【育毛剤のミカタ】ハゲリーマン
髪に関するコラム記事

なんと虫歯も薄毛の一因に!思い当たる人は歯科医院へGO!

no image
  • いいね!
  • リツイート
  • はてなブックマーク
    はてブ

薄毛が気になっている男性の中には、その原因追及に余念がない方も多いのではないでしょうか。遺伝や食生活、頭皮の環境などなど、一般的に抜け毛や薄毛の原因と言われているものは、非常にたくさんあります。

でも、毛の勢いを弱めていくものは、それだけではありません。なんと、虫歯が薄毛の原因になるという噂があるんです。口の中のむし歯が、髪の毛に関係するなんて、驚きですよね!

今回はそんな「虫歯も薄毛の要因説」を検証するとともに、むし歯の何がどのように脱毛に繋がっていくのかについて、じっくりと考えてみたいと思います。

銀歯がある人は要注意!金属アレルギーが薄毛を引き起こす!?

「虫歯が薄毛を生み出すとは、一体どういうこと!?」と混乱気味の方もいらっしゃるかもしれませんが、まずは虫歯治療の変遷から振り返ってみましょう。実はそこに、虫歯と薄毛の関係の秘密が隠れているんです。

虫歯治療の変化

何につけてもそうですが、虫歯治療に関しても日進月歩で、数十年前と現在とでは治療方針も最新技術も全く違います。

虫歯を削らないまま殺菌して進行を止める薬や、虫歯だけ溶かすことができる薬剤など、新しい薬剤や技術もどんどん出てきており、最近の虫歯治療は、極力削らない方針のところが主流となってきています。

これには、治療時の痛みや恐怖感を低減できるだけでなく、歯そのものの寿命も長く保てるというメリットがあるからです。しかし、それでも削らなければならない虫歯もあります。その場合、昔のような金属ではなく、セラミックなどといった人体に優しい詰め物を入れるところが多くなっています。

昔は銀歯が一般的だった

しかし、かつては虫歯治療といえば、「銀歯になる」というイメージでした。ちょうど、薄毛を気にし始める世代である30~40歳代の方は、銀歯があるという方も多いのではないでしょうか。

この年代の方々が幼少の頃は、現在よりも虫歯になる子どもが多く、しかもその治療にはニッケル(いわゆる銀歯)が多用されていました。

この銀歯が長い時間をかけ、薄毛を招くことにもなっているというのです。その背景にあるのは、ずばり金属アレルギーです。

金属アレルギーの発症因子は、下記のようなものがあります。
・ネックレス
・ピアス
・ヘアピン
・髪飾り
・メガネのフレーム
・化粧品

近年、特に増加しているのが歯科金属によるアレルギー疾患です。金属の詰め物にはアレルゲンの原因となる、金属が含まれています。

金属アレルギーの元となるものが、虫歯治療の詰め物として使われ、その銀歯がゆっくりと長い時間をかけて、アレルギー症状を引き起こす可能性があるのです。しかも、このアレルギー症状が出てくる時期と、薄毛が気になる年代とがバッチリ重なっているというわけなのです。

金属アレルギーによる薄毛のメカニズム

金属アレルギーというと、ピアスなどのアクセサリーによって肌が荒れるというイメージですよね。口の中の銀歯によって金属アレルギーになるのはまだ分かるとしても、なぜ脱毛につながるのでしょうか?

そのメカニズムをごく簡単にまとめると、以下のような流れになります。

銀歯のニッケルなどの金属が、食事などによって溶ける

溶けた金属が少しずつ体内に溜まっていく

ニッケルなどの金属から発生した金属イオンと毛根のケラチンとが結合する

結合して金属イオンを帯びた毛根にアレルギー反応が起きる
(免疫機能によって毛根が異物だと捉えられる)

暴走した免疫機能によって攻撃された毛根が機能低下を起こし、脱毛に至る

アクセサリーなどによる金属アレルギーは、金属と接触している皮膚に症状が出ることが多いです。しかし、虫歯治療の詰め物の金属は口の中にあるため、食物などと一緒に体内に入ってしまい、全身に影響してしまうのです。これが、虫歯と薄毛の関係性というわけです。

もちろん、薄毛の原因は他にもたくさんあるわけですが、銀歯による金属アレルギーがもとで薄毛が起こる場合は、徐々にではなく突然脱毛が始まるケースが多いです。

思い当たる方は、薄毛治療に際して、銀歯が原因かもしれないことを念頭におくとよいかもしれませんね。

なんと!銀歯で金属アレルギー!?しかも、それで髪が抜けるなんてびっくりだぜ!

でも俺たちの世代の虫歯治療と言えば、みんな銀歯だったよなあ。昔の銀歯がそのままになっている人で突然髪が抜け始めたら、銀歯の影響も考えてみた方がいいな。

放置厳禁!進行した虫歯も脱毛を引き起こす!そのメカニズムとは

せっかく治療した虫歯が、その詰め物によって金属アレルギーを起こした結果、薄毛になってしまうこともあるなんて、なんだかショックですよね。でも、虫歯と薄毛の関連は、それだけではないんです。

放置された虫歯も薄毛の原因に!

実は、銀歯だけではなく、治療していない虫歯そのものも、薄毛の原因になることがあるのです。

虫歯になったことがある方ならお分かりだと思いますが、虫歯には段階があり、放置すると進行していきます。

最初は、歯茎との境い目が白く見えるような、治療不要の初期虫歯から始まります。そこで進行を止める措置をしないと、やがて小さな黒い点となり、どんどん進行して最終的には歯がなくなってしまいます。

進行してしまう前に治療しないと、この虫歯自体が薄毛を引き起こすことになり得るのです。

虫歯が薄毛につながる理由

では、なぜ放置された虫歯が薄毛につながるのでしょうか?虫歯で歯が浸食されていってしまうと、当然ながらしっかり噛むことができなくなります。この、かみ合わせの悪さが、薄毛につながっていくのです。

虫歯のせいでかみ合わせが悪くなり、肩や首のみならず頭皮の血行まで悪くなるのです。ご存じの方も多いでしょうが、頭皮の血行不良は薄毛の大きな原因のひとつです。

頭皮の血行が悪いと、健康な髪を作る働きをする毛母細胞に栄養が送られにくくなってしまいます。したがって、古い髪は抜け落ちるのに、新しい健康な髪は生えにくくなり、薄毛へと繋がっていくのです。

虫歯を放置するほどリスクも拡大!

虫歯そのものによって髪が薄くなっていくなんてとっても恐ろしい事実ですが、小さな虫歯のせいですぐにハゲるということはないので、あまり心配し過ぎなくても大丈夫です。

ただし、虫歯が進行すればするほど噛み合わせは悪くなっていきますから、その分、薄毛のリスクも大きくなります。

また、頭皮に近い部分のむし歯の方がより大きな影響を及ぼすため、奥歯のむし歯には特に注意が必要です。元々、奥歯の方が虫歯になりやすいものですから、鏡などでお口の奥までチェックして、虫歯らしきものができたら決して放置しないようにしましょう。

虫歯になると噛み合わせが悪くなって、頭皮の血行も悪くなるから薄毛になるというわけだな。しかも、虫歯を放置してると口臭も出てくるんだぜ。

ハゲで口がクサイなんて、最悪じゃないか!虫歯がある人は、今すぐ歯医者の予約を取るんだ!

口腔内が原因の薄毛はまだある!?どんな対策を取ればいいの!?

銀歯による金属アレルギーおよび放置された虫歯によって、薄毛になることがあるということをお話してきました。これだけでも、かなり驚いた方も多いかもしれませんが、薄毛の原因となるお口のトラブルはまだあるんです。

それについてお話するとともに、虫歯などによる薄毛をどうやって予防していけばいいのかをご紹介します。

歯槽膿漏で脱毛や白髪が!?

お口のお手入れをサボると、割と簡単に歯肉炎になってしまいます。歯茎が腫れたり、歯みがきで出血したりという経験がある人も、多いのではないでしょうか。成人の80%が歯周病というデータもありますから、誰にとっても他人事ではありません。

しかし、歯茎以上に炎症が進むと歯周炎、いわゆる歯槽膿漏となってしまい、これが頭髪にも影響を及ぼすのです。

歯槽膿漏でも、虫歯同様かみ合わせが悪くなったり、血行が悪くなったりしますから、薄毛や白髪を引き起こすことがあるというわけです。

これは薄毛や白髪になったら歯槽膿漏の可能性があるということで、これまでお話してきたこととは逆方向からのアプローチですが、やはり口腔内の状態と薄毛には大きな関係性があるということには間違いないようですね。

取るべき対策は?

銀歯や虫歯、歯槽膿漏などお口の中の問題が原因で薄毛になっている場合、当然ながらその原因を解決することで、薄毛も改善することが期待できます。具体的には、

  • 歯科で銀歯をセラミックの詰め物に替えてもらう
  • 虫歯や歯槽膿漏を治療する
  • 定期的に歯科検診や口腔内のクリーニングに通う
  • 毎日歯みがきをする

このような方法があります。虫歯や歯周病がある方は、自分では対応が難しいので、しっかりと歯科で治療や口腔内の清掃をしてもらうことが不可欠です。

銀歯の方は、事前に金属アレルギーの有無を確認しておくと、より確実ですね。

また、日々、歯ブラシだけではなく、フロスや歯間ブラシも使ってきちんとお口の中をキレイにしておくことも、非常に大切です。しかし、いくら自分で気を付けていても、どうしても歯垢は溜まっていってしまうものなので、3か月~半年に一度は歯科医院で検診やクリーニングをしてもらうのがベストですね。

なるほど。かみ合わせや歯の健康って、すごく大事なんだな。確かに、歳をとっても自分の歯が多く残っている人は、元気な人が多いって言うしな。

オレも若い頃から定期歯科検診も受けていれば、もう少しマシな禿げ方だったのかもしれないぜ!

銀歯や虫歯に要注意!歯のメンテナンスが髪の維持にもつながる!

虫歯がハゲの一因になるなんて冗談かと思いきや、ちゃんとした根拠のあることなのは、お話してきた通りです。虫歯治療痕の銀歯による金属アレルギーや、虫歯や歯槽膿漏による噛み合わせ不良…こんな思ってもみないことが薄毛に繋がっていることも、あるんですね。

しかも虫歯や噛み合わせの悪さは、薄毛だけでなく肩こりや自律神経失調症など、全身や心にまで悪影響があるものなんだとか。たとえそうではなくても、お口をキレイにしておくことは、大人として当たり前のマナーでもあります。

薄毛や抜け毛が気になる人はもちろん、そうでない人も定期的に歯科へ通うことが、健康に見た目も良いまま歳を取る秘訣かもしれませんね。

虫歯も薄毛の原因になるなんて、世の男性は全然知らないんじゃないのか!?

オレもそんなこと知ってたら、もっと歯を大切に生きてきたのになぁ…。今更遅いがな…。

虫歯は薄毛だけじゃなくて、身体に色々な悪影響を及ぼすみたいだし、今からでも毎日ピッカピカに歯磨きしなきゃな!

この記事をシェア!!

  • いいね!
  • リツイート
  • はてなブックマーク
    はてブ
PAGETOP
育毛の道は1日してならずじゃ!
閉じる
閉じる
閉じる