【育毛剤のミカタ】ハゲリーマン
女性の薄毛

女性の薄毛治療薬!種類と価格を徹底解説

no image
  • いいね!
  • リツイート
  • はてなブックマーク
    はてブ

女性の薄毛は、誰にも相談できずに1人で悩んでしまう場合も多いものです。しかし、今は効果のある女性の薄毛治療薬が色々と登場しており、薄毛は治療できる時代となっています。

薄毛治療薬にはどのような種類があるのか、どのような薄毛に効果があるのか、そして費用はいくらかかるのか、気になりますよね。

そこで、薄毛に悩んでいる貴女に是非チェックしてもらいたい薄毛治療薬情報を徹底解説していきましょう!

育毛剤の医薬品、医薬部外品、化粧品の違いって何?

育毛剤は、主に3つの種類に分けることができます。

  • 医薬品
  • 医薬部外品
  • 化粧品

この3種類の違いは、主にその使用目的、そして効果・効能です。

種類 認可 特徴
医薬品 厚生労働大臣が認可 治療を目的とした薬
効果効能を明確に記載可能
医師の処方が必要な物や
ドラッグストアで購入可能な物もある
「薬」なので副作用に要注意
医薬部外品
(薬用)
厚労省が許可した有効成分が
一定濃度で配合
治療効果は穏やかだが
商品への記載可能
長期間の使用が可能
化粧品 なし 効果効能が緩和
肌の清潔、美化等を目的
治療効果がある事の明記不可

医薬品は治療を目的とした薬、そして医薬部外品はそれよりも効果が穏やかであり、化粧品は肌の健康等を目的として治療効果は記載できない、というわけです。

効果効能で考えれば、その効き目は次の通りになります。

医薬品 > 医薬部外品 > 化粧品

まずは基本的な違いをしっかりと理解し、自分がどの育毛剤、薄毛治療薬を選ぶための判断材料としましょう。

医薬品、医薬部外品、化粧品の違いは、その効果・効能にあるのだな。認可されているかどうかというのも大きなポイントなようだ。

どのように違いがあるか、しっかりチェックしてくれたまえ。

女性の薄毛治療薬は主に3タイプ!それぞれの特徴

女性の薄毛治療薬は、主に次の3種類に分けることができます。

  • 内服薬
  • 外用薬
  • 注射・注入

それぞれの特徴を、簡単に紹介していきましょう。

内服薬

抜け毛を改善する飲み薬です。

薬によって服用回数、飲むタイミングが異なります。外用薬との併用で処方されることもあります。

外用薬

外用薬は、頭皮の薄毛が気になる部分に直接塗って使用します。

気になるところにピンポイントで使えるという特徴がありますね。外用薬だけでなく、内服薬を併用して使用することもあります。

注射・注入

注射による薄毛治療は、頭皮に直接有効成分を注入するというものです。注射による治療には、次のような種類があります。

  • 育毛メソセラピー
  • HARG療法
  • PRP療法

それぞれ注入成分が異なり、注入回数・治療期間もクリニックによって異なる場合があります。

薄毛治療薬には内服薬、外用薬、注射等の方法があるのだな。それぞれの特徴をチェックし、自分がどの方法を選択するかの参考にしたいものだ。

女性用薄毛治療薬ならコレ!おすすめの4つをピックアップ

では、ここで女性用薄毛治療薬のおすすめ商品を4つピックアップしてご紹介していきましょう。

【内服薬】パントガール

パントガールは、女性特有の薄毛であるびまん性脱毛症や、出産後の一時的な薄毛に高い効果が期待できます。

主な成分は、次の通りです。

  • タンパク質
  • ビタミンB
  • アミノ酸

では、気になる効果、そして価格を見ていきましょう。

効果 副作用 価格
購入先
使用者の70%以上に抜け毛の減少効果 特に報告なし
医師の診断・処方を受けるのが確実
AGAクリニック
…90錠1か月分15,000円程度
インターネットで海外から輸入
…10,000円前後

パントガールについて、詳しくはこちらの記事でご紹介しています。

【外用薬】リアップリジェンヌ

日本皮膚科学会が定めた、AGA治療におすすめの治療薬であるミノキシジルが配合されている女性用育毛剤です。

男性用のものと比較して、配合されているミノキシジルが低濃度となっています。

効果、価格は次の通りです。

効果 副作用 価格
購入先
頭頂部やつむじ、分け目の薄毛が特徴の
女性壮年性脱毛症(遺伝性薄毛)に効果が期待
ミノキシジル配合のため
ミノキシジル服用時の副作用に注意
頭痛、頭皮のかぶれ、胸の痛み等
ネット、ドラッグストアで購入可能
1本4,500円

リアップリジェンヌについて更に詳しい情報が知りたい方には、こちらの記事もオススメです。

【外用薬】パントスチン

パントスチンは、抜け毛の原因となる男性ホルモンを抑える効果があります。

抜け毛の減少は1か月ほどで実感できる人も多い薄毛治療薬です。

効果 副作用 価格
購入先
男性ホルモンを抑える効果があるので
びまん性脱毛症(FAGA)に効果が期待
副作用リスクは低いが
まれにかぶれや頭皮の炎症が起こる
AGAクリニック・病院
1本12,000円程度
個人輸入
1本4,000円程度

パントスチンについて気になる方は、こちらの記事もぜひチェックしておきましょう。

育毛メソセラピー

育毛メソセラピーは、有効成分を直接頭皮に注入するため高い効果が得られます。どのような原因の薄毛にも効果があるというのも、育毛メソセラピーの魅力です。

では、気になる効果、価格を見てみましょう。

効果 副作用 価格
購入先
どのような原因の薄毛にも対応
1クールの治療で効果が確認でき治療完了可能
注射する際に痛みを感じる人がいる
麻酔を使用しているクリニックもある
注入する成分等によって異なる
1回10,000円程度~150,000円程度まで幅広い
6~12回程度
内服薬、外用薬は毎月10,000円前後かかってしまうようだな。育毛メソセラピーに関しては治療完了までに数十万円もの料金がかかってしまう場合もあるじゃないか。

各治療薬の特徴はもちろんだが、かかってしまう費用についてもしっかり確認しておかなければな…。

どの治療薬が処方される?女性の薄毛のタイプは主に3種類!

実際どの治療薬が処方されるのか、それは薄毛のタイプ・原因によって異なります。

女性の薄毛タイプは、主に次の3種類です。

それぞれのタイプで用いられる治療薬は、主に次の通りです。

薄毛の種類 治療薬
びまん性脱毛症
壮年性脱毛症
FAGA
パントスチン
リアップリジェンヌ
育毛メソセラピー
産後脱毛症 パントガール
円形脱毛症 ステロイド剤
育毛メソセラピー

ただし、どの治療薬を用いるのかは診察を行う医師次第ということも多く、生活習慣の改善等で症状が良くなる場合もあります。

自分がどのような薄毛タイプなのか分からない、どういう治療をすれば良いのか気になるという場合は、AGAクリニックや皮膚科で相談してみると良いでしょう。

薄毛のタイプによって使用する治療薬が異なるのだな。これは自分で判断するのは簡単ではなさそうだ…。

薄毛に悩んだ時はまずクリニックで相談し、どのような治療が適しているか医師の指示を仰ぐのが良さそうだな。

女性用薄毛治療薬は自分に合うものを選ぼう

女性用薄毛治療薬には内服薬、外用薬、注射といった様々な種類があります。また、薄毛治療薬にはそれぞれに特徴があり、使用するのに適した薄毛のタイプがあるので確認が必要です。

薄毛が進行すれば治療薬の効果が効きにくくなってしまいますし、自分の薄毛の状態にあった治療薬選びが重要です。ですから、薄毛が気になったら早めに病院へ行くようにしたいですね。

女性用薄毛治療薬は、内服薬、外用薬、注射といった種類があり、薄毛にタイプ・症状に応じて適した治療薬・治療法があるのだな。

薄毛は進行すれば治療に時間がかかるものだ。自分がどの方法で治療をするのか、気になる症状があるときは早めに医師に相談してくれ。

この記事をシェア!!

  • いいね!
  • リツイート
  • はてなブックマーク
    はてブ
PAGETOP
育毛の道は1日してならずじゃ!
閉じる
閉じる
閉じる