【育毛剤のミカタ】ハゲリーマン
髪に関するコラム記事

髪を柔らかくするには保湿!その理由と柔らかくする為の方法とは

no image
  • いいね!
  • リツイート
  • はてなブックマーク
    はてブ

髪が硬くてイヤ!柔らかくしたい!そんな悩みを抱えている人はいませんか?実は、髪はちょっとしたことに気を付けるだけで、手触りの良い扱いやすい髪に変えられるのです。

髪を柔らかくするために必要なもの、それはズバリ保湿です。どうして保湿することが髪を柔らかくすることに繋がるのか、そして普段どういうことに気を付ければ髪が柔らかくなるのか、詳しくご紹介していきましょう。

髪が硬いってどういうこと?髪質を決める構造とは

髪が硬いと悩んでいる人は、多くいます。では、実際髪が硬いとはどういうことなのでしょうか。

髪の硬さを決めるのは、キューティクル層の厚さです。髪は、一番外側にあるキューティクル、そして髪の中にある繊維状のコルテックス、髪の核となるメデュラによって構成されています。

個人差は色々ありますが、髪が硬い人はキューティクル層が厚くなっていることが多いのです。これが硬さの原因となっているわけですね。

更に、髪の核となるメデュラは、人によっては存在しない場合もあります。核がない髪は細くなり、柔らかくなる特徴があります。

髪質は遺伝や体質で決まるので基本的に変えられない!

髪が硬い、柔らかいというのは、あくまでも体質や生まれ持っての物です。

髪を柔らかくしたいと思っても、硬い人のキューティクル層を薄くすることはできません。キューティクル層が薄くなることがあるとすれば、それは髪が傷んでキューティクル層がはがれてしまったためです。

髪質は基本的に変えられないもの、ということを覚えておきましょう。

髪の硬さはキューティクル層の厚さによって決まるのだな。つまり、生まれたときから髪の硬さは決まっている、ということか…。

自分の生まれ持った髪の硬さ。それとどう付き合っていくか、考えなければいけないのか…。

髪のケアをするだけで良いケースも

髪が硬いと感じている人の中で、髪を柔らかくしたいと考えている人も少なくありません。

硬い髪を柔らかくしたいと思う理由は、主に2つあるのではないでしょうか。

  • 手触りがごわごわする
  • 髪がまとまらない

しかし、これらは髪が硬いから感じる悩みではなく、ダメージヘアである、水分が不足していることで生じるものでもあるのです。

つまり、髪のケアをしっかりすれば、硬い髪でもしっとりまとまる状態に導くことが可能となるわけですね。

髪を柔らかくしたいと思う理由が自分の髪の手触りや扱いにくさにあるのであれば、まず自分の髪が健康な状態なのか、傷んでいないかを考えてみてください。

もし髪がダメージを受けている状態であれば、髪のケアをするだけで悩みが解決することもあるのです。

手触りの悪さや髪がまとまらない、思い通りにいかないというのは、髪が硬いからだと思っていた。しかし、もしかしたら髪の硬さが原因ではないかもしれないのだな。

髪をダメージから守り健康な状態にする。それが悩みを解決する手段になるかもしれないということは押さえておくとしよう。

髪を柔らかくしたい人はまず保湿!

髪は、髪の水分量が減少することでパサつき、しなやかさがなくなってしまう。その結果、髪がより硬く、扱いにくく、手触りの悪い状態になってしまいます。

髪が硬い人でも、水分がしっかり保たれた健康な髪はしなやかツヤが出て、サラサラした手触りとなり扱いやすくなるのです。

つまり、髪を柔らかくしたいと思うなら髪の保湿を心がけることが必要なのです。

髪を保湿する方法としては、トリートメントやヘアオイルの利用がおすすめです。

髪を保湿するのにおすすめのヘアオイルとは

ヘアオイルは、髪を保湿するだけでなく髪をコーティングすることで熱や摩擦などの外部刺激から守る効果も期待できます。

ロレアルパリのエクストラオーディナリーオイルリッチフィニッシュは、ローズエキスやカモミールオイルなどのフラワーエクストラオイルを使用し、髪に優しいオイルです。

モロッカンオイルトリートメントは、アルガンオイルや各種ビタミンを含んだ髪に嬉しい成分が配合されている。指通りをよくするだけでなく、髪がうるおいまとまりやすくなる効果が期待できます。

気になるそれぞれの価格は、次の通りです。

商品名 内容量 価格
エクストラオーディナリーオイル
リッチフィニッシュ
30ml
100ml
900円(税抜き)
1,900円(税抜き)
モロッカンオイルトリートメント 100ml オープン価格
通販サイトでは
3,500円~6,800円
シャンプーの後は、髪が乾燥しやすい状態にあります。トリートメントオイルを使って、髪をしっかり保湿、ケアしてほしいですね。
髪を保湿することで、髪の水分量が保たれて扱いやすくなるのだな!手触りが良くしなやかな髪になれば、硬い髪でも気にならないだろう。

さっそくトリートメントオイルをチェックせねば。

シャンプーで髪が柔らかくなる!?その理由をご紹介

髪は、シャンプーによっても柔らかくすることが可能です。髪を柔らかくするシャンプーを選ぶポイントは、次の3つです。

  • 洗浄力が優しいもの
  • 刺激の低いもの
  • 頭皮ケアをしてくれるもの

それぞれのポイントについて、ご紹介します。

洗浄力が優しいもの

洗浄力の強いシャンプーは、頭皮を乾燥させてしまう恐れがあります。ですから、シャンプーをするときには皮脂を落としすぎて頭皮を乾燥させないよう注意する必要があるのです。

髪は、水分を失えばごわついて手触りが悪くなるだけでなく、纏まりづらくなってしまいますので、乾燥を防ぐためにも洗浄力の優しいシャンプーを選ぶのは大切なのです。

洗浄力が優しいシャンプーは、アミノ酸系シャンプーです。色々な種類がありますので、色々チェックしてみると良いでしょう。

刺激の低いもの

シャンプーには、洗浄成分以外にも様々な成分が含まれています。石油系界面活性剤、シリコン、合成香料、着色料、防腐剤など、髪や頭皮に刺激を与えてしまう可能性があるものです。

それらを出来るだけ使用していないシャンプーは、髪や頭皮への刺激が少ないと言えます。シャンプーを選ぶときは、入っている成分にも注意しておきたいですね。

頭皮ケアをしてくれるもの

健康な髪、水分量の保たれたしなやかな髪のためには、健康な頭皮が必要です。

髪だけでなく、頭皮の保湿ケア、ダメージケアをしてくれる成分が入っているシャンプーを選びたいですね。

どのシャンプーを使うかによって、髪にダメージを与えるか髪をケアするかが変わってくるのだな。

刺激がなく、頭皮ケアをしてくれるシャンプーを探すよう心掛けるとしよう。

髪を柔らかくしたい人におすすめのシャンプー3選

では、具体的に髪を柔らかくしたい人におすすめのシャンプーを3つご紹介していきましょう。

HARB GARDENさくらの森シャンプー

こちらの商品はアミノ酸系シャンプーで洗浄力が優しいのはもちろん、ミントやバジル、カモミール、スギナといった38種類の天然由来成分を使用している、天然由来成分100%のシャンプーです。

ベースとなる水も7種類の阿蘇のオーガニックハーブをに出したハーブウォーターがベースになっているという拘りです。

内容量 価格
300ml 4,000円

少しお高めではありますが、半額キャンペーンや、2か月ごとに届く定期コースも実施していますので、興味がある方は公式サイトをチェックしてみてください。

クイーンズバスルーム

こちらの商品は、シャンプーに高級保湿成分を配合し、洗浄すると同時に髪や頭皮を刺激から守る役割を持たせています。

使用されている保湿成分は、冬虫夏草やチョウジエキス、ヒマワリ油などの天然由来成分です。

アミノ酸系洗浄成分と植物性洗浄成分を調合した、洗浄力の優しい商品です。

内容量 価格
500ml 2,300円(税抜き)

こちらは、シャンプーとトリートメント、そしてアメイジングシャイン(ヘアオイル)がセットになった、5日分のお試しセットを1,200円(税抜き)で購入することもできます。

まずは試してみたい、という方は申し込んでみても良いでしょう。

パールリッチシャンプー

こちらの商品は、アミノ酸系シャンプーでブラックパール成分が配合されているという特徴があります。

ブラックパール成分は、黒蝶貝の真珠層に含まれるたんぱく質を分解したものです。優れた保湿作用があり、髪に潤いを与えてくれます。

また、他にもパパイン、ホホバ、カミツレ、梅、明日葉、センブリといった天然由来成分を豊富に配合している、髪にも頭皮にも優しいシャンプーです。

セット内容 価格
シャンプー・コンディショナー
2本セット
6,000円(税抜き)
*定期購入

定期購入の場合、2回目以降は10%オフとお得になります。また、定期便のサイクルは自分で設定できるようになっています。

洗浄力が優しいだけでなく、天然由来成分を配合して頭皮や髪をケアしてくれるシャンプーがこんなにも色々あるのか!

公式サイトに行けば、更にお得なコース料金もある場合がある。これは、さっそくチェックだ!

髪は保湿で柔らかくできる!まずは適したシャンプー選びから始めよう

髪の硬さは、構造によって決まります。キューティクルが厚い人は髪が太く硬くなる傾向にありますが、これは遺伝や体質によるものなので根本的には変えることはできません。

しかし、髪を保湿してケアすることで、髪がしっとりまとまる、柔らかく感じるようにすることは可能です。保湿ケア、髪にダメージを与えないシャンプー選びなど、普段から出来る方法をチェックし、取り入れるようにしたいですね。

髪が硬いという髪質は、その人が生まれ持ったものなので変えることはできない。しかし、扱いやすい髪にすることは可能だ。

トリートメントオイルでの保湿や、髪にダメージを与えないシャンプーを選んで、水分量が保持された手触りの良い髪を目指そうではないか。

この記事をシェア!!

  • いいね!
  • リツイート
  • はてなブックマーク
    はてブ
PAGETOP
育毛の道は1日してならずじゃ!
閉じる
閉じる
閉じる