【育毛剤のミカタ】ハゲリーマン
女性の薄毛

髪の毛が細い女性は薄毛になるリスクが!?対策法は?

no image
  • いいね!
  • リツイート
  • はてなブックマーク
    はてブ

女性にとって髪はとても大切なものですよね。その髪が最近細くなった気がする、他の人と比べて細いかもしれない、そう感じ始めたらそれは薄毛のサインかもしれません。

髪が細いとどうして薄毛に繋がってしまうのか、それは髪全体のボリュームダウンになってしまう為ですね。

以前より髪が細くなってしまう原因は何なのか、そして普段どのようなことに注意していれば良いのか、気になる情報を徹底解説していきましょう。

髪の毛が細いと薄毛になる!?抜け毛より怖いその理由とは

髪の毛の太さが半分になると、髪全体のボリュームとしては4分の1程度になってしまうと言われています。つまり、抜け毛が増えなくても薄毛になってしまうリスクが高いのです。

抜け毛の場合は、自覚症状として感じることができますよね。しかし、髪が細くなるのは徐々に進んでいくもので自覚症状がなく、気づいたときには薄毛が進んでいる可能性もある恐ろしい状態です。髪が細くなってきた、そう感じたら、早めの対処が必要となります。

ちなみに、元から髪が細い人はそういう体質であるため、髪が細いからといって薄毛リスクが高いというわけでなく、あくまでも今の状態より髪が細くなるといった変化の方が重要なのです。

髪が細くなるというのは気づかないうちに進行しているのだな…。気づいたときには薄毛に、その可能性が高いとは恐ろしいことだ。

髪が細くなってきたという変化、見逃さないようにしておかなければな。

髪が細くなってしまう3つの原因をチェック

まずは、どうして髪が今より細くなってしまうのか、その原因となる主な3つの要素をご紹介していきましょう。

  • 栄養不足
  • 血流の悪化
  • 頭皮ダメージ

これらが髪の細さとどう関係しているのか、1つずつチェックしていきます。

栄養不足

髪の成長に必要な栄養が不足すれば、髪が十分に成長することができません。その結果、細く弱い髪になってしまうのです。

血流の悪化

ストレスや肩こり、目の疲れなどによって血流が悪化すると、毛根や髪に十分な栄養が供給できなくなってしまいます。

栄養不足と同様、髪が十分成長できずに細く、弱くなってしまうわけです。

頭皮ダメージ

ヘアカラーやパーマ、シャンプーによって頭皮にダメージを与えると、頭皮環境が乱れて髪が細くなってしまう要因となる場合があります。

頭皮の乾燥、炎症は、土の状態が悪い畑と同じ状況です。

良い作物を作るためには良い土壌が必要なのと同じように、頭皮環境が髪に栄養を及ぼしてしまうことを覚えておきましょう。

髪が細くなる主な原因としては、髪への栄養不足と頭皮環境の悪化があるのだな…。

食事やストレス、肩こり、シャンプーといった身近なものが髪が細くなる事に繋がっているということは、意識しておきたいものだ。

髪の太さを維持するために心がけたい5つのポイント

どうすれば髪の太さを維持できるか、その対策としては次の5つのポイントをチェックしておきたいですね。

  • 髪に良い栄養をしっかり摂る
  • ストレスを溜めない
  • スマホ・パソコンの長時間使用に注意する
  • カラーリングやパーマを控える
  • 刺激の少ないシャンプーを使用する

それぞれのポイントについて、ご紹介していきましょう。

髪に良い栄養をしっかり摂る

髪に良い栄養をしっかり摂ることで、髪に栄養を届けて太く、しっかりした髪を作る事に繋がります。

髪のとって特に大切な栄養は、タンパク質やビタミンです。これらをしっかり摂ることを意識しておきましょう。

髪にとってどのような栄養が必要となるのか、詳しいことはこちらの記事で解説していますので、ぜひチェックしておきたいですね。

ストレスを溜めない

ストレスを適宜に解消することで、血流の悪化を防ぐだけでなくホルモンバランスや自律神経の乱れ改善にも繋がります。

ホルモンバランスや自律神経の乱れは、肌荒れや便秘といった女性にとって嬉しくないことを引き起こす可能性があるので注意したいところです。

睡眠不足もストレスの要因になりますので、睡眠時間はしっかりと確保しておくようにしましょう。

スマホ・パソコンの長時間使用に注意する

スマホやパソコンを長時間使用して眼精疲労になる、目が疲れるなどすれば、血流悪化につながってしまいます。一定時間ごとに休息をとるよう意識することが大切です。

ハゲとスマホ・パソコンの関係について、こちらの記事女性の側頭部が薄毛になる原因はパソコンやスマホ!?でも取り上げてご紹介しています。興味がある方はチェックしておきましょう。

カラーリングやパーマを控える

カラーやパーマは頭皮にダメージを与える恐れがあります。頻度を考え、繰り返し行わないよう注意したいですね。

ちなみに、髪を強く引っ張るヘアアレンジも頭皮、毛根にダメージを与える恐れがあります。

分け目に負荷をかけすぎないよう、注意しておきましょう。

刺激の少ないシャンプーを使用する

刺激が強い、洗浄力の強いシャンプーは、頭皮の汚れをしっかり落とす効果が期待できますが、必要な皮脂まで洗い流してしまう恐れがあります。

最低限の皮脂が失われると頭皮が乾燥し、外部からの刺激を受けやすくなるので頭皮が傷つきやすくなってしまう場合もあるのです。

刺激の強いシャンプーは、炎症やかゆみ、フケ、ベタベタの要因にもなりますので、頭皮に優しいシャンプーを選ぶようにしたいですね。

女性の育毛にオススメのシャンプーについて、特集記事で紹介しています。シャンプー選びの参考に、ぜひ一読しておきましょう。

髪が細くならないためには、栄養をしっかり摂ってダメージを与えないようにすることが大切なのだな!

食事、生活習慣、そしてシャンプー。しっかりチェックして、すぐにでも対策を始めるようにしようではないか。

髪の毛が細いと感じ始めたら要注意!?今日から薄毛対策を始めよう

髪の毛が細い気がする、細くなった気がすると思った女性は、すでに薄毛になっている可能性があるので注意が必要です。

抜け毛は薄毛の自覚症状として分かりやすいのですが、髪が細くなるのは自分では認識しづらいというリスクがあります。

髪が細くなる原因としては栄養不足や血流悪化が挙げられるので、しっかり栄養を摂る、ストレスを溜めないなどの対策をとりたいですね。

髪が細いというのは、抜け毛と違ってぱっと見では分かりづらいものだ。だからこそ、普段から髪が細くならないための対策をしておく必要があるのだ!

栄養を取り、血流を促進する、そして頭皮ダメージに注意する。常にこの3つを意識しておきたいものだな。

この記事をシェア!!

  • いいね!
  • リツイート
  • はてなブックマーク
    はてブ
PAGETOP
育毛の道は1日してならずじゃ!
閉じる
閉じる
閉じる