし、繰り返しになりますが、ミノキシジルタブレットには副作用が強く出る可能性がありますので、最初は夜に2.5mgだけにしておくとよいでしょう。また、1日1回の場合は、毎日同じ時間に飲むようにしましょう。

様子を見ながら、徐々に朝と夜に2.5mgずつ飲んで一日量を5mgにしていき、大丈夫そうなら10mgまで増やしていっても良いでしょう。

常に体調に気を配り、無理せずに増減するのが適切な服用方法です。

ミノキシジルタブレットと一口に言っても、有効成分が入ってる割合によって3種類あるんだな!

最初は、一番少ない2.5mgを1日1回から始めると良さそうだな。副作用が出ないのを確認してから、じょじょに増やしていこうぜ!

ミノタブと一緒に飲むべき薬を知っておこう!

実は、ミノキシジルタブレットには、併用したほうが良い薬があります。これは副作用を予防するため、または最小限にとどめるためであり、製薬会社の説明書にしっかりと記載されていることなのです。

では、どのような薬を一緒に飲むべきなのか、さっそく見てみましょう。

利尿剤

ミノキシジルタブレットは降圧剤なので、血管を拡げて血圧を下げるために水分や塩分を体内にとどめようとする作用があります。

なので、ミノタブだけを飲んでいると、むくみが生じたり、血圧が下がりすぎてしまうことがあり、特に後者は放置するととても危険です。

実際、ミノタブを飲んだら顔や手足がむくんだという口コミも見かけます。

そのような副作用を避けるためには、水分や塩分を適切に体外に排出させなければなりません。そのために、利尿剤を併用することが推奨されているのです。

交感神経β受容体遮断薬

もうひとつ、併用すべき薬として、交感神経β受容体遮断薬が挙げられています。ちょっと難しい名前の薬ですが、「βブロッカー」とも呼ばれおり、心臓の病気や頻脈の治療に用いられるお薬です。

自律神経の一種である交感神経系は、ストレスなどに反応して分泌されるノルアドレナリンがβ受容体と結合することによって、心臓や血管へ興奮を伝えます。つまり、脈拍が早くなったり、心臓がドキドキしたりするのは、β受容体が関係しているのです。

β受容体遮断薬は、ノルアドレナリンとβ受容体が結合しないようにする働きがあるため、心臓への負担を減らしてくれます。つまり、ミノタブの副作用のひとつである動悸や息切れ、心臓への負荷などを予防するために、β受容体遮断薬との併用が必要とされているのです。
なんだって!ミノタブには一緒に飲まなきゃいけない薬が2種類もあるのか!ミノタブも合わせたら毎日3種類も飲むなんて、ちょっとした薬漬けだな…。

これが面倒だと感じるなら、ミノタブをハゲ治療に使うのは見合わせた方がいいかもしれんな。

ミノタブと一緒に飲んではいけないものとは?

前章ではミノキシジルタブレットと併用すべき薬についてご紹介しましたが、逆にミノタブと一緒に飲んではいけないものもあります。こちらについても、ぜひ知っておきましょう。

血圧に影響する薬はNG!

すでにお伝えしているように、ミノタブは高血圧を治すための降圧剤です。ですから、別の薬が血圧に影響してしまうと、血圧のコントロールがうまくできなくなってしまうおそれがあり危険です。

ですから、血圧に影響する薬との併用はNGです。具体的には、以下のような薬は避けましょう。

  • イブプロフェン(バファリン、イブなどの鎮痛薬)
  • 非ステロイド性抗炎症薬(ロキソニンSなどの鎮痛薬)
  • ヒスタミンH2受容体拮抗薬(ガスター10などの胃腸薬)
  • バイアグラ等のED治療薬
  • スマトリプタン(イミグランなどの頭痛薬)

このように、ドラッグストアなどで手軽に購入できる頭痛薬や胃薬にも、ミノタブと一緒に飲んではいけないものが含まれていますので、くれぐれもご注意ください。

また、病院で処方される薬の中にも併用してはいけないものがありますので、病院を受診する際には、必ずミノタブを飲んでいることを主治医や薬剤師に伝えてください。

お酒もNG!

ミノキシジルタブレットは、上記のお薬だけでなく、アルコールとの併用もNGです。お酒を飲むと、脈がはやくなるのを感じたことがある人もきっといますよね。これはアルコールの働きによるものであり、これこそがミノタブと併用すると危険な作用なのです。

また、アルコールには血管を拡げて血圧を下げる作用があるため、ミノタブと一緒に飲んでしまうと、血圧が下がりすぎてしまう恐れがあります。

したがって、ミノタブを飲む前後はお酒を控えておきましょう。飲み会の予定がある時は朝に飲むとか、ミノタブをお休みする等して乗り切りましょう。

長期使用は控えよう

お話してきたように、ミノキシジルタブレットには、重篤な副作用のおそれがあります。そして、それを回避するために、併用すべき薬および一緒に飲んではならないものがあるなど、服用方法に様々な制限があります。

そんなところからも分かるように、ミノタブの長期使用はオススメできません。

なので、発毛効果が見られてしばらくしたら、徐々に服用の間隔を開けていき、ミノキシジルの外用薬に切り替えて、内服薬のミノタブは服用しない方向へ持って行くと良いでしょう。

ミノタブは、市販の痛み止めやアルコールと一緒に飲んではダメなのか。併用してしまうと血圧のコントロールが取れなくなるおそれがあるなんて、怖いことだぜ!

ミノタブで発毛効果が出たらいったん止めて、リアップとかの外用薬に替えるのが賢い使い方だな!

ミノキシジルタブレットは低量から服用しよう!

ミノキシジルタブレットは、その高い発毛効果で注目を集めている内服タイプの薬ですが、同時に副作用も大きいため、服用にあたってはさまざまな注意点があります。

個人輸入代行サイトなどで簡単に入手できるため、効き目に惹かれて使ってみたくなる男性も多いと思いますが、ミノタブと併用すべき薬や併用できないものについても理解して、最初は少ない量からはじめていきましょう。(※ミノキシジルタブレットを購入したい方はコチラ「ミノキシジルタブレットの通販などの購入法」)

髪も大事ですが、健康を維持するのはもっと大切です。ましてや、認可されていない薬を使うのですから、いくら慎重になってもなり過ぎるということはありません。ぜひ、この記事をご参考に、正しいミノタブの飲み方をしっかり頭に入れておいてくださいね!

ミノキシジルタブレットは、髪の毛を生やす効果はすごい反面、副作用が強くて危険性も高い薬だということがよく分かったぜ!

ミノタブを使いたいなら、正しい飲み方を知っておくことが必須条件だ!少ない量から慎重に試してみてくれ!

この記事をシェア!!

  • いいね!
  • リツイート
  • はてなブックマーク
    はてブ
PAGETOP
育毛の道は1日してならずじゃ!
閉じる
閉じる