【育毛剤のミカタ】ハゲリーマン
育毛剤とは

【正しい育毛剤の使い方】知らないと効果も半減しちゃいます

【正しい育毛剤の使い方】知らないと効果も半減しちゃいます
  • いいね!
  • リツイート
  • はてなブックマーク
    はてブ

ちょっと生え際が気になってきたけど、一体何をすればいいのかわからない…。そんな方、結構いるのではないでしょうか?

薄毛対策の基本は適度な運動、お酒をや脂っこいものを控えめに…といった生活習慣の改善ですが、薄毛対策の次の一歩を考えている方におすすめなのが「育毛剤」を使用した頭皮ケアです。

他の薄毛対策とくらべて手を出しやすいのが魅力ですが、適当に使っていると効果が半減してしまう可能性もあるのが育毛剤による薄毛ケア。

きちんと正しい使い方を知って、より効果的に薄毛対策をしてみませんか?

薄毛対策の第一歩として育毛剤がオススメな理由

既に生活習慣に気をつけている方も、これから髪の毛のために見なおしてみようと思っている方も、プラスして育毛剤による頭皮のケアを行うことはとっても大切です!

薄毛対策の第一歩としてなぜ育毛剤がおすすめなのか?その理由は

  • 元手があまりかからないこと
  • 日常的に出来ること(負担が少ない)
  • 一気に変化しないので周りにバレにくいこと
  • 薄毛(AGA)を根本から解決できること

の4つが挙げられます。

育毛ケアは毎日続けてこそ!悲しい話ではありますが、1日2日ちょっと薄毛対策をやっただけで簡単に髪の毛が生えてくることはありません。毎日続けやすく、それでいて負担が少ないのは育毛剤の大きな魅力です。

内服薬と塗布するタイプがあるが、塗布するタイプが特におすすめ

育毛剤には、いわゆる一般的なイメージである頭皮に塗るタイプの育毛剤(外用薬)と、薬を毎日飲むタイプの育毛剤(内服薬)があります。

どちらも発毛効果、育毛効果があることは変わりませんが、今回の記事ではこちらの「塗るタイプ」の育毛剤を取り上げたいと思います。

毎日薬を飲む方がラク!と思う方もいるかもしれませんが(笑)、塗るタイプも十分簡単ですのでご安心を!

他の薄毛対策より育毛剤が入門にいいワケ

何も薄毛対策は育毛剤だけではありません。他にもいろいろ手段はあります。いわゆる民間療法のようなものに加えて、

  • 植毛手術
  • 増毛
  • かつら

などが考えられます。

しかしこれらの方法は非常に費用がかかるのがネックで、いずれも一度の施術(購入)で100万円くらいは覚悟しておかないといけません。

加えて、どの方法も薄毛対策として効果が認められているものの、薄毛の根本的な解決にはならないものなんです。

もちろんこれらの方法も薄毛対策として非常に有効ですし、「してよかった!」という方はとても多いです。ただ、「ちょっと薄毛が気になるかも」というレベルの方には負担が大きいのでおすすめしません。

負担の少なさ、根本的なAGAの解決方法として育毛剤は最初の薄毛ケアにはベストと言える選択肢なんですね。

カツラや増毛に比べたら手軽に始めやすいし、さらにAGA自体に効くんだから、育毛剤でケアを始めるしかないだろ!

周りにも気づかれずにケア出来るってのもいいところだな。

育毛剤を使う前に出てくるギモンを解決!

入門に育毛剤がベスト!ということはわかっていただけたかな?と思います。

ただ、いざ育毛剤を使ってみよう!…と思っても…「これはどうすればいいの?」といった疑問がたくさん出てくると思います。

そこでまずは、育毛剤を使う前段階。「自分は育毛剤を使っても大丈夫なのか?」「どんな育毛剤を選べばいいのか?」というような、育毛剤を購入する前のギモンについて解決していきたいと思います。

育毛剤は年齢が若いと使ってはいけないとか、制限はある?

基本的に年齢が若いと育毛剤を使ってはいけないということはありません。逆にある程度年齢が高い方が利用しても効果がない、ということもありません。

育毛剤には「医薬品」と「医薬部外品」の2種類があり、前者の医薬品は薄毛に対する効果は強いものの、副作用もあります。

後者の医薬部外品は効果は医薬品に比べて低いですが、その代わり副作用はほとんどありません。

まだ年齢が低いうちは、薄毛が一時的なものである可能性や気のせい(本人の気にしすぎ)という可能性が考えられますし。

若いうちから強い薬を使ってしまうと副作用が強く出てしまい、体に支障をきたすおそれもありますので、未成年の方は医薬品の育毛剤をいきなり使うことは推奨されないことが多いです。

気になるのであれば一度お医者さんに行ってみて、お医者さんのOKが出れば医薬品を使用する、という形はどうでしょうか。

育毛成分が強い場合など、一部の商品は年齢制限を設けているものもあります。対象年齢に達していない場合は絶対に使用しないようにしましょう。

既に髪の毛が薄いけどもう効果はない?

既に薄毛が進行してしまっているので、「今更育毛剤を使ってももうダメかな?」と考えてしまう…。そんな状態の方でも育毛剤は意味が無い、なんてことはありません。

確かに、これから薄毛にならないように前もって…という方と比べれば目に見えるような効果が出るまで時間がかかるかもしれません。しかしそれはスタートラインが違うので仕方がないこととも言えるんです。

ちょっと時間はかかっても少しずつ髪の毛が濃くなってきた、復活してきたという方は多くいます。

毛根の細胞自体がすべて死滅してしまっていたらその部分はもう髪の毛が生えてこない可能性がありますが、毛根自体は死んでいなかったので、育毛剤を使用することで驚くほど髪の毛が生えてきたケースもあります。

確実に言えるのは、育毛剤を使用することで現状よりも悪くなることはない!ということ。ためらっている方はぜひ、育毛剤を使ったケアを始めてみることをおすすめします。

育毛剤と書いてあればどんな商品を使ってもOK?

ちまたに育毛効果をうたう商品は非常に多く、どれを選んだらいいのかわからないですよね。

どんな育毛剤を使っても効果が同じように出るか?と聞かれたら、それははっきりと「NO」と言えます。なぜなら、育毛効果をうたう商品の中には、「育毛や発毛が期待できない成分しか入っていない」ものもあるからです。

じゃあどの成分が入っていれば発毛効果・育毛効果が期待できるのでしょうか?

答えは、以下の成分です。

  • フィナステリド
  • ミノキシジル
  • デュタステリド
  • キャピキシル
  • ノコギリヤシ
  • M-034

より強い効果を求めるのであればこれらの成分が含まれている「医薬品」の育毛剤を、とりあえずお試しで使ってみたいという場合は「医薬部外品」をセレクトしましょう。

医薬品の中には、お医者さんに処方してもらわないといけない商品もあります。飲む育毛剤である「プロペシア」に含まれている「フィナステリド」が使用されている育毛剤は、塗るタイプのものであってもお医者さんの処方が必要になります。

薄毛の専門外来や病院の皮膚科にて「薄毛なので育毛剤を使用したい」という旨を伝えて処方してもらうのがいいでしょう。頭皮の状態を診てもらえるので一石二鳥です。

その他医薬品の一部、及び医薬部外品はドラッグストアなどでも売っていますので、より手軽に購入が出来ます。

薄毛の対策は、まずは副作用のない育毛剤で

フィナステリド、ミノキシジル、デュタステリドは副作用がある「医薬品」です。これから薄毛対策をはじめる方にとっては抵抗があると思いますし、当サイトもまずは副作用の無い育毛剤を使用することを推奨しております。

チャップアップはミノキシジルと似た効果がある成分M-034が含まれております。まずはこちらの育毛剤を試してみてからでも遅くはありません。気になる方は是非、特集記事をご覧ください。

  • チャップアップの詳細を見る
  • チャップアップの公式サイトへ

チャップアップ以外にもおすすめな育毛剤があります。
こちらの方も参考にしてください。

おすすめな育毛剤ランキング

既にハゲてるヤツでも、育毛剤を使えば諦める必要はない。これって髪の毛が気になるヤツラにとってすごい有り難い言葉なんだよな。

気にしてるだけでも解決しないから、とりあえず1つ買ってみるってのもいいと思うぜ。

効果は本当に出る?育毛剤を使い始めてからのギモンに回答

「これだ!」と思える育毛剤を選ぶことは出来ても、使用しているうちに新たなギモンが浮かんでくることもあるでしょう。

その中でも、「育毛剤の効果って本当にあるのかな?」という、まさに根幹とも言えるギモンは解決しておきたいですよね。

もちろんそのようなギモンにも答えます!

どれくらい使えば効果は出てくる?

「どのくらいで育毛剤の効果が出るのか?」

これは、育毛剤の使用を決めた人であれば必ず知っておきたいところですよね。

どのくらいの時期で効果が出始めるのか。…それは個人の頭皮の状態によって、あるいは育毛剤の種類によって、そしてその2つの相性によって効果が出てくるまでの時間は変わってきます。

何かしらの変化を感じることが出来るのは育毛剤を使い始めて半年くらい経過してから、というケースが多いです。

東京医科大学皮膚科 坪井良治先生によると、AGAではヘアサイクルは下記のように短くなります。
AGAのヘアサイクル

髪の毛にはヘアサイクルといって髪の毛が生えて、伸びて、抜けて…を繰り返しています。そのサイクルがだいたい半年~10ヶ月程度なので、そのあたりで生えてきたり、髪の毛が太くなっていくのを実感出来ます。

ヘアサイクルにも個人差がありますので、半年よりも時間がかかる場合もあります。逆に早い人であれば2~3ヶ月程度で少しずつ変化がわかるようですよ。

あまり効果が出ない…他の商品と併用してもOK?

せっかく育毛剤を使っているのにあまり効果を実感できないことがあるかもしれません。そんな時に考える対策のひとつが「他の商品との併用」ではないでしょうか。

実際併用して効果が出る場合もあればそうでない場合もあるので、ただ併用すればいいこともなく、非常に難しいところなんです。

一番やってはいけないのは、素人判断で勝手に併用すること。なぜかというと、併用すること副作用が強く出たり、頭皮に思わぬトラブルが発生する可能性があるからです。

特に医薬品を併用するなら、絶対に事前に医師の判断を仰いでください。

育毛剤の中には「併用は絶対にしないでください」と記載されているものもありますので、必ず説明書やパッケージには目を通しましょう。

育毛剤を併用するよりは、育毛シャンプーを使用するなど違う方向からのアプローチの方がいいかもしれませんね。

個人輸入で育毛剤を購入するのはアリ?

育毛剤は他に比べてコストがかからないとはいえ、毎月7000円程度の費用がかかってしまいます。1ヶ月や2ヶ月で使用を終了…というわけにはいかず、長く使い続けなければいけないので、最終的には結構なコストになってしまうと言えるでしょう。

少しでも負担を軽くするため、育毛剤を長く利用している方の中には個人輸入という形でちょっと安く育毛剤を購入している人もいます。「でも医薬品なのに大丈夫なの?」と思う方もいるでしょう。

厚生労働省のHPには以下の範囲内については特例として個人輸入を認めるという記載があります。

海外からの輸入について

育毛剤は一番下のケースに該当しますので、2ヶ月分以内のものであれば個人輸入することが可能なんです。ただし、ミノキシジルの含有が5%以下のものであれば、という条件つきではあります。

ただ、いきなり医薬品の育毛剤を個人輸入で購入して使用する…というのはおすすめできません。

その理由は2つ。

  • 自分の頭皮の状態を知らないと効果があまり出ないこともあるから
  • 個人輸入でトラブルに巻き込まる可能性があるから

最初の1回だけでも病院に行き、頭皮の状態を見てもらうことは非常に大切です。自分に適切な商品を処方してもらう方が頭皮にとっても効果的ですし、副作用などの説明もきちんとしてもらえますので安心度も高いです。

そして、個人輸入はトラブルに遭う可能性があることも覚えておきましょう。注文した商品と違うものが来たというケースは結構多く、信頼出来るお店以外ではいくら値段が他より安くても避ける方が無難でしょう。

こういったリスクも含めると、方法としては「アリ」ですが、個人的には「慣れるまではナシ」ですね。

当たり前だが、育毛剤にも注意点があるからしっかりと知っておいてほしいぜ。

特に個人輸入は、オレも痛い目を見たことがあるから本当に気をつけるんだぞ…もちろん何を買ったかは秘密だ…。

育毛剤はこう使う!効果的なタイミングとは?

育毛剤を使用する上で一番大切なことは、正しい方法で、より効果が出るタイミングで使用することです。

いくら効果が高いと言われている育毛剤を使用したとしても、その使い方やタイミングが悪ければその効果をなかなか発揮することは出来ません。より効果を出して、薄毛を解消するための期間を短くするために、正しい育毛剤の使い方を知ることはマスト!

育毛剤を使いはじめるベストな時期は?

まずはこれでしょう。育毛剤を使いはじめるベストな時期、これは正直ありません。「使おうかな」と思ったときが使いどき、という感じです。

もちろん育毛剤も薬なので効果は人によって違います。効果が出やすい人、出にくい人というのは必ず存在します。しかし同じ人が使いはじめる時期が遅かろうが早かろうがそう影響はない、ということなんです。

「まだ大丈夫…まだ使わなくて大丈夫…」と鏡を見てチキンレースをするよりも、思い切って早めに育毛剤を使いはじめる方が、薄毛になってしまうとしてもそのスピードは遅くなりますし、薄毛にならない可能性だってあります。

基本的に育毛剤を使う(塗布する)時間は「夜」

使いはじめる時期はいつでも構いませんが、1日の中で育毛剤をいつ使うのか、これは大切なポイントになります。

いつでも自分の好きなタイミングで使えばいいんじゃ?と思うかもしれません。確かに育毛剤の中には使い方として「1日1回」といったおおまかな記載しかされていないものもあります。

しかしより効果を発揮してもらうためには「夜」に使うのがベスト。

朝でもいいのですが、朝に塗布した場合、量が多いと外のホコリなどがついてしまい毛穴が汚れてしまう可能性があること、汗で塗布した育毛剤が落ちてしまい効果をなかなか得られにくいことから、夜を推奨しています。

育毛剤によっては「朝」と「夜」の2回塗布するのが望ましい、という商品もあります。その場合は夜はお風呂あがりに、朝は出勤前(朝起きてから)に塗布するのが一番効果的です。

「夜」のうちでも、お風呂あがりに塗布を心がけて

さて、ひとこと「夜」といってもその時間はとても長く、夕食後なのか寝る前なのか、それだけでも大きく変わってきますよね。

具体的にはお風呂あがりのお手入れとして育毛剤を使っていただくのがベストです。

その理由は2つあり、まずは「体があったまっている」点です。湯船にゆっくりつかることで血行が良くなり、育毛剤を塗布した際に吸収しやすくなります。ストレッチやマッサージなどのお手入れもお風呂あがりがいいように、頭皮ケアもお風呂あがりがいいんですね。

もうひとつの理由は「頭皮が清潔である」点です。きちんとシャンプーを行うことで日中の汚れや毛穴の周りの汚れも落とすことが出来ます。やはり清潔な頭皮に育毛剤を塗布しないと効果は落ちてしまいます。

逆に言えば清潔な頭皮に育毛剤を塗布することでしっかりと効果を発揮出来るということですから、とっても重要なポイントと言えるでしょう。

夜のリラックスタイムにケアをするのが一番効果的なんだな!

俺もずっと朝につけるイメージがあったが、確かに理由を見ると夜につける方がいいってのは納得だ。今日から早速実践するぜ!

これでバッチリ!育毛剤の塗布方法を細かくレクチャー

次に知っていただきたいのは、育毛剤の塗布の方法です。

単純に塗ればいいんじゃないの?と思っている方、甘いです!確かにそれでもいいのですが、より効果的に育毛効果を出すなら塗布する前のシャンプーの仕方や、塗布の仕方にもこだわるべきです。

「でも具体的にどうすればいいかわからない…」とお悩みの方も大丈夫。しっかりと順を追ってレクチャーしちゃいますよ。

手順1:シャンプーでしっかりと汚れを取ろう!

正しいシャンプー
育毛効果を上げるために必要なのは清潔な頭皮。シャンプーは清潔な頭皮を作るには欠かせません!しっかりと汚れを取りましょう。

髪の毛が長めの方は、シャンプー前に一度クシなどで髪の毛をといておくと、シャンプー中に髪の毛が絡むことが少なくなり、より汚れが落としやすくなります。

急いでいたり面倒だな…という方はスキップしてもいいですが、より効果を強く出したい、効果的に育毛剤を使用したい方はぜひこの一手間を加えてみてください。

最初はぬるめのお湯で少なくとも30秒から1分程度はしっかりと髪の毛を濡らし、おおまかに汚れを落とします。頭皮の汚れは落ちない部分もありますが、髪の毛についている汚れはこれだけでも十分に落ちますよ。まずは頭皮を柔らかくして汚れを落としやすい状態にしてあげます。

その後のシャンプーでは、直接シャンプー液を頭皮に出すのではなく、手に1回分の量を出して、お湯を足して軽く泡立ててあげるのがベストです。頭皮の上で泡立てようとすると力が入ってしまい、頭皮を傷つけてしまうおそれがあるからです。

泡だと汚れが落ちるかな?と不安になるかもしれませんが、きちんと落ちますのでご安心を。

シャンプーをつけたらしっかりと、でも爪を立てずに指の腹でマッサージをするように洗います。頭皮を清潔にするためにしっかりと頭皮の汚れである皮脂やホコリを落としましょう。

次のすすぎですが、こちらもとっても重要なポイント。洗い残しがあると頭皮に悪影響を及ぼしてしまいます。残ったシャンプーが頭皮にくっついて酸化して…想像するだけで怖いですよね(笑)。

なので「もういいかな?」と思ったタイミングから更にもうちょっと!というくらいすすぎましょう。基本やりすぎはダメですが、すすぎに関しては「やりすぎかな?」くらいでもOK。

とはいえ5分も6分もすすいでいるのはお湯の無駄なのでやめておきましょう。せいぜい2分もすすげば十分です。

手順2:しっかりと髪の毛を乾かそう!

次は髪の毛を乾かします。育毛剤はお風呂あがりの頭皮が濡れた状態でつけるイメージがある方は、「あれ?」と思うかもしれません。

実は、濡れた頭皮に育毛剤をつけるのはおすすめできません。濡れたままでは育毛剤の成分が水によって薄くなってしまい、効果が出にくいからです。

乾いた清潔な頭皮に育毛剤を塗布する、これが大切なポイントです。

乾かすときにタオルでゴシゴシしてしまうと、髪の毛の表面にあるキューティクルが傷んでしまい、髪の毛が切れやすくなってしまいます。タオルはあくまでおおまかに水気を取るものと考えて、ポンポンとやさしく、髪の毛を挟むようにしましょう。短い毛の方は、軽くポンポンと叩くようにすればOKです。

あとはドライヤーで乾かしましょう。20センチ~30センチ程度離して使うと髪の毛が傷みにくいですよ。

育毛剤の中にはドライヤーで乾かすまでいかず、タオルで水気を取った程度の状態で使う商品もあります。その場合は説明書の指示に従ってドライヤーはせずその状態で育毛剤を使用してください。

手順3:いよいよ育毛剤を塗布しよう!

育毛剤の使い方
さて、いよいよ育毛剤を塗布します。使用する量は育毛剤によって違いますのできちんと説明書を読んでおき、適切な量を塗布しましょう。まかりまちがっても「たくさんつければ効果が上がるから」とたくさんつけてはいけません。

何もなければいいものの、副作用が強く出る可能性がありますので絶対に量は守りましょう。

しっかりと浸透するように、頭皮に塗ってあげましょう。髪の毛に塗っても意味がない(全くないとは言いませんが…)ので注意してください!

その4:しっかりと頭皮になじませるためにマッサージをしよう

頭皮マッサージ
塗布できたら、最後にマッサージをしてフィニッシュです。

そのまま塗布して終わり、でもいいのですがマッサージをするのがおすすめ。むしろしないのはもったいない!

マッサージをすることでより頭皮に育毛剤が浸透しますし、さらに血行もよくなり頭皮の健康状態もぐっとアップするので一石二鳥なんです。

マッサージは、シャンプーの時と同じように、指の腹を使うのがポイントです。あくまで力は入れすぎず、優しく育毛剤が馴染むようにマッサージしてあげましょう。それだけでも頭皮があたたまり、育毛効果がぐっとアップします。気持ちもいいですよね。

もうちょっと本格的にマッサージがしたい!という場合は首の根本(後ろ側)から後頭部、前頭部と気持ちいいくらいの強さ(あくまで強すぎるのはダメです)で押していくと首のコリもとれてスッキリします。

チャップアップの使い方を特集した記事もございます。是非、ご覧ください。

チャップアップの正しい使い方をご紹介

シャンプーの時、汚れを落とさないと!って思って結構頭をゴシゴシしちゃうんだよな…。
結構身に覚えのあるヤツもいるんじゃないか?

正しいシャンプーの仕方も、マッサージ方法も簡単だから、早速取り入れて行きたいよな!

育毛剤の効果的な使い方を知って、よりよい頭皮を作ろう!

育毛・発毛に効果がある成分を含んでいる育毛剤でしたら、そのまま使うだけでも効果はあります。しかししっかりと正しい使い方を守ることでより早く効果が出ますし、効果の出方も違ってきます。よりよく効果が出る…とでもいうべきでしょうか。

よりよい頭皮を作ることで発毛・育毛に効果が出てきます。そのために必要なのは

  • 清潔な頭皮
  • 使用方法を守った育毛剤の塗布
  • 規則正しい生活

です。いきなりすべてをやるのはしんどい!という場合、まずは育毛剤を塗布するところからはじめましょう。それが習慣になったらマッサージをプラスしてみる、食事に気をつけてみる…というように段階的に進めていけばいいのです。

■こちらも合わせてお読みください。
副作用の無い育毛剤「チャップアップ」とは?

ふむふむ。
知っているようで知らない育毛剤の知識がビッシリ掲載されているな!

育毛剤をこれから使用するヤツも、これから育毛剤を使用するヤツもしっかりと読んでおくんだぞ。

・・・正直、一回読んだだけでは覚えきらなかったんだぜ。
数回読んで覚えるしかないな!

この記事をシェア!!

  • いいね!
  • リツイート
  • はてなブックマーク
    はてブ
PAGETOP
育毛の道は1日してならずじゃ!
閉じる
閉じる
閉じる