【育毛剤のミカタ】ハゲリーマン
女性の薄毛

女性の薄毛治療は皮膚科とは限らない!何科に行くべき?

no image
  • いいね!
  • リツイート
  • はてなブックマーク
    はてブ

女性が薄毛に悩み、治療を考えたとき、どの病院を選ぶべきなのでしょうか。まずは皮膚科をイメージするかもしれませんが、実は「薄毛治療は必ずしも皮膚科に行くべき」とは限りません。

薄毛の原因によって、皮膚科や婦人科、心療内科といった選択肢が出てくるのです。自分が何科を選べば良いのか、原因が分からない場合はどうすれば良いのか、薄毛治療を行うにあたって知っておきたい病院選びのポイントをご紹介していきます。

薄毛の悩みは何科で解決?原因別のオススメ診療科をご紹介

まず病院で薄毛を治療しようとしたら、多くの人が皮膚科を思い浮かべると思います。薄毛は、髪が抜けることで引き起こされるものです。頭皮を治療すれば改善する、そう考えて皮膚科を選ぶのも間違いではありません。

しかし、薄毛治療が出来る診療科には、次の3つが挙げられるのです。

  • 皮膚科
  • 婦人科
  • 心療内科

婦人科や心療内科で薄毛治療…なかなかイメージ出来ない人もいるかもしれませんが、薄毛はその原因によって通うべき診療科が決まってきます。

それぞれの診療科をどうやって選べば良いのか、その診療科はどのような人が向いているのか、その判断材料、目安について知ることが大切なのです。

薄毛は皮膚科で治すものとばかり思っていたが、まさか婦人科や心療内科でも治療する場合があるとは…。しかも原因によって通うべき診療科が決まっているだと?

どの原因でどの診療科に行くのか、しっかりとチェックしておかなければ。

皮膚の炎症等による薄毛【皮膚科】

皮膚科に通うことをオススメするのは、頭皮の炎症によって薄毛が引き起こされている場合です。

  • 脂漏性皮膚炎
  • アトピー性皮膚炎
  • 頭皮湿疹
これらが原因で薄毛になっている場合、頭皮の症状を改善すれば薄毛の解消に繋がります。ですから、まずは頭皮の状態を正常に戻すための治療が必要であり、だからこそ皮膚科という選択がオススメなのです。

脂漏性皮膚炎によって引き起こされる脂漏性脱毛症については、こちらの記事で詳しくご紹介しています。ぜひチェックしてみてください。

皮膚科で行う治療は外用薬が基本

皮膚科での治療は、頭皮の炎症を抑えるため外用薬での治療が基本となります。

しかし、かゆみが強い場合は、内服薬が処方される場合もあります。

処方される抗ヒスタミン剤などの内服薬は、あくまでもかゆみを抑えるといった対処療法であり、かゆみの原因を解消するものではありません。

医師の指導の下、決められた外用薬治療をしっかりと行うようにしたいですね。

皮膚科では、皮膚の状態悪化により引き起こされた薄毛治療ができるのだな。頭皮の状態が戻れば薄毛も改善するということか!

皮膚疾患が原因の薄毛は、やはり皮膚科なのだな。

ホルモンバランスの崩れによる薄毛【婦人科】

ホルモンバランスの崩れによって男性ホルモンが優位となってしまうと、ヘアサイクルが乱れて抜け毛が増える【びまん性脱毛症】が引き起こされてしまう恐れがあります。この場合は、婦人科での治療がオススメです。

ホルモンバランスの崩れは、次のようなことが原因となって引き起こされてしまいます。

  • 加齢による女性ホルモンの減少
  • ストレス
  • 睡眠不足
  • 過度なダイエット
  • 出産

女性特有の変化が原因となって薄毛が生じている場合もありますので、その場合は婦人科へ行って相談してみるのが良いでしょう。

びまん性脱毛症については、こちらの記事びまん性脱毛症(FAGA)とは?原因と治療方法を紹介でさらに詳しく紹介していますので、興味がある方は見てみてくださいね。

婦人科で行う治療はホルモン補充療法

婦人科では減少したホルモンを補ってバランスを整えるホルモン補充療法を行ってくれる場合があります。

また、ホルモンバランスの崩れによる脱毛は、ホルモンバランスの崩れとなった原因を正せば症状の改善も見込めます。

ストレス解消、睡眠時間の確保、栄養バランスの良い食生活、これらを心がけることで改善する場合もありますので、まずは規則正しい生活を送るよう意識してみましょう。

ホルモンバランスの乱れによる薄毛は、婦人科で治療が可能なのか!女性ホルモンの減少や産後のことなどは、婦人科が専門だからな。なるほど。

女性の【びまん性脱毛症】は普段の生活を改善するだけでも効果があるらしい。まずは規則正しい生活を送るようにしてほしい。

ストレスによる円形脱毛症【心療内科】

円形脱毛症は、アレルギーやストレスなどが原因で引き起こされてしまう脱毛症です。ストレスが原因である場合は、心療内科での治療がオススメです。

心療内科では、カウンセリングや漢方薬の処方によって薄毛の原因となったストレスを解消していきます。

これによって、薄毛の改善を目指すのです。

アレルギー等が原因の場合は皮膚科での治療を!

円形脱毛症は、ストレスによって引き起こされているだけではありません。他にも、アレルギー等による自己免疫疾患から引き起こされている場合もあります。その場合は、心療内科ではなく皮膚科での治療を検討しましょう。

皮膚科での円形脱毛症の治療は、薬物療法や刺激療法を行っていきます。

ストレスによる円形脱毛症は心療内科で治療出来るのか…。薄毛治療で診療内科とは考えたことはなかったが、言われてみれば納得だ。

しかし、ストレス以外の原因による円形脱毛症は皮膚科での治療が適しているらしい。やはり原因を知ることは大切なのだな。

何が原因の薄毛か分からない場合は薄毛治療専用クリニックへ!

自分の薄毛が何によって引き起こされている分からない、そういう人も多いことでしょう。原因が分かっていれば、先ほどご紹介した診療科へ行ってみれば良いわけですが、原因が分からない場合はどうすれば良いのでしょうか。

原因が分からない場合、病院へ行ってもたらい回しにされてしまう恐れがあります。それは避けたいですよね。

薄毛の原因が分からない場合は薄毛治療専門のクリニックの受診をおすすめします。

薄毛治療専門のクリニックでは、患者1人1人の頭皮の状態をチェック、カウンセリング、検査を経て、何が原因で薄毛が引き起こされているのかをしっかりと確認していきます。そして、原因に応じた治療を行っていくのです。

専門クリニックだからこその、豊富な経験・実績、そして多彩な治療法がありますので、患者1人1人に合ったベストな治療を行うことができます。そして、しっかりと薄毛の悩み解消までのサポートをしてくれるのです。

薄毛は気になるけどどうしたら良いか分からない、そんな悩みを抱えている人は、まず薄毛治療専門クリニックで相談してみると良いでしょう。

薄毛の原因が分からなければ、薄毛治療専門クリニックへ行けば良いのだな!検査や診察を経て、原因を特定し、それに応じた治療を行ってくれるとはありがたい。

原因が分からない気になる薄毛があれば、薄毛治療専門クリニックへ行ってみるのだ。

女性の薄毛治療は原因に応じて何科に通うべきか決まる!

病院での薄毛治療を検討するなら、まずは何科に通うべきかを考えてみましょう。薄毛の原因、症状によって、通うべき診療科が異なってきます。対応できない薄毛の症状・原因だった場合、どんどんたらい回しにされてしまう可能性があるので気を付けたいですね。

皮膚の炎症によって引き起こされている場合は皮膚科、ホルモンバランスの乱れによって引き起こされている場合は【婦人科】、円形脱毛症などストレスが原因の脱毛症は【心療内科】など、病院へ行く前に自分で判断する必要があるのです。

自分の薄毛の原因が分からない場合は、薄毛の原因を調べそれに応じた治療を行ってくれる専用クリニックでの治療がおすすめです。薄毛の原因が分かっているかどうか、それによって通う病院、クリニックを選ぶと良いでしょう。

女性の薄毛は、その原因によってどの病院へ通うのかを決めるべきなのだな。そして、原因が分からなければ薄毛治療専門クリニックへ行ってみるべきということか。

薄毛は、原因に応じた治療をしなければ意味がない。だからこそ、原因を特定してそれに合った病院へ行くのが大切なのだ。

この記事をシェア!!

  • いいね!
  • リツイート
  • はてなブックマーク
    はてブ
PAGETOP
育毛の道は1日してならずじゃ!
閉じる
閉じる
閉じる