【育毛剤のミカタ】ハゲリーマン
髪に関するコラム記事

花粉症が薄毛を進行させる噂を調べてみた!その結果は?

花粉症が薄毛を進行させる噂を調べてみた!その結果は?
  • いいね!
  • リツイート
  • はてなブックマーク
    はてブ

毎年、春先になると、花粉症の症状に悩まされて憂鬱…という人も多いかと思います。それどころか、年中いろんな種類の花粉にやられているという大変な人も、近頃は珍しくないようですね。

そんな花粉症が薄毛を促進するという噂を、聞いたことがありませんか?花粉症と薄毛。どちらかひとつだけでもツラいのに、花粉症になったら薄毛もひどくなってしまうかもしれないなんて、ずいぶん酷なお話です。

でも、この噂は本当なのでしょうか?本当だとしたら、どんな根拠があるのでしょうか。その真偽のほどを調べてみましたので、少しでも気になった方はどうぞ見ていってください!

花粉症はアレルギー!その症状が頭皮に現れることも

花粉症と薄毛の関係を探る前に、まずは花粉症というものについて簡単にお話したいと思います。そこには意外な原因や症状があるかもしれません。

花粉症の原因

花粉症とは、よく知られているように、花粉によってありとあらゆる不快な症状が現れるものです。でも、なぜそんなことが起こるかご存知ですか?

花粉症とは、アトピー性皮膚炎などと同じで、アレルギーの一種です。そのメカニズムの元となっているのが、免疫機能の異常です。

人間の体には、体内に侵入しようとした外敵を取り除こうとするはたらきが備わっています。例えば、鼻水で洗い流そうとしたり、くしゃみで外に吹き飛ばそうとしたり。ただ、人によっては、ある特定の異物に入ってこられると、このはたらきがいき過ぎて過剰な反応(アレルギー反応)を起こします。花粉症は、からだに侵入した花粉を、敵と認めて反応してしまう過敏な体質の人に起こるのです。
引用元:武田薬品工業株式会社

花粉症のメカニズム解説イラスト

花粉は本来、人体にとって悪さをするものではないのですが、免疫機能が暴走してしまうせいで、センサー(抗体)が花粉を異物とみなし、指令を受けた細胞がヒスタミンなどのアレルギーを引き起こす物質を出してしまうのです。

これが花粉症のメカニズムです。

花粉症の症状

花粉症といえば、くしゃみや鼻水、目のかゆみなんかを思い浮かべますよね。でも、このような代表的なもの以外にも、実に多彩な症状が現れ得るんです。たとえば、

  • 鼻づまり
  • 喉や首、顔のかゆみ
  • 倦怠感
  • 集中力の低下
  • イライラ
  • 熱感
  • 頭皮のむくみやかゆみ

目や鼻の症状だけではなく、集中力の低下やイライラなどという精神症状にも及ぶことがあるんですね。

また、鼻づまりはよくある症状ですが、鼻が詰まっているという自覚がないままに、口の渇きや咳、不眠などの症状が現れることもあります。これらは、鼻づまりが元となって起こる諸症状。思い当たる方は、一度耳鼻科を受診されるとよいかもしれません。

その症状も実は花粉症かも!

くしゃみや鼻水というような分かりやすい症状が出てくれれば、誰でもすぐに「花粉症かも」と気づくことができます。でも、中にはそういった花粉症らしい症状がないのに、あまり知られていない症状だけが現れることもあるんです。

上記のような精神症状や、頭皮のかゆみやむくみだけが起きても、なかなか花粉症かな?なんて思えないですよね。でも、頭がかゆくて皮膚科に行ったら「花粉症です」と言われたというケースもあるんです。

そして、この頭皮のかゆみやむくみという症状が、薄毛や抜け毛を引き起こすことがあるんです。花粉症がハゲを促進するという悲しい噂のポイントは、この辺りにありそうですね。

花粉症ってやつは、鼻水やくしゃみ以外にも、こんなにいろんな症状があるのか!驚いたぜ。

頭がかゆいだけでも花粉症だったりするとは、若くてこれから禿げるかもしれない男性は、覚えておくと得するかもな!

薄毛が花粉症の一症状!?花粉症と薄毛の遠くて近い関係とは?

前章では、花粉症の原因や症状をお話し、そこで花粉症らしい症状がないのに頭皮にだけ症状が現れることもあるということをお伝えしました。それを踏まえて、ここからは抜け毛やハゲと花粉症がどうつながっていくのかを、詳しく見てみましょう。

頭皮の症状が薄毛につながる

花粉症の人が持っているアレルギー症状

こちらのグラフは、花粉症の人が、他にどんなアレルギー症状を持っているかを調査した結果です。通年性のアレルギー性鼻炎がトップで、次いでアトピー性皮膚炎も多くなっています。

このことからも、花粉症の人は、多種多様なアレルギー反応をしがちなことがうかがえます。アレルギー反応は皮膚や粘膜のかゆみやむくみを引き起こしやすいため、花粉症の人が頭皮のかゆみやむくみという症状を呈するのも、頷けますね。

そして、この頭皮のかゆみやむくみのせいで、頭皮の炎症や血行不良、毛根の栄養不足が起きてしまい、ヘアサイクルが乱れる恐れがあるのです。ヘアサイクルが乱れれば、長くて太い健康な髪に成長できないまま、抜け毛となってしまいます。抜け毛が増えれば、当然薄毛になりますよね。

これが、花粉症がハゲに繋がってしまう仕組みなのです。つまり、花粉症が薄毛を促進するというよりは、薄毛も花粉症の症状のひとつと考える方が自然なようです。

手遅れに注意!

ここで気を付けたいことは、薄毛の原因が花粉症であると気づかず、手遅れになってしまいがちなこと。

薄毛の代名詞でもあるAGAは、男性ホルモンや遺伝が原因と言われています。でも、このような要因を持っていない人でも、花粉症で頭皮環境が悪くなれば、誰でも薄毛になり得るわけです。

しかし、特定の季節だけ症状が出るならまだ分かりやすいですが、このように一年中アレルゲンとなる花粉が飛んでいるため、症状があっても、人によっては花粉症という自覚がなかなか持てないこともあり得ます。

さらに、鼻水や目のかゆみといった典型的な症状がなく、頭皮にだけ症状がある場合、花粉症と気づかないまま薄毛が進行してしまうことだって、じゅうぶん考えられます。

これを回避するためには、日頃から頭皮の状態に気を配り、かゆみが出てきたら放置せずに皮膚科やアレルギー科の専門医に診てもらうなど、早めの対処が重要です。

花粉症治療で薄毛も改善

薄毛と花粉症の関係についてお話してきましたが、ある種の脱毛症は、花粉症ともっとダイレクトに関連があるんです。

実は、花粉症治療に使用する抗アレルギー剤はさまざまな病気に使われています。あまり知られていませんが、円形脱毛症の治療にも使用されています。ガイドラインにも「アトピー素因を持つ症例に他の治療との併用で用いてもよい」と記載があります。

どういうことかと言えば、アトピー性皮膚炎の患者さんが、花粉症になり抗アレルギー剤を飲んだら、円形脱毛症が治った…ということもあり得るということです。
引用元:銀座HSクリニック

脱毛症の中でも円形脱毛症は、自己免疫疾患であることが分かってきています。花粉症の原因も、自己免疫の異常であることはすでにお話しましたよね。つまり、花粉症と円形脱毛症は、同じメカニズムで発症しているということ。

男性ホルモンが原因のAGAの場合はメカニズムが異なるため、花粉症の薬がAGAに絶対効くというわけではありません。でも、円形脱毛症だけではなく、花粉症が原因の薄毛や脱毛ならば、花粉症の治療によって薄毛の方も改善することは、じゅうぶん期待できます。

※円形脱毛症について詳しく知りたい方はコチラの記事へ
円形脱毛症の原因や治療を徹底解説!AGAとの違いはどこにある?

ハゲてきても、それが花粉症の影響だなんて考えたこともないって人の方が、きっと多いよな!

元々花粉症がなくても、抜け毛が増えたてきたら、花粉症の症状が頭皮にだけ現れてるかもしれないって疑ってみるといいかもな!

花粉症が治れば薄毛も治るかも!花粉症改善のための秘訣って?

なんと、薄毛も花粉症の症状のひとつと言えることが分かってきましたが、では花粉症由来の薄毛には、どんな対処をしたらよいでしょうか?

セルフケア法をご紹介!

花粉症による頭皮のかゆみやむくみが原因で薄毛になっている場合、まずは元となる花粉症を何とかしなければなりません。

花粉症治療には、前章でもお伝えしたように、病院で薬をもらうことも効果的です。効果の高い抗ヒスタミン薬や抗アレルギー薬が出ていますので、症状がつらい方は薬を試してみるのもオススメです。

その他に、家庭でできるセルフケアもいろいろありますので、ここではそれをご紹介したいと思います。

  • 栄養バランスのとれた食事
  • 睡眠をしっかりとる
  • 帽子の着用
  • シャンプーをしっかりする

自分でできる対処法としては、このようなものが挙げられます。以下に、詳しくお話します。

生活習慣を整える

花粉症は自己免疫の異常によって起きるため、免疫力アップが花粉症の改善に有効です。そのためには、何といっても生活習慣を整えることが重要です。

タンパク質の摂りすぎもアレルギー症状を招くため、お肉やお魚はほどほどに、何でもバランスよく食べることが大切です。

また、インスタント食品やスナック菓子などに含まれる添加物は、免疫機能を低下させてしまいます。このような食品は、たまに楽しむ程度にしておきましょう。

質の良い睡眠は、疲労から身体を回復させ、その機能を維持するために絶対必要なものです。睡眠不足が続くと免疫力もダウンしてしまうので、是非ともしっかり眠りましょう。

花粉を頭皮に寄せ付けない

花粉による薄毛を防ぐには、できるだけ頭皮から花粉を遠ざけるのも有効です。外出するときは帽子をかぶる、髪は短めにする、風が強い日は外出を避けるなどすると良いようです。

とはいえ、気を付けていても、花粉を一粒もくっつけないことは不可能ですよね。ついてしまった花粉は、玄関の外で払ってから室内に入る、シャンプーでしっかり洗い流すなどして、花粉の影響を受けにくい状態をキープしましょう。

まずは診断を受けよう!

花粉症を改善するための方法をご紹介してきましたが、これらの対策は花粉症による薄毛に対するものです。すでに頭皮のかゆみなどを感じているなら、その症状が本当に花粉症によるものなのか、医師に診断してもらうことが先決です。

また、抜け毛や薄毛が気になってきている方も、もしかしたら花粉症が原因になっていることがあるかもしれません。くしゃみなどの花粉症らしい症状がなくても、念のためアレルギー検査を受けてみる価値はありそうですね。

ここでご紹介したセルフケアは、誰にとっても、やって悪いというものではありません。ただし、市販薬は花粉症でないなら飲まない方が良いものです。いずれにしても、花粉症や薄毛に対して不安があるならば、病院へ行って正しい診断を受けることが必要ですね。

花粉症にならないように気を付けることで、防げるハゲもあるということだな!ちょっと希望が湧く話だぜ!

もう花粉症になっちゃってるという人でも、改善することはできるぞ!食事や睡眠の他に、適度な運動も有効みたいだな!

その薄毛は花粉症の症状かも!免疫力向上でハゲも花粉症も撃退!

花粉症がハゲを進行させるという、ちょっと気になる噂について検証してきました。

確かに両者の間には関連がありましたが、花粉症の人はみんな薄毛になるというわけではなく、花粉症の一症状として頭皮環境の悪化があり、そのせいで脱毛が起こりやすいというメカニズムでした。

できればなりたくないけど、残念ながら多くの人がなってしまうという共通点もある、花粉症とハゲ。でも、免疫力を上げることで予防することも可能です。毎日の生活を見直して、できるだけ快適な頭皮で過ごしましょう!

なるほど!花粉症が薄毛を悪化させる原因になり得るという事だな。

花粉症と薄毛に悩んでいるのであれば、要注意だな!

まったく!花粉症は迷惑にもほどがあるんだぜ!・・・ヘックション!!

この記事をシェア!!

  • いいね!
  • リツイート
  • はてなブックマーク
    はてブ
PAGETOP
育毛の道は1日してならずじゃ!
閉じる
閉じる