【育毛剤のミカタ】ハゲリーマン
髪に関するコラム記事

女性の薄毛対策!この方法で治療しよう

女性の薄毛対策!この方法で治療しよう
  • いいね!
  • リツイート
  • はてなブックマーク
    はてブ

女性の薄毛には様々な種類があり、それに対する対策や治療法も違います。

間違った対策を取ることで、症状が改善するどころか逆に悪化してしまう可能性も…。

薄毛に限らず、何かしらの不調があったときは適切な対策・治療を行うのは当然ですよね。

「もしかしたらこれって脱毛や薄毛の症状かも?」と思った方も「将来薄毛になりたくない!」という方も、対策・治療法を学んで美しい髪の毛を維持しましょう!

あなたはどのタイプ?自分が気になる薄毛タイプをチェックしよう

当然ですが、どのような薄毛の症状かによって取るべき対策は変わってきます(もちろん共通する部分もありますが)。

今回、こちらの記事では女性が発症する可能性がある以下の6種類の薄毛・脱毛症をピックアップしました。

  • 全体的に薄くなる「びまん性脱毛症」
  • 頭皮のベタつきやフケが出る「脂漏性脱毛症」
  • 乾燥したフケがたくさん出る「粃糠性脱毛症」
  • 生え際や分け目が薄くなる「牽引性脱毛症」
  • 性別年齢にかかわらず発症する「円形脱毛症」
  • 出産後に突然髪の毛が多く抜ける「分娩後脱毛症」

簡易的な紹介ではありますが、これだけでも取るべき対策が違うんだろうな…と思っていただけるのではないでしょうか。

それぞれの詳しい症状や、どうしてそうなってしまうのか、つまり原因が知りたい!という方はこちらの記事にて詳細に説明しています。「もしかして自分の薄毛はこの症状なのかな?」と思った方は一度チェックしてみてください。

とはいえ、症状が違っていても共通してぜひ取っておくべき方法、治療というよりも対策やケアに分類されると思いますが、そのようなものもありますので、そちらも合わせてご紹介していきたいと思います。

薄毛といったらただハゲるだけのイメージがあったが、これだけの種類があるんだな。

確かに原因もそれぞれ違うと、対応した対策や治療が必要になりそうだ。

症状の内容と自分の状態が当てはまってるかチェックだな!

女性に一番多い「びまん性脱毛症」の治療法は豊富!

女性に一番多い薄毛・脱毛の症状である「びまん性脱毛症」。

その原因は加齢やホルモンバランス、ストレスなど多岐に渡っており、具体的に「コレ!」と言えるものはありません。

それでは対策の打ちようがないのでは…?と思われるかもしれませんが、そこは女性が一番なりやすい薄毛の症状というだけあり、様々なケア方法や治療方法が提唱されています。

今日から始められる方法から、クリニックで受ける本格的な治療まで、具体的な治療方法をご紹介しましょう。

女性ホルモンが多く含まれた食材を食べよう!

多くの場合、びまん性脱毛症の症状が見られるのは30代後半~40歳ごろからと言われています。

それは女性の薄毛の原因のひとつとして、女性ホルモンの「エストロゲン」の分泌量が減少したことによるものだから、と言われているからなんですね。

逆に言ってしまえば、体内のエストロゲン量が減少しなければ薄毛も起こりづらいと言うことが出来ます。

つまり、エストロゲンを豊富に含む食材を積極的に摂取していれば薄毛予防にもなるんです。

女性ホルモン、特にエストロゲンは髪の毛だけでなく肌など、女性にとっては必須と言えるもの。美しさを長く保つためにぜひとも意識しておきたいところですよね。

やはり有名なのは植物性エストロゲンである「イソフラボン」を多く含む大豆製品。豆腐、豆乳などをできるだけ多く摂りましょう(ただし摂りすぎはNG!)。

過度なダイエットは薄毛の原因。きちんと食べて!

過度なダイエットは栄養不足を呼び起こします。

栄養不足になると髪にまで栄養がいかず、太い髪の毛が生えなかったり、そもそも生えてこなかったり、生えてきてもコシがなくすぐ切れてしまったり…と、健康な毛髪が生まれません。

そもそも栄養不足は髪に限らず、身体にとっても悪いので、きちんと栄養はとりつつも運動する、といった形のダイエットにしましょう。

ダイエットと髪の毛の関係はダイエットの特集記事に詳しく書かれていますので、ダイエット中だけど薄毛のケアもしたい、という方や、ダイエットしたら髪の毛が薄くならないか心配…という方は読んでみてください。

クリニックで内服薬をもらう治療方法もある

さて、ここからはクリニック、つまり病院での治療方法について説明していきたいと思います。

「わざわざ薄毛で病院なんて…」と思われる方もいるかもしれませんが、最近では薄毛に悩む女性のための専門クリニックも多くあり、相談・治療しやすい環境になってきているといえます。

例えばヘアメディカルの特集記事で詳細を紹介しています「ヘアメディカル」というクリニックは男性の薄毛(AGA)だけでなく女性の薄毛治療にも力を入れており、無料カウンセリングを受けることも出来るんです。

それでは具体的にどのような治療をしているのかといいますと、多いのが内服薬による治療です。

ミノキシジルが含まれた内服薬を処方されることもあります。ミノキシジルは血行を促進させ、発毛を促進させる効果があり、男性型脱毛症、つまりAGAの治療にも使われている成分ですね。

発毛因子を直接注入!?「育毛メソセラピー」「HARG療法」

他にクリニックや育毛サロンで受けられる治療は「育毛メソセラピー」や「HARG療法」が当てはまります。

HARG療法は複数のクリニックにて共通する名称ですが、育毛メソセラピーの場合は「発毛メソセラピー」であったり、「毛髪再生メソセラピー」であったりとクリニックによって少々名称が違います。

これらの方法の特徴は、頭皮に直接細い針で薬剤を注入することによって、より高い効果、より速い期間で発毛・育毛を促すという治療法です。

どのような成分が含まれているのかといいますと、

  • ビタミン(頭皮の状態を健康に保つ)
  • 血管を拡張させる成分(発毛を促す)
  • インスリンなど(髪の毛を太くする、発毛を促すなど)

などで、内容はそれぞれのクリニックによってまちまちではあるのですが、

  • 頭皮をケアする成分
  • 頭皮の血流をよくする成分
  • 発毛を促す成分

これらが含まれているもの、と考えていただければいいと思います。

HARG治療についても育毛メソセラピーと大幅に違うことはないのですが、毛髪育成のために必須の「育毛メソカクテル」と発毛を促すための「成長因子」がひとつになった「HARGカクテル」を使用しています。

育毛メソセラピーについて詳しく知りたい方はこちら
育毛メソセラピーの効果がスゴイ!特徴と費用をご紹介

女性が一番悩むものだからこそ、治療法もたくさんあるんだな。

クリニックで治療を受けられるのもありがたいところだ。

しかし、メソセラピーはかなり価格が高いから要検討、だな…。

「脂漏性脱毛症」は頭皮環境の改善から始めよう

頭皮の皮脂分泌量が多いことによって、皮膚の常在菌が異常繁殖しフケ・かゆみ・そして抜け毛といった症状を引き起こしてしまう「脂漏性脱毛症」。

脂っぽい頭皮は人に悪い印象を与えてしまうので脱毛という部分以外にも気をつけておきたいところですよね。

どのような対策を取ることで、脂漏性脱毛症の症状が改善・治療できるのでしょうか?

何はなくとも頭皮環境の改善が第一!

脂漏性脱毛症の場合、何はなくとも頭皮環境を改善することがマスト!です。

なぜなら頭皮環境が悪いからこそ余分な皮脂が出てしまっているわけですから、そこを改善するのは当然のことですよね。

詳しくは後述しますが、

  • 余分な皮脂が出ないようにする
  • 乾燥しないようにする
  • 体内からも皮脂が出るのを防ぐ

ことが大切です。

これらのポイントを守れば、自然と頭皮環境がよくなり症状も落ち着きます。セルフケアでも十分対処できる脱毛症と言えるでしょう。

シャンプーは洗浄力が強すぎないものを

シャンプーは洗浄力が強すぎないものを選びましょう。市販のシャンプーは洗浄力が強く、思ったよりも頭皮の皮脂が落ちすぎている…なんてことも珍しくありません。

皮脂が落ちているならいいことなのでは?と思いがちですが、皮脂を取りすぎていると頭皮が「もっと皮脂を出さなければ!」と命令し、過剰なまでに皮脂を分泌してしまうんです。

シャンプー後に乾燥を感じる、という方は皮脂を落としすぎているかもしれません。

逆に、シャンプー後もベタつきを感じる方は皮脂が落としきれていない可能性が高いです。シャンプーの洗浄力が低すぎる、あるいは洗い方が雑だったりすすぎ残りがある可能性が高いので、それらを見直してみましょう。

肌質はとても重要。自分の肌はどのタイプ?

シャンプーの話に通じるのですが、自身の肌質はとても大切です。

なぜなら、乾燥肌なのに脂性肌用のシャンプーを使っていると、皮脂を取る力が強すぎてさらに乾燥を呼び、それが皮脂の過剰分泌に繋がるからです。

そして、脂性肌なのに乾燥肌のシャンプーを使っていると皮脂が取りきれず、常在菌の繁殖が進んでしまう…と、肌質に合っていないと状況を改善どころか悪化させてしまうんですね。

自分の肌は乾燥肌なのか脂性肌なのか、それとも敏感肌なのか、タイプを見極める必要があるでしょう。

どうしてもわからない!という場合は皮膚科で診察してもらうとわかりますので、アドバイスをもらいに行ってもいいかもしれません。

強いかゆみを感じたら炎症を起こしている証拠。病院へ!

もし、脂っぽいフケが出ていて、抜け毛が増えて、そして強いかゆみを感じていたら炎症を起こしている可能性があります。

特別強い症状が出ていなければ、シャンプーなどのセルフケアで十分脂漏性脱毛症は改善できるのですが、放置して症状が悪化している場合は病院にて治療を受けなければなかなか治らない状態となってしまいます。

病院で診察を受けた結果、必要であれば菌の増殖を抑える「抗真菌薬」や、かゆみ止めの「ステロイド剤」などを処方してもらえます。

薬を塗ったり、飲むことによって症状は改善されますが、普段からの行動が頭皮環境を悪化させるものであればまた再発してしまいます。

診察時には普段のシャンプーなどのアドバイスもしてもらえると思いますので、参考に頭皮環境の改善に努めましょう。

アルコールや脂っこいものは皮脂を増やす原因に

内側からのケアも実は重要です。

適度なものであれば大きな問題ではありませんが、アルコールや揚げ物などの脂っこいものは皮脂を増やす原因になると言われています。

普段から脂っこい食事が多い方は、体内から皮脂の過剰摂取が行われているといっても過言ではありません。

脂っこいものを食べる回数を減らす、代わりにヘルシーなものにする(特に食物繊維など)…などの工夫をして、体内からの皮脂量も減らすようにしてみましょう。

皮脂が出過ぎるとそれが脱毛・薄毛の原因になってしまうんだな…。

最悪病院で薬をもらってこないといけないなんて、怖い話だ。

シャンプーや食事に気をつければ十分予防・対処が出来る点はありがたいな。

「粃糠性脱毛症」の場合は基本的に病院へ行ったほうがいい

大量のかさぶたのようなフケが発生し、そのフケが毛穴に詰まって炎症を起こすことにより抜け毛が多く出てしまう「粃糠(ひこう)性脱毛症」。

抜け毛までのプロセスは脂漏性脱毛症と近いものの、その症状や原因は大きく違います。

また、脂漏性脱毛症はセルフケアで症状を緩和させることも可能ですが、粃糠性脱毛症の場合はそれが難しくなっています。

自力のケアだけでは難しい。皮膚科で診察を

脂漏性脱毛症のようにシャンプーを変えたりすることは決してムダ…とはいいませんが、それだけで症状が改善することはほとんどないと言っていいでしょう。

きちんと皮膚科で診察を受けた上で、外用薬や内服薬といった処方をしてもらい治療することが大切になります。

処方される薬は症状にもよりますが、

  • ステロイド剤(かゆみ止め・炎症を抑える)
  • 抗アレルギー剤(アレルギー症状を抑える)
  • 抗真菌剤(常在菌の繁殖を抑える)
  • ビタミン剤(肌のターンオーバーを調整)

あたりの薬になるでしょう。ステロイド剤及び抗真菌剤は外用薬(塗り薬)、抗アレルギー剤及びビタミン剤は内服薬(飲み薬)で処方されることが多いようです。

基本的には身体の内側からのケアを

原因が不明なこと、治療するにもある程度薬のちからが必要なことからも、脂漏性脱毛症のようにセルフケアのみで症状を緩和するのは難しいのは事実です。

しかしセルフケアが全く意味がない、というわけでもありません。

シャンプーをしすぎない、刺激の少ない自然のもので作られたシャンプーを使う、ドライヤーを強く当てるなどして頭皮を乾燥させるようなことは避ける、むやみに頭をかくなどして頭皮に傷をつけないようにする…など頭皮のケアは日常的に行いましょう。

さらに、食事の中でもビタミンB群を多く含む食材(牛乳・卵・レバーなど)や、食物繊維を多く含む食材(レタス、海藻類など)を積極的に摂取するようにしたいですね。

どちらも肌を作るのを助けたり、ターンオーバーを正常化させるのに一役買ってくれる栄養素です。

脂漏性脱毛症と同様、脂っこいものは避けて

また、脂漏性脱毛症と同様、皮脂を多くだす食品は出来るだけ控えたほうがいいですね。

皮脂が多いと常在菌が繁殖しやすくなってしまいますので、あまり頭皮にはよくありません。

具体的には脂っこいものやスナック菓子などを避けるようにしましょう。

原因が不明な分、出来ることも対処療法のようになってしまうんだな。

それでもシャンプーや食事などで緩和が可能ならぜひともやっておきたいところだ。

きちんと治療を受けることももちろん大切だぞ!

「牽引性脱毛症」はヘアスタイルの改善が先決

「牽引性脱毛症」は、長い時間強い力で髪の毛が引っ張られることで分け目や生え際部分の髪が薄くなったり脱毛してしまう症状です。

その原因の特性上、男性よりも女性に多い脱毛症ですが、他の脱毛症に比べて原因はハッキリとしているため、対策も取りやすい症状だと言えるでしょう。

まずは髪の毛をひっつめるヘアスタイルを辞めよう

症状を改善したいのであれば、まずはポニーテールやお団子など、髪の毛を強くひっつめるような髪型をする時間をできるだけ少なくすることが大切です。

仕事上などどうしても強めにひっぱらなければならない、ということもあるとは思います。

その場合は休憩時間はひっつめるのをやめるなど、できるだけ毛根を強く引っ張る時間を短くするようにしましょう。

経過を見て、生えてこないようなら対策を

強く毛根を引っ張るような髪型をやめれば、すぐとはいかないものの、ヘアサイクルが成城通りであればまた髪の毛が生えてくるはずです。

最初は細い毛であっても、ひっつめる時間を短くすることで毛根への負担が少なくなり、太めの毛が生えてくるでしょう。

心配であれば、生え際や分け目に育毛剤などでケアをしてあげてもいいと思います。

脱毛してしまったら対処療法でしかカバーできない

仮にそれでも髪の毛が生えてこない場合は、既に脱毛状態…つまりハゲてしまった可能性があります。

そうなるとまた発毛を…というのはかなり厳しくなります。対処療法として植毛手術やウイッグといった方法でしかケアすることが出来ませんので要注意!

ちなみに、男性の場合でもずっと同じ分け目の場合その部分から薄くなってくることがあります。いわゆる分け目ハゲですね。

特別強い力を加えていなくても分け目がずっと同じであるだけでその部分が薄くなりやすいとも言えます。定期的に髪型を変えるなど工夫をしておきたいですね。

強く引っ張ると毛根の働きが衰えてしまうんだな。

しかしひっぱりさえしなければ自然に元にもどるなら対処がしやすいぞ!

私のこの髪も実は長い間強くひっぱったせいなんだ…ウソだけど。

「円形脱毛症」は速やかに病院で診察を受けよう

女性だけではなく、男性であっても、そして年齢などに関係なくできる可能性がある脱毛症、それが「円形脱毛症」です。

発症する明確な原因はわかっておらず、ストレスや免疫異常によって出来てしまうと言われてしまうので、直接的な治療だけではなくメンタル面でのケアも必要と言えそうです。

放置していても治るが、悪化の可能性もあるので病院へ!

一般的にみなさんが想像するような500円玉程度の大きさの円形脱毛症の場合、半年から1年ほど放置しておけば自然に治癒することが多いです。

昔は実際「放っておけば治る」と言われていたようですし、円形脱毛症の経験がある方も「ありゃ、できちゃった」という感じで特別重く受け止めていなかった方が多いのではないでしょうか。

しかし、一概に放っておいてOK…というわけでもありません。

最近では複数箇所に円形脱毛症が出来てしまったり、すぐに再発したり、複数できた円形脱毛症が他の部分と結合して大きな円形脱毛症になってしまったり…と、いわゆる症状が悪化してしまうケースも少なくありません。

円形脱毛症は保険が適用される症状ですし、悪化させないためにも1箇所出来てしまったら一度病院に行ったほうがいいかと思います。
もっと円形脱毛症について詳しく知りたい方は特集記事に詳しく解説してありますので、ぜひ見てみてくださいね。

円形脱毛症の原因や治療を徹底解説!

基本的には自然治癒を待てばいいだけなんてラクだな。

数が増えたりして悪化した場合は病院に行ったほうがいいってことか。

症状によって使う治療法も違うみたいだな。このあたりは相談しながらになりそうだ。

基本的に経過を見るだけでOK「分娩後脱毛症(産後脱毛症)」

「分娩後脱毛症(産後脱毛症)」はその名前の通り、赤ちゃんを産んだ後に一気に抜け毛の量が増えて、ボリュームがなくなってしまう症状です。

これは出産前までは女性ホルモンが多く分泌されていて本来抜けるはずの毛が維持されていたものが、出産後女性ホルモンの分泌量が減少することで一気に抜けてしまうことで発症します。

一時的なものなので放置しているだけで問題なし

分娩後脱毛症はあくまで一時的なもの。ヘアサイクルが元にもどればきちんと髪の毛が生えてきますので心配する必要は全くといっていいほどありません。

そもそも本来抜けるはずの毛がそこに留まっていたのですから、それがなくなると「かなり髪の毛が少なくなった!」と思ってしまうのは仕方がないことです。

心配なら産婦人科の先生に相談してみて

出産後であれば、ある程度の頻度で産婦人科に訪れることが多いかと思います。

産婦人科の先生はママをケアするのも仕事。もし抜け毛が心配なのであれば先生に相談してみましょう。ほとんどは「自然に治るから様子を見ましょう」という回答になるかと思いますが、やはり医師に言われると安心できますよね。

人によっては戻りにくいこともある

基本的に自然に毛量は戻りますが、人によって当然ですが差は出てきます。

そもそも分娩後脱毛症にならない方もいれば、一人目では大丈夫だったのに二人目で発症したという方もいますし、発症してなかなか毛量がもどらない…という方もいます。

体質などもありますが、栄養不足であったりストレスであったりなど様々な要因が絡んでいる可能性も高いです。

特集記事がございますので不安な方は是非ご覧ください。

【産後の抜け毛・薄毛】の原因は!?知っておきたい対策と予防法

分娩後脱毛症は自然に治るものなのか。

他の症状は何かしらのケアが必要だが、特に何もしなくていいのは気が楽だな。

特に子供が生まれたばかりだと色々ケアするのも大変だろうからな…。

心配なら育毛剤などでケアだな。

知っておきたい、多くの薄毛の症状に共通する対策法!

薄毛の原因となるものは様々ですが、多くの薄毛に対して有効な対策方法もいくつもあります。

しかも、特別難しいものはなく、読んだらすぐに実行出来るようなものばかり!

既に症状が出始めている方だけでなく、予防したいという方も実践してみてはいかがでしょうか?

シャンプーは頭皮環境を整えるのに非常に大切!

脂漏性脱毛症や粃糠性脱毛症など、頭皮環境の悪化による薄毛や脱毛の場合、全てとはいいませんが(特に原因がまだ未解明である粃糠性脱毛症)、頭皮環境を正常に保つことで予防したり、症状が出てしまったとしても軽度で抑えることが十分に可能です。

具体的には

  • シャンプーの頻度を1日1回までにする
  • 刺激が強くないシャンプー(アミノ酸系など)にする
  • 生活習慣を整える

といったポイントを守ることが重要です。

日常のケアに育毛剤をプラスしてみては?

普段のケアに育毛剤をプラスしてみるのもオススメです。

育毛剤なんてオジサンが使うものじゃ…というイメージは強いとは思いますが、最近は「ベルタ育毛剤」など、女性をターゲットとした育毛剤も多数販売されています。

それに、育毛剤は頭皮環境を整えるためのものなので、薄毛が今は気になっていなくても髪の毛にツヤが出たり、生えてくる毛が太くなったりと悪いことはありません。

粃糠性脱毛症の方や、症状が重い脂漏性脱毛症の方にはあまりオススメできませんが、日常のケアに取り入れてみるのは悪いことではありません。

どんな育毛剤があるの?もっと育毛剤について知りたい!という方はこちらの記事をぜひご覧ください。

女性の育毛剤ならコレがおすすめ!

髪型やウィッグでケアしつつそれを外に見せない方法も

男性は髪型を変えるのは難しいケースもありますが、女性であれば髪型を変えるのはそんなにハードルが高いことではありません。

薄毛が気になる部分を上手に隠す・カバーするような髪型にすればコンプレックスもカバーでき、さらにオシャレに見えるといったいいことづくめ!

逆に、薄毛やボリュームがなくなった部分を強調させてしまうヘアスタイルを選んでしまうと、さらに悪いところが出てしまうので要注意!

ボリュームを出したいところに合わせて髪型を選びたい方は髪型の特集記事がございますので、是非ご覧ください。

お金はかかるがしっかりと改善できる「植毛手術」

お金は数十万という単位でかかってしまいますが、薄くなってもう髪の毛が新たに生えるのがあまり期待できない部位がある場合や、できるだけ早くボリュームアップをしたい!と考えている方には「植毛手術」が適切な改善方法かと思います。

ただし、どのような植毛方法があるのか、そしてメリットやデメリット、クリニックの選び方などしっかりと知識を付けた上で決断することをおすすめします。

植毛手術についてもっと詳しく知りたい、知識を付けたいという方はこちらの記事にて詳しく解説していますので、ぜひ一度目を通してみてください。
女性植毛の基礎知識

生活習慣を整えることも大事!ストレスも避けて

生活習慣を整えることも重要です。食生活や睡眠時間など、やはり偏っていると薄毛や抜け毛の原因になるだけでなく、様々な病気を呼び起こす原因となってしまいます。

これはどの脱毛症…というわけではなく、全ての脱毛症・薄毛の原因と言っても過言ではない部分です。

なるほど、対策法は生活習慣から具体的な手術まで多岐にわたっているんだな。

まずはシャンプーと生活習慣の見直し、それにプラス育毛剤でケア…というのがよさそうだ。

自分の頭皮環境に合ったものを選びたいな。

それぞれの症状で取る対策は違う。セルフケアも大切に

脱毛という症状は一緒でも、出ている他の症状によって取るべき対策は違います。

間違った対策は症状を悪化させる原因にもなりますので、自分の症状に合った対策を取ることがとても大切なんですね。

また、できるだけ早く病院に行く、ということも大切ですが、普段のセルフケアで症状を予防したり緩和したりすることも出来ます。

セルフケアは決して意味のないものではありません。シャンプーや食生活なども意識するようにしましょう。

粃糠性脱毛症なんかになってしまうとセルフケアではどうにもならないが、びまん性脱毛症や脂漏性脱毛症やセルフケアで予防したり症状を緩和させることが十分に可能だ。

出来ることから取り入れていこう!

この記事をシェア!!

  • いいね!
  • リツイート
  • はてなブックマーク
    はてブ
PAGETOP
育毛の道は1日してならずじゃ!
閉じる
閉じる
閉じる